商工会からのお知らせ

全てみる

『平成29年度 第13回 広島県商工会職員協議会 パワーアップセミナー』 開催(県連)

[114の経営支援事例から選ばれた5名の代表者がこれまでの取り組みや成果を発表]

研修会・総会

広島県商工会連合会

最優秀賞を受賞した世羅町商工会の三谷一郎主任。

 広島県商工会連合会と広島県商工会職員協議会は6月17日(土)、広島市文化交流会館(広島市中区加古町)にて、『平成29年度 第13回 広島県商工会職員協議会 パワーアップセミナー』を開催しました。

 

 第1部では、商工会職員による『経営支援事例発表大会』を実施。事前に配布された事例シートを提出した114名の中から優良な事例として選ばれた5名の代表者が、日頃の経営支援の取り組みやその成果について発表を行いました。

 

 審査委員は中国新聞社広告局担当局長の三藤和之氏、広島県商工労働局経営革新課長の松岡弘道氏、(株)日本政策金融公庫広島支店支店長の岸本英司氏の3名に加え、職員協議会の山崎会長、津川事務局部会長、槇埜指導職員部会長、昨年の最優秀賞者 神辺町商工会の藤本貴史氏の計7名。厳正なる審査が行われました。

 

(発表者とテーマ)

①福山北商工会 小笠原匡志主任主事

「カープ商品で社会が変わる!? 商工会×人の繋がり=企業を変える!!」

②福山北商工会 吉村昇司主任主事

「創業の想いをカタチに」

③大崎上島町商工会 渡川誠之課長

「IT導入による広大な養殖池作業の効率化」

④世羅町商工会 三谷一郎主任

「『世羅黒うどん』のブランディングと販路開拓」

⑤安芸高田市商工会 井上憲課長補佐

「『儲かってもお金がない』を解消」

 

講演を行った全国商工会連合会の土井和雄組織運営課長。

 発表大会終了後に行われた第2部の研修会では、全国商工会連合会の土井和雄組織運営課長が『経営発達支援事業の求めるもの』をテーマに講演。個者に対する丁寧な経営支援の重要性を訴えました。

 

 研修会終了後には永年勤続表彰が行われ、30年表彰では佐伯商工会の岡本裕子氏、20年表彰では高陽町商工会の堀田良助氏、10年表彰では呉広域商工会の西野正治氏が、それぞれ各部門を代表して表彰状と記念品を受け取りました。

 

 

 その後、経営支援事例発表会の結果発表が行われ、最優秀賞は世羅町商工会の三谷一郎主任が受賞。商品開発・ブランディングから販路開拓に至るまで、経営指導員だけでなく補助員や記帳専任職員がそれぞれの分野の専門性を活かし、チームで支援に取り組んだことが高く評価されました。三谷主任は10月5日(木)に岡山県で開催される、中国ブロック大会に広島県代表として出場します。

 

 今回のパワーアップセミナーには、238名が参加。参加者からは「今後の指導の参考になった」「チームで支援することの大切さを学んだ」などの感想が寄せられました。

 

 セミナー終了後の情報交換会には146名が参加。山崎会長のあいさつに続き、(株)日本政策金融公庫の岸本広島支店長の発声により乾杯が行われ、意見や情報の交換を行いながら、職員間の交流を深めました。

『平成29年度 第17回職員協議会通常総代会』開催(県連)

[4つの議案について審議し、すべて原案通り可決承認。辞任に伴い3人の新役員も選任]

研修会・総会

広島県商工会連合会

 広島県商工会職員協議会は6月17日(土)、広島市文化交流会館(広島市中区加古町)にて『平成29年度 第17回通常総代会』を開催しました。

 

 職員宣言唱和の後、山崎会長が開会の挨拶を述べ、世羅町商工会の三谷氏を議長に選出し議事を進行。本人出席48人、委任状出席6人、合計54人の出席のもと、昨年度の事業報告や今年度の事業計画案、辞任に伴う役員選任に関する件などについて審議が行われ、すべて原案通り可決承認されました。

 

 提出議案は次の通り

・第1号議案-平成28年度事業報告書・収支決算書・貸借対照表及び財産目録承認の件(監査報告)

・第2号議案-平成29年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件

・第3号議案-平成29年度共済融資貸付金総額(案)承認の件

・第4号議案-辞任に伴う役員の選任に関する件

 

 なお、辞任に伴う役員改選では、呉広域商工会の盛池尚教氏、黒瀬商工会の平野龍治氏、県連の三上孝氏の3名が理事に選任されました。

今年も熱気あふれるマツダスタジアムで『商工会の日記念事業』を実施  (県連)

[スタジアムに集まった約3万人に商工会とひろしま夢ぷらざをPR]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

暑い1日だったこともあり、オリジナルうちわは大人気。

 6月14日(水)、広島県商工会連合会はMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(南区南蟹屋)にて『商工会の日記念事業』を実施しました。この事業は6月10日の『商工会の日』にちなみ、その前後に毎年行われているもので、今年もスタジアムの各ゲートに職員が立ち、野球観戦に訪れた来場者に商工会とひろしま夢ぷらざの情報が印刷されたオリジナルうちわを配布しました。

 

 スタジアム内では、大型ビジョンに商工会とひろしま夢ぷらざのPR画像を放映。熱戦で盛り上がるスタジアムでひと際存在感を示しました。また、抽選会では、尾道冷めんやカープふりかけ、洋酒ケーキなど5種がセットになった特産品の詰め合わせを用意し、10名様にプレゼントしました。

 

 この日のイベントには、広島県商工会連合会の職員が参加。試合はオリックスバッファローズを相手に延長12回、サヨナラ勝ちという劇的な勝利で盛り上がりました。31,352人の来場者に対し、商工会とひろしま夢ぷらざをPRする絶好の機会となりました。

ひろしま「ひと・夢」未来塾の塾生募集について

~広島県庁中山間地域振興課からのお知らせ~

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

広島県では現在、地域づくりに想いを持つ方のための塾、ひろしま「ひと・夢」未来塾を開催しています。

塾では、熟練度別に下記2つのコースを御用意しています。

 

・自主的な活動を企画に落とし込むマイプランコース

 (成果例:休耕田を使った綿花栽培)

・地域課題に採算性のある事業として取り組むマネタイズコース

 (成果例:鹿肉の廃棄部分を使ったペットフード加工)

 

塾を通じて,「学び」,同じ志を持つ「仲間」を増やしてみてはいかかでしょうか。

興味がある方は是非WEB申込フォームまたはFAXにて7月3日(月)までにお申込みください。

WEB申込フォーム

概要及びFAX申込書(PDF)

 

(参考)

ひろしま「ひと・夢」未来塾 HP

ひろしま「ひと・夢」未来塾 facebook

 

【全般のお問い合わせ】

 広島県庁 地域政策局 中山間地域振興課 (担当:栗原・横田・槇)

 電話 082-513-2632     

 

【申込手続きに関するお問い合わせ】

 株式会社エブリプラン(担当:又吉・馬越)

 電話 082-942-1320      FAX  082-942-1310 

―事業主の皆さまへ―「障害者雇用をサポートします!」

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 このことについて、広島障害者職業能力開発校より周知の依頼がありました。

 下記に同校からの周知依頼内容を記載しますのでご覧ください。

———————————————————————– 

―事業主の皆さまへ―「障害者雇用をサポートします!」

 国及び広島県では,障害のある人が,その能力と適正に応じた雇用の場に就き,地域で自立した生活を送ることができるような社会の実現を目指し,総合的な雇用対策を推進しています。

 こうした中,「障害者差別解消法」が平成28年4月1日から施行されるとともに,平成30年4月からは法定雇用率も引き上げられるなど,障害者の雇用促進の流れは今後ますます加速し,企業においても重要な課題となっています。

 しかし,障害者といっても,その態様は様々であり,障害のある方を新規に雇いたいといった場合は,どのような職種,部署で,どのような仕事に就かせればよいのだろうか。また、設備は,どうすれば良いかなど,いろいろな不安を感じておられるのではないでしょうか。

 今回,ご紹介する広島障害者職業能力開発校は,障害のある方々に,その能力に適応する職種についての知識や専門的な技術,技能を習得していただくために,職業能力開発促進法に基づき,国が設置し,県が委託を受けて運営する職業能力開発施設です。

 雇用に当たっては,ハローワークと連携した就労支援により,雇用の決定に至るまで,企業と訓練生の双方に対し,提案や助言を行うことで,ミスマッチの解消と円滑な雇用管理をサポートしています。

 また,雇用後においても,本校担当者(就労支援員)が就職先の企業・修了生を訪問するとともに,障害者支援サービスを行う公的機関のサポートを受けることができます。

 障害者雇用をお考えの事業主の皆様には,是非,お気軽にご相談ください。

 

 

広島障害者職業能力開発校 (担当 就労支援員 朝比奈)

〒734-0003 広島県広島市南区宇品東四丁目1-23

TEL::082-254-1766 Fax:082-254-1716


広島県商工会連合会

総務課 平野

『働き方改革実践企業認定制度』の創設に係る合同記者会見を開催(県連)

[経済団体と県が連携して、働き改革に取り組む企業を認定する新たな制度を創設]

働き方改革の推進

広島県商工会連合会

 

左から湯崎知事、深山会頭、熊高会長。

 6月14日(水)、県庁本館2階の記者会見室にて『働き方改革実践企業認定制度』の創設に係る合同記者会見が行われました。この制度は、働き方改革の取り組みを実践することで、業務の効率化や従業員の満足度の向上など、様々な成果や効果が生じている企業を認定するため、広島県商工会議所連合会及び広島県商工会連合会が創設したものです。

 

 記者会見には、湯崎知事、広島県商工会議所連合会の深山会頭、広島県商工会連合会の熊高会長が出席。3者揃って、制度の概要などの説明を行いました。

 

 制度の創設に至った経緯について深山会頭は、「労働人口が減少する中、企業が継続的に成長するためには、経営戦略として働き方改革に取り組み、意欲ある多様な人材が活躍できる職場づくりを進めることが求められている」と働き方改革の重要性を強調。熊高会長は、「改革に取り組み、成果を上げている中小企業・小規模事業者に光を当てることで、その他の企業が改革に取り組むきかっけになってほしい」と今後の展望を述べました。

 

 また、認定企業の取り組みを優良事例として積極的な情報発信を行っていく広島県の湯崎知事は「経済団体と県が連携して取り組むことで、県全体で働き方改革を加速できると期待している。県として制度そのものの周知・浸透、認定企業のPRを実施していきたい」と力を込めました。

 

 働き方改革に関する企業認定制度の創設は全国初の取り組み。6月21日より第1回目の公募が行われ、審査を経て9月頃に認定企業を決定する予定です。また、第2回目の公募は10月頃開始予定。年度中に50社程度の認定を目指しています。

『平成29年度 第56回通常総会』開催(県連)

[2つの提出議案について審議が行われ、全会一致で承認可決]

研修会・総会

広島県商工会連合会

開会の挨拶を行う熊高会長。

 広島県商工会連合会は、5月25日(木)、リーガロイヤルホテル広島(広島市中区基町)にて、『平成29年度 第56回通常総会』を開催しました。34名の出席のもと、平成28年度の事業報告、収支決算等について審議されました。

 

 熊高一雄会長は開会の挨拶で、「平成28年度は、持続化補助金をはじめ、使いやすい施策を効果的に活用する等、小規模事業者の前向きな事業経営の取り組みが広がりつつあると感じた年度だった」と振り返り、平成28年度の事業について、次のとおり総括を行いました。

 

 具体的な行動指針の3本柱の一つである“会員満足度の向上”では、経営発達支援計画策定チームの巡回支援により、年度末までに29商工会が経営発達支援計画の認定を受けたことや、持続化補助金の申請をサポートし、申請946件中370件が採択されたことなどを説明。また“商工会の機能強化”では、「日本政策金融公庫との覚書締結による連携体制の構築や、広島県議会商工会地域活性化議員連盟の支援により、おおむね必要な執行体制の確保ができた」と力を込めました。

 

新たに理事へ選任された植田悠司県青連会長。

 続いて行われた通常総会では安芸太田町商工会の津田会長を議長に選出し、2つの議案について審議が行われました。

 

提出議案は次の通り

・第1号議案-平成28年度事業報告書・収支決算書・貸借対照表及び財産目録承認の件(監査報告)

・第2号議案-辞任に伴う役員の補欠選任に関する件

 

 

 

 第2号議案は、越智理事(前県青連会長)の辞任に伴い上程されたもので、熊高会長は植田悠司県青連会長を推薦。全会一致で承認されました。

 

受賞者を代表し謝辞を述べる大崎上島町商工会 松浦会長。

 総会後に行われた『正副会長研修会』には、GO&DO篠原税理士法人の篠原敦子氏が講師として登場。『事業継承の現状について』と題し、講演を行いました。

また、研修後には、中国経済産業局小滝産業部長をはじめ多くの来賓を迎えて表彰式が行われ、珠算検定実施・商工貯蓄共済事業の推進に優秀な実績を残した商工会などに、表彰状が贈呈されました。さらに、商工貯蓄共済事業の普及に貢献した商工会に、広島銀行・ジブラルタ生命株式会社から、また、商工会の共済制度『かがやき』の普及推進に寄与した商工会に、広島県中小企業共済協同組合から、それぞれ感謝状が贈られました。

小規模企業景気動向調査(平成29年4月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~4か月ぶりに全業種で改善を示した小規模企業景況~

  

 4月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)は小幅に改善した。項目別では、売上額DIと資金繰りDIは小幅に改善したが、採算DIがわずかな改善に留まった。全業種で業況が改善を示したのは、平成28年12月以来4ヶ月ぶり。経営指導員からは、飲食店や宿泊業を中心に観光関連業種に好況感が見られるという報告があり、また、食品製造業や輸送用機械器具製造業等の一部業種では好調を維持している声があった。一方で、一部の地域では、人口減少や高齢化等により全般的に経済状況は悪化傾向で、先行きは良いとは言えない旨の報告があった。

 

各業種については、下記レポート(PDF)をご参照ください。                               調査結果レポート(H29.4)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

「配偶者手当」の在り方について(ご理解・ご検討のお願い)労働局

広島県商工会連合会

 このことについて、広島労働局雇用環境・均等室より依頼がありました。

 これは、国が女性の活躍を促進するため、配偶者控除の見直しや被用者保険の適用拡大などの制度改正を進めることに伴い、事業者の皆様に、制度改正と密接な関係となる配偶者手当の在り方並びに改正等について、ご理解とご検討をお願いしたいことによるとの事です。

 そのため、下記のリーフレットを作成されておりますので、ぜひご参照いただき、これを機会に配偶者手当についてご理解を深めていただくとともに、改正等の検討材料としていただければと思います。

 

■リーフレット(PDF

 「配偶者手当」の在り方について

 

■問合せ先

 広島労働局雇用環境・均等室

 電話 082-221-9247

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

『ストーリーから考える 商品開発セミナー』受講生募集!(県連)

[実力派講師陣2名から新商品開発のノウハウを学ぶ3日間のカリキュラム]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 6月28日(水)、7月5日(水)、19日(水)の3日間、「ストーリーから考える 商品開発セミナー」を開催します。このセミナーは、現在または今後、新商品開発の中核を担う方を対象に広島県商工会連合会が実施するもので、経験豊かな2名の講師陣が新商品の開発から販売に至るまで、一連のノウハウを提供します。

 

 講師は、小売店や飲食店の経営改善や食品メーカーの商品開発など、食や流通に関するコンサルティングを中心に活躍する渡貫 久氏と、流通業やメーカー向けの販売促進・売場改善などを中心としたコンサルティングなどを行っている小倉 綾氏。多くのセミナーや講演実績のある実力派の二人です。

 

 全3日間のカリキュラムで、講義とワークショップを交えながら、商品開発について分かりやすく解説します。また、セミナー終了後、希望者には個別の相談会を実施する予定です。

 

 対象は自社商品を有している、もしくはこれから自社商品開発に取り組む食品製造業者で、商品開発を担当されている方など。新商品を創出する人材の育成にご活用ください。

 

 参加ご希望の方は、下記の申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、FAX(082-249-0565)またはEメール(chiiki@hint.or.jp)にてお送りください。

 

申込用紙はこちら

 

○ストーリーから考える 商品開発セミナー

日時/平成29年6月28日(水)、7月5日(水)、19日(水) 13:30~17:00

場所/メルパルク広島(広島市中区基町6-36)

受講料/無料

定員/15社(1社2名以内) ※定員になり次第募集は締切ります

お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:川相、遠山

このサイトを広める