商工会からのお知らせ

全てみる

イメージキャラクター募集(佐伯区五日市)

[地元の伝説にちなむキャラクターを、地域のPRや特産品の開発などに生かす狙い]

告知・イベント情報

五日市 商工会

青年部がキャラクターとして用いている“あまんちゃん”

 佐伯区五日市の五日市商工会が、同地域に古くから伝わる伝説“あまんじゃく”を商工会のイメージキャラクターとして起用することを決め、広くデザインを募集しています。同商工会特産品等開発委員会が企画したもので、「五日市に伝わる伝承を地元の人に再認識してもらうのも狙いのひとつ。新たなキャラクターは今後、特産品のパッケージや広報活動などに活用していく」と同商工会の宗岡光代さん。

 この伝説は、同地区の海老山と約4kmの沖合にある無人島、津久根島が舞台。昔、海老山に住んでいた道空(どうくう)の息子、道裕(どうゆう)は親の言うことに反対ばかりして、人々からあまのじゃくと呼ばれるように。道空は死の直前、海の小島に墓をつくってほしいと道裕に託しますが、実は、海と言えば反対の山に墓をつくってくれるだろうと考えていたのが父の本心。ところが道裕は、「せめて最後の願いだけは」と津久根島に墓を建てて道空を手厚く葬った、というのが伝説のあらすじ。

 2人は実在の人物とされ、津久根島には実際にお墓も残るなど、あまんじゃく伝説は地元の年配の方には馴染みある物語のようですが、一般にはあまり知られていないストーリー。次世代へ引き継ぎたい無形の財産であるとして、この物語を教材として取り入れている小学校もあるようです。同商工会でも区内すべての小学校の全児童に募集を呼びかけるなど、キャラクター募集を通して地域文化を掘り起こし、それを地元の活性化にも役立てたい考え。同商工会青年部でも伝説をモチーフにしたキャラクター“あまんちゃん”を独自に作成し、それぞれの活動などに生かしているようですが、同商工会では広く地域に親しまれる新キャラクターを生み出そうと、力が入っているようです。

 年齢や地域を問わず、誰でも応募は可能。同商工会や区内の公民館、ポスターが張ってあるお店などで応募用紙を手に入れて、自由な発想で描いてください。伝説の大筋は、同用紙にも記載されています。画材は自由。作品は住所・氏名・年齢・電話番号と学生であれば学校名・学年を記入して、同商工会まで郵送してください。締め切りは9月10日(金)必着で、発表は10月1日(金)。キャラクター賞1作品、入選3作品を決め、賞状、副賞を贈るほか、作品の一部は区内公民館に展示する予定です。詳しくは、商工会までお問い合わせください。

●お問い合わせ/五日市商工会 TEL(082)923-4138

〒731-5128
広島市佐伯区五日市中央4-15-3 五日市商工会特産品等開発委員会

地元の消防団が全国大会へ(福山市芦田町)

[商工会関係者を中心に組織する消防団が大会出場を機に、さらなる防災活動の充実図る]

告知・イベント情報

なし

 福山市芦田町の芦田町商工会青年部、OBらが中心となって組織する福山市消防団芦田中央分団(江草元広分団長)が、今年11月に行われる消防ポンプ操法大会での全国大会優勝をめざし、地元で強化練習に励んでいるようです。同消防団は、県内16支部の代表が参加して昨年9月に行われた「平成15年度広島県消防ポンプ操法競技大会」で優勝。広島県代表として11月に横浜で行われる全国大会に出場することになりました。

 消防団は地域住民が主体となって組織する消防機関で、同消防団は同町が福山市と合併した昭和49年に設立。現在、団員は40名で、うち半数が同商工会関係者。本業を持ちながらも、“自分たちのまちは自分たちで守る”という精神に基づいて、地域の安全と安心を守るために活動しています。団員らは、消防、防災に関する知識や技術を習得。火災発生時における消火活動をはじめ、地震や風水害といった災害発生時における救助・救出活動、避難誘導などに携わるほか、毎週日曜日に消防用機器の作動点検を中心とする定期訓練を行っています。

 同消防団が出場する消防ポンプ操法大会とは、消火技能および消防用機器の取り扱い、操作方法についての技術を競う大会で、消防団員の強固な消防精神を養成するとともに、技術の向上や確実な団体行動の徹底を図ることなどを目的に開催されるもの。同消防団は昨年5月から県大会に向けて体力づくりを始め、6月から本格的な訓練を開始。集中して訓練に取り組み、全国大会出場を決めました。現在、大会へ向けて地元の小学校グラウンドや市営公園で2日に1回、約2時間の訓練を行っていますが、「来月からは毎日練習を行い、全国優勝を勝ち取りたい」と江草分団長。江草分団長は平成13年度に同青年部を卒業したOBで、(株)クレヒフク専務としてワーキングウエア製造販売を行いながら、消防団の事務を統括し、消防団員を指揮監督しています。「2年前、内海町の消防団が別部門の全国消防操法大会で優勝しており、それに続く全国優勝をめざしたい」と大会へ向けての同消防団の意気込みも盛んで、大会出場を機にさらに自主防災活動を充実させ、地域住民の力で住みよい町づくりを行っていきたい考えのようです。

●お問い合わせ/芦田町商工会 TEL(084)958-5858

合併に向けて大きく前進(世羅郡3商工会)

[世羅郡3商工会が県内の商工会で初めて合併に向けた基本協定に調印]

告知・イベント情報

世羅町 商工会

 かねてから合併議論を展開してきた世羅郡甲山町、世羅町、世羅西町の3商工会は、平成18年4月に商工会合併をめざすことで合意し、甲山町商工会で今月15日、基本協定に調印しました。県内の商工会で基本協定に調印したのは初めて。商工会の合併は町村合併のほか、行政からの助成金削減や高齢化の進行など、今後予想される環境変化を背景に必要性が高まっています。3商工会による合併合意は、商工会組織の強化を図ることで世羅地域の商工業全体の発展をめざすもので、商工会の広域連携や合併協議に向けた動きが加速するなか、県内に先がけていち早く動きを見せた3商工会の合併基本協定の締結は今後、注目を集めることになりそうです。

 調印式では、山平正登甲山町商工会長、松尾義和世羅町商工会長、佐々木毅世羅西町商工会長の3人が、各町の担当課長の立会いのもと、合併を前提として協議会を設置し、合併方法や日程などを取り決める旨の協定書に署名、押印しました。調印式には関係者ら約40名が参加。3町の町長、商工会の青年部、女性部、商業部、工業部、観光部の各部長らで構成する合併協議委員会が調印を見守り、調印後、本県連の加島英俊会長が、「穏やかな船出は今後の合併のモデルとなる」とエールを送りました。

 引き続き行われた第1回の「世羅郡3町商工会合併協議会」では、松尾世羅町商工会長を協議会長に決め、副協議会長に山平甲山町商工会長、佐々木世羅西町商工会長を選びました。本部所在地、名称、組織など細部は、9月から毎月開く合併協議会で論議して決めるこになります。

 なお、行政合併は今年10月1日に予定されており、“世羅町”としてスタートすることとなっています。

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(0847)22-0529
●お問い合わせ/世羅町商工会 TEL(0847)22-0489
●お問い合わせ/世羅西町商工会 TEL(0847)37-1075

8商工会広域連携調印(呉地域8商工会)

[商工業者の支援をさらに強化しようと、呉地域の商工会が広域連携に向けて動き出す]

告知・イベント情報

なし

呉市川尻支所での調印式で、8町の商工会長らが協定書に調印

 来年3月に呉市と合併する安芸郡音戸町・倉橋町・蒲刈町、豊田郡安浦町・豊町・豊浜町の6商工会と、すでに合併した同市下蒲刈町、川尻町の計8商工会が合併をめざして広域連携を推進します。来年4月1日に“呉地域商工会広域センター”を同市川尻町に設置する計画で、今月10日に旧川尻町議会で広域連携の調印式が行われました。先月21日の調印式が台風の影響で延期されていたもので、広域連携が正式調印され成立するのは、県内で3例目。商工会の事務事業の効率化、機能強化などをめざすの動きが各地で本格化してきました。

 調印式には、小笠原臣也市長と6町の町長、商工会関係者など約70人が出席。センター準備室長の室澤喜洋・音戸町商工会長があいさつした後、8町の商工会長や副会長が協定書に調印しました。

 商工会や行政などでつくる県商工会等広域連携・合併計画策定検討委員会が策定したマスタープランや、商工業者の後継者不足などを受け、8商工会は合併を最終目標とする広域連携について、平成14年から話し合いを進めてきました。8町の商工会では5月に広域連携を推進し、平成22年3月末までの合併をめざすことで合意。このたびの調印式に至りました。

 センター設置に向けて今月、同支所に開設準備室を開設。室長には8町の商工会でつくる“呉地域活性化対策ブロック協議会”会長の室澤喜洋音戸商工会長が就任し、事務局員として各商工会から経営指導員数人が出向する予定。8町の商工会の会員数は約1,850。事業は従来、商工会が実施してきた特産品の開発や販路拡大、観光振興などを引き続き行い、8町全体の活性化を図ります。各商工会の組織は残し、税務相談などの日常の細かい会員サービス事業などを継続。平成22年3月を目標にする合併後は、各商工会を支所にする予定です。

 広域連携は事務の効率化と広域的な事業展開を図る狙いで、例えば各商工会の経営指導員を相互に派遣することで、創業支援や経営革新などでより専門的な指導が行えるようになるなど、これまで以上に経営支援機能が強化されることにもなります。広域連携に向けて動き出した8商工会は、これまで以上に地域の商工業者に役立つ事業を積極的に展開していきます。

●お問い合わせ/下蒲刈町商工会 TEL(0823)65-2522
●お問い合わせ/川尻町商工会 TEL(0823)87-2139
●お問い合わせ/音戸町商工会 TEL(0823)52-2281
●お問い合わせ/倉橋町商工会 TEL(0823)53-0030
●お問い合わせ/蒲刈町商工会 TEL(0823)66-1055
●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800
●お問い合わせ/豊町商工会 TEL(08466)6-2020
●お問い合わせ/豊浜町商工会 TEL(08466)8-3366

山県郡東部商工会広域センター設立(山県郡東部4商工会)

[来年2月の4町合併をにらみ、広域的な事業展開を図る狙いで連携体制を整える]

告知・イベント情報

なし

加島会長を囲み、連携体制の強化を誓う4商工会の会長

 山県郡千代田町の町産業振興センターで今月1日、同郡の千代田、芸北、大朝、豊平4商工会が広域連携協定の調印式を行い、同日、「山県東部商工会広域センター」が発足しました。来年2月1日、4町が合併して北広島町が誕生するのにさきがけて連携体制を整え、商工会組織の機能強化を図るのが狙いで、同日設立された神石高原商工会広域センターとともに、広域連携のけん引役として新たな体制の構築をめざします。

 調印式には関係者約20名が出席。本県連の加島英俊会長立ち会いのもと、4商工会会長が協定書に調印しました。広域センターは、商工会が一体となって事業連携を行い、専門知識をもった人材を共有する仕組み。中小企業にとって厳しい経営環境が続くなか、地域経済の活性化のためにも経営革新による経営基盤の強化、新規創業者の支援などが重要となり、商工会に求められる役割もますます大きくなっています。経営革新や新規創業支援といった高度な知識が必要とされる相談などに的確に対応するためには、複数の商工会の間で高い能力をもつ人材を共有化する体制が今後不可欠で、4商工会では昨年10月から経営改善普及事業などを広域連携体制によって効果的に実施することを目的に、広域連携実施に向けた課題の検討や環境整備などを行ってきました。

 広域センターの事務局は、千代田町産業振興センター内に設置。事務局には4商工会から出向する広域事務局長、広域担当経営指導員など6名の職員が常駐し、多様化する中小企業者の経営ニーズに的確に対応し、商工会の事業業務の効率化、合理化を促進するための広域的、専門的事業を町の枠を超えて推進していきます。

 山県郡東部に新たな商工会の連携体制が整ったことで、会員サービスや支援内容の質の向上、さらに新たなビジネスチャンスの機会が生まれるのではと地域の期待も日増しに高まっているようで、会長に選ばれた大朝町商工会の石橋勇治会長は、「地域の商工業が合併後も生き残れるよう専門的な指導をしたい」と意気込みも新た。なお、各商工会では経営や経理、税務などの相談指導業務や会員サービス事業は継続して行います。

●お問い合わせ/千代田町商工会 TEL(0826)72-2380

神石高原商工会広域センター発足(神石郡4商工会)

[郡内全体の活性化を図ろうと、今年11月の4町村合併を前に商工会が広域連携]

告知・イベント情報

なし

加島会長立会いのもと協定書に調印する4商工会の会長

 今年11月5日に神石高原町として合併予定の神石郡油木町、神石町、三和町、豊松村の4商工会が、合併を前に事業の効率化や基盤強化を目的に広域連携を強めていくことで合意し、今月1日(木)に“神石高原商工会広域センター”を発足させる計画で、同郡油木町の山村開発センターで先月25日、「神石郡4町村商工会広域連携協定調印式」が行われました。この日、本県連の加島英俊会長が立ち会うなか、各会長が署名、調印。新たな組織体制のもとで新しい会員サービスの提供を行うことになり、経営指導員の共有化による支援・指導体制の強化、より専門的な会員ニーズへの対応などに地域の期待も高まっているようです。

 広域センターについては、平成13年6月に4商工会で“神石郡商工会地域活性化対策ブロック協議会”が組織され、町村合併へ向けた動向把握や情報収集、地域活性化のための研究など、町村合併後の商工会のあり方について協議が進められてきました。同協議会では今年1月に行われた第7回会議において、広域センターの設置で合意。県内で第1号のモデルケースで、今後の成り行きが注目されますが、より高度で多様なニーズに広域的な視点で対応することで4町村全体の活性化を図りたい考えです。

 広域センターは油木町商工会に置き、職員は4商工会から出向する広域事務局長1名、広域経営指導員2名、広域指導員2名で構成し、役員は会長1名、副会長3名、監事2名の計5名。役員体制については早急に総会および役員会を開催し、決定する予定です。経営指導員は町村の枠を超えて専門的な経営支援活動を展開し、事業・業務の効率化とともに、新規開業や経営革新、地場産業対策、地域内異業種交流による新商品・ニュービジネスの創出などの幅広い事業に広域で取り組むことになります。商工会が地域に必要とされる組織として大きく変革したことで、これからの神石エリアの産業発展が大いに期待できそうです。

●お問い合わせ/神石高原商工会広域センター TEL(08478)9-0001

ホームページの参加者募集(安芸高田市6商工会)

[6商工会が立ち上げた地域情報ポータルサイトにみなさんも参加してみませんか]

告知・イベント情報

なし

安芸高田どっとコムのトップページ
 安芸高田市6町の商工会が市商工観光課と共同で、市民参加型の地域情報ポータルサイト「安芸高田どっとコム」を開設しました。同市で事業活動を行う商工業者らを支援するための一環として作成されたもので、旧6町の枠を超えて情報を共有できる場を市民に提供するとともに、市民生活の利便性の向上や地域の観光・産業の振興などにに役立てることが狙い。グルメやショッピング、趣味、レジャー、イベントといった日々の暮らしに役立つ生活ガイド、企業・お店ガイドなどの地域情報を中心に、市内のサークル団体や個人の紹介など、同市の多彩な情報を集めたホームページに仕上がっています。各商工会では現在、商工業者や団体、個人の情報交換の場として広く市民の参加を呼びかけています。

 同サイトへの入会は無料。各商工会に入会を申し込むと、事務局からIDとパスワードが発行され、サイト内に自分のページとなるHPを開設することができます。掲載できる情報量はA4判1枚から2枚程度。同サイトの作成にあたり、事務局ではホームページ自動作成システムを導入。テンプレートを使って簡単にホームページを作ることができるシステムで、手元のパソコンでの簡単な操作で記載事項の変更や画像の張り替えなどができるため、会員は毎日の情報更新も事務局に依頼することなく自由に行えるメリットがあります。

 同サイトには現在、団体、個人合わせて251会員が入会。商品情報、趣味のサークルやスポーツ団体など220件あまりのホームページが設けられています。街のウワサ、気になる人などの地域情報や各企業の最新お役立ち情報など盛りだくさんで、町の疑問やおすすめスポットなど自由に意見を書き込める情報掲示板、ペット・うちの子自慢などのコーナーもあります。「これは完成形ではない。参加者も含めた運営委員会でさらに検討を重ねながら、より市民が利用しやすいホームページをめざしていきたい」と、事務局となる八千代町商工会経営指導員の大原博文さん。安芸高田市にお住まいのみなさんも安芸高田どっとコムに入会して、インターネットを通じた新しい町づくりに参加してみませんか。

●お問い合わせ/八千代町商工会 TEL(0826)52-2542
安芸高田どっとコムはこちら

広域連携がスタート(呉地域8商工会)

[来年4月に広域センターを設置して、新たな組織体制のもとで地域全体の活性化を図る]

告知・イベント情報

なし

 来年3月に呉市と合併が予定されている安芸郡音戸町、倉橋町、蒲刈町、豊田郡安浦町、豊町、豊浜町の6町と既に合併した下蒲刈町、川尻町の計8商工会が、昨年12月の商工会会長による会長会議で合併に向けた広域連携を実施することが合意されたのを受けて、来年4月に呉市川尻町に“呉地域商工会広域センター”を設置する計画で、来月10日(土)に同市川尻支所で設置調印式が行われます。

 行政の合併が着々と進められるなか、自治体以上に商工会を取り巻く環境は著しく変化しており、国からも広域的な事業実施のための組織体制の見直しが必要である旨の指摘がなされていました。8商工会の広域連携は、広島県商工会等広域連携・合併計画策定検討委員会が策定したマスタープランや、県による職員設置定数の見直しと大幅減の提案、さらに合併の期限などが具体的に示されたのを受けて、平成14年に立ち上げた地域問題懇談会などの場で話し合いが進められ、今年5月の理事会総会で広域連携協定書が締結されました。

 8商工会では広域センター設置に向けて来月、同支所に開設準備室を設置。室長には8商工会でつくる呉地域活性化ブロック協議会会長の宮沢喜洋音戸町商工会長が就任し、事務局員として各商工会から経営指導員数人が出向する予定です。広域センターは同支所に置き、各商工会の会長、副会長など24人で構成。これまで商工会が実施してきた特産品の開発や販路拡大、観光振興などの事業を担当し、地域全体の活性化を図ります。なお、各商工会の組織は残し、経営や経理、税務などの相談指導業務や会員サービス事業は継続して行います。

●お問い合わせ/下蒲刈町商工会 TEL(0823)65-2522
●お問い合わせ/川尻町商工会 TEL(0823)87-2139
●お問い合わせ/音戸町商工会 TEL(0823)52-2281
●お問い合わせ/倉橋町商工会 TEL(0823)53-0030
●お問い合わせ/蒲刈町商工会 TEL(0823)66-1055
●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800
●お問い合わせ/豊町商工会 TEL(08466)6-2020
●お問い合わせ/豊浜町商工会 TEL(08466)8-3366

商工会の日記念クイズ当選者発表(県連)

[1,000通を超える応募者の中から、当選者20名が決定]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 本県連が今月10日の「商工会の日」に先がけ、広島市中区のひろしま夢ぷらざで実施した、広島県内の特産品などが抽選で当たる懸賞付きクイズ「商工会の日記念クイズ」の当選者が決定いたしました。

 今回実施したクイズは、広島県内の名産品などにちなむ簡単なクイズに答えていただき、10日までにご応募いただいた正解者の中から抽選で20名に、3,000円相当の特産品セットをプレゼントするものです。応募総数は1,217通で、厳正なる公開抽選の結果、下記の方に決定しましたのでお知らせいたします。

 多数のご応募いただき、まことにありがとうございました。

「商工会の日記念クイズ」当選者は以下のとおりです。

●中区 瀬戸 サダヨ 様
●中区 有木 みより 様
●中区 牛尾 典子 様
●東区 国原 博子 様
●東区 石津 哲子 様
●南区 山縣 瑞枝 様
●南区 岡﨑 普子 様
●南区 キハラ マサコ 様
●南区 菅 ヒロ子 様
●南区 篠崎 まゆ 様
●西区 和泉屋 乃武子 様
●安佐南区 江島 英子 様
●安佐南区 山田 ひとみ 様
●安佐南区 井上 嘉子 様
●安芸区 古手川 道子 様
●佐伯区 藤川 朋宏 様
●佐伯区 阪井 瑞枝 様
●呉市 朝原 紀子 様
●呉市 田中 努 様
●福山市 大谷 せい子 様

青年部記念祝賀会開催(世羅郡甲山町)

[全国大会での表彰を受けて、祝賀会の席で現役部員らが歴代のOBたちと交流]

告知・イベント情報

なし

なごやかな雰囲気のもとで行われた祝賀会

 昨年11月に開かれた平成13年度の商工会全国大会で優良青年部として全国商工会連合会会長(清家孝)表彰を受賞したのを受けて、世羅郡甲山町の甲山町商工会青年部が5日、記念祝賀会を行いました。地域社会を担う若手後継者としての自己研さんに励み、地域振興活動に積極的に取り組んだことが評価されたもので、表彰は、部の組織運営と活動内容を“極めて優良”とし、長年にわたり商工会の事業運営に協力してきた実績を“他の模範とするところ”として評価しています。

 同青年部は昭和41年11月6日に設立され、今年で38年目を迎えます。地域振興、商工業者の後継者育成を目的としてこれまでさまざまな事業を行ってきました。祝賀会当日は、現役青年部員をはじめ、青年部OBならびに歴代の青年部長らが集まり、初代青年部長より出雲辰雄現部長(12代目)へ表彰状の授与が行われました。また、歴代部長が自らの部長時代のエピソードなどを語るとともに、現在の部員へ感謝、激励の言葉などを贈りました。その後、毎年恒例となっている卒業部員追い出し会をあわせて行い、同青年部を卒業する部員らに卒業証書とともに、追い出すという意味合いを込めたハタキが授与されました。

 「町村合併を10月にひかえ甲山町という名前は消える運命にあるが、良いタイミングでOBとの交流会を催すことができ、各部員も先輩方のすばらしい実績を見直す良い機会になったのでは」と、祝賀会に参加した同商工会経営指導員の進藤大輔さん。出席した部員らからは、ここにいるOBたちがかつて行っていたイベントに子どもとして参加していた自分たちが現在、一青年部員としてそのイベントを継承していることへの驚きにも似た感慨や、部の歴史の重みを改めて実感したなどの声も聞かれ、初の祝賀会では青年部活動への意識高揚も十分に図ることができたようです。

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(0847)22-0529

このサイトを広める