商工会からのお知らせ

全てみる

ものづくり補助金採択に向けた「補助金講座」開催

広島県、(公財)ひろしま産業振興機構、広島よろず支援拠点の3者主催

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工労働局商工労働総務課から、ものづくり補助金採択に向けた「補助金講座」開催の周知依頼がありました。

『国の「ものづくり補助金」の申請を希望する中小企業を対象に、講義と具体な申請例題の検討・意見交換を行う班別ワークを通じて、書類作成の要点の理解やスキル習得を目指します。個別相談を希望する受講者に対しては、3月に個別相談会を実施し、広島県よろず支援拠点コーディネーターが、受講者自身が作成した申請書(下書き)についてアドバイスを行います。申し込み方法等は下記のHPをご確認ください。』

 

※詳細は、こちら(広島県HP)

 

※2020年から,国の補助金申請はすべて電子申請となります。詳しくは,「GビズIDの取得方法」をご確認ください。

※商工会職員も参加可能です。その場合はオブザーバーでの参加となります。(参加者申込をご提出ください)

 

(その他参考資料)経済産業省パンフレット
●ものづくり補助金 https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/2019/191226yosan02.pdf
●Jグランツ  https://www.meti.go.jp/press/2019/12/20191224003/20191224003-1.pdf

 

 

「容器包装のリサイクル」申込みはお済ですか?

~令和2年度の再商品化委託申込受付中~ 申込締切:令和2年2月26日(水)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

申込期間:                                        令和2年1月10日(金)~ 令和2年2月26日(水)

 

 広島県内の各商工会では、(公財)日本容器包装リサイクル協会からの委託を受け、容器・包装に係る事業者の皆さんからの事務手続きを受け付けています。

 対象となる「特定事業者」には「再商品化委託申込書類」が封書で送られていますので、令和2年度の再商品化委託契約申込は令和2年2月26日(水)までに、手続きをお願いいたします。

※「特定事業者」に該当するか否かは、協会コールセンター(03-5251-4870)にご相談ください。

 

 特定事業者でありながら、再商品化義務を履行していない場合は、平成12年4月の「法」の完全施行時まで遡っての履行が必要です。必ずご確認の上、手続きしてください。

 詳細は(公財)日本容器包装リサイクル協会のHPをご確認ください。

(協会HP) https://www.jcpra.or.jp/news/tabid/101/index.php?Itemid=1896

 

〇法律の内容、特定事業者に該当するかの判断について〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 コールセンター 03-5251-4870

 

〇申込書類の請求、手続き手順などについて〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 オペレーションセンター 03-5610-6261

 

広島県商工会連合会 東部支所

女性活躍推進セミナー開催!(2/28福山市)

個人も組織も成長するための働き方改革

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

福山市から女性活躍推進セミナー開催の周知依頼がありました。

『近年では企業の人材不足や定着化への対応が課題となっており、職場環境の改善や休暇制度の見直しなどの企業の取り組みや女性活躍の場を取り入れることが重要となっています。本セミナーでは,働き方改革などの視点から女性活躍推進を啓発するものです。』

 

〇日時

 2020年(令和2年)2月28日(金) 13時半~16時15分※13時より受付

〇場所

 エフピコRiM9階 スタジオA(福山市西町1-1-1)

 ※駐車場は「エフピコRiM第2駐車場」をご利用くださいますと無料認証いたします。

〇セミナー内容

 ・講演(13:30~)

 「個人も組織も成長するための働き方改革」

  佐々木 常夫さん(株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表)

 ・研修会(15:15~)

 「職場のハラスメント防止対策」(広島労働局雇用環境・均等室)

〇申込方法

 申込用紙に必要事項を記入のうえ,FAXにて送信いただくか,電話にてお申し込みください。

 申込用紙 [PDFファイル]

〇お問い合わせ先

 福山市経済環境局経済部産業振興課

 TEL:084-928-1040

 FAX:084-928-1733

「障害者雇用企業等見学会(事業主支援ワークショップ)」開催(広島県)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 障害者雇用企業等見学会(東部圏域)の開催に関して、広島県商工労働局雇用労働政策課より周知依頼がありました。

『平成30年4月からの法定雇用率が改正され、令和3年4月までにさらに0.1%引き上げとなることを受けて、県内でも、企業における障害者雇用が着実に進んでいるところです。

 障害のある方の働く能力を知ることが、障害者雇用を進める第1歩となると言われています。障害者のある方の雇用現場を見学していただき、直接担当者からお話を聞くことのできる絶好の機会ですので、是非ご参加ください。』

 

日時:令和2年2月7日(金)13:00~17:10(集合時間12:45)

見学先:①青山商事株式会社(神辺商品センター)

    ②府中市民病院

対象:企業の人事担当者、現場担当者等

定員:20社※先着順(原則1社1名)

申込期限:令和2年1月31日(金)
費用:無料

集合・解散場所:府中市役所正面玄関前(府中市府川町315)

主催:広島労働局(ハローワーク),広島県
共催:府中市,独立行政法人高齢・障害・求職者支援機構広島障害者職業センター
東部地域障害者就業・生活支援センター

問合わせ先:広島県商工労働局雇用労働政策課まで(電話:082-513-3424)
※ 同様の見学会を,令和2年2月18日(火)に広島市でも実施する予定です。

 

詳細は、見学会リーフレット をご覧ください。

『令和元年度 広域講習会』を開催します(県連)

[販売促進および防災対策に取り組みたい方へ]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会では、県内の中小・小規模事業者等を対象に、広域講習会を開催します。本講習会は2部構成で、第1部では『モノやサービスを売るな!「ストーリー」を売れ!!~あなたのサービス・商品が変わる!~』と題し、アマチュア落語家としても活躍中の株式会社ジェイグループネットワークス 代表取締役 松本 賢一 氏に、自身が立ち上げたネットショップでの成功経験を通じて得た、机上の空論ではない“生きたコンサルティング手法”についてご講演いただきます。

 また、第2部では近年多発する災害に対して危機管理を注意喚起し、事業継続を図るため、危機管理アドバイザーの野村 功次郎 氏を招き、『現場体験から語る・本当に使えるBCPとは!~従業員・家族を災害から守る事前対策~』と題し、災害現場でのエピソードを踏まえ、防災についてご講演いただきます。

 現在、講演会の参加者を募集中です。参加希望の方は下記の参加申込書を出力の上、必要事項を記入して県連地域振興課までFAX(082-249-0565)またはメール(chiiki@hint.or.jp)にてお申し込みください。

 

広域講習会の申込用紙はこちら 参加申込書 

 
○令和元年度 広域講習会
 日時/令和2年2月10日(月)13:30~16:45(受付開始13:00~)

 会場/ホテルメルパルク広島 5F椿(広島市中区基町6-36)

 参加費/無料

 問い合わせ/広島県商工会連合会 地域振興部地域振興課 TEL 082-247-0221

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年明けましておめでとうございます。令和2年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 我が国の経済は、雇用・所得環境の改善により、緩やかな回復が続くと期待されております。

 しかしながら、商工会地域においては、少子高齢化に伴う人手不足や後継者不足、消費人口の都市部への一極集中、消費税率の引き上げによる消費マインドの低下などにより、依然として経済の好循環を実感できない、厳しい経営環境におかれております。加えて一昨年7月の豪雨災害をはじめ、台風、地震など各地で頻発する大規模自然災害は、中小・小規模事業者等の経営基盤はもとより、地域住民の生活や雇用・消費にも大きな打撃を与えており、今後はさらに自然災害の多発化が想定されることから、危機管理を含めた防災意識を高める必要があります。

 また、昨年6月に国の小規模企業政策の根幹を成す「小規模企業振興計画」の見直しが行われ、地域自体の持続的発展も視野に入れた対策や、大規模災害を踏まえた事業継続リスクへの対応が重点施策に追加され、これまで以上に行政や関係機関との連携強化が必要となりました。

 こうした中、「平成」から「令和」に元号が変わり、新しい時代がスタートしました。

 これからの時代は、「人づくり革命」や「生産性革命」による経営基盤の強化が求められるとともに、働き方改革関連法への対応、設備投資・IT活用等による生産性向上の取り組みなども不可欠となることから、地域経済の持続・発展を担う商工会の役割は従来にも増して大きくなっており、その期待に応えるためにも商工会自らの経営発達支援計画を着実に実行するとともに、人材育成に取り組むなど、不断に支援能力を高めていく必要があります。

 これからも、商工会が地域の要として力強く存在感を発揮し、中小・小規模事業者の持続的発展と地域経済の活性化をリードしていくためにも、「行きます、聞きます、提案します」をスローガンに掲げ、事業者が抱える種々の課題解決に向けて寄り添った経営支援を行い、「儲かる企業」や「儲かる地域づくり」の実現に向けて、全力を挙げて会員サービスの一層の向上に取り組んで参りますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

令和2年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 松山 和雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては清々しい新年をお迎えになられたことと、心よりお慶び申しあげます。また、旧年中においては広島県商工会青年部の活動に対し格別なるご支援ご鞭撻を賜りましたこと、心より感謝申し上げますとともに本年も引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

 昨年は、「令和」という新しい時代が始まる節目の年となりました。広島県青連といたしましても、第21回商工会青年部全国大会愛知大会での主張発表大会において、広島県の代表が中国・四国ブロック代表として堂々とした発表を行い、中国・四国ブロックのみならず、全国の青年部に大いなる感動と全国の部員が直面する部員減少問題に対し解決に向けたヒントを与えてくれたことを昨日のように思い出すことができ、新しい時代の第1歩として相応しいものになったと感じております。そして彼を全力で応援してくれた広島県商工会青年部の絆の深さを改めて実感したところです。

 また、単会の青年部もそれぞれ精力的な活動を実施しており、広島県商工会青年部は他のどの県と比べても、積極的で活力のある単会が増えてきていると確信しております。

 しかし、本年より大勢の部員の定年卒業が始まります。それは、6年前に部員定年を40歳から45歳に引き上げ、当時卒業だった方々が改めて卒業時期を迎えるためです。公式数値ではありませんが、広島県青連では本年より毎年約120人づつ減少し、新規加入部員が居ない場合、5年後には部員が半減するという予測も出ております。

 そのため、広島県青連といたしましては、経営者・後継者やその地域に生きる方々に商工会青年部へ加入するメリットや必要性が感じ取れる様々な活動を行える環境を整えることはもちろん、少なくなる部員で事業を継続する手法なども検討しており、引き続き地域に必要とされる商工会青年部を目指してまいる所存です。

 結びに本年が皆さまにとって良い変化を巻き起こし、更なる飛躍、発展の年となることを祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて頂きます。

 

令和2年 元旦

 

年頭挨拶 広島県商工会女性部連合会 会長 作田直美

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年、明けましておめでとうございます。

 皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 旧年中は、広島県商工会女性部連合会の事業運営に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 昨年は、年越しならぬ、平成から令和への時代越しとして、新たな元号「令和」への幕開けとなりましたが、改めて自然災害の猛威を感じた一年でもございました。台風19号などの暴風雨による日本各地域の大きな被害に、深く心を痛めています。亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、ご遺族、被災された方々にお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧が進み、被災された方々が安心できる生活が早く戻ることを心から願っております。合わせて「令和」が、平和で安全な時代となりますよう心より願う次第でございます。

 このような中、昨年の県女性連は、商工会女性部員としておもてなしの心の醸成や商工会女性部の交流事業促進を目的に「おもてなし交流推進事業」を新たに立上げました。継続事業では、部員の資質向上を図る研修会・主張発表県大会、また部員の健康増進と親睦を図るレクリエーション大会の開催など、女性部ならではの各種事業に、県内より多数の部員の皆さまにご参加いただき、有意義に事業を実施することができました。

 本年も継続して、「魅力ある女性部」を目指し、地域の信頼と期待に応え、社会一般の福祉の増進の担い手として広域的な事業活動を積極的に展開し、商工会女性部の更なる飛躍の一年とすることを誓いたいと存じます。

 結びに、本年が皆様にとりまして、更なる飛躍の年になりますようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

令和2年 元旦

 

1/24(金)イクボス推進セミナー開催(広島県)

同盟メンバー及び小室氏,知事が対談「イクボス推進セミナー@福山」参加者募集!            [令和2年1月24日]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

広島県商工労働局からイクボス推進セミナー                                                   ”~業績もモチベーションも上がる!~経営戦略としての働き方改革”開催の周知依頼がありました。

 

『広島県では「イクボス同盟ひろしま」の活動の一環として「イクボス推進セミナー」を開催します。昨年度までは「イクボス推進トーク」として,「イクボス同盟ひろしま」のメンバーが代表を務める企業や地域を湯崎知事自ら訪問し,経営者や管理職の方々とディスカッションを行うことで,ワークライフバランスの改善やイクボスの意義などについて理解を深めようというもので,3年間で計14社の同盟メンバー企業へ訪問して実施しました。

 今年度は「イクボス推進セミナー」として,第1回目は,去る11月20日にカルビーの代表取締役会長兼CEOを務められた松本晃氏をお招きし,講演を行って頂きました。講演後はイクボス同盟メンバー及び松本晃氏,湯崎知事のパネルディスカッションを実施しました。

 第2回目は,令和2年1月24日に福山市にて,株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室淑恵氏をお招きし,働き方改革についての講演を行って頂きます。また,講演後は,第1回目と同様に働き方改革を進めるイクボス同盟メンバー及び小室氏,湯崎知事によるパネルディスカッションを実施する予定です。

 県内企業の方の参加を募集します。「働きやすさ」と「働きがい」のある職場環境づくりを進める企業の取組やイクボス推進のヒントが沢山聞けるチャンスです!経営者の方も管理職の方も,ぜひ奮ってご参加ください。』

 

詳細・申込は、広島県のHPをご参照ください。

 

福山市主催の講演会ご案内(1/20)

Untitled-未来をつくるみなさんへのメッセージ-

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

福山市産業振興課よりセミナー開催の周知依頼がありました。

 

『常識にとらわれないモノづくりへの挑戦を続け,ついには農業にも進出。斬新なアイデアをビジネスに変え、宇宙から紙飛行機を飛ばそうとするなどワクワクする活動を行い続けている㈱キャステムの戸田社長。戸田社長は何をどう考えて働いているのだろう。どうしてそんなに新しいことに挑戦できるのだろう。挑戦の裏側を講演いただきます。多くのメディアにも掲載され、全国からも講演依頼が殺到(断ることが多いらしいです)するなか、地元福山で講演いただきます。挑戦の裏側に触れていただき、皆様の活動や取組のヒントにつながれば幸いです。ぜひぜひご参加ください。』

 

講演名:Untitled-未来をつくるみなさんへのメッセージ-

講師:㈱キャステム代表取締役社長 戸田拓夫氏

日時:2020年1月20日(月)18:30-20:30

場所:ものづくり交流館スタジオA(エフピコRiM9階)

参加費:無料

定員:100名

主催:福山市産業振興課(TEL:084-928-1039)

申込等:

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/koho-detail02/koho-202001/169057.html

 

<講演者の紹介>

精密鋳造部品の製造販売を主軸に海外にも事業展開する㈱キャステムの代表取締役社長。

ロビンマスクの1/1金属マスクやモンスターボールの虫カゴ、日本最速の発売に挑戦した令和ぐい呑みなど話題性ある商品開発、農業、堀江貴文氏が関わるロケットで宇宙から紙飛行機を飛ばそうとするなど新たな挑戦を次々と行っている。

 

1 / 8212345...102030...最後 »