アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-芸北ドルチェ(北広島町商工会)

[芸北の旬の味覚を新鮮な生乳を使ったジェラートで。ネットで購入も可能!]

事業所・店舗紹介

北広島町 商工会

芸北ミルクと季節限定の豊平いちご

 自然豊かな芸北町にある「芸北ドルチェ」は、地元酪農家が共同で営むジェラート工房。牧場から直送される朝搾りの新鮮な生乳を使い、店内で製造しています。

 

 看板ジェラートの「芸北ミルク」は、ミルクそのままの味わいを満喫できる一品。しっかりとしたミルクのコクを感じさせながら、後口はさっぱりとしていて、いくらでも食べられそうな美味しさです。

 

 芸北ミルク、抹茶、チョコレート、ラムレーズンなどの定番のほか、地元産の野菜や果物を使った季節限定のジェラートも登場。常時12~14種類が揃います。4月中旬からはサクラの葉のジェラートがお目見えする予定。季節ごとに豊平いちごや芸北ほうれんそう、芸北かぼちゃ、芸北やきいも、大朝ブルーベリーヨーグルトなど、心ときめくフレーバーが楽しめます。芸北の旬の味覚をジェラートでご堪能ください。

 

 お店がある高原リゾート施設「芸北オークガーデン」は、宿泊施設や天然温泉の露天風呂、グラウンドゴルフ場、特産品の売店などがある複合施設。気候の良いこれからのシーズン。ドライブがてらに出掛けてみませんか?

 

インターネットでの注文も可能です。

ご注文はこちらから

 

○芸北ドルチェ

住所/山県郡北広島町細見145(芸北オークガーデン敷地内)

TEL/0826-36-3880

営業時間/13:00~18:00

定休日/火曜(不定休)

事業所紹介-有限会社宮本家具工業所

[専門家派遣制度を活用して顧客目線の店内レイアウトに変更。自社の強みも再認識]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

専門家のアドバイスを活かした店内

 有限会社宮本家具工業は、ナチュラルインテリア専門店として人気の「ミヤカグ」を運営。“お客様に快適な住空間を演出するための商品とサービスの提供”をコンセプトに、店舗では自社製造の家具などを販売しています。店舗と工場が併設されていて、家具の製造・販売はもちろん、家具の修理や再生も可能。コロナ禍の令和2年はオンラインでの見積もり等の相談を開始しました。

 

 家具業界は成長市場であるものの、ニトリなどの量販店やハウスメーカーなどの影響が大きく、中小企業の同社はそれらと一線を画す強い差別化が求められていました。熟練の技術者が家具の製造・修理に長けている反面、店舗レイアウトや取り組み内容について客観的な視点や意見が必要だと感じていた矢先、新型コロナウイルス感染症の影響で来店客数が減少。店舗販売のみならず、昨年開始したリフォーム事業の売上を伸ばしていくための戦略を練る必要がありました。

 

壁紙コーディネートコンテストで受賞した内装

 課題を解決するためには、家具小売店の店舗づくりを得意とする専門家の助言が必要だと考えた代表取締役の宮本さんは、専門家派遣制度(ミラサポ)の活用について五日市商工会に相談。専門家とはオンラインセミナーで面識があったため、直接アポイントを取り、来社してもらえることになりました。

 

 当日は直近の中小企業における家具業界の動向や実態を教えてもらうだけでなく、自社の強みである“技術”を活かす方法や課題を整理するアドバイスを受けました。店舗レイアウトも顧客の視点や心理を活用した家具の配置に関するアドバイスを受け、より良い店舗づくりに活かしています。

 

○有限会社宮本家具工業所

住所/広島市佐伯区利松3-5-19

TEL/082-928-1133

営業時間/10:00~18:00

定休日/火曜

HP/https://www.miyakagu.co.jp/

事業所紹介-井上ともかバレエスクール(沼田町商工会)

[小さなお子さんから大人の方まで。目標やレベルに合わせて学べるバレエスクール]

事業所・店舗紹介

沼田町 商工会

「気軽に始めてみたい方からしっかりと技術を習得したい方まで、目指すレベルに応じて学べます」と井上さん

 代表の井上ともかさんは幼少の頃からバレエを始め、ヨーロッパ留学を経て帰国。結婚・出産を経て、10年ほど前に小さなバレエ教室を開講しました。現在は、西区東観音町の本部教室を中心に、スポーツジム、カルチャースクール、幼稚園・小学校など市内8カ所でレッスンを行っています。

 

 3歳から6歳のお子さんには、まずクラシックを聴きながら体を動かしバランス感覚を養うレッスン、小学生以上のお子さんはバレエの基礎を体に覚えさせていくレッスン、小学校高学年以上はトウシューズを履いた本格的なレッスンが用意され、初心者から経験者まで自分に合ったレッスンを受けることが可能です。もっと上を目指したい!とう方には、さらにハイレベルなレッスンが受けられるクラスも用意されています。

 

「子どもたちのレッスンは単なるバレエの技術だけでなく、まずは挨拶ができるようになるところから始めます。そして自分で聞いて、見て、考えて行動できる力を培えるような指導を心掛けています」と井上さん。美しい女性として外面も内面も育てることができるのが、このスクールの魅力です。

 

 新型コロナウイルス感染症対策として、2020年3月からオンラインレッスンもスタート。設備機器の導入には、沼田町商工会のサポートで採択を受けた、小規模事業者持続化補助金を活用しました。補助金でHPのリニューアルやフライヤーの作成なども行い、PRにも力を入れています。

 

強くしなやかな心と体を育てるキッズクラス

 「子どもの頃、習うことができなかったから」「姿勢を良くしたい」「足腰を強くしたい」などその理由で、大人の生徒さんも増加中。2年に一度の大舞台である発表会を目標にかんばっている方もいます。「やってみたいなと思ったときが始め時」と井上さん。興味のある方は、体験レッスンからどうぞ。お申し込みはHPまたは電話で受け付けています。

 

 何かを始めたくなる春。気になっていたバレエにチャレンジしてみませんか?

 

 

2年に1度の発表会の様子

○井上ともかバレエスクール

住所/広島市西区東観音町17-14 2F

TEL/090-3377-8161

受付時間/10:00~18:00(土日曜・祝日を除く)

HP/https://inouetomoka-ballet.com

事業所紹介-株式会社大丸商事(五日市商工会)

[事業計画をブラッシュアップしてものづくり補助金に挑戦。新設備を導入し、増加する受注量に対応]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

同社で人気の韓国海苔

 株式会社大丸商事は、創業30年以上にわたり「日本製の韓国海苔メーカー」として、韓国海苔商品製造・卸を行う企業です。日本国内で流通している韓国海苔の多くは韓国で生産された輸入品となっていますが、同社の韓国海苔は韓国から原料を仕入れて加工した後、製品化。全国の生協や量販で取り扱われています。

 

 化学調味料を使わず、純正ごま油と伯方の塩・焼き塩だけを使用し、海苔本来の美味しさを引き出す独自の味付けで人気を集め、受注量は年々増加傾向にありましたが、課題は現状の設備では生産量に限界があること。発注元の受注量に応えるためには、新設備を導入し生産量の限界数を増加されることが求められますが、新設備を導入するためには多額の費用がかかります。課題に取り組むため、一度作成した事業計画を見直し、ものづくり補助金の申請にチャレンジしたいと考えていました。

 

日本人好みの味付けで人気を集めています

 代表取締役の林さんは、五日市商工会から補助金申請書の作成アドバイス(事業計画のブラッシュアップ)を受け、『自社の現状分析』『具体的根拠の検討』『相手に伝えるための表現方法』の3種類を中心に学習。それを活かして補助金申請を行いました。「自社では当たり前だと思っていたことが、客観的に見ると強みであることが確認できたことが自信に繋がった」と林さん。また、目標達成のために具体的根拠を検討することや相手に物事を伝えるための表現についても理解を深めることができ、これらを顧客交渉など今後の事業に活かしたいと考えています。

 

○株式会社大丸商事

住所/広島市佐伯区石内北5-4-23

TEL/082-941-7717

営業時間/10:00~17:00

休み/土日曜・祝日

HP/http://www.daimarusyoji.co.jp

海田町の郷土料理「海田さつま」を地元高校生が商品化(広島安芸商工会)

[たくさんの人の思いが繋がってついに商品化。家庭で気軽に「海田さつま」が味わえる!]

広島安芸 商工会

生徒を代表して3年生4人が商品化までの目的や流れを説明

 「海田さつま」という料理をご存知ですか?これは、海田町で江戸時代から伝わる郷土料理。その正体は、時期に獲れた魚を骨ごと使用し、みそ、黒ゴマ、こんにゃくを加え、ご飯の上に乗せて食べるというもの。西国街道で参勤交代の際にお殿様にお出しした料理が、現在も海田町の一部で食べ続けられています。

 

 調理工程はまず魚を焼き、身と骨に分け、骨で出汁を取り、身は焼いた味噌とすり鉢でゴマと一緒に混ぜ、出汁で伸ばした後にこんにゃくやネギを加えます。調理にとても手間がかかることから、近年では食べる機会も少なくなり、その存在自体を知らない住民も多くなってしまいました。

 

 「伝統の味を残したい!」と立ち上がったのが海田高校家政科の生徒たち。広島安芸商工会に相談しより多くの人に知ってもらい家庭で日常の食事に取り入れてもらうことを目的に、商工会職員と一緒に広島県の老舗味噌メーカー「株式会社ますやみそ」に商品化への協力を依頼。「海田さつまの会」の指導を仰ぎながら、生徒たち自身が試作や意見交換を繰り返し、ようやく商品化が実現しました。完成した「海田さつまの素」は、こんにゃくときざみネギを加えてごはんにのせるだけの簡単調理。和えものなどのアレンジメニューにも使える優れものです。

 

マヨネーズと混ぜて和え物も。料理のレパートリーが増えること間違いなし

 2月18日(木)、サンピア・アキにて生徒たちによる新商品の発表会が行われました。合わせて海田さつまの素を本来のさつまやアレンジメニューをメニューとして提供していただきたい地元事業者に対しての説明会も行われました。当日は飲食店を中心とした事業者やテレビ、新聞などのマスメディアも多く参加。生徒たちが今回の商品開発の目的や過程を紹介しました。また、株式会社ますやみその担当者から事業者に向けて、詳しい商品内容や購入方法などについても説明がありました。

 

 広島安芸商工会では、会員事業所で「海田さつま素」を活用したアレンジメニューなどを提供してもらうことで、地域飲食店の活性化に繋げたいと考えています。希望者には取り扱い店の目印となる“のぼり”やポスター、メニュー台紙の無料提供や商工会HPでのPRなど様々な支援に取り組んでいく予定です。

 

 現在、ひろしま夢ぷらざやスーパーなどで販売がスタートしています。また、3月27日(土)には紙屋町シャレオ中央広場で開催される観光物産展にも海田高校生徒がPR販売を行う予定です。生徒たち、地元の人たちの熱い想いがこもった一品を、ぜひご家庭でもお試しください。

 

○お問合せ 広島安芸商工会 TEL 082-822-3728

事業所紹介-まるきっず(沼田町商工会)

[看護師が常駐のデイサービス。お子さん一人一人に合わせたケアで、充実した時間を提供]

沼田町 商工会

左から照山さん、中川さん、作田さん、飯田さん

 広島市安佐南区伴東に事務所がある「まるきっず」は、2021年1月に開所したばかりの児童発達支援・放課後等デイザービス。重度心身障害児を対象に、就学前のお子さんのデイサービス、小中学生・高校生の放課後デイザービスを行っています。

 

 穏やかで笑顔が素敵なスタッフのみなさんが迎え入れてくれ、1対1の丁寧なケアが受けられるのが最大の魅力です。児童発達支援管理責任者の中川さんは、「そのお子さん一人一人に合った支援計画を作るのが私の仕事。現在のことだけでなく将来を見越して、お子さんがステップアップできる計画を立てていきたい」と話します。

 

愛情いっぱいの手作りおもちゃ。5感を刺激します

 また、看護師が常駐し、吸引、導尿などの医療的ケアができるのも大きな特徴。看護師の作田さんは「私自身も3人の子どもの母親で子どもが大好き。楽しく笑顔いっぱいの中で、最善の医療ケアができるようがんばります」と笑顔を見せ、同じく看護師の飯田さんも「お子さんや保護者の方の繋がりと通して、自分自身も一緒に成長していいきたい」と話してくれました。さらに理学療法士も在籍し、リハビリも可能。お子さん一人一人に合わせた、丁寧なケアが可能です。

 

 施設内には、スタッフで手作りした飾りやおもちゃがいっぱい。「ここにいる時間を楽しく過ごしてもらいたい」とみなさん口を揃えます。「施設のイメージキャラクターのように、お子さんたちを受け止めて包み込む、そんな気持ちでお迎えしています。お子さんはもちろんですが、忙しい保護者の方が一息つける時間を持つためにもぜひ利用していただきたいと思っています」と管理者の照山さん。

 

 

 

施設のイメージキャラクター

 1日の定員は5名までで、自宅や学校への送迎も可能です。問い合わせは電話でできるほか、LINEでも受付中です。施設のこと、お子さんのこと、まずは気軽にご相談ください。

 

 

LINEの登録はこちらから

○まるきっず

住所/広島市安佐南区上安1-13-6 玉川ビル1F

TEL/082-878-74555

利用時間/10:00~16:00

休み/水日曜

HP/https://marukidshiroshimas.wixsite.com/my-site

事業所紹介-カイハラ株式会社(三次広域商工会)

[デニム生地のパイオニアが10年かけて開発した「MONSTER STRETCH」を商品化!]

事業所・店舗紹介

三次広域 商工会

インドアでもアウトドアでもかっこよく着こなせます

 1970年、日本で初めてデニム用のロープ染色機を開発し、日本のデニム産業をスタートさせたカイハラ株式会社。取引先はリーバイスやユニクロなど大手アパレルを中心に、自社で製造した生地を卸しています。

 

 特徴は日本で唯一、綿から輸入し紡績して糸づくりから生地づくりまでを一貫して行っているところ。紡績、染色、織布、整理加工までを福山市新市にある本社、三和(神石高原)工場、上下工場、吉舎工場、タイ工場の5工場で行っています。

 

 アパレルメーカーが新型コロナウイルスの影響を受ける中、同社も積極的に自社製品を販売していくきっかけづくりを模索。カイハラとして初の商品化に挑戦し、クラウドファンディングとう形で消費者に届けることになりました。

 

カラーはダークネイビー、ライトブルー、グレーの3色展開。グレーは受付終了

 今回、商品化された「MONSTER STRETCH(モンスターストレッチ)」は、同社が開発に10年を要した自信作。“24時間365日、いつでも快適に履けるデニムを世の中に届けたい”。そんな想いにあふれています。その特徴はゴムのように伸びて瞬時に戻る驚異のストレッチ。綿100%と同様の伸縮率で快適性を追求しながら型崩れしにくく、本格派ジーンズの風格も実現。縫製、洗いなどすべての工程を協力工場に依頼したオールメイドインジャパンのジーンズです。

 

 家でも気軽に履けて、そのまま外に出てもかっこいい、そんな商品に仕上がりました。誰が履いてもすっきりかっこよく見えるシルエットは、いろいろな年齢層のニーズに応えます。

 

 「これまでは消費者の声を直接聞けることが少なく、メーカー目線の開発になっていました。変化を感じ取りながら取引先や消費者と同じ目線で生産活動をするためにも、消費者目線のものづくりを進めていきたいと考えています」と営業部の稲垣さん。

 

 クラウドファンディングで集めた資金は、さらに進化した新素材、快適素材を目指した商品開発に活用します。また、より良い商品づくりに努めるため、商品に対するご意見も募集しています。デニムのパイオニアが本気で開発した生地を使ったオリジナルジーンズ。あなたのローテーションに加えてみませんか?

 

ボタン、リベットにもカイハラオリジナルを使用

カイハラ株式会社のクラウドファンディングはこちら

現在、マクアケで商品を公開中(公開終了:3月29日(月)

 

○カイハラ株式会社

住所/福山市新市町常1450

TEL/0847-57-8116(担当:加藤)

コロナ禍でもZoomを活用して積極的に活動!(神辺町商工会)

[“楽しむ”ことを忘れない青年部ならではの例会。Webをフル活用で組織全体の資質が向上]

クローズアップ商工会

神辺町 商工会

 12月22日(火)、神辺町商工会青年部が毎月恒例の例会を開催しました。同青年部では、新型コロナウイルスの影響で集まることが難しくなった昨年6月からZoomを活用して、毎月定例会を実施。例年12月の例会はOBなどを招いた忘年会を行っていましたが、今年は「年忘れ!なかまづくりグランプリ!!~忘れかけた青年部の絆はYOU!~」と題して、例年とは一味違う取り組みを行いました。

 

 内容は、青年部員がそれぞれ自社PR動画を制作し、個人や自社の魅力をPRするというもの。参加者は「おもしろいで賞」「まじめで賞」「これは他に真似できないで賞」「これ俺にもできるんじゃね?賞」「笑顔がハンパないで賞」「チャップリン(無声)で賞」の6つの賞にそれぞれエントリーし、投票によって各優秀賞が決定。投票は投票ツールを使ってリアルタイムに集計されました。

 

 部員は1か所に3~4名の人数制限を設けて各会場から参加。1時間に1回換気タイムを設けるなど、感染症対策も万全です。

 

 水主川部長は、「web会議ツールを使った活動を始めて6ヶ月。最初は後ろ向きな発言もありました。しかし、毎月の例会開催の経験をみんなで重ねていくうちに、部員の多くがWeb例会の設営スキルを身につけることができるようになりました。それだけでなく、部員一人ひとりがweb会議の可能性の広がりを感じることができるようになったと思います」と振り返り、「今回の例会はその集大成。スクリーン越しでも仕切っていく力を組織として身につけることができたと思います」と自信をのぞかせます。コロナ禍を逆手にとって、前向きに取り組んだことが組織力の向上に繋がっていました。

 

 「この力は地域の中でも発揮できるはず」と水主川部長。「その力を真面目な活動としてだけでなく、“楽しむ”に活かせたことが青年部らしくいい会になったと思います」と話してくれました。

 

神辺町商工会青年部のFBはこちら

事業所紹介-世界の開運雑貨 アミュレットマーケット(五日市商工会)

[世界各国のお守りや魔除けを集めた開運雑貨店。珍しいアイテムに出合えるかも!]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

見て回るだけでも楽しめる店内

 店内に所狭しと並ぶのは店主の松尾さんが世界中から集めた開運雑貨やお守りなど。ペルーのエケコ人形やチリのチャンチトスなどのメジャーどころから、なかなかお目にかかれないレアなものまで、約40ヶ国1000アイテムが揃います。オンラインショップ「お守り屋さん」の実店舗として2020年にオープンしました。

 

 店主の松尾眞友己さんが開運雑貨の魅力にハマるきっかけになったのが、幼い頃にお父さんからもらったお守り。赤い豆の中から薄くスライスしたゾウの形をした象牙が出てきました。「父から『これは幸せになれるお守りだよ』と言われたのになくしてしまったんです」と松尾さん。なくしたお守りについて調べてみると中南米のワイルーロとうお守りだったことが分かりました。「いろいろ調べているうちに、お守りにはその国ならではの文化や生活が関係していることが分かったんです。それが面白くて。もっとたくさんの人に知ってもらいたいという思いでオンラインショップをオープンしました」とお守りへの想いを熱く語ってくれました。

 

どれにしようか迷ったら松尾さんに相談を

 バラエティ豊かなアイテムが揃う中、人気を集めているのは着けているだけで守ってくれるというペンダント「メダイ」。願いを込めて裏返して身につけ思いが叶ったら表向きに着けるそうです。その他、持つ者に進むべき最良の道を示してくれるという「ヴァイキングのコンパスペンダント」などの開運アクセサリーも充実します。パワーストーンなどもあり、その道のプロも来店する品揃えです。

 

 松尾さんは、エンパワーメントナビゲーターとしても活躍。どのお守りにしようか迷った時には、アドバイスしてもらえるのでぜひ相談を。店内を見て回るだけも楽しめること間違いなしの開運雑貨店。アイテムは300円~と手頃に揃うので、気になる方は一度のぞいてみてください。お店まで行けないという方はオンラインショップをチェック。

 

 

縁起のよいコイン通りにオープン

○世界の開運雑貨 アミュレットマーケット

住所/広島市佐伯区五日市中央4-1-11

TEL/082-921-5603

営業時間/10:30~18:00

休み/不定休

HP/http://omamoriyasan.ocnk.net/

 

 

 

事業所紹介-plus c(広島安佐商工会)

[毎日の暮らしが潤う生活雑貨たち。月一のマルシェには素材にこだわったフードやスイーツが登場]

事業所・店舗紹介

広島安佐 商工会

店内にはシンプルで実用的なアイテムが並びます。

 ひと際目を引くガラス張りの建物。「plus c」は、日々の暮らしを豊かなにするアイテムが揃う雑貨店です。「日常にプラスαの嬉しさや楽しさを提供したい」との思いから平成11年にオープン。店内には、器やキッチングッズ、掃除道具、フラワーベース、タオルなどの生活雑貨が並びます。

 

 セレクトのポイントは、男女を問わずシンプルで実用的なもの。店内には国内をはじめ、ヨーロッパ、アジアなど世界各国からセレクトした幅広いアイテムが並びます。オープン当初から取り扱いのある『Fog linen work』はシンプルなデザインで使いやすく、良質で価格も手頃。ファンの多いロングセラーになりました。

 

 月に一度、第1水曜日(10:00~13:00)には、体にいいものをコンセプトにした『シャンティマルシェ』開催しています。有機野菜や自家製酵母のパン、ビーガンのドーナツなど、素材にこだわって作られた野菜や花、フード、スイーツ、ドリンクなどのお店が並ぶ人気のイベント。また、不定期でライブなども開催しており、詳細はHPでチェックできます。

 

「毎日の暮らしが楽しく潤うようなアイテムをセレクトしています」とオーナーの二井谷信荘さんと千愛さん

 さらに2014年からお休みしていたカフェも近々、再開予定。ドリンクや自家製スイーツ、焼き菓子などの提供を予定しています。店内を巡った後はカフェでまったり。のんびりとした幸せな時間をご堪能ください。

 

 

○plus c(プラス シー)

住所/広島市安佐北区可部3-32-16

TEL/082-812-0288

営業時間/10:30~19:00

休み/火曜、第3水曜

HP/www.fureai-ch.ne.jp/plusc

1 / 17812345...102030...最後 »