商工会からのお知らせ

全てみる

12月1日~31日は「国家公務員倫理月間」です。

告知・イベント情報

 国家公務員倫理審査会より周知依頼がありました。

 国家公務員倫理審査会では、毎年、国家公務員倫理週間を設け、様々な啓発活動を行っていますが、本年度は国家公務員倫理審査会創立20年の節目であること、昨今の公務員倫理をめぐる情勢等を踏まえ、12月1日(日)~31日(火)を『国家公務員倫理月間』とし、各種啓発活動を実施することといたしました。

 民間企業の皆様には、国家公務員との接触・交際の際にはルールがあるため、飲食や贈答品のやりとりなどには御注意頂くようお願いします。

 

 国家公務員倫理審査会では、ルールに違反する行為の早期発見と未然防止のため、国家公務員の倫理に反すると疑われる行為に関する情報を広く受け付けています。そのような行為に気付いたときは、公務員ホットラインへご連絡ください。

『国家公務員倫理審査会ウェブサイト』https://www.jinji.go.jp/rinri/

 

【公務員倫理ホットライン】

電話:03-3581-5344(土・日・祝日及び12/29~1/3を除く、9:30~18:15)

https://www.jinji.go.jp/rinri/tuuho/tuuho.html

※通報者の氏名等は窓口限りにとどめられます。

 

国家公務員倫理審査会から民間企業の皆様へのお願い

 

 

『#せとうちskip物産展』をひろしまブランドショップTAUで開催(呉広域商工会)

[テストマーケティングを兼ねた物産展を都市圏で開催。呉の美味いもの、工芸品が大集合]

アクティブニュース

呉広域 商工会

 11月19日(火)から21日(木)の3日間、都市圏3ヶ所で呉の美味しいものや工芸品が集結する『#せとうちskip物産展』が開催されます。このイベントは、呉広域商工会の豊富な地域資源である“うみのさち”“やまのさち”から選りすぐりの食材を使った、知る人ぞ知る人気の特産品を集めた物産フェア。会場には、レモンケーキや牡蠣、ちりめん、柑橘ドレッシング、ラーメン、呉にまつわる雑貨など、生産者自慢の逸品が並びます。

 

 会場は銀座にあるひろしまブランドショップTAU、神奈川県川崎市と横浜市の大野屋商店。TAUでは、レモンをはじめとした柑橘加工品の試食会なども予定されています。

 

 このイベントは、呉広域商工会の伴走型支援・販路開拓支援事業の一環として実施されるもので、『クレワングランプリ』の受賞者を決める大イベント。今回のテストマーケティングで消費者評価、付随して行われる商談会でのバイヤー評価ともに優秀な成績を収めた事業者が2019年のグランプリに輝きます。

 

 まずは会場で呉市の音戸・倉橋・川尻・安浦・とびしま海道の魅力をご体感ください。

 

 

○#せとうちskip物産展 

日時/2019年11月19日(火)、20日(水)、21日(木)

会場/ひろしまブランドショップTAU(東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング)

   大野屋商店 武蔵小杉東急スクエア店(神奈川県川崎市中原区小杉町3-472)

   大野屋商店 MARK IS みなとみらい店(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらいB1F)

お問合せ/呉広域商工会 TEL 0823-70-5660

 

~労働保険に加入していますか~(広島労働局)

~労働保険適用促進強化期間「11月」~

広島県商工会連合会

このことについて、広島労働局より周知の依頼がありました。
労働保険は、社員、パート、アルバイトなど、労働者を一人でも雇用している事業場はすべて加入が義務付けられているものです。
労働災害の場合には、健康保険証が使えませんので、労働保険に加入していないと事業主には多額の負担が発生する場合があります。
詳細は、下記のリーフレットにあります。
内容をご覧いただき、未加入の場合には速やかに加入の手続きを進めてください。
ご相談は、労働局、最寄りの労働基準監督署、各商工会にしてください。

 

適用促進リーフレット

令和元年度「広域講習会」受講生募集(11/26福山市)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会東部支所は、11月26日(火)福山市生涯学習プラザ(まなびの館ローズコム4F)にて「令和元年度広域講習会」を開催します。                 テーマは「~個の力を引き出し、活かす経営ここにあり!~ ディズニー・NASAが認めた利益率20%超えの夢工場創り」

 講師のHILLTOP㈱ 代表取締役副社長 山本昌作氏は、家内産業からはじめた鉄工所で熟練技をデータベース化し、独自開発によるシステムで365日24時間、無人加工が可能な工場を実現。機械にできることは機械に任せ、人間は人間にしかできない創造的な仕事をする!そんな発想で下請け工場から、業界平均(3~8%)を大きく凌ぐ、利益率20%を超えるIT鉄工所に大転換を果たします。 

 またユニークな社員教育カリキュラムで全員参加型のやる気集団を創り上げ、米国のNASAやディズニーとも取引する企業へと大躍進。「ものづくりの前に人づくり」「楽しくなければ仕事じゃない」とメッセージを送る山本氏の実践から、強い組織づくりや自発能動的な人材の育成について講演いただきます。旧ビジネスモデルを変革したい方、人づくり組織づくりの手法を模索している方など、組織活性化のヒントとなる講演です。

 現在、講習会の参加者を募集中です。参加希望の方は下記の申込書に必要事項を記入のうえ、県連東部支所に、FAX(084-960-3108)またはメール(shisho@hint.or.jp)でお申し込みください。
 
広域講習会の申込書(PDF)は こちら

 

○令和元年度 広域講習会〇

『~個の力を引き出し、活かす経営ここにあり!~

ディズニー・NASAが認めた 利益率20%超えの夢工場創り 』

・日  程/令和元年11月26日(火)18:30~20:30(受付開始 18時)
・開催場所/福山市生涯学習プラザ まなびの館ローズコム4F
        (福山市霞町1-10-1)
・講  師/HILLTOP㈱ 代表取締役副社長 山本昌作 氏
・受 講 料/無料
・問合わせ/広島県商工会連合会 東部支所 
        TEL:084-960-3107 FAX:084-960-3108
        メール(shisho@hint.or.jp)

(担当:東部支所 三谷・島田)

小規模企業景気動向調査(令和1年9月期)の結果を公表します

~消費増税前の駆け込み需要で好調も、先行き不透明な小規模企業景況~

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 全国商工会連合会では、11月5日、9月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しました、
 業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

 

 【製造業】駆け込み需要で売上が大幅改善も、今後に不安が残る製造業
 【建設業】駆け込み需要で好調の中、災害復旧工事に追われる建設業
 【小売業】駆け込み需要の影響で、2カ月連続して大幅に改善した小売業
 【サービス業】軽減税率の対象外となる飲食業や理美容業で駆け込み需要が発生したサービス業

 

※詳細については、下記ファイルをご覧ください。

  調査結果レポート(R1.9)

 

≪小規模企業景気動向調査とは≫

 全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

 全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

『成約を勝ち取る!商談会事前セミナー』開催(県連)

[実りある商談会にするために、バイヤーとの交渉に必要な心得や実践テクニックを学習]

広島県商工会連合会

商談会に必要なノウハウを分かりやすく解説する永瀬氏

 毎年、広島県商工会連合会が販路開拓支援事業の一環として、首都圏・関西・広島地域等からバイヤーを招いて行う「商談会」。今年は11月12日(火)に、ホテルセンチュリー21広島での開催が決定しています。

 

 開催に先立ち10月16日(水)、広島YMCA国際文化センター本館にて、商談会に参加する事業者を対象とした『商談会事前セミナー』を実施しました。講師は、地域と消費者を結ぶ『バイヤーズ・ガイド』を発行する有限会社 永瀬事務所代表取締役の永瀬正彦氏。商談会を前に、バイヤーとの商談を効率的に行うための商談シートの書き方やフォローアップの方法など、実践に役立つテクニックを紹介しました。

 

 主催者挨拶で脇安地域振興部長は、「今年は、首都圏・関西・広島地域の百貨店等のバイヤー10社にお越しいただき、より拡充したスタイルでの開催を予定しています。例年、10件を超える商談が成立しており、必ずや事業者のみなさんの販路開拓や今後の商品開発など、新たなビジネスチャンスのきっかけになるものと確信していますので、この機会を大いにご活用ください」とエールを贈りました。

 

模擬商談会は本番さながらの緊張感

 永瀬氏は「商談会は準備が全て。本番では練習以上のことは起こりません。現場に合わせた内容で予行練習をしっかりしましょう」とアドバイス。展示ブースの作り方、試食のやり方、名刺の受け取り方など商談会に参加する上で大切なことを一つひとつ紹介していきました。永瀬氏は「次、会うための理由づけをするために、バイヤーから期限を決めて宿題をもらうことが重要」と力説。「むしろ商談会よりも大事」と位置付けるフォローアップについてもアドバイスしました。

 

 後半は参加事業者と永瀬氏による模擬商談を実施。本番さながらの緊張感あるやり取りが繰り広げられました。永瀬氏は、「商談で大切なのは、どうやってバイヤーと信頼関係を作っていくかということ。商品をより良くするためのアドアイスがもらえるも場所としても意識してほしい」と話しました。

 

 本番は11月12日(火)。これからやるべきことが明確になった参加者たちは、実りある商談会にするための本格的な準備に取り掛かります。

 

【働き方改革推進シンポジウム開催報告】企業経営者や人事労務担当者など320名が参加(広島県)

働き方改革の推進

広島県商工会連合会

 広島県は働き方改革推進シンポジウム『働き方改革がつくる強い組織 ~企業競争力を高める人材育成と組織マネジメント~』 を9月5日に開催しました。

 単なる時短にとどまらず,多様な人材が働きがいを感じながら,活躍する強い組織をつくるためにはどうすればよいか。人材育成や組織マネジメントの視点から「働き方改革」を考える基調講演やクロストークが行われ,今後の自社内の働き方改革の推進にあたって,刺激を受ける内容となりました。

 

① 基調講演:

 「働き方改革がつくる強い組織~企業競争力を高める人材育成と組織マネジメント~」

  講師:㈱リクルート リクルートワークス研究所 所長 大久保幸夫氏

 【当日のトピックス】

  ・社員目線での目的共有の重要性

  ・働きやすさと働きがいの実現 

  ・人が育つ組織・プロ意識の重要性 など

 

② クロストーク

 「これから求められる働き方改革とは」

 《パネリスト》

  カゴメ㈱ 常務執行役員CHO 有沢正人氏,

  広島電鉄㈱ 取締役 人材管理本部長 仮井康裕氏,

  県立広島大学大学院 経営管理研究科 木谷宏氏

 《ファシリテーター》 

   ㈱リクルート リクルートワークス研究所 大久保幸夫氏

 【トークテーマ】

  ・社員の抵抗感への提言,推進のキーパーソンについて

  ・中小・零細企業の働き方改革について

  ・改革を進めるうえでの障壁 など

 

 ●詳しいレポートはHPに掲載しています。ぜひご覧ください!

  https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/hatarakikata/sympojium2019.html

 

 ●問合せ先

  広島県 商工労働局 働き方改革推進・働く女性応援課 

  働き方改革推進グループ TEL:082-513-3340

令和元年度中国・四国ブロック商工会青年部主張発表大会で最優秀賞    (県青連)

[広島県代表の松下仁さん(高陽町商工会)のスピーチが最優秀賞に輝く]

研修会・総会

広島県商工会連合会

 10月4日、商工会青年部が広域的に交流することにより、青年経営者の資質の向上と相互の連携強化、併せて活力ある地域・青年部づくりを図ることを目的に、「令和元年度商工会青年部中国・四国ブロック交流会(主張発表大会)」が島根県松江市の島根県民会館で開催されました。

その中で行われた中国・四国ブロック主張発表大会に中四国各県の予選を勝ち抜いた商工会青年部の代表者9名が出場。出場者は青年部活動を通じて感じた、地域への思い、仲間への思い、家族への思いについて自らの活動体験などを織り込みながら、熱い主張を繰り広げました。

 

     最優秀賞に輝いた広島県代表の松下仁さん

 主張発表を行ったのは、島根県代表の垣崎宏次さん(邑南町商工会青年部)、香川県代表の岡上博さん(土庄町商工会青年部)、鳥取県代表の東洋祐さん(日南町商工会青年部)、広島県代表の松下仁さん(高陽町商工会青年部)、高知県代表の小野雄介さん(四万十町商工会青年部)、山口県代表の林和哉さん(萩阿武商工会青年部)、岡山県代表の佐藤拓也さん(備北町商工会青年部)、愛媛県代表の中坂富雄さん(上島町商工会青年部)、徳島県代表の大城健志さん(美波町商工会青年部)の9名(発表順)

 

 最優秀賞に輝いたのは広島県代表の松下仁さん(高陽町商工会青年部)。優秀賞は愛媛県代表の中坂富雄さん(上島町商工会青年部)が受賞しました。広島県代表が全国大会に出場するのは2年連続の快挙です。

松下さんは『青年部活動に参加して~青年部の危機!!女性部交流と部員増強~』をテーマに発表。青年部員として活動した14年間を振り返り、苦楽をともにした仲間たちとのさまざまなエピソードや、女性部との交流が基で部員増強に繋がった経緯等を感情豊かに披露しました。

松下さんは、12月4日に愛知県で開催される『第21回商工会青年部全国大会(主張発表大会)』において中国・四国ブロック代表として出場します。

 

『中国ブロック商工会職員協議会 令和元年度 経営支援事例発表大会』開催

[中国5県から選ばれた5名の経営指導員が事例を発表。最優秀賞は呉広域商工会の藤田経営指導員が受賞]

研修会・総会

広島県商工会連合会

 

 中国ブロック商工会職員協議会は、10月10日(木)ホテルかめ福(山口市湯田温泉4-25)において『中国ブロック商工会職員協議会 令和元年度経営支援事例発表大会』を開催。中国地方5県の商工会経営指導員113名が参加しました。

           最優秀賞に輝いた藤田経営指導員

 

 発表を行ったのは、中国各県の経営支援事例発表大会を勝ち抜いた経営指導員5名。出場者は、自身が支援した会員への想い、日頃感じている地域・商工会への想いを自ら実践した経営支援に織り込み、その方法や成果を熱く語りました。

 

事例発表を行ったのは、

 

①岡山県代表 備北商工会 経営指導員 佐藤 敏幸 氏

 発表テーマ『岡山県高梁の唐辛子を活用した商品による吹屋の地域おこし』

②山口県代表 周防大島町商工会 経営指導員 前 貴棋 氏

 発表テーマ『継続した伴走型支援 ~法人清算から事業計画策定まで~』

③鳥取県代表 鳥取県東部商工会産業支援センター 経営指導員 岩見 誠治 氏

 発表テーマ『徹底した可視化による経営改善支援 ~苦境に立ち向かった息子の覚悟~』

④広島県代表 呉広域商工会 経営指導員 藤田 輝宏 氏 

 発表テーマ『自社で出来ることからやってみよう!~社内体制の構築と販路開拓支援~』

⑤島根県代表 斐川町商工会 経営指導員 金山 英生 氏

 発表テーマ『施策活用型からフォロー徹底型支援へ ~ピンチを乗り越え、その他の事業継承へ』

の5名(発表順)

 

 経営支援事例発表の結果発表が行われ、呉広域商工会の藤田経営指導員が最優秀賞を受賞。審査委員長を務めた中国ブロック商工会職員協議会 副会長 田中清史氏は講評で「毎年、発表者のレベルが上がり、甲乙つけがたい内容だった」と前置きし、藤田経営指導員の発表について「問題点もきれいに整理され、話し方にも説得力もあり、分かり易く受け入れ易い発表であった。」と評価しました。

 藤田経営指導員は12月3日(火) フォレスト・イン昭和館 (東京都昭島市昭和の森)において、全国商工会連合会、全国商工会職員協議会が開催する「令和元年度 経営支援事例発表大会」に中国ブロック代表として出場します。

 

働き方改革関連法に関する説明会について(広島労働局)

広島県商工会連合会

 

 働き方改革関連法は昨年7月6日に公布され、平成31年4月1日から各改正事項が順次施行されています。
 広島労働基準監督署では、働き方改革関連法の趣旨や内容の周知及び新たな労働時間制度に基づく管理の徹底を図ることを目的とした説明会を開催致します。

 

【開催場所・定員】 パンフレットをご確認ください
【開始時間】 14:00(受付13:30~)
【参 加 費】 無料
【申込方法】 FAX(申込書はこちら

 

【ご質問・お問合わせ先】
 (受託会社)株式会社東京リーガルマインド
  働き方改革関連法に関する説明会事務局 担当:鈴木・小田
  フリーダイヤル:0800-222-3029
  〒164-0001 東京都中野区中野4-11-10アーバンネット中野ビル
  TEL:03-5913-6085 FAX:03-5913-6409
  E-MAIL:36kyoutei@lec-jp.com

1 / 8012345...102030...最後 »