商工会からのお知らせ

全てみる

賃金引上げ支援補助金「業務改善助成金」のご紹介

広島県商工会連合会

 この度、厚労省より本助成金の周知の依頼がありました。

 この助成金は、国が最低賃金の引上げを重点施策として進める中で、中小企業の引上げを支援しようとする助成金です。

 詳細は下記のURLより確認できますので、まずは内容をご確認いただきご活用をご検討ください。

 

【業務改善助成金】URL

 http://www.mhlw.go.jp/gyomukaizen/

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

「広島県労働相談コーナー」のご紹介

広島県商工会連合会

 この度、広島県雇用労働政策課より労働問題に関する無料の相談窓口「広島労働相談コーナー」の紹介依頼がありました。

 この相談コーナーは、広島市と福山市にあり労働者だけではなく、事業主からの相談にも対応いただけるそうです。

 詳細は、下記のURLより紹介チラシがご覧いただけますので参照いただき、お困り、お悩みのことがありましたら、ぜひご利用してみてください。

 

【広島県労働相談コーナー】

 ・広島市:県庁東館3階

 ・福山市:県福山庁舎第2庁舎1階

 ・受付時間:月~金曜日 9時~12時、13時~16時

 

【紹介チラシ】

 http://www.work2.pref.hiroshima.jp/rouqa1/roudousoudannkona_tirasi.pdf

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

年頭挨拶 広島県商工会女性部連合会 会長 井上文江

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

井上会長 新年、明けましておめでとうございます。

 皆様には、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。平素は、広島県商工会女性部連合会の事業活動に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、日本国内のGDPはアジア向けを中心に輸出が伸び、国内でも住宅投資が堅調だったことを受け3四半期連続でプラスが続いておりますが、アメリカのトランプ次期大統領が掲げる「アメリカ第一主義」の影響により、今までの環太平洋経済協定(TPP)や安全保障政策をはじめとした対日政策は激変する可能性もあり予断を許さない状態が続いております。

 このように政治経済の先行きの不透明感が漂う中、商工会女性部は事業の発展を裏で支える女性パートナーとして自社の経営のサポートのみならず、地域振興のパートナーとして地域の特産品の開発、地域資源活用事業の実施、地域コミュニティビジネスの創出、運営など多岐にわたる活動を続けており、地域の皆様からも高く評価されているところでございます。

 とりわけ昨年は、広島県商工会女性部組織化50周年の記念すべき年に、31回目を迎えた親善ビーチボールバレー広島県大会や、原爆の子の像に千羽鶴を捧げる事業などを県女性連50周年の重みを感じながら記念事業として実施いたしました。

 この半世紀にわたる歴史を振り返り、女性部活動の発展に尽力された功労者の功績を讃えるとともに、これからの未来へ向けて商工会女性部の役割を再認識し、女性ならではの発想による新たな取り組みを掲げ、55周年、60周年と次代へつなぐ「魅力ある女性部」としてより高度で社会的意義のある事業を展開し、女性部事業の一層の拡大・強化に邁進し地域の活性化に寄与するため、来る2月7日「~次代へつなぐ、心はひとつ~」を統一テーマに「広島県商工会女性部組織化50周年記念大会」を挙行する予定でございます。

 皆様方にはこの大会のために様々なご支援・ご協力を賜っておりますことに心よりお礼申し上げますとともに、女性部活動の一端に触れ「魅力ある女性部」を感じていただくため、大会当日には多くの方々にお集まりいただきますようお願い申し上げます。

 本年はこの記念大会により得られた成果を次代へつなぐため、既存事業の見直しや新たな取り組みについて協議を重ねながら、これまで以上にネットワークづくりや情報交換を進め、地域の信頼と期待に応えられる「魅力ある女性部」として輝く一年とすることを誓いたいと思います。

 終わりに、皆様にとりまして本年が大きな飛躍の年であるようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

平成29年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 越智俊之

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては清々しい新年をお迎えになられたことと、心よりお慶び申しあげます。また、旧年中においては広島県商工会青年部の活動に対し格別なるご支援ご鞭撻を賜りましたこと、心より感謝申し上げますとともに本年も引き続き何卒よろしくお願い申しあげます。

 昨年は、オバマ大統領来広、広島東洋カープセリーグ優勝、流行語大賞に「神ってる」が選ばれるなど、まさに広島イヤーだったのではないかと思います。

 また、10月には広島県商工会青年部連合会創立50周年記念大会を開催し、半世紀を支えてくれた先輩方に最大級の敬意を表すと共に、次の50年への第一歩を歩むべく、我々青年部も昨年にも増して精力的に活動を実施して行きたいと思います。

 さて、平成29年は丁酉(ひのととり)の年となります。60年前の丁酉は神武景気と岩戸景気のちょうど間の時期でした。当時のトピックスとしては、ソ連が世界初の人工衛星打ち上げに成功、自動車のアメリカ輸出、大阪そごうの東京進出などがありました。そして、東京都の人口が851万人となり、ロンドンを抜いて世界一の大都市になったそうです。丁酉の「丁」は、伸び盛りの状態。「酉」はもう完熟した状態だそうです。干と支に矛盾が感じられる年。自分の内に目標を立て、ただ単に突っ走るのではなく、それが本当に将来のためになるか慎重に外の情勢も踏まえ検討していく必要があります。広島県商工会青年部も平成30年に向け、時代の情勢を見極め、目先のことに囚われずに将来をきっちりと見通した上で、何が今求められているのかを臨機応変に正しい判断と責任ある行動をするべく、日々精進して参ります。

 広島県商工会青年部は、イノベーション5ヵ年計画の一環として、例年の事業に加え4つの柱を立て、活動を行ってきました。“他青年団体との交流”、“災害に対する支援フローの確立”、“必然的な部員増強の為の施策立案”、そして“全国大会の招致”。特に本年の2月には、平成30年度の全国大会の開催地が決定いたします。なんとしても招致を実現させ、広島をもっと元気に、より盛り上げていきたいと思います。

 小規模企業振興基本法制定に伴い、小規模事業者持続化補助金などさまざまな形で追い風ムードとなってきています。この風を消すこと無く、そしてこの風に乗り続け、青年部は「かけがえのない人たち」と「かけがえのない地域」のために「資質の向上」と「地域貢献活動」を継続して行い、商工会地域の振興に寄与し、ひいては真の地方創生の「先駆者」であり「推進力」であり「原動力」となるためにイノベーションを続けて行きたいと思います。

 結びに、本年が皆様にとって充実し、更なる幸せな一年になることを祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

平成29年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

熊高会長(加工済) 新年明けましておめでとうございます。平成29年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 わが国経済は、全体の景気回復が持続しているとは言え、地方においては一部業種を除き人口減少による市場の縮小が続く中で、原材料費の高騰、需要不足、人手不足、後継者不足等に見舞われており、未だ先行き不透明な状況におかれています。

 こうした中、平成28年9月26日の安倍総理の所信表明演説では、「経済の好循環は全国の中小・小規模事業者の元気にかかっている。」と明言されており、我々商工会の責務は益々重く、改めて重責を痛感している次第です。

 平成26年6月の「小規模企業振興基本法」の成立を踏まえ、国の支援も大きく拡充されてきておりますが、これに基づく施策は緒についたばかりで、成果はこれからです。

 長年地元でたゆまぬ努力をされてきた小規模企業の皆さんに、本当に良かったと心から喜んでもらえるよう、今後も継続して小規模企業政策を充実・実行させていかなければなりません。

 商工会の事業の大きな柱は改正支援法に基づいた伴走型支援の徹底です。具体的には、「経営発達支援計画」が一日も早く全商工会で認定を受けると共に、全会員の持続的発展を図るため、商工会の指導のもとに会員自らが経営計画を策定し、それを実行・検証することにより、外部環境の変化に即応した継続的な経営改善を実践していくことに力点を置くこととしております。

 そのためにも、職員の更なる資質向上と、組織の能力拡大を目指して、「頼りになる商工会」そして「役に立つ商工会」として、伴走型支援サービスの一層の強化を推し進めて参ります。

 新しい年を迎え、我々商工会の使命として、小規模企業の持続的発展を応援し、経済を躍動させ、元気な地域を取り戻すことを意識しながら「頑張る人が報われる」事業を展開し、地域経済の真の活力再生、さらには地方創生を図るため、県内商工会の全力を挙げて会員サービスの一層の向上に取り組んで参りますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

平成29年 元旦

「ここまで来た!がん放射線治療」セミナーの開催

広島県商工会連合会

 この度、広島県がん対策課より標記セミナーの開催周知の依頼がありました。

 広島県では「がん対策日本一」を目指す取組を進められており、この度のセミナーもその一環で開催されるものです。

 当日は、7人の専門医から最新のがん放射線治療の解説があるとのことです。

 詳細・申し込み方法については下記のリーフレットをご参照ください。

 

【開催概要】

 ・日時 平成29212日(日)13301615

 ・会場 広島県医師会ホール(広島市東区二葉の里3-2-3

 

【リーフレット】

 851f2bebebd821282cdaf7ac4ab6ead4.pdf

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

 

広島労働局~日本一働きやすい職場づくりに向けて~ロゴマーク作成!

広島県商工会連合会

 この度、広島労働局より広島県の企業が「日本一働きやすい職場」となるよう「Safe Work, Change Work HIROSHIMA」をキャッチフレーズとして広島労働局独自のロゴマークを作成したので、周知いただきたい旨の依頼がありました。

 このロゴマークは、労働災害のない安全・安心な職場づくり、長時間労働の抑制やワーク・ライフバランスの実現等に向けた働き方改革、安定した正社員雇用の実現など「全員参加型社会」の実現に向けた取組を目的とする場合には、使用取扱規程に基づき、各団体、企業、個人が自由に活用できるとのことです。

 詳細の確認並びにロゴマークのダウンロードは、下記の労働局HPにて行えますので、既に取り組まれている方や興味のある方は参照してみてください。

 

 

【広島労働局HPSafe WorkChange Work HIROSHIMA」活動ページ】

http://hiroshima-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/anzen_eisei/hourei_seido/SafeWork.html

【広報リーフレット】

76b83d4e2346f766775061ca541b4633.pdf

 

広島県商工会連合会

総務課 平野

 

「容器包装のリサイクル」お申込みはお済ですか?

~平成29年度の再商品化委託申込受付中~ 申込締切:平成29年2月8日(水)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県内の各商工会では、(公財)日本容器包装リサイクル協会からの委託を受け、容器・包装に係る事業者の皆さんからの義務手続きを受け付けています。

 対象となる「特定事業者」には「再商品化委託申込書類」が送られていますので、29年度の再商品化委託契約申込は平成29年2月8日(水)までに、手続きをお願いいたします。

 

※「特定事業者」に該当するか否かは、協会コールセンター(03-5251-4870)にご相談ください。

 

 特定事業者でありながら、再商品化義務を履行していない場合は、平成12年4月の「法」の完全施行時まで遡っての履行が必要です。必ずご確認の上、手続きしてください。

 

 詳細は(公財)日本容器包装リサイクル協会のHPをご確認ください。

http://www.jcpra.or.jp/news/tabid/101/index.php?Itemid=1649

 

〇法律の内容、特定事業者に該当するかの判断について〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 コールセンター 03-5251-4870

 

〇申込書類の請求、手続き手順などについて〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 オペレーションセンター 03-5610-6261

 

 

~広島県でも下記日程で「容器包装リサイクル制度説明会・個別説明会」が開催されます~

 

主 催:(公財)日本容器包装リサイクル協会、広島商工会議所、日本商工会議所

(共催)

協 力:全国商工会連合会

日 時:平成29年1月17日(火)14:00~16:00

会 場:広島商工会議所1階 101号室(広島市中区基町5-44)

対 象:容器や包装を利用または製造等(含む輸入事業者)している事業者

参加費:無料

内 容:

(1)容器包装リサイクル法の基礎
   ○容器包装リサイクルの仕組み
   ○再商品化の対象となる「容器」「包装」とは
   ○リサイクル協会の業務と役割 など

(2)再商品化委託申込手続きについて
   ○再商品化(リサイクル)の義務を負う特定事業者とは
   ○再商品化の委託申込手続き
   ○申込書類の記入上の注意点 など
(3)個別相談会

申 込:下記の参加申込用紙を出力・記入の上、広島商工会議所へ直接FAXで申込(FAX082-222-6411)

   参加申込用紙

 

広島県商工会連合会 東部支所

「平成28年度 広域講習会及びぽっぽカード加盟店広島県大会」開催(県連)

[講演会では話術のプロが魅力的な話し方を伝授。今年よりぽっぽカードの年間表彰式も実施]

研修会・総会

広島県商工会連合会

講演を行った橋本テツヤ氏。

講演を行った橋本テツヤ氏。

 広島県商工会連合会は11月21日(月)にホテルセンチュリー21広島(南区的場町)にて、「平成28年度 広域講習会及びぽっぽカード加盟店広島県大会」を開催しました。当日は、ぽっぽカード加盟店の代表など38名が参加。講演会や表彰式などが行われました。

 

 開会のあいさつで県連の石井正朗専務理事は、「広島県商工会連合会の商業対策の柱でもある『ぽっぽカード事業』は、来年度で節目の20年を迎えます。各商工会の経営指導員による巡回指導を強化し、持続化補助金をはじめとする各種施策の普及や活用の提案、国や県の専門家派遣制度を活用した専門的な指導による課題解決などを通じた個店のレベルアップ等に力を注ぎ、地域から支持され、利用されるポイントカードをめざして事業を実施していきます」と挨拶しました。

 

平成27年度年間表彰式の様子。

平成27年度年間表彰式の様子。

 続いて行われた講演会では、ジャーナリストでコラムニストの橋本テツヤ氏が、「経営者のための会話術~もう一度聞きたくなる魅力的な話し方~」をテーマに講演を行いました。数々のテレビ番組にも出演し話術のプロとしても活躍した橋本氏。人々を魅了する軽快なトークに参加者たちは聞きいっていました。

 

 「ぽっぽカード会」では、事業に多大な貢献をいただいている加盟店に対して顕彰を行うことにより、「ぽっぽカード事業」に携わることへの誇りと事業意欲を増進させることを目的として、今年から年間表彰制度を創設しました。大会では表彰要領に従い、前年度の年間ポイント発行高を基準とした「平成27年度年間表彰式」が行われました。

受賞者は以下の通りです。

 

・とまとむらぽっぽカード会/株式会社松豊松農産生活センター様

・沖美町商工会ぽっぽカード会/セーブストアー様

・三原臨空ぽっぽカード会/寺岡食品有限会社様

 表彰式終了後には交流会も実施され、参加者は情報交換などを行いながら交流を深めました。

 

IoT推進ラボ × 経済産業省                      「企業連携・案件組成イベント(第4回)」開催のお知らせ 

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

経済産業省からIoTに関するセミナーイベント開催のお知らせです。新たなビジネスモデルの創出を目指す事業者間のマッチングイベントです。

 

1.セミナー名
 「第4回 IoT Lab Connection」

2.内容
 ①フィンテック ②教育 ③農業(食品)等に関連する事業モデルや技術・サービスを有する事業者向けのマッチングイベント

3.主催
 IoT推進ラボ(※) 経済産業省
 ※「『日本再興戦略』改訂2015-未来への投資・生産性革命-」(2015年6月30日閣議決定)に基づき民間企業、学識経験者等が総務省、経済産業省の協力により設立した団体「IoT推進コンソーシアム」傘下のワーキンググループ。

4.日時・会場
 平成29年3月13日 10:00~17:00(受付9:00)
 一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術センター内)

5.イベント詳細や申込手順などは下記応募要項(PDF)をご参照ください。
 https://iotlab.jp/common/pdf/4th_connection_guideline.pdf?time=201612091400 

6.お問合せ・応募先
 IoT推進ラボ事務局
 https://iotlab.jp/jp/connection.html

このサイトを広める