商工会からのお知らせ

全てみる

『改正障害者雇用促進法』の施行を踏まえた公正な採用選考の実施等について

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 標記、改正法については、本年4月1日より施行されておりますが、この度、広島労働局より、これに基づく公正な採用選考実施の徹底依頼と、「Q&A」の第二版の周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

 これを機会に再度、採用基準の確認を行うなど、改正法に沿った公正な採用選考の実施をお願いいたします。

 

 厚生労働省「障害者雇用促進法に基づく障害者差別禁止・合理的配慮に関するQ&A」

 ダウンロードURL

 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000123072.pdf

 

広島県商工会連合会

   総務課 平野

「江田島市観光グルメガイド」が完成!(江田島市商工会)

[江田島市初の観光グルメガイドブックが完成。最新情報から飲食店まで情報がぎっしり]

告知・イベント情報

江田島市 商工会

表紙は江田島市の老舗旅館「坪希」の外観写真で高級感あふれる作りに。

表紙は江田島市の老舗旅館「坪希」の外観写真で高級感あふれる作りに。

 江田島市商工会が事務局を務める江田島市地域資源活用委員会が、観光ガイド「江田島観光グルメガイド」を4月28日に発行しました。江田島市の観光とグルメ情報を盛り込んだガイドブックが作成されるのは今回が初めて。地元のライターやカメラマンによる2ヶ月もの取材、大野町商工会青年部部長の大島久典さんによるデザインと構成で、観光地から飲食店まで、江田島市の魅力がぎゅっと凝縮されています。最新(平成28年4月現在)の観光情報のほか、江田島市内の飲食店83店舗を網羅。料理の店主の写真とともにお店の魅力が紹介されています。

 

 ガイドブックでは、市内を「江田島町エリア」「能美・沖美町エリア」「大柿エリア」の3つに分けて飲食店をマップとともに掲載。各お店のオススメやこだわりなどの特徴が分かりやすく記載されています。また、季節のイベントや市内に開設または開設予定の産直市、宿泊施設、新しくオープン予定の観光施設まで網羅。この一冊で江田島市観光をより充実したものにしてくれる優れモノです。

 

市内の飲食店を網羅。夜楽しめるバーやスナック、カラオケ喫茶も取り上げています。

市内の飲食店を網羅。夜楽しめるバーやスナック、カラオケ喫茶も取り上げています。

 表紙は江田島市の老舗旅館「坪希」の写真を採用し、高級感を出しました。広島港、呉港、江田島市内の主要観光施設、江田島市内各港、広島港を結ぶ定期船などに設置して配布したところ、初期印刷部数1500部は品切れとなり、商工会で保管していた予備の300部も直接、商工会や観光協会を訪れた市民や観光客に配布され、即日配布終了となりました。増刷分は5月24日から順次、広島港、広島駅観光案内所、呉港などで配布されます。

 

 また、ガイドは下記URLからもダウンロードできます。江田島市を訪れる際は、ぜひご活用ください。

 

ダウンロードはこちら

http://etajima.jp/asset/00093/201605/etajima-kanko-gourmet2016021.pdf

 

  • お問い合わせ先/江田島市商工会 TEL0823-42-0168

 

「働き方改革」の実態調査を実施します(広島県)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

~「県内企業働き方改革取組実態調査」へのご回答お願いします~

【回答期限:5/27(金)】

 

広島県では,企業における働き方改革を促進していく上で,県内企業の皆様の

取組の状況を把握させていただくため,次のとおり調査を実施します。

本調査は,今後の効果的な県の支援策を検討させていただく上で,とても重要

な調査となります。

つきましては,本調査の趣旨をご理解いただくとともに,該当企業の皆様に

おかれては,ご多用中誠に恐縮ですが,ご回答へのご協力をお願い申し上げます。

 

【県内企業働き方改革取組実態調査】

  ○調査対象

    従業員数31人以上の県内企業(約3千社)

  ○調査内容

   ・働き方改革に関する制度・仕組みの導入・取組状況

    (休暇の取得促進,長時間労働の削減,フレックスタイム等の多様な働き方など)

   ・取組を進めていくにあたっての課題 など 

  ○調査票発送時期

    5月上旬

     ※県から直接送付します 

  ○調査票提出期限

    5月27(金)

     ※同封の返信用封筒を郵送ください

  ○参考(「働き方改革」について)

          チラシ(PDF)をご覧ください

  ○その他

    詳細は,こちら(県ホームページ)をご覧ください

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/68/hatarakikatacyousa.html

 

 【お問い合わせ先】

   広島県 商工労働局 雇用労働政策課 働き方改革推進担当

   (TEL 082-513-3340)

 

「高年齢者雇用安定助成金の制度改正」のご案内

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構より、標記助成金の改正の案内がありました。

 

①高年齢者活用促進コース【内容の拡充】
 高年齢者の活用促進のための雇用環境整備の措置を実施した事業主に対して、助成金を支給します。
②高年齢者無期雇用転換コース【新設】
 50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換させた事業主に対して助成金を支給します。

 

対象と思われる案件がある場合や詳細については、下記へ問い合わせるかホームページをご参照ください。

 

問い合わせ先 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
        広島支部 高齢・障害者業務課 電話082-545-7150

高齢・障害・求職者雇用支援機構HP  http://www.jeed.or.jp/elderly/subsidy/

「職場意識改善助成金」のご案内

告知・イベント情報

 広島労働局より、標記助成金の案内がありました。

 これは、中小企業事業主を対象として、労働時間等の改善に向けた研修開催に係る費用や、労務管理用機器などの導入に係る費用に対して助成が行われるものです。

 毎年度,“人気のある”助成金であり,今回も制度の拡充が行われおります。

 対象と思われる案件がある場合や,詳細の内容を知りたい方は、下記へお問い合わせください。

 助成金内容や申請書の作成方法まで詳しく説明されるそうです。

 

 

 ■問い合わせ先  広島労働局労働基準部監督課  電話082-221-9242 

 

■リーフレット:職場意識改善助成金のご案内(職場環境改善コース)

■関係厚労省HP: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/index.html

 

広島県商工会連合会

平野

『Teamがん対策ひろしま』登録企業募集!

告知・イベント情報

 街で見かける「デーモン小暮閣下」のポスターを思い出していただければと思います。

 広島県では,“閣下”をイメージキャラクターとして,平成26年度より「がん対策日本一の実現」を目指し,がんの予防やがんになった社員の就労支援等に取り組む企業を“登録企業”として支援されております。

 今回,県担当課より,平成28年度の登録企業募集開始の案内がありました。

 登録企業となると,『Teamがん対策ひろしま』の一員として,取り組みに協力する企業として紹介されるほか,がん対策グッズの提供や出前講座の実施,就労支援ハンドブックの提供などの支援が受けられます。

 詳細は,下記のリンクからご覧いただけますので,これを機会に御社社員等のがん予防と,がんとなった際の対策についてお考えいただき,登録についてご検討いただければと思います。

 県担当課では,ご興味のある企業・団体からのご連絡をいつでもお待ちしていますとのことです。

 

【募集期間】平成28年4月20日から6月30日

 

 (「Teamがん対策ひろしま」 募集要項ページ)

 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/gan-net/team-gantaisaku-04.html

 

【問合せ先】広島県健康福祉局 がん対策課

      電話082-513-3063

 

『平成27年度女性経営者等資質向上セミナー』開催(県女性連)

[女性だからできる『おもてなし』や女性部だからできる活動について学ぶ]

研修会・総会

広島県商工会連合会

第1部で講演を行った日野眞明氏。

第1部で講演を行った日野眞明氏。

 広島県商工会女性部連合会は、1月15日(金)、ホテルセンチュリー21広島(南区的場町)にて、『平成27年度女性経営者等資質向上セミナー』を開催しました。県内の商工会女性部員及び事務局を対象としたもので、108人が参加。研修会とパネルディスカッションの2部構成で行われ、女性だからこそできる経営術について学びました。

 

 第一部の研修会では、MORE経営コンサルティング(株)の代表取締役、日野眞明氏が講師として登場。“女性だからこそできる『おもてなし』経営”と題した講演を行いました。日野氏は、「おもてなしとは、お客様に対して特別な扱いをするということ。『あなただけに!』という想いが伝わることが大切」と述べ、お客様に伝えるべきことや心をつかむ法則などを、事例を交えながら分かりやすく解説しました。

 

初の試みとなったパネルディスカッション。参加者は、各女性部で行っている取り組みについて発表を行いました。

初の試みとなったパネルディスカッション。参加者は、各女性部で行っている取り組みについて発表を行いました。

 続いて行われたパネルディスカッションは、県女性連初の試み。パネリストに県女性連の井上会長と呉広域商工会女性部の宇和村部長、高陽町商工会の大瀬戸部長、大崎上島町商工会の谷本部長、沼隈内海商工会の河野部長、三次広域商工会の明賀副部長の6名が参加し、コーディネーターを県連の今村事務局次長が務めました。テーマは“より魅力のある女性部となるために~いま、今わたしたちが取り組むべきこと~”。各女性部で取り組んでいる事業や実例などを紹介しながら、活発なディスカッションが行われました。

 

 参加者からのアンケートでは「パネルディスカッションで各女性部の取り組みを聴き、地域ならではの課題を事業に結び付けている点がとても勉強になった」や「まだまだ自分も勉強しなければと思った」などの意見が寄せられ良い刺激を受けた様子。県女性連では、こうした声を基に、今後もさらに充実した研修会等を開催していく予定です。

三原の特産品を全国に発信!(三原臨空商工会)

[独自のインターネットショッピングサイトを開設し、会員事業所の商品をPR]

告知・イベント情報

三原臨空 商工会

ひろしまど真ん中市場(三原臨空商工会) 三原臨空商工会が開設しているショッピングサイト『ひろしまど真ん中市場』をご存じですか? サイトでは会員事業者が生産・製造した商品の魅力を紹介し販売を行っています。

 

 この取り組みは、企業単独では難しい新たな販売先、顧客の開拓を目指して平成25年にスタートしました。現在、17事業所の181アイテムを販売しています。自然薯や漬け物、ニンニク、お米など、三原の豊かな自然に育まれた特産品から、竹炭商品、車の肘掛など、それぞれの事業所が工夫を凝らしたオリジナル商品まで、幅広いアイテムがラインナップ。三原の魅力あふれる商品が満載です。

 

 平成26年には「Yahooショッピング」にも出店。クレジット決済も可能になり、利便性も向上させています。また、同商工会ではサイトを作成するための取材を職員が担当。事業者に商品の魅力を聞き出し、サイトで分かりやすく紹介しています。今後も加盟店数とアイテム数を充実させていく予定です。

 

 情報はフェイスブック・ツイッターでも配信中。「ひろしまど真ん中」で検索すると最新情報がご覧いただけます。三原の魅力あふれる特産品を紹介するショッピングサイト「ひろしまど真ん中市場」で、お買い物を楽しんでみませんか?

 

ひろしまど真ん中市場

http://hiro-domannaka.com/

 

  • お問い合わせ TEL0848-86-2238(三原臨空商工会)

『平成27年度臨時総会』開催(県連)

[平成28年度は『商工会員満足度の向上』『地方の創生』『商工会の機能強化』を3本柱にした事業を展開]

研修会・総会

広島県商工会連合会

開会の挨拶を行った熊高一雄会長。

開会の挨拶を行った熊高一雄会長。

 広島県商工会連合会は、3月24日(木)にメルパルク広島(中区基町)にて、『平成27年度臨時総会』を開催しました。32人の商工会正副会長及び県青連・県女性連会長が出席し、平成28年度の事業計画や予算などについて審議が行われました。

 

 開会の挨拶を行った熊高一雄会長は、冒頭で平成28年度の事業計画案にふれ『商工会員満足度の向上』『地方の創生』『商工会の機能強化』の3本柱を軸に事業を実施していくと述べました。『商工会員満足度の向上』では、具体的な内容として経営発達支援計画の全商工会認定と経営発達支援事業の確実な実行により、支援成果を創出していくとともに、商工会が各事業者に対して行う各種事業計画の作成及び遂行支援の業務や販路拡大等専門的経営課題に対応する支援業務サポートに全力を傾注することなどを説明し、「経営指導員一人あたり年間12件以上の事業計画の作成目標を掲げ取り組んでいく」と述べました。

 

 また、2本目の柱である『地方の創生』では、商工会が地域活性化のリード役となり、一億総活躍・地方創生に向けて主体的役割を担っていく取り組みをサポートするとし、3本目の柱である『商工会の機能強化』では「地域に最も近い経済団体としての存在価値を示していくために、関連機関との連携を強化しつつ効果的な経営支援体制を研究し、具現化に向けて取り組んでいく」と述べ、事業への理解と協力を呼びかけました。

 

6つの議案について審議が行われました。

6つの議案について審議が行われました。

 その後、大野町商工会の滝口義明会長を議長に選出し議事が進行されました。上程した第1号議案から第6号議案のすべてが原案通り承認可決されました。

 

提出議題は次の通り

 

第1号議案 平成27年度収支補正予算書(案)承認の件

第2号議案 平成28年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件

第3号議案 平成28年度県連合会会費賦課基準(案)及び徴収方法(案)承認の件

第4号議案 平成28年度電子計算機処理手数料賦課基準(案)及び徴収方法(案)承認の件

第5号議案 平成28年度借入金最高限度額(案)及び借入先承認の件

第6号議案 広島県商工会等職員の給与表、初任給、昇格、昇給等に関する統一規約の一部改正(案)承認の件

『ひろしま夢ぷらざ 出展事業所・団体等講習会』開催(県連)

[食品問題のプロから、「食の安全」時代を生き抜くための極意を学ぶ]

研修会・総会

広島県商工会連合会

多くの参加者が訪れた会場は熱気を帯びていました。

多くの参加者が訪れた会場は熱気を帯びていました。

 広島県商工会連合会は、3月14日(月)にメルパルクHIROSHIMA(中区基町)にて、『ひろしま夢ぷらざ 出展事業所・団体等講習会』を開催しました。ひろしま夢ぷらざ出展者に販路拡大のヒントを見出してもらおうと毎年実施されているもので、今年は70の事業所と団体等から85名が参加。会場は熱い思いを持った事業者で埋め尽くされました。

 

 開会の挨拶で県連の石井正朗専務理事は、「都市と地方の交流を活発にして交流人口を増やし、県全体が元気になることを目的とした『夢ぷらざ』も来年度で18年目を迎えます。来場者数、売上ともに順調に伸び、地域の情報発信基地として定着しました。」と成果を強調。「今後も『夢ぷらざ』を商工会事業の大きな柱として推進していきますので、テストマーケティングの場、新たな観光資源の情報発信の場としてご活用ください。」と呼びかけました。

 

食の問題について講演を行った垣田達哉氏。

食の問題について講演を行った垣田達哉氏。

 続いて行われた講演会では、消費者問題研究所代表で食品問題評論家の垣田達哉氏が登場。「『安全・安心』の時代を生き抜く企業とは~相次ぐ『偽装』や『誤表示』から何を学ぶか?~」と題した講演を行いました。

 

 講演で垣田氏は近年ニュースなどで取り上げられている廃棄カツや異物混入、産地偽装の問題にふれ、「こうした企業の問題点はマスコミ対応の悪さ。消費者のせいにすることが最も問題。」と断言。消費者の目線を持つことの大切さを訴えました。

 

 また、2020年3月に栄養表示が全面義務化されることを受けて、食品表示法についても解説を行いました。食品表示は、夢ぷらざに製造した加工品を出品する事業者にとって、ダイレクトに関係してくる重要なポイント。今後の対策に大きく役立つ内容に、参加者たちは熱心にペンを走らせていました。

 

 

 講演会後に行われた事業説明には、広島県地域政策局地域創造課 経営企画アドバイザーの井上英之氏が「販路拡大サポート事業」について説明。地域へカネ・ヒトの流れをつくり、地域経済を拡大して雇用を創造し、更なる移住促進を可能にする仕組みづくりへの提案として、「amazonリテール取引」などの紹介を行いました。

 

 その後、行われた交流会には約50名が参加。事業者同士が積極的に交流し、活発な情報交換や意見交換などが行われていました。

このサイトを広める