商工会からのお知らせ

全てみる

広島空港のご利用について

広島県空港振興協議会からの周知依頼

告知・イベント情報

なし

 平素から、広島空港をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 さて、このたびのアシアナ航空機の事故により滑走路の閉鎖や再開直後の悪天候による欠航など、ご利用の皆様方には大変ご迷惑をおかけいたしました。

 空港の管理運営・利用促進に携わる者として、心からお詫び申し上げます。

 

 現在、施設の復旧作業も順調に進み、去る5月5日には航空機の安全運航を支援する計器着陸装置(CATーⅠ)の運用を再開いたしました。これにより就航率は98%を超える水準に回復(※)しています。

 つきましては、こうした状況をご賢察いただき、これまで同様、広島空港を安心してご利用いただきますようお願い申し上げます。

 また、これまで広島空港のご利用の機会の無かった方々にも、是非この旨お伝え願えればと存じます。

 今回の事故を教訓とし、関係者が一丸となって安定した運航と利便性の向上に努めてまいりますので、今後とも皆様方の変わらぬご利用とご協力をいただきますよう重ねてお願い申し上げます。

  ※CATーⅠ運用再開後の気象条件に起因する欠航便数(5月6日~5月27日の間)

    :2便(1275便)

 

資料:http://www.hij.airport.jp/news/2015_flight_operation_rate.html

中小企業大学校 広島校で実施する研修のご案内

告知・イベント情報

中小企業大学校広島校

≪営業力パワーアップシリーズ≫
■戦略を実現するための販売計画の立案実践

~販売計画の立て方について、その立案手法を学ぶとともに、自社の販売計画の作成演習により実践的に学ぶ。~

期間:2015年6月16日(火)~2015年6月18日(木):3日間
受講料:受講料 28,000円
定員:30名
受講対象:営業部門の管理者、リーダー及びそれらの候補者等
講師:三宅秀和(株式会社コスモ経営 チーフコンサルタント)
詳細:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/list/details2015/090394.html
 
 
≪モノづくり改善力パワーアップシリーズ≫
■改善指導者のための原価管理とコストダウン

~現場管理者に必要な財務や原価管理についての理解を深め、自社課題の解決演習により、コストダウンに結びつく具体的な改善方策を実践的に学ぶ。~

期間:2015年7月8日(水)~2015年7月10日(金):3日間
受講料:受講料 28,000円
定員:30名
受講対象:製造部門の管理者、改善指導者、リーダー等
講師:大塚泰雄(株式会社MEマネジメントサービス 常務取締役)
詳細:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/list/details2015/090397.html
 
 
≪営業力パワーアップシリーズ≫
■成果を上げる営業交渉術

~顧客に信頼され、顧客の悩みを解決できる営業員のあり方を学び、営業管理者が行うべきOJT等による部下の育成方法を演習を交えて学ぶ。~

期間:2015年7月14日(火)~2015年7月16日(木):3日間
受講料:受講料 28,000円
定員:30名
受講対象:営業部門の管理者、リーダー、それらの候補者等
講師:渋谷雄大(ジャイロ総合コンサルティング(株)セミナー事業部長)
詳細:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/list/details2015/090398.html
 
 
 
 
 
●中小企業大学校広島校とは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 中小企業向け等の研修を実施している国の機関です。
 昭和63年(1988年)4月開校以来27年間で延べ3万3千人以上の方々に受講いただきました。
 
 その研修の特色は、経験豊富な講師による分かりやすい講義に加え、演習やグループ討議により、自社の課題を解決する力を身に付ける実戦的なものとなっています。
 また、課外時間を活用した、受講者交流会等による人脈形成や、自社に役立つ中小企業支援施策の相談を受けられることなども好評です。
 
 平成27年度は、経営者、経営幹部、管理者、リーダー及びそれらの候補者等を対象に、経営戦略、財務管理、生産管理など6つの分野について、1日から28日間まで計37コースの中小企業向け研修を実施します。

 詳細情報、受講お申し込み等は、『広島校』でウェブ検索から。
 受講企業経営者の声や研修内容、施設、助成制度等を紹介した冊子『研修ガイド』の請求は、『資料請求・お問い合わせ』のウェブページ、電話又はファクシミリでご請求ください。
 メールマガジン『広島校だより』では、毎月、受講者募集中の研修をご紹介します。前記ウェブページから配信登録をしてください。

「平成27年度 第54回通常総会」開催(県連)

[昨年度の事業報告をはじめ2つの議案が承認・可決。任期満了に伴い新役員も決定]

研修会・総会

広島県商工会連合会

 5月25日(月)、リーガロイヤルホテル広島(中区基町)にて、「平成27年度 第54回通常総会」が開催されました。34名の商工会長等が出席し、平成26年度の事業報告、収支決算等について審議しました。

 

↑開会の挨拶を行う梅本秀明副会長

↑開会の挨拶を行う梅本秀明副会長

 開会の挨拶で梅本秀明副会長は、平成26年度に取り組んだ事業について総括を行いました。平成26年度は、『一歩前へ!やってみましょう!』を具体的な行動指針とし、“会員満足度の向上” “商工会の機能強化”の二つの柱を掲げ、事業を実施し、「会員満足度の向上では、全会員への戦略的な巡回を展開し、会員ニーズなどの掘り起こしに努めてきた。また、販路開拓の支援として、『地域力活用市場獲得等支援事業地方事務局』を設置し、『小規模事業者持続化補助金』の申請窓口として、申請429件(採択318件)の実績を挙げた」と取り組みを説明しました。

 

 また、二つ目の柱である“商工会の機能強化”では、「商工会総合情報システムの根幹をなすサーバーを更新するとともに、全経営指導員に対しタブレット端末を整備することで、強固な指導体制を構築した」と力強く語りました。

 

 

通常総会(県連)01

   梅本副会長の挨拶に続き、通常総会では県連理事の佐藤大地氏を議長に選任し、議事を進行しました。

 

提出議案は次の通り

・第1号議案-平成26年度事業報告・収支決算書・貸借対照表及び財産目録承認の件(監査報告)

・第2号議案-任期満了に伴う役員の選任に関する件

 

 

   第1号議案は拍手多数により、原案通り承認・可決されました。

 

 第1号議案の事業報告では、経営改善普及事業等の効率的な運営を図るために行った、商工会指導員による現地指導が579回実施されたことや、経営発達支援計画認定申請特別セミナーの開催などが事務局より報告されました。また、県青連の活動についても触れ、中四国各県から1,084名(県内参加者513名)が参加した『中国・四国ブロック商工会青年部交流会広島大会』の開催や、昨年8月に発生した土砂災害に対する支援活動については、ボランティア活動で、8月31日から11月23日までの期間に、延べ474名の青年部員が参加したことが報告されました。県女性連の事業では、県女性連及び商工会女性部の自主財源確保のために取り組んだ『貯蓄共済加入推進事業』で、新規加入が808口に上ったことなどが報告されました。

 

 第2号議案の、任期満了に伴う役員の選任に関する件については、まず事務局より説明があり、議長は役員選任規約に従い、立候補者の有無を議場に諮ったところ、立候補の意思表示がなかったため、指名推薦の方法を改めて諮った結果、全員異議なく拍手で承認されました。

 

 次いで、役員会での申し合わせのとおり、各地域から選出された8名の役員選考委員を推薦・決定することを議場に諮り、拍手多数により承認されたため、別室にて開催された選考委員会にて選ばれた18名を新役員に選任することについて議場に諮ったところ、全員異議なく拍手多数により承認されました。

 

 また、新役員に就任の承諾を確認したところ、全員の承諾を得ました。

 続いて、新会長となった熊高会長より、専務理事に石井正朗氏を指名することを議場に諮ったところ、拍手多数により承認されました。

 

 総会後には、中下副知事をはじめ多くの来賓を迎えて表彰式が行われ、珠算検定実施・商工貯蓄共済事業の推進に優秀な実績を残した商工会などに、表彰状が贈呈されました。さらに、商工貯蓄共済事業の普及に貢献した商工会に、広島銀行・ジブラルタ生命株式会社から、また、商工会の共済制度『かがやき』の普及推進に寄与した商工会に、広島県中小企業共済協同組合から、それぞれ感謝状が贈られました。

通常総会で新役員を選出(県連)

[新会長は安芸高田市商工会の熊高一雄会長。通常総会にて18名の新たな顔ぶれが決定]

研修会・総会

広島県商工会連合会

↑新役員のみなさん

↑新役員のみなさん

 5月25日(月)開催された通常総会にて、任期満了に伴う役員改選により、新役員が決定しました。

 

 新会長に就任したのは、安芸高田市商工会長の熊高一雄氏。就任の挨拶で熊高新会長は、「34商工会の会長から選任していただき、身の引き締まる思い。至らないところはご支援・ご協力いただきながら、歴代会長に恥じないように取り組んでいきたい」と挨拶しました。

 

 

 

 

↑就任の挨拶を行う熊高新会長

↑就任の挨拶を行う熊高新会長

 

新役員は次の通り

  • 会長

熊高一雄(安芸高田市商工会)

 

  • 副会長

滝口義明(大野町商工会)

山下勇治(安芸津町商工会)

三谷省吾(沼隈内海商工会)

石川芳秀(備北商工会)

 

  • 理事

大下秀明(高陽町商工会)

藤田博之(五日市商工会)

村尾征之(呉広域商工会)

津田 宏(安芸太田町商工会)

乗越耕司(広島県央商工会)

高橋邦宏(神辺町商工会)

伊藤敏雄(上下町商工会)

田原和彦(三次広域商工会)

越智俊之(県青連)

井上文江(県女性連)

 

  • 専務理事

石井正朗(県連)

 

  • 監事

松島洋一(広島東商工会)

坂東辰男(世羅町商工会)

「第49回通常総会」及び「商工会女性部第1回研修会」開催(県女性連)

任期満了に伴う新役員の選出が行われ、21名の新たな顔ぶれが決定!

研修会・総会

広島県商工会連合会

第49回通常総会(県女性連)

 

 

 5月11日(月)、グランドプリンスホテル広島にて「平成27年度 広島県商工会女性部連合会 第49回通常総会」を開催しました。本人出席31人、委任状出席2人の計33人の出席のもと、平成26年度事業報告、収支決算、任期満了に伴う役員改選について審議が行われました。

 

 総会の冒頭挨拶で井上文江会長は、部員の皆さんに向けて日頃の事業への理解・協力に感謝の意を述べました。また、これまで約3万人分のワクチンを発展途上国に贈り、多大なる社会奉献を果たしてきたエコキャップ回収事業への協力に、改めて感謝を述べるとともに、NPO法人エコキャップ推進協会に関する報道にふれ、県女性連の統一事業としてのエコキャップ事業は取りやめると発表しました。

 

 総会には、宮本隆之広島県商工労働局産業労働部長(湯﨑英彦広島県知事代理)、山本敏昭県連専務理事(植田賢治県連会長代理)、前川重樹広島県中小企業共済協同組合常務理事の3名が来賓として出席。代表して宮本氏、山本氏のお二人が祝辞を述べられました。

 

 通常総会では、西地域第2ブロックの上田勝子ブロック長を議長に、二つの議案が審議され、全会一致で可決・承認されました。

 

提出議案は次の通り。

・第1号議案-平成26年度事業報告書・収支決算書・貸借対照表及び財産目録承認の件

・第2号議案-任期満了に伴う役員改選の件

 

 平成26年度の事業報告では、部員強化事業の推進について、親会役員の配偶者の加入勧奨等により加入部員数が前年対比で1.5倍の80名が新規に加入したことを報告。平成27年度の引き続き協力を仰ぎました。また、女性部広域提案公募事業では、府中町商工会女性部の「花と緑を活用した地域活性化事業」が採択されたことなどが報告されました。

 

 第2号議案は、現在の役員が今年5月で任期満了となるため、今総会で新役員を選出するために上程された議案。各ブロックから推薦された8名の役員選考委員が役員候補者の選考を行い、新役員21名が決定しました。

 

 総会終了後には「第18回商工会女性部主張発表広島県大会」「商工会女性部第1回研修会」も同時に開催されました。研修会では、オフィスGORIYAKU代表の井上林親氏が『お客様との相思相愛の仕事術』をテーマに講演。

 

 井上氏は「どれだけインターネットが普及しても対面で買いたいと思っている人が絶対にいる」と断言。「お客様と相思相愛になるためには、まず、婚活と同じように理想のお客様像を描くことが大切。その人たちに向けた広告やPR活動が必要」とアドバイスしました。そのPR方法を、スクリーンを使って具体的に説明。井上氏のお話に、参加者は熱心に耳を傾けていました。

 

「第18回 商工会女性部主張発表広島県大会」開催(県女性連)

各ブロックから選出された代表が熱い思いを披露。東ブロック代表の高原さんが最優秀賞

研修会・総会

広島県商工会連合会

主張発表広島県大会(県女性連)

↑高原さんと、会場から大きなエールを贈った商工会女性部、事務局のみなさん。

 

 

 5月11日(月)、グランドプリンスホテル広島にて「第18回 商工会女性部主張発表広島県大会」が開催されました。県内の商工会女性部代表が一堂に会して行われるこの大会。県内7地区で行われた予選大会を勝ち抜いた代表が、中国四国大会出場をかけて熱弁を繰り広げました。

 

 主張発表を行ったのは、西第1ブロック代表の山村ゆう子さん(宮島町商工会女性部)、西第2ブロック代表の秋光史子さ(呉広域商工会女性部)、西第3ブロック代表の田坂綾さん(祇園町商工会女性部)、中ブロック代表の池田久美さん(黒瀬商工会女性部)、東ブロック代表の高原礼子さん(沼隈内海商工会女性部)、北第1ブロック代表の日高恭子さん(北広島町商工会女性部)、北第2ブロックの有木京子さん(三次広域商工会女性部)の7名。

 

 各代表が、女性部活動や地域振興活動を通して得た経験や成果を、手振り身振りを交えながら堂々と発表する中、最優秀賞に輝いたのは東ブロック代表の高原礼子さん。優秀賞には西第2ブロック代表の秋光さんが選ばれました。審査結果の発表で6年連続審査員長を務めた中国新聞社広告局の宮田俊範担当局長は「通年に比べ、今年は非常にレベルが高いと感じた。競い合う中の審査は苦労した」と大会を振り返り、「高原さんはより具体的に事業を紹介し、我々の耳にすっと入ってきた」と評価しました。

 

 高原さんは『女性部活動と地域振興・まちづくり~女性力全開でおもてなし~』をテーマに発表を行いました。冒頭「瀬戸の花嫁が大流行している時に大阪から嫁ぎました。あれから40年…」と語ると、会場は大きな笑いに包まれていました。高原さんは、平成26年度に採択された提案公募事業『おもてなし・思い出・お土産 3つのO(オ)で地域活性化事業』について発表。穏やかで引き込まれるような高原さんの語り口は聴衆を魅了し、時にはセンスが光るユーモアで会場を沸かせました。

 

 高原さんは受賞の挨拶で「思いもかけないことで感動しています。事務局や会員さんもみんなが支え応援してくれました。これからも沼隈町、内海町の魅力を発信し続けます」と声を震わせていました。

 

 高原さんは9月9日に岡山県で開催される、「平成27年度中国四国ブロック商工会女性部交流会」に広島県代表として出場します。

平成27年度広島県人権啓発指導者養成研修会の開催について

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

企業等で人権啓発研修を担当する方に、職場等での人権啓発の必要性やコミュニケーションの大切さなど、人権啓発担当者として必要な知識や手法、人権感覚を講義・グループワークを体験しながら学ぶことで、実際の職場研修等に活かせる内容です。

 

広島会場
■開催日
 第1回 平成27年8月20日(木)
 第2回 平成27年8月26日(水)
■会場
 エソール広島 多目的ホール
■申込期限
 第1回 平成27年8月14日(金)必着
 第2回 平成27年8月19日(水)必着
■定員
 各50名

 

福山会場
■開催日
 平成27年8月21日(金)
■会場
 まなびの館ローズコム「福山市生涯学習プラザ」中会議室
■申込期限
 平成27年8月14日(金)必着
■定員
 40名

 

※詳細並びにお申込みに関してはHPを参照

 

広島県商工会連合会
総務課 小泉

平成27年度「第1回青年部研修会」「通常総会」開催(県青連)

研修会・総会

[任期満了に伴う新役員の選出が行われ、17人のフレッシュな顔ぶれがそろう]

 

↑2つの議案が可決・承認されたほか、表彰式や交流会も行われました。

↑2つの議案が可決・承認されたほか、表彰式や交流会も行われました。

5月1日(金)、オリエンタルホテル広島(広島市中区田中町)にて、広島県商工会青年部連合会の「平成27年度第1回青年部研修会」ならびに「平成27年度通常総会」が開催されました。出席者33名、委任状1名、合計34名出席のもと、平成26年度の事業報告、収支決算について審議が行われました。

 

 総会に先立って行われた研修会では、(有)紀文の代表取締役の木下健悟氏が“なぜ顧客はあなたの会社を選ぶのか?”をテーマに講演。203名が同世代で活躍する講師の話に耳を傾けました。

 

 

 

    木下氏は「成功には行動がある」と断言し、自ら動くことの大切さを強調。また「一つの絵が人によって違うものに見えることがある。どんなものにも、いろいろな見方ができる可能性があります」と、固定概念にとらわれないことの大切さを訴えました。長崎県商工会青年部連合会の前会長を務めた木下氏は、県青連の佐藤前会長とも交流があり、スクリーンにたびたび佐藤会長の写真が登場。会場の笑いを誘っていました。

 

 研修後に開かれた「平成27年度通常総会」では、大崎上島町商工会青年部の望月部長を議長に選出し、2つの議案について審議が行われました。議案は全会一致で可決・承認されました。

 

提出議案は次の通り。

・第1号議案-平成26年度事業報告並びに収支決算書、貸借対照表及び財産目録の承認に関する件

・第2号議案-任期満了に伴う役員選出に関する件

 

 

 

↑就任の挨拶をする越智新会長と執行部のみなさん

↑就任の挨拶をする越智新会長と執行部のみなさん

   第1号議案は、全会一致で可決・承認されました。第2号議案は現在の役員が今年5月で任期満了となるため、今総会で新役員を選出するために上程された議案。議長は立候補している江田島市商工会青年部の越智俊之氏の会長就任の可否をとり、拍手多数により就任が決定しました。その後、副会長・理事・監事の承認がされ、新執行部が決定しました。

 

 

「Teamがん対策ひろしま」登録企業募集!

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

「Teamがん対策ひろしま」登録企業募集!

 

街で見かける「デーモン小暮閣下」のポスターを思い出していただければと思います。
広島県では、“閣下”をイメージキャラクターとして,平成26年度より「がん対策日本一の実現」を目指し、がんの予防やがんになった社員の就労支援等に取り組む企業を“登録企業”として支援されております。
今回、県担当課より、平成27年度の登録企業募集開始の案内がありました。
登録企業となると、「Teamがん対策ひろしま」の一員として、取り組みに協力する企業として紹介されるほか、がん対策グッズの提供や出前講座の実施,就労支援ハンドブックの提供などの支援が受けられます。
詳細は、下記のリンクからご覧いただけますので、これを機会に御社社員等のがん予防と、がんとなった際の対策についてお考えいただき、登録についてご検討いただければと思います。
県担当課では、ご興味のある企業・団体からのご連絡をいつでもお待ちしていますとのことです。

 

【募集期間】平成27年4月22日から6月30日

 

(”Teamがん対策ひろしま”トップページ)
 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/gan-net/team-gantaisaku.html

 

【問合せ先】広島県健康福祉局 がん対策課
      電話082-513-3063

 

広島県商工会連合会
平野
詳細:http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/gan-net/team-gantaisaku.html

「職場意識改善助成金」《拡充》のご案内

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

広島労働局より、標記助成金の案内がありました。
これは、中小企業事業主を対象として、労働時間等の改善に向けた研修開催に係る費用や、労務管理用機器などの導入に係る費用に対して助成が行われるものです。
前年度は、早期に予算枠に達成するなど、大変“人気のある”助成金です。
今回は、補助上限額の引き上げなど、制度の拡充が行われております。
対象と思われる案件がある場合や、詳細の内容を知りたい方は、下記へお問い合わせください。
助成金内容や申請書の作成方法まで詳しく説明されるそうです。

 

■問い合わせ先
 広島労働局労働基準部監督課
 電話082-221-9242

 

広島県商工会連合会
平野
詳細:http://hiroshima-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kakushu_joseikin.html