商工会からのお知らせ

全てみる

第84回リテールマーケティング(販売士)検定試験(3級)の結果について

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

令和1年7月13日に実施しました標記試験合格者の受験番号を以下に掲載します。

 

■合格者 12名■

 3400-0001

 3400-0002

 3400-0003

 3400-0004

 3400-0005

 3400-0006

 3400-0007

 3400-0008

 3400-0009

 3400-0011

 3400-0012

 3400-0013

 

※合格証書および認定証は、実施団体に送付いたします。

 

東部支所 三谷・島田

 

県内外から集まった折り鶴に平和への願いを込めて(県女性連)

[『原爆の子の像に千羽鶴を捧げる事業』を実施。想いのこもった約4万4,000羽を奉納]

広島県商工会連合会

6名の正副会長が原爆の子の像を訪れました

 暑い日差しが照り付ける7月29日(月)。県女性連は平成7年の事業開始から20年以上続く『原爆の子の像に千羽鶴を捧げる事業』を実施しました。この日事業に参加したのは、県女性連の正副会長6名。県内商工会女性部と中国地方・四国地方の8県の女性部員から届いた約4万4000羽の折り鶴を、心を込めながら折り鶴ブースに吊るしていきました。

 

 今年で11回目の参加となった県女性連の作田会長は、「毎年これだけの折り鶴が届くということは、ここで起きた悲惨な出来事を『忘れてはいけない』『記憶にとどめなければならない』というみなさんの気持ちの表れだと思います。今年も県女性連の活動に共感してくださったたくさんの方から折り鶴が届きました。小さな活動ですが、込められた想いは大きい。できる限り続けていきたいです」と話しました。

 

一束一束、丁寧に奉納しました

 

 

 各地域では、来年の事業に向けてコツコツと千羽鶴の作成が始まっているそうです。県女性連では、今後も本事業を継続して実施する予定です。

 

『令和元年度 レクリエーション大会』開催(県女性連)

[従来のビーチボールバレーに加え、様々なスポーツが楽しめる体験型のレクリエーション大会を初開催]

広島県商工会連合会

参加者たちは、初めて挑戦するスポーツを興味津々で満喫

 7月11日(木)、広島市中区スポーツセンターにて『令和元年度 レクリエーション大会』が開催されました。これまで女性部員同士の親睦交流や健康増進を図ることを目的に開催されていた『親善ビーチボールバレー県大会』を今年は趣向を変えたレクリエーション大会に変更。従来のビーチボールバレーに加え、誰でも気軽に楽しめる「カローリング」「ペタンク」「ユニカール」の3つのスポーツの体験コーナーが設けられました。

 

 新スポーツの体験コーナーでは、多くの人が初めてのスポーツに挑戦。会場には、「見た目より難しいね」や「次あれやってみよう!」と楽しい声が響きました。最初は笑顔で取り組んでいた女性部員も、後半にはルールに忠実にプレーを始め、徐々に真剣な表情に。初めて体験するスポーツを心から楽しんでいる様子でした。

 

今年も白熱したビーチボールバレー大会

 会場の1/3を使って行われたビーチボールバレー大会では、一般の部に高陽町、安芸高田市、大崎上島町、世羅町の4商工会女性部がエントリー。シニアの部には大崎上島町、世羅町、大野町、高陽町、呉広域、北広島町、安芸津町の7商工会女性部が参加し、例年に勝るとも劣らない白熱した試合を展開。一般の部、シニアの部ともに世羅町商工会が第1位に輝きました。

 

 会場で競技を楽しんだ作田会長は、「30年以上続けてきたビーチボールバレー大会。徐々に参加者の年齢も上がり、エントリーする商工会も少なくなっていました。『もっと多くの商工会に参加してほしい』、そんな想いから2年かけて大会の在り方を考えてきました。今年は試合ではなく体験をメインにしたことで、多くの商工会が気軽に参加してくださり、例年より多い21商工会女性部から121名が参加。今回の経験を単会に持ち帰り、女性部のレクリエーションや地域の方との交流にも活かしていただきたいです」と述べました。

 

お楽しみ抽選会では、会場がひとつに

 昼食タイムには、プレゼントが当たるお楽しみレクリエーションも行われ、大盛り上がり。この日に実施した参加者のアンケート結果は、今後の事業の検討材料として活用します。予想以上の盛り上がりを見せた初のレクリエーション大会は大成功のうちに幕を閉じました。

『第26回商工会青年部主張発表広島県大会』及び『令和元年度第2回商工会青年部研修会』開催(県青連)

[思いの丈をぶつけた発表者たちの熱い想いに会場は感動の涙。最優秀賞は高陽町商工会の松下仁さんが受賞]

研修会・総会

広島県商工会連合会

開会の挨拶を行った松山会長

 広島県商工会青年部連合会は7月5日(金)、グランドプリンスホテル広島にて『第26回商工会青年部主張発表広島県大会』及び 『令和元年度第2回商工会青年部研修会』を開催しました。開会のあいさつで松山会長は「本日得た知識や内容を単会運営や個人の事業に活かしてほしい」と話し、今年度の青年部について「地域連携ができる環境づくりに着手したい」と目標を述べました。

 

 主張発表を行ったのは地域で実施されたレベルの高い予選を勝ち抜いた芸南地域代表の的場佳織さん(宮島町商工会青年部)、芸北地域代表の松下仁さん(高陽町商工会青年部)、中央地域代表の山本正太郎さん(黒瀬商工会青年部)、備南地域代表の小林晃さん(神辺町商工会青年部)、備北地域代表の貞岡優弥さん(備北商工会青年部)の5名。発表者たちは、青年部活動を通じて感じた地域への思い、仲間への思い、家族への思いを精一杯会場にぶつけました。

 

最優秀賞を受賞した松下さんと授与者の広島県商工労働局経営革新課の和田課長

 最優秀賞は高陽町商工会青年部の松下仁さんが受賞、優秀賞は宮島町商工会青年部の的場佳織さんが受賞しました。松下さんは「青年部活動に参加して」をテーマに発表。青年部員として活動した14年間を振り返り、苦楽をともにした仲間たちとのさまざまなエピソードを感情豊かに表現しました。

 

 通算7回目の審査委員長を務めた中国新聞社の三藤和之氏は講評で「パワフルで内に秘めたバイタリティや情熱を感じた。松下さんと一緒に活動したいという青年部員がたくさんいたことが伝わってきた」と評価し、「発表の柱を明確にするとより説得力がある。未来の着地点まで明確にできれば完璧です。全国を目指しましょう!」とアドバイスを行い、エールを贈りました。松下さんは、10月に島根県で開催される『令和元年度中国・四国ブロック商工会青年部発表大会島根大会』に広島県代表として出場します。

 

6名の発表者が自社商品を懸命にPRした研修会の様子

 主張発表大会と審査結果の間には『令和元年度第2回商工会商工会青年部研修会』が行われました。研修会は2部構成で行われ、第1部の『販路開拓プレゼンテーション』には、しげき司法書士事務所の茂木武志さん、川根柚子協同組合の熊高順八さん、株式会社ジテックの森川諭さん、長寿園の長光祥子さん、河本石材店の河本好則さん、菓子舗 参彩堂の緒方翔さんの6名の青年部員が登場。壇上で自社の商品やサービスの魅力を懸命にPRしました。プレゼンが終わるごとに、中小企業診断士の小倉綾氏が各プレゼンに対して個別の評価、アドバイスを行いました。第2部では県青連の正副会長が広島県青連スポーツ交流会や小規模事業者持続化補助金の公募などについて説明を行いました。

小規模企業景気動向調査(令和1年5月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

2か月連続の回復から再び足踏み状態となった小規模企業景況

 5月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)、売上額DI、資金繰りDIは先月から一転、業況DIはわずかであるが悪化とに転じ、2か月連続の回復から足踏み状態となった。売上額DIと資金繰りDIは小幅、10連休であった今年のGWにより製造業と建設業では悪影響、小売業とサービス業では好影響としたコメントが目立った。

 

(令和1年7月11日 全国商工会連合会 公表)

 

 ※各業種については、下記レポート(Word)をご参照ください。  

  調査結果レポート(R1.5)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

小規模企業景気動向調査(平成31年4月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~季節要因・GW効果を取り込み2か月連続の回復となった小規模企業景況~

 4月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)、売上額DI、資金繰りDIは2か月連続で改善した。今年のGWは10連休ということもあり、観光業を中心に需要の取り込みに動きが見られた。一方で、長期の休みのため、資金繰りが厳しいとの声や解消されない人手不足等によるマイナスな影響を受けているとの声もあった。

 

(令和1年7月11日 全国商工会連合会 公表)

 

 ※各業種については、下記レポート(Word)をご参照ください。  

  調査結果レポート(H31.4)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

小規模企業景気動向調査(平成31年3月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~前月から一転、産業全体の全DIが改善も、足取りが鈍い小規模企業景況~

 3月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)、売上額DI、採算DI、資金繰りDIすべてにおいて改善が見られた。冬の寒さが和らぎ、また積雪が少ないことから観光業を中心に売上高が増加したことや、建設業で工事が順調井進捗したとのコメントがあった。一方で、人手不足や資材価格上昇については、企業努力だけでは経費上昇分を補填することができないとした悲観的な声もあり、回復への足取りは鈍い。

 

(令和1年7月11日 全国商工会連合会 公表)

 

 ※各業種については、下記レポート(Word)をご参照ください。  

  調査結果レポート(H31.3)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

『売れる商品づくりのための商品力&営業力UPセミナー』がスタート!  (県連)

[売れる商品づくりについて学ぶ全3日のカリキュラム。自社商品の商品力UPを目指す]

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

受講者それぞれの状況に応じたアドバイスを行う渡貫久氏

 7月3日(水)、広島県商工会連合会は食品・雑貨等を扱う製造業の事業主や商品開発を担当者等を対象とした『売れる商品づくりのための商品力&営業力UPセミナー』の第1回目を開催しました。

 

 講師は、株式会社ユーミックプロデュース代表取締役で中小企業診断士の渡貫久氏と、中小企業診断士の小倉綾氏の2名。座学とワークショップの2本立てで全3日のセミナーは進みます。

 

 第1回目となったこの日は、講義で「まず売れる商品とは何か?」を商品開発や販路開拓の面等、様々な段階から解説。商品開発の取り組み事例を交えながら、ターゲットの年齢や性別を意識したネーミング、色づかいなどについても学びました。

 

ワークショップにてわかりやすく説明する小倉綾氏

 後半のワークショプでは受講者が商品の棚卸シートを作成。自社商品の特徴を明確にし、グループ内のメンバーを消費者と想定したプレゼンテーションを実施。今後の商品改良や商品開発に繋げられるよう、それぞれの商品についての意見やアイデアを出し合いました。自社の商品と向き合いながら、その魅力と改善点について考える受講者たちの表情は真剣そのもの。商品だけでなく、営業の進め方についても参加者同士で活発に意見交換を行っていました。

 

 また、7月9日(火)には第2回目として、営業力をテーマに開催。商品力を高めたうえで、これをいかにバイヤー等へ売り込んでいくのか、その営業手法を学びました。最終回である第3回目は7月17日(水)を予定しており、全3回のセミナーを通して新商品の開発や既存品のブラッシュアップ、実際に販売に繋げるための営業手法まで、売れる商品づくりのためのノウハウを学びます。また、希望者には、7月24日(水)に個別相談会を実施予定。講師2名から自社商品に対する具体的なアドバイスを受け、より良い商品開発に繋げます。

 

毎月勤労統計調査(特別調査)の実施協力のお願い(厚生労働省・広島県)

広島県商工会連合会

 厚生労働省・広島県は、1~4人の労働者を雇用する事業所を対象に、賃金、労働時間及び雇用の実態を明らかにすることを目的として勤労統計調査(特別調査)を実施します。
 下記、指定調査区の調査対象事業所には、8月から9月にかけて調査員証を持った統計調査員が訪問し、調査事項についてお伺いして調査票を作成します。
 調査票に書かれた事柄については、「統計法」により秘密が守られるとともに、統計以外の目的に用いられることは禁じられています。
 ご多忙のこととは存じますが、訪問の際には、調査の重要性をご理解の上、ご協力いただきますようお願いします。

 ■指定調査区
   広島市(中区、南区、西区、安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区)
   呉市
   三原市
   尾道市
   福山市
   府中市
   庄原市
   東広島市
   廿日市市
   安芸郡 坂町
   世羅郡 世羅町

 詳しくは、パンフレット及び厚生労働省ホームページをご覧ください。

 

 

 

夏季における年次有給休暇の取得促進について(労働局)

暑い夏 メリハリを付けた働き方で充実した人生を

広島県商工会連合会

 このことについて、広島労働局より周知の依頼がありました。
 これは、「ニッポン一億総活躍プラン」の実現や働き方・休み方改革に基づき、夏季の休暇を取得しやすい時季に、年次有給休暇の取得や「ゆう活」の取り組み促進、計画的年次有給休暇制度の導入促進等を行い、社会的な機運の醸成を図るものです。
 詳細は、下記のフィーフレットに記載してありますので、ご確認のうえ、取り組みについてご検討ください。

 

 リーフレット 仕事休もっ化計画

 ホームページ https://work-holiday.mhlw.go.jp/