商工会からのお知らせ

全てみる

あたなもイクボスになろう!「広島県イクボス養成講座」のご案内

告知・イベント情報

 広島県では、知事の陣頭指揮の下、男女がともに働きやすい職場づくりに積極的に取り組んでおられます。

 この一環としてこの度、「イクボス養成講座」が開催されることとなりました。

「イクボス」とは、部下のワークライフバランスを考えることができ、自らも仕事と私生活を楽しみつつ、仕事の結果を出せる上司のことです。

 今回の講座では、経営者や上司のみならず、働く者のすべての方が、イクボスを学べる内容となっています。

 時代は既に、「イクメン」から「イクボス」へと流れています。

 ぜひこの機会にワークライフバランスの新たな流れを感じ取ってみてください。

 

【日程】

 全て参加無料

 第1回 2016年2月   4日(木)13:30~【広島会場】

 第2回 2016年2月   5日(金)13:30~【福山会場】

 第3回 2016年3月 11日(金)13:30~【広島会場】

 

【定員】

 各40名(先着順)

 

【申込と詳細】

 チラシ(PDFファイル)をご覧ください。

  イクボス養成講座チラシ

 

【問合せ】

 広島県「働く女性応援課」

 電話 082-513-3419

 

 広島県商工会連合会

 平野

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

広島県商工会連合会

熊高会長(加工済)

 新年明けましておめでとうございます。平成28年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 わが国経済は、アベノミクスの着実な実行により、大企業を中心に企業収益は過去最高水準を記録し、さらに、雇用情勢や所得環境の改善により個人消費も底堅く推移するなど回復基調を続けています。しかしながら、中小企業・小規模事業者、とりわけ、少子高齢化が急激に進む地方において事業を継続している事業者は、昨今の原材料高や人材不足等によるコスト増を「製造・販売価格に転嫁しきれない」、また、域内人口の減少に伴い「販路の維持・開拓ができない」など、引き続き厳しい経営環境におかれています。

 さて、一昨年(平成26年)の6月に「小規模企業振興基本法」が成立し、新たな経営支援施策のスタートラインに着きました。

 その追い風に乗り、小規模事業者持続化補助金をはじめとした使いやすい施策が生まれ、これまで補助金を受けたことのない小規模事業者が自社の経営力向上のために大いに活用されていることは、まさに商工会が小規模事業者に伴走し、継続的に支援している好事例であり、「がんばったら儲かる」という構造を具現化するための真摯な姿です。

 こうした中、昨年の10月31日、広島国際会議場において県内34商工会の会長、役職員、青年部員、女性部員や会員など約560名の方々に参加いただき、「商工会法施行55周年記念商工会広島県大会」を挙行いたしました。

 この大会では、「今やろう、未来のために」-共に歩もう発展への道-をスローガンに掲げ、地域の維持・発展を誓い、会員満足度の向上を目指すこと、地方の創生を図ること、小規模事業者施策の窓口としての機能を果たすことを宣言いたしました。

新しい年を迎え、我々商工会の使命として、「地域に儲かる企業」をつくり、「地域にしごと」をつくり、「地域を支えるひと」をつくるということを意識しながら事業を展開して参りたいと考えています。

 「事業者の顔が見える商工会こそが地域のコーディネート機能を発揮できる存在である」という気概を持ち、さらには、「域内経済の屋台骨を支えている」という自負心を胸に、更には、「自分たちの手で新しい流れをつかむ」ことを決意し、商工会が最も身近な支援機関であり続けるための体制づくりに向けて、県連を挙げて取り組んで参りますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

平成28年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 越智俊之

広島県商工会連合会

越智会長画像(加工)

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては清々しい新年をお迎えになられた事と、心よりお慶び申しあげます。また、旧年中においては広島県商工会青年部の活動に対し格別なるご支援ご鞭撻を賜りました事、心より感謝申し上げますとともに本年も引き続き何卒よろしくお願いいたします。

 昨年は商工会青年部全国大会兵庫大会主張発表において、広島県代表の広島安佐商工会青年部の竹本浩さんが中国・四国ブロック代表として堂々とした発表をし、広島県のみならず、全国の青年部に大いなる感動を与えてくれたことを昨日のように思い出します。そして彼を全力で応援してくれた青年部仲間の絆の深さを改めて実感しました。商工会青年部の単会もそれぞれ精力的な活動を実施しており、広島県商工会青年部は他のどの県と比べても、積極的で活力のある商工会青年部となってきていると確信しています。

 さて、平成28年は丙申(丙申)の年となります。60年前の丙申はどんなことがあったかというと、「もはや戦後ではない」と言う言葉が流行語になり、政令指定都市が指定され、石原裕次郎さんがデビューした年だそうです。丙申は、「形が明らかになってくる」「実が固まっていく」と言う意味があるそうです。広島県商工会青年部も設立50周年という節目を迎えると共に次の新たな50年に向け、時代の情勢を見極め、目先のことに囚われずに将来をきっちりと見通した上で、何が今求められているのかを常に意識し、臨機応変に正しい判断と責任ある行動を行うべく、日々精進して参ります。

 広島県商工会青年部は、イノベーション5ヵ年計画の一環として、例年の事業に加え4つの柱を立て、活動を行ってきました。「他青年団体との交流」「災害に対する支援フローの確立」「必然的な部員増強の為の施策立案」「青年部全国大会招致」がそれにあたります。

 一昨年の小規模企業振興基本法制定に伴い、小規模企業持続化補助金などさまざまな形で追い風ムードとなってきています。われわれ青年部もこの勢いを消すこと無くこの風に乗り続け、「かけがえのない人たち」と「かけがえのない地域」のために「資質の向上」と「地域貢献活動」を継続して行い、商工会地域の振興に寄与し、ひいては真の地方創生の「先駆者」であり「推進力」であり「原動力」となるためにイノベーションを続けて行きたいと思います。

 結びに、本年が皆様にとって充実し、とっても幸せな一年になることを祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

平成28年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会女性部連合会 会長 井上文江

広島県商工会連合会

井上会長
 新年、明けましておめでとうございます。

 皆さまには、「申年」の素晴らしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。平素から女性部の皆さまには、県女性連の事業活動に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 

 さて、我が国の景気はアベノミクス効果やオリンピック効果により大企業においては回復基調にありますが、中小企業とりわけ小規模事業者においてはその恩恵は限定的であり、多くの事業者は引き続き厳しい環境に置かれております。

他方、国の政策は、一昨年に成立した「小規模企業振興基本法」や使いやすい補助金として登場した「小規模事業者持続化補助金」など中小企業に追い風の施策展開となっております。

商工会女性部事業もこれまでの資質向上、地域振興、組織強化事業に加え、全国連を窓口とした補助事業である「女性経営者等資質向上セミナー」が着実に定着し、県内の5つの地域協議会すべてで開催され、効果をあげつつあります。

こうした中、今年は、広島県商工会女性部組織化50周年の節目の年にあたります。

県女性連といたしましても記念事業の実施のほか、女性ならではの発想による新たな取り組みを掲げ、55周年、60周年と次代に繋ぐ「魅力ある女性部」としての活動を展開していく所存であります。

本年は、これまで以上に、地域の信頼と期待に応え、広域的な事業活動を積極的に展開していき、商工会女性部のさらなる飛躍の一年とすることを願っております。

終わりに、皆さまにとりまして、本年が明るい一年となりますようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

 

平成28年 元旦

「障害者差別禁止指針」と「合理的配慮指針」に関する説明会等開催のお知らせ

研修会・総会

 この度,広島労働局では,平成28年4月1日より施行される「障害者差別禁止指針」と「合理的配慮指針」に関する説明会を開催されます。
 説明会では,これらの内容のほか,障害者の職場復帰や定着を支援する各種奨励(助成)金の説明も行われるとのことです。
 会場は,広島市と福山市の2会場となります。
 事業主の皆さまには,ぜひ本説明会にご参加いただき,来る制度改正及び助成金について理解を深めていただければと思います。

 

【日時・場所】(参加無料)
〇広島会場(定員180名)
 平成28年2月2日(火)13:30~15:30
 合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)
〇福山会場
 平成28年2月8日(月)13:30~15:30
 エフピコRiM 福山市ものづくり交流館

 

*申込方法,お問合せ及び詳細については,添付のリーフレット(PDF)
 をご覧ください。

 

【リーフレット】

差別禁止指針・合理的配慮指針説明会リーフレット(平成28年2月開催)

広島県商工会連合会
総務課 平野

「平成27年度広島県労働大学」のご案内

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

広島県労働大学

 個人の意欲や能力を引き出す組織づくりによる企業の活性化・生産性向上・発展方策などについての講座を県内2か所で開催します。働き方・休み方改革の観点も踏まえながらお話ししていただきます。

 

日 時:【広島会場】平成28年1月18日(月)

          14:30~16:30

    【福山会場】平成28年1月29日(金)

          14:30~16:30

 

場 所:【広島会場】ワークピア広島 桜

         (広島市南区金屋町)

    【福山会場】福山商工会議所 102会議室

         (福山市西町)

 

定 員:各会場60名 (要申込・先着順)

参加料:広島県労働協会会員は無料。会員以外の方は 1,000円

 

内 容:「個人の意欲と能力を引き出すには」

    同志社大学 政策学部 教授 太田 肇 氏

 

詳細・問合せ先

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/68/roudoudaigaku.html

 

ちらし・申込用紙

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/191213.pdf

 

広島県特定(産業別)最低賃金額改定のお知らせ

 

 広島県最低賃金額の改定(時間額769円 平成27年10月1日から発効)に引き続き、

広島県特定(産業別)最低賃金額が改定されました。

 改定されたのは製鉄業等8種類の特定最低賃金で12月31日から発効します。

 

 

特定(産業別)最低賃金が適用 される業種

最低賃金額(時間額)

製鉄業等

882円

金属製品製造業

844円

はん用機械器具等製造業

852円

電子部品等製造業

813円

自動車・同附属品製造業

833円

船舶等製造業

875円

各種商品小売業

805円

自動車小売業

830円

 

 

 適用される業種の詳細等につきましては広島労働局賃金室(082-221-9244)

または各労働基準監督署にお問い合わせください。

 

 広島県商工会連合会

 総務部総務課 平野

経営改善普及事業に関する表彰

広島県では3団体・85名の方々が受賞

広島県商工会連合会

 平成27年11月19日(木)に、東京都渋谷区のNHKホールにて開催された、第55回商工会全国大会において、経営改善普及事業に関する功労者等の表彰がおこなわれました。本表彰は、商工会等の組織運営及び実施する経営改善普及事業が特に優良であり、他の商工会の模範とするに足る商工会や商工会役職員、青年部・女性部及び部員に贈られるもので、広島県からは、以下の3団体・85名の方々が受賞されました。

 

 ■中小企業庁長官表彰全国大会表彰風景

 (優良青年部)

   黒瀬商工会青年部

 (優良女性部)

   福山北商工会女性部

(女性部功労者)

福山あしな商工会 澁谷 京子部長

 (優良常勤役職員)

   神石高原商工会 小野裕章 事務局長

 

■全国商工会連合会会長表彰

(事業推進商工会等表彰/商工会法施行55周年特別枠「会員増強運動」)

  備北商工会

(役員功労者)

  21商工会/77名

(青年部功労者)

  安芸高田市商工会青年部 池田 直秋 氏

(女性部功労者)

  東城町商工会女性部 金藤 政子 氏

(優良常勤役職員)

  3商工会/4名

 

 ※順不同・敬称略

 

 

 

「平成27年度販路開拓支援事業 “商談会”」開催(県連)

[販路開拓に意欲的な熱い事業者たちが、首都圏・関西圏・県内のバイヤーに商品を直接PR]

広島県商工会連合会

開会式で挨拶を行った県連の石井正朗専務理事。

開会式で挨拶を行った県連の石井正朗専務理事

 11月26日(木)、広島県商工会連合会がホテルセンチュリー21(広島市南区的場町)にて、「平成27年度販路開拓支援事業 “商談会”」を開催しました。この事業は、新たな販路の拡大や、市場の開拓を目指す食品関連事業者を支援する目的で毎年開催されているもので、今年で7回目。例年10件を超える商談が成立し、実績を残してきました。今年も新規市場進出への意欲を見せる32の事業所が参加しました。

 

 商談会に先だって開催された開会式で、挨拶を行った県連の石井正朗専務理事は「本日は首都圏、県内のバイヤーに加えて関西圏のバイヤーにも参加していただき、充実した商談が行えると期待しています。事業者にとっては、現場の生の声を聞けるだけでなく、実際に商談に結びつける絶好の機会。このチャンスをぜひ活かしてください」と参加事業者に力強くエールを送りました。

 

商談ブースでは、事業者が自慢の商品を熱心に説明。熱気あふれる商談が続けられました。

商談ブースでは、事業者が自慢の商品を熱心に説明。熱気あふれる商談が続けられました

 商談は各ブースで待機するバイヤーに、参加者が商品を直接売り込むスタイルで進行。県連が参加事業者の希望に応じた商談スケジュールを事前に組み、一コマ20分で実施されました。また、15時から30分間はフリー商談会(名刺交換会)も実施。事業者は、今回商談できなかったバイヤーにも積極的にアプローチを行っていました。その他、インターネット通販を手掛ける47CLUB(中国新聞社)と、事前セミナーでアドバイスをいただいた株式会社バイヤーズガイドによる個別相談なども随時行われました。

 

 

 手間暇かけて育てた自慢の米とそのお米を使ったおむすびを持参して、県内の百貨店との商談に臨んだ“有限会社ファーム有重”の代表取締役社長 有重貢さんは「これまで夢ぷらざで販売し続けている実績を評価していただいた。今回初めて商談会に参加したが、今後はもっと積極的に参加して自慢の米をPRしたい」と決意を新たにしていました。

 

 2度目の参加となった合資会社オープンインの代表社長 開内孝之さんは、県内唯一の焼きドーナツ専門店として新作を持参。「前回の商談会で県内への販路拡大に繋がった。今回は首都圏や関西圏のバイヤーに商品の良さを伝えたい」と目を輝かせました。

 

 商品の良さをPRするだけでなく、現場を知るバイヤーから直接アドバイスを受けることもできる商談会。これを機に、今年も多くの事業者が次のステップへと歩み始めました。

『商工会法施行55周年記念 商工会広島県大会』開催  その3(県連)

[商工会組織の運営強化や経営改善普及事業などの功労者を称える表彰式を実施]

広島県商工会連合会

各代表が表彰を受け取ると会場からは惜しみない拍手が贈られました。

各代表が表彰を受け取ると会場からは惜しみない拍手が贈られました

 第一部の記念式典で行われた記念表彰式では、『中国経済産業局長表彰』『広島県知事表彰』『広島県商工会連合会長表彰』の表彰が行われました。畑野中国経済産業局長、中下広島県副知事、熊高広島県商工会連合会会長より各部門の受賞者代表へ表彰状が手渡されると、会場は大きな拍手に包まれました。

 

 被表彰者を代表して謝辞を述べたのは、世羅町商工会の坂東辰男会長。坂東会長は、「これを契機に健康に留意しさらに研鑽に励み、この感激を忘れず、微力ではありますがこれからも小規模事業者、ひいては地域の振興発展に邁進していきたい」と新たな決意を述べました。

 

 被表彰者は以下の通り

【中国経済産業局長表彰】

  • 優良商工会

世羅町商工会

  • 役員功労者

安芸高田市商工会 会長 熊高 一雄

広島市東商工会  会長 松島 洋一

  • 優良常勤役職員

祇園町商工会   事務局長 宮田 修次

呉広域商工会   事務局長 久保 眞

福山あしな商工会 経営指導員 柏原 啓壯

安古市商工会   経営指導員 児玉 宏文

三原臨空商工会  補助員 西木 法子

 

【広島県知事表彰】

  • 優良商工会

大野町商工会

  • 役員功労者

大野町商工会  会長 滝口 義明

沼隈内海商工会  会長 三谷 省吾

安芸太田町商工会 会長 津田 宏

神辺町商工会   会長 三宅 眞一郎

  • 優良職員

三原臨空商工会  事務局長 倉本 雄司

北広島町商工会  事務局長 宗廣 洋二

備北商工会    経営指導員 藤井 達司

安芸太田町商工会 経営指導員 蛸瀬 勇人

呉広域商工会   経営指導員 玖波井 康弘

広島安芸商工会  補助員 宮野 メイ子

 

【広島県商工会連合会長表彰】

  • 優良商工会 5商工会
  • 役員功労者 334名
  • 優良商工会青年部 34商工会
  • 優良商工会女性部 34商工会
  • 青年部功労者 15名
  • 女性部功労者 21名
  • 優良常勤役職員 100名
このサイトを広める