商工会からのお知らせ

全てみる

『ひろしま地域逸品発掘交流会』開催(県連)

[農林水産業者と商工業者が交流。新たな特産品開発や販路開拓のきっかけに]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

参加者と積極的にコミュニケーションを取りながら講演を行う高原氏。

 11月28日(火)、かんぽの郷 庄原(庄原市新庄町)にて、『ひろしま地域逸品発掘交流会』が開催されました。この交流会は、“農林水産業者”と“商工業者”が出会い・交流を行う場を提供することで、ひろしまの新たな逸品の誕生を支援しようと、県連と備北商工会が企画。当日は約70名が参加しました。

 備北商工会の石川会長の挨拶の後、地域産品・小売支援コーディネーターの高原英幸氏が『売れる地域産品のカン・コツ・ツボ』をテーマに講演を行いました。

 

 高原氏は冒頭、参加者を壇上に招いて、名刺交換の実演を披露。遠慮がちに名刺交換をする参加者にダメ出しをしながら、「名刺交換は先手必勝。お願いをする方が先に名刺を渡すべき」と力を込め、名刺の渡し方、もらい方、もらった後に至るまで、名刺交換の極意を伝授しました。

 

 また、優秀地域産品開発事例として北海道士別市にある美田実郎商店の卓上用ふりかけタイプの片栗粉『とろみちゃん』を紹介。商品の背景にあるストーリーに商品開発・販路開拓のヒントがたくさん隠されていました。高原氏は「オンリーワンの商品を作れば大手にも十分対抗できる」ときっぱりと言い切り、参加者にエールを贈りました。参加者が座っているスペースにどんどん入って行き、目が合う人と次々と対話をしながら進む講演に、参加者はドキドキしながらも惹きつけられていました。

 

出展事業者は自社の商品の魅力を懸命にPR。

 会場を移して行われた展示交流会・名刺交換会には、15の事業所・団体が出展。各ブースに自慢の商品を持参し、試食などを行いながら商品や自社の魅力をPRしました。講演会の講師を務めた高原氏は、出展企業のPRタイムにコーディネーターとして登場。緊張気味の出展者をフォローしながら、会場を盛り上げていました。PRタイム後は、出展者と参加者が自由に商談や名刺交換できるフリータイム。参加者たちは積極的にブースに足を運び、交流を深めていました。今回の交流会で新しい地域の逸品が誕生するかもしれません。

 

 この交流会は、県連と呉広域商工会主催で12月6日(水)にも開催され、会場となった呉森沢ホテル(呉市本町)には、多くの参加者が来場し交流を深めました。

~労働者の募集や求人申込みの制度が変わります~H30.1.1スタート

なし

 このことについて、広島労働局から周知の依頼がありました。

 これは、職業安定法等の改正により労働者の募集時や求人申込み時に明示しなければならない労働条件が拡大された等のものです。

 詳細は、下記のリーフレット(PDF)にあります。

 ご確認いただき、制度の変更についてご理解ください。

 

■リーフレット

  労働者を募集する企業の皆様へ(厚生労働省)

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

小規模企業景気動向調査(平成29年10月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~建設業を除く3業種で、わずかな悪化が見られた小規模企業景況~

 

 10 月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況 DI(景気動向指数・前年同月比)はわずかに悪化し、 売上額 DI、採算 DI、資金繰り DI はわずかに改善した。建設業では全項目で改善が見られたが、製造業、小売 業、サービス業の業況 DI は、いずれもわずかに悪化した。経営指導員からは、相次いだ台風による小売業・サ ービス業の売上機会の損失と建設業の復旧工事による売上増加に関する報告が多かった。

 

(平成29年12月5日 全国商工会連合会 公表)

 

 ※各業種については、下記レポート(PDF)をご参照ください。  

  調査結果レポート(H29.10)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

第57回商工会全国大会における『経営改善普及事業に関する表彰』

広島県では1団体・33名の方々が受賞

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

全国商工会連合会長表彰の様子

 平成29年11月16日(木)に、東京都渋谷区のNHKホールにて開催された、第57回商工会全国大会において、経営改善普及事業に関する功労者等の表彰がおこなわれました。本表彰は、商工会等の組織運営及び実施する経営改善普及事業が特に優良であり、他の商工会の模範とするに足る商工会や商工会役職員、青年部・女性部及び部員に贈られるもので、広島県からは、以下の1団体・33名の方々が受賞されました。

 

 

■全国商工会連合会会長表彰

(事業推進優良商工会等表彰)

  国直轄事業等の推進部門 呉広域商工会

(役員功労者)

  8商工会/26名

(青年部功労者)

  大崎上島町商工会青年部 藤原 浩一 氏

  上下町商工会青年部 伊達 幸太郎 氏

(女性部功労者)

  世羅町商工会女性部 吉口 太賀子 氏

(優良常勤役職員)

   広島県央商工会   近藤 靖之 課長

   広島県商工会連合会 大林 勝則 部長

   安芸高田市商工会  今屋えい子 課長

   三原臨空商工会   藤井 忠昭 課長    ※順不同・敬称略

第57回商工会全国大会が開催される

「なくてはならない商工会」であり続けるために邁進

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

第57回商工会全国大会の模様

 平成29年11月16日、東京都渋谷のNHKホールで「第57回商工会全国大会」が開催され、当県からは総勢70名の商工会役職員が参加しました。同大会には、多数の国会議員ほか、全国の商工会代表者ら約3,000名が出席。席上、石澤義文全国連会長は、アベノミクス効果により個人消費が持ち直し、緩やかな景気回復が続いているものの、地方の中小企業・小規模事業者においては、人口減に伴う働き手の不足や販路の縮小、取引先からのローコスト要請、さらには、経営者自身の高齢化に伴う廃業の増加など、引き続き厳しい経営環境にある。

 

 このような中、商工会も自らが、経営発達支援計画を着実に実行することで、地域経済を支える地方の中小企業・小規模事業者の持続的な成長・発展による地方経済の活性化、ひいては、我が国経済の成長に貢献していく所存であるとともに、職員の人材育成による支援力の強化や会員サービスの充実に努め、「なくてはならない商工会」でありつづけるために邁進していかなければならないと力強い口調で会場に訴えかけました。

 このあと、「地方経済に活力を与える大型の経済対策の実施」、「地方の小規模事業者の持続的成長・発展のための支援の拡充」、「事業承継施策の抜本的強化をはじめ企業力を下支えする経営環境の整備」、「働き方改革の実現のための支援の強化」、「共済等を活用したリスクマネジメント支援など会員サービスの充実」の5項目について大会決議(案)が宣言され、満場一致で決議されました。 

 

祝辞を述べる安倍内閣総理大臣

 その後、安倍晋三内閣総理大臣、西銘恒三郎経済産業副大臣の他に、竹下亘自由民主党総務会長、山口那津男公明党代表、枝野幸男立憲民主党代表、玉木雄一郎希望の党代表からの祝辞及び友好団体挨拶に次いで、外山全国連副会長による閉会宣言が行なわれ、大会は盛会裡に終了しました。

『ぽっぽカード20周年記念大会』開催(県連)

[ぽっぽカード20周年を祝う記念大会。著名人による記念講演や記念式典を実施]

広島県商工会連合会

記念講演を行った渡辺弘基氏。

 11月21日(火)、ホテルメルパルク広島(広島市中区基町)にて、『ぽっぽカード20周年記念大会』が開催され、ぽっぽカード加盟店の代表など64人が参加。20周年を記念した講演会や記念式典などを行いました。

 

 広域講習会を併催した記念講演には、元広島東洋カープ投手で“あっぱれ熟年ファイターズ”のメインキャスターとしても活躍する、有限会社イベントプロデュースP&P代表取締役の渡辺弘基氏が登場。『ピンチをチャンスに~七転び八起きの野球人生~』と題して、講演を行いました。

 

 渡辺氏は、高校、大学、社会人、プロ野球、引退後とそれぞれで味わったピンチをその都度、不屈の精神で乗り切ってきたことを赤裸々に告白。「ピンチが訪れる度に“見返してやる!”という反骨精神で乗り切ってきました。悩みや苦しみが大きな力になり、やがて生きる力になります」と力強く語りました。

 

 続いて行った記念式典では、広島県商工会連合会会長で有限会社ぽっぽサービス代表取締役の熊高一雄氏が「今年度より第2次中期計画による事業を進めています。各商工会による支援を強化し、個店のレベルアップに力を注ぐなど、地域から支持され利用されるポイントカードを目指します」と開会の挨拶を行いました。

 

優良カード会を代表して、熊高会長から賞状を受け取る安芸高田ぽっぽ会の池田武治会長。

 記念表彰では、優良カード会(3カード会)、優良事業者(10事業者)、役員功労者(22名)が紹介され、各部門の代表者が熊高会長より表彰状を受け取りました。被表彰者を代表して株式会社豊松農産生活センターの江草保史氏が「この表彰を力にして、これからも地域になくてはならないお店としてがんばっていきたい」と謝辞を述べると、会場からは大きな拍手が贈られました。

 

 また、昨年創設された年間表彰も併せて行われ、総合部門、法人部門及び個人事業主部門の各部門から1事業者(計3事業者)が表彰されました。

 

 式典終了後には交流会も開催され、参加者は情報交換などを行いながら交流を深めました。

『ひろしま地域逸品発掘交流会』参加者募集中!(県連)

[農林水産業と商工業の交流による新たな“逸品”が誕生するチャンス!]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会は、庄原市と呉市の2会場で『ひろしま地域逸品発掘交流会』を開催します。農林水産業と商工業が連携し、相互の経営資源を活かした新たな商品を生み出す取り組みが注目されているなか、県内の事業者にも出会いと交流の場を提供し、新たな逸品の誕生を支援するために、企画したものです。

 

 交流会では、地域産品・小売り支援コーディネーターの高原英幸氏が『売れる地域産品づくりのカン・コツ・ツボ』と題した講演会を行うほか、出展者による展示品の紹介や、商談・名刺交換などを行う『展示交流会』などを実施。個別の相談会も予定しています。

 

 参加費は無料。『新たに地域の農水産物を販売したい方』、『地域の農水産物を活用した新商品の開発を考えている方』、『地域の農産物の食材を使って新メニューの提供を考えている方』、『農商工連携事業に関心のある方』などにぴったりの交流会です。

参加希望の方は下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入してFAX(082-249-0565)にてお送りください。たくさんのご参加、お待ちしております!

 

お申込み用紙はこちら

 

○ひろしま地域逸品発掘交流会

  • 庄原会場

日時/平成29年11月28日(火)13:00~16:30

会場/かんぽの郷 庄原 庄原市新庄町281-1 

http://www.kanponoyado.japanpost.jp/shoubara/index.html

  • 呉会場

日時/平成29年12月6日(水)13:00~16:30

会場/呉森沢ホテル 呉市本町15-22

 http://www.kuremorisawa.com/

 

お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:川相、林

「手元のお金が増える どんぶり勘定の磨き方」について学ぶ       ―経営安定特別相談事業講習会(12/5)-参加者募集!(県連)

世界一シンプルで、わかりやすい会社のやりくり術!

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会では、12月5日(火)メルパルク広島にて「平成29年度 経営安定特別相談事業講習会」を開催します。テーマは、「手元のお金が増える どんぶり勘定の磨き方」

 講師の神田知宜氏は、平成10年税理士試験に合格。会計事務所や上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立。現在は㈱神田どんぶり勘定事務所 代表取締役として、「わかりやすい」に工夫・特化した勉強会やセミナーを全国各地で開催しており、好評を得ています。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、個別コンサルティング、企業内研修講師、執筆活動を展開中。著書の「お金が残るどんぶり勘定のススメ!会社のお金は通帳だけでやりくりしなさい」はAmazon新着ランキングで1位を獲得するなど注目されています。

 現在、講習会の参加者を募集中です。参加希望の方は、下記の申込書を出力の上、必要事項を記入して、県連東部支所までFAX(084-960-3108)または、E-mail(shisho@hint.or.jp)にてお送りください。

 

 この機会に、理屈ではなく、感覚(イメージ)で理解できる「どんぶり勘定」を身につけ、お金の流れを掴んで増やすコツを学んでみませんか!

 

経営安定特別相談事業講習会申込書

 

平成29年度 経営安定特別相談事業講習会

■日時/平成29年12月5日(火) 13:30~16:00(受付開始13:00~)

■会場/メルパルク広島5階 「椿」(広島市中区基町6-36)

■参加費/無料

■お問合せ/広島県商工会連合会 東部支所 TEL 084-960-3107

 

平成29年度販路開拓支援事業『商談会』開催(県連)

[事業者がバイヤーに商品の魅力を直接PR。販路開拓と現場の生の声を聞く貴重な機会に]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 11月7日(火)、ホテルセンチュリー21(広島市南区的場町)にて、広島県商工会連合会主催の「平成29年度販路開拓支援事業 商談会」を開催。この事業は、販路開拓支援事業の一環として、小規模事業者等の商品開発・販路開拓を支援するために行われているもので、今年で9回目。首都圏や広島地区等の流通業のバイヤーを商談会に誘致し、取引や商品開発等へのアドバイスを直接受けることができる貴重な機会です。例年10件を超える商談が成立し、成果を上げており、今年も、販路開拓・拡大へ意欲を見せる34の事業所が参加しました。

商談ブースでは、事業者が自社商品の魅力を熱心にアピール

 商談会に先立って行われた開会式で、県連の石井正朗専務理事は「本日は首都圏や関西圏の7社、県内から4社のバイヤーの方にご参加いただきました。自社の商品への評価やマーケットの情報など、現場の生の声を聞けるだけでなく、実際に商談に結びつける絶好の機会です。この商談会を販路開拓や今後の商品開発など、新たなビジネスチャンスのきっかけにしてください」と挨拶しました。

 商談は各ブースで待機するバイヤーに、参加事業者が商品を直接売り込むスタイルで進行。県連が参加事業者の希望に応じた商談スケジュールを事前に組み、一コマ20分で実施しました。また、昨年から採用したバイヤーから事業者を指名いただくシステムも引き続き実施。また、15時から30分間設けられたフリー商談会(名刺交換会)では、今回商談できなかったバイヤーに事業者が直接アプローチ。事業者同士も交流を深めていました。そのほか、インターネット通販を手掛ける47CLUB(中国新聞社)と事前セミナーでアドバイスをいただいた株式会社バイヤーズガイドによる個別相談なども随時開催され、参加事業者たちは限られた時間を有効に使って懸命に自社の商品のPRを行いました。

 今回、沼隈内海商工会より参加した、海苔の生産から商品化までを手掛けるマルコ水産(有)代表取締役の兼田敏信さんは、全国的にもブランド海苔として知られる“田島のり”の佃煮と味付け海苔、焼海苔を持参。初めてこの商談会に臨みました。「最初は催事で販売する商品を探しておられたようですが、商品にあるストーリーを聞いて、カタログでの販売も勧めていただきました。商品の背景が見える売り方が良いとアドバイスをいただきました」と兼田さん。商談は確かな手ごたえを感じられた様子です。

 広島県央商工会より参加した(有)広島・入野きのこセンターの東敏明さんは、生のマイタケとマイタケせんべいのPRができた。「せんべいのパッケージに、堅いから頑張って食べてほしいとの思いを込めて“ド根性”入れたんですが、意味が分かりづらいと言われました。マイタケがたっぷり入っていること、苦労して作っていることがパッケージから伝わるといいとアドバイスされ、さっそくデザイン変更に取り掛かろうと思っています」と東さん。販路開拓に向けて前を向いて歩き始めています。

 また、北広島町商工会より参加した(株)勝原白貫堂の勝原毅さんは、一度閉店した老舗の和菓子屋を5年前に復活させた4代目、「歴史とこだわりと伝えるのに20分では伝えきれない」と今後の展開に期待を寄せていました。

 世羅町商工会より参加の料理旅館玉乃家の若女将、稲田祐子さんは、今年4月末に完成したばかりの『トマトコンポート』を持参した。自社の商品について「世羅町内の試験販売のみで、パッケージなどデザイン的にはまだまだ改良の余地があります」としながらも、「関東の方では移動が公共の交通機関のため瓶詰めの重たいものは避けられてしまうことや原価計算の面でも良いアドバイスがたくさんいただけました」と満足そうに話します。今後は今回のアドバイスを参考にしながら、本格的な販路開拓に向けて動き始めます。

参加事業者の商品を並べた展示ブースも設けられました

 

 様々な思いを胸に、今回の商談会に挑んだ事業者たち。多くの事業者が新規販路開拓、新商品開発への大きな第一歩を踏み出しました。

商工連会報VOL.377(2017.11)を発行しました(県連)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

広島県商工会連合会会報vol.377

Vol.377
2017 11-1

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 商工連会報VOL.377(2017.11)

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 本号では、県内の商工会が近年取組んだ経営支援事例から、3事例を特集。また「働き方改革実践企業」としてこの度認定され、働き方改革に実際に取組み、成果を上げている会員企業3社を紹介いたしました。人手不足問題の打開に向け、働き方改革や職場環境整備を進める各社の取組みは、広島県のHP(下記バナーをクリック)でも優良事例として紹介されています。経営課題に対する着眼点やユニークな取組、現場の想いなどを掲載中です。                                                                                                                                                                                                  

是非、ご一読ください。

 

■ 本号の目次■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特集「人手不足 対応支援」~県連の新たな取組~

 ・「働き方改革実践企業第1回認定証授与式」開催 

 ・「平成29年度広域講習会」開催 ~若手人材の採用・育成術を学ぶ~

 ・「健康経営の普及促進に関する協定」締結式を挙行

 ・「人手不足対応ガイドラインについて」~人材不足対策の羅針盤~

■「ストーリーから考える商品開発セミナー」(県連)

特集「商工会の経営支援事例」~各地で経営指導員が奮闘中!~

 ・「小規模事業者持続化補助金活用事例」(広島安佐/熊野町)

 ・「平成29年度経営支援事例発表大会 最優秀事例」(世羅町)

■県青連 活動報告

 ・主張発表大会(広島県大会) ・スポーツ交流会 ・越智全青連会長就任祝賀会

■県女性連 活動報告

 ・千羽鶴を捧げる事業 ・ビーチボールバレー大会 ・主張発表大会(中四国ブロック)

■夢ぷらざ「お客様感謝イベント」実施

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

広島県商工会連合会 東部支所

このサイトを広める