商工会からのお知らせ

全てみる

年頭挨拶 広島県商工会女性部連合会 会長 作田直美

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 

 新年あけましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中は広島県商工会女性部連合会の事業運営等に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、昨年から新型コロナウイルス感染症という目に見えぬ敵が猛威を振るい、リーマンショックを超えるコロナショックとして、多くの方々が影響を受けられ、現在もなお世間を脅かすものとなっております。より安全で有効なワクチンの供給などにより、一日も早い収束が進み普段の生活に戻ることを心より願うばかりでございます。

 昨年の県女性連でも各種事業が軒並み中止或いは縮小などを余儀なくされましたが、コロナ感染防止対策に伴い、オンラインによる役員会の実施、またこれまで室内で開催しておりましたレクリエーション事業を屋外にて、グラウンド・ゴルフ大会を実施するなど新しい試みにチャレンジできたことは、一つの収穫でもございました。

 そのような中、「魅力ある女性部」を目指し、女性部員の資質向上、またおもてなしの心を醸成するために、年度内に女性部研修会、またおもてなし視察研修を予定しております。さらに提案公募事業に取り組まれている女性部事業を新旧リーダーでの視察も予定しております。制限のある中でこのような事業が実施できますことは、各商工会また商工会女性部員皆様のご理解の賜物であり感謝しております。

 本年は、引き続きウィズコロナの下、「魅力ある女性部」を目指し、さらに地域の担い手として女性の特性を活かすため世代交代を進めてまいります。 今後「新しい女性部」を築き上げるため、新規部員の加入促進について重点的に取組み、組織の強化・拡充を図り、商工会女性部にとって変革の一年となるよう努めてまいります。

 結びに、本年が皆様にとりまして、更なる飛躍の年になりますようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

令和3年 元旦

 

小規模企業景気動向調査(令和2年11月期)の結果を公表します

~6か月連続の改善も、感染拡大により小幅にとどまった小規模企業景況~

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 全国商工会連合会では、12月24日、11月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しており、
 業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

【製造業】引き続き回復基調も、業種・事業者ごとに明暗が分かれた製造業
【建設業】回復基調が加速も、一抹の不安がある建設業
【小売業】小幅な回復基調が続くも、業種・地域等によりまだら模様の小売業
【サービス業】前月までの好調から一転、悪化に転じたサービス業

 詳細については、添付ファイルをご覧ください。

  調査結果レポート(R2.11)

 

≪小規模企業景気動向調査とは≫

 全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

 全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

外国人を雇用する企業・外国人の皆様「新型コロナウイルス感染防止へのご協力について」(広島県)

 

 

 このことついて、広島県より周知の依頼がありました。

 これは、この11月下旬以降、広島市内を中心に新型コロナウイルス感染者が急増するため、12月12日から1月17日まで感染防止集中対策期間として取組みを進める中で、外国人の皆様などへの周知・協力を求められたものです。

 内容は、下記の添付ファイルやリンク先に「やさしい日本語」や「多言語」などで記載してあります。

 ご確認のうえ、ご協力くださるようお願いします。

 

1.添付ファイル

  お願いメッセージ「広島県」

 

2.リンク先

(1)広島在住外国人生活情報サイト“Live in Hiroshima”

   https://live-in-hiroshima.jp/kinkyu/573/

 

(2)「やさしい日本語」及び多言語(9言語)サイト(機械翻訳)リンク

   「新型コロナ感染拡大防止集中対策」への協力のお願い

   https://www.catapoke.com/viewer/?open=ecd28

 

   広島県商工会連合会

   組織運営部総務課

「ひろしまモール」開設期間延長(2021.1.31まで)(広島県)

 

 

『やっぱりふるさと広島が好き!「ひろしまモール」で応援しよう!』

 

 このことについて、広島県から周知の依頼がありました。

 これは、新型コロナウイルス感染症による影響で、広島県内の事業者が売り上げ減少等に苦慮されている中、開設期間を2021年1月31日まで延長し、事業者を応援されるものです。

 この「ひろしまモール」では、広島のお酒、広島和牛や牡蠣などの農林水産品、また工芸品など、様々な広島の逸品が購入できる通販サイトをジャンル別に紹介されています。

 モールの様子や購入方法などは、下記のリーフレットにあります。

 ぜひ、「ひろしまモール」を活用して広島県産品を購入し、“食べて”、“使って”、“楽しんで”いただくことで、新型コロナウイルスの影響で苦慮されている広島の事業者の皆さんを応援してください。

 

○リーフレット

「ひろしまモール」

 

広島県商工会連合会

組織運営部総務課

「広島県新型コロナウイルス感染症対策寄附金」ご協力のお願い

 

 

 令和2年5月に、新型コロナウイルス対策を目的とした寄附専用口座が広島県に開設され、現在3.7億円(12/13現在)の善意が広く県民・企業より寄せられております。

 この浄財は、感染防止対策や医療体制の強化、販路拡大といった事業継続や雇用維持等に活用されております。

 ご高承のとおり、このところ広島県において、コロナ感染症が猛威を振るい、感染者が急増しております。

 このため、一部の飲食店等に対する休業・営業時間短縮要請が出されるなど、大変厳しい状況が続いており、医療現場では感染者の受入が逼迫し、崩壊の危機に直面しております。

 つきましては、検査体制の強化をはじめとする地域医療体制の整備や中小企業支援費用確保のため、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

○ 広島県リーフレット

  「広島県新型コロナウイルス感染症対策寄附金」を募集します!

 

○ 広島県「寄附金募集」HP

  https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/6/2019-newcov-kifu.html

 

  広島県商工会連合会

  組織運営部総務課

広島県特定(産業別)最低賃金改定のお知らせ

産業別最低賃金が変わります(R2.12.31発効)

広島県商工会連合会

 

 この度、広島県特定(産業別)最低賃金の8業種のうち7業種が下記リーフレットのとおり改定となりましたのでお知らせします。(令和2年12月31日発効)

 内容をご確認いただき、ご不明な点は、広島労働局労働基準部賃金室または最寄りの労働基準監督署にお問合わせください。

 

【リーフレット】

 広島県の最低賃金

 

【問合わせ先】

 広島労働局労働基準部賃金室 TEL 082-221-9244

 

 

広島県商工会連合会

組織運営部総務課

改正高年齢者雇用安定法が令和3年4月1日施行されます(広島労働局)

~70歳までの就業機会確保~

働き方改革の推進

なし

 

 高年齢者雇用安定法は、少子高齢化が急速に進行し人口が減少する中で、経済社会の活力を維持するため、働く意欲がある誰もが年齢にかかわりなくその能力を十分に発揮できるよう、高年齢者が活躍できる環境整備を図る法律であり、令和3年4月1日に改正法が施行されます。

 今回の改正は、個々の労働者の多様な特性やニーズを踏まえ、70歳までの就業機会の確保について、多様な選択肢を法制度上整え、事業主としていずれかの措置を制度化する努力義務を設けるもので、これに伴い再就職援助措置や多数離職届等の対象が追加(範囲が拡大)される等します。

 

 詳細については、下記のパンフレット及び厚生労働省ホームページをご覧ください。

 

  • パンフレット

 (簡易版):高年齢者雇用安定法改正の概要

 

  • 厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1_00001.html

 

この冬の休暇は、まったり、ほっこり、ゆったりと。(厚生労働省)

~計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する「年次有給休暇の計画的付与制度」の導入を!~

働き方改革の推進

なし

 厚生労働省では、10月の「年次有給休暇取得推進期間」に続き、この冬における年次有給休暇の取得促進をお願いしています。

 現在、新型コロナウイルス感染症対策として、新しい生活様式が求められる中、新しい働き方・休み方を実践するためには、計画的な業務運営に資する年次有給休暇の計画的付与制度や、労働者の様々な事情に応じた柔軟な働き方・休み方に資する時間単位の年次有給休暇制度の導入が効果的です。

 また、休暇の分散化が求められているこの冬においては、計画的付与制度は休暇の分散化にもつながります。

 

〇「年次有給休暇の計画的付与制度」を導入しましょう

 「年次有給休暇の計画的付与制度」とは、年次有給休暇の付与日数のうち5日を除いた残りの日数について、労使協定を結べば、計画的に休暇取得日を割り振ることができる制度です。

 この制度の導入によって、休暇の取得の確実性が高まり、労働者にとっては予定していた活動が行いやすく、事業主にとっては計画的な業務運営に役立ちます。

 

〇「時間単位の年次有給休暇」を活用しましょう

 年次有給休暇の付与は原則1日単位ですが、労使協定を結べば、年5日の範囲内で、時間単位の取得が可能となります。労働者の様々な事情に応じた柔軟な働き方・休み方に役立ちます。

 

 詳細については、下記ポータルサイト等をご覧ください。

 

■働き方・休み方改善ポータルサイト

 https://work-holiday.mhlw.go.jp/

 「労働者の休み方に着目した取組等を知りたい」コンテンツ

 

■年次有給休暇取得促進特設サイト

 https://work-holiday.mhlw.go.jp/kyuuka-sokushin/

令和2年度及び令和3年度新卒者等の採用枠の維持・促進に向けたお願い(広島労働局等)

 このことについて、広島労働局長ほか5機関の長から依頼がありました。

 これは、新型コロナウイルス感染症の影響により、経営環境が厳しい中ではありますが、企業ご自身また若者の将来のため、事業主の皆様に中長期的視点から「令和2年度及び令和3年度新卒者等の採用枠の維持」並びに「卒業・修了後少なくとも3年以内の若者の新卒等採用枠での応募受け入れ」等の対応をお願いされたものです。

 事業主の皆様には趣旨をご理解いただくとともに、ご対応についてご配慮くださるようお願いします。

 

1.依頼文(写し)

  令和2年度及び3年度新卒者等の採用枠の維持・促進に向けたお願い

 

 

  広島県商工会連合会

  組織運営部総務課

「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金に係る特別相談窓口」の開設について(広島労働局)

 

 

 このことについて、広島労働局より周知の依頼がありました。

 これは、厚生労働省により新型コロナウイルス感染症対策として、臨時休校等となった小学校等に通う子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給の特別休暇を取得させた事業主が活用できる「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」が設けられており、その中で、小学校等の臨時休業要請期間を含む、「令和2年9月30日までの休暇が対象となる助成金の申請期限が、令和2年12月28日と近づいていることから、特別相談窓口を開設されたものです。

 助成金の概要や特別相談窓口については、下記のリーフレットにありますので内容ご覧いただき、助成金についてご確認、ご検討されるようお願いします。

 

1.申請期限

  令和2年12月28日(令和2年2月27日~同年9月30日までの休暇対象)

  令和3年 3月31日(令和2年10月1日~同年12月31日までの休暇対象)

 

2.特別相談窓口

  コールセンター

 (フリーダイヤル)0120-60-3999

  受付時間:9:00~21:00 土日・祝日含む

 

3.リーフレット(PDF)

 「小学校休業等対応助成金の活用方法と相談窓口のご案内」

 

 広島県商工会連合会

 組織運営部総務課