商工会からのお知らせ

全てみる

小規模企業景気動向調査(令和2年2月期)の結果を公表します

~新型コロナウイルスの影響により、全業種が大幅悪化となった小規模企業景況~

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 全国商工会連合会では、3月25日、2月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しました。
 業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

 【製造業】中国産原料・部品等の停滞・イベントの中止等で影響をうける製造業
 【建設業】売上DIは改善も、資金繰りの悪化に苦しむ建設業
 【小売業】新型コロナウイルスの影響で、一部商品に需要が殺到も、全体的には需要減に苦しむ小売業
 【サービス業】新型コロナウイルスの影響で、深刻な状況に陥るサービス業

 

詳細については、添付ファイルをご覧ください。

  調査結果レポート(R2.2)

 

≪小規模企業景気動向調査とは≫

 全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

 全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ(広島県)

~県・商工団体の合同相談窓口を設置します~

新型コロナウィルス関連

広島県商工会連合会

 広島県では,新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける事業者を対象とした相談窓口を広島県商工会連合会と広島商工会議所と合同で設置し,資金繰りや雇用などの相談に経営指導員等が対応しますので,お気軽にご相談ください。

 

1 相談日時

令和2年3月26日(木曜日)から相談開始 
9時00分~17時00分(土日・祝日を含む毎日)

 

2 相談方法

面談,電話,メール

 

3 設置場所

広島県庁 東館3階 経営革新課内(広島市中区基町9-42)

 

4 電話番号

082-513-3321

 

5 メールアドレス

syokeiei@pref.hiroshima.lg.jp

 

6 商工会の相談窓口

平日は,地域の商工会でも相談窓口を設置していますので,ご相談ください。特定の曜日だけ開所している支所がありますので,事前に電話でご確認のうえご来所ください。

商工会・商工会連合会の相談窓口 (PDFファイル)(152KB)

 

関連情報

【経済産業省】支援策(外部サイト)

【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症について(外部サイト)

【中国経済産業局】対策情報(外部サイト)

【広島県】中小企業者等に対する金融支援について(外部サイト)

【日本政策金融公庫】相談窓口情報(外部サイト)

『#地元で働く vol.1』創刊!(安古市町商工会)

[青年部企業を地元大学生が徹底取材。学生の目線で見た“”地元企業で働くこと”の魅力がこの一冊に]

アクティブニュース

安古市町 商工会

 『#地元で働く』は、安古市商工会青年部と安田女子大学の学生が共同で制作した冊子です。学生が青年部企業を訪問し、その企業を徹底取材。学生の視点で見た、地元企業・青年部企業の魅力が詰め込まれています。

 

 令和元年度、新しい事業を模索していた同商工会青年部。地域に学校が多い特色を活かして、何かできないかと考えていました。今は、どの企業も深刻な人手不足。「地域にたくさんある魅力的な企業のことを、もっと学生たちに知って欲しい」。そんな想いからこの冊子は生まれました。

 

 誌面では、学生たちが仕事を体験しながらそのお店や施設のこだわりや魅力を紹介。建設業、運送業、リフォーム業、クリーニング、テーラー、幼稚園の6事業所が登場します。後半には、学生と青年部員による「ローカル座談会」を開催。地元で働くことに対する考え方やメリット、デメリットなどをざっくばらんに話し合っています。互いの本音が聞ける興味深い内容です。

 

 冊子は安西高校で全校生に配布されることが決まったほか、地域の高校や近隣大学にも配布される予定です。

 

●お問合せ/安古市町商工会 TEL 082-877-1180

令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金の公募について

告知・イベント情報

小規模事業者持続化補助金の公募を開始しました。
本補助金公募要領等、詳しくはこちらまで。
http://www.hint.or.jp/kenren/jizokuka/jizokuka.html

『令和元年度 臨時総会』開催(県女性連)

[3つの議案を審議し、全て原案通り承認・可決。「組織の強化・拡充」を最重要課題とし、今後、新規部員の加入促進に取り組む]

研修会・総会

広島県商工会連合会

臨時総会の様子

 3月4日(水)、新型コロナウイルスの影響により、予定していた第3回研修会及び表彰伝達を中止し、全員のマスク着用、アルコール除菌、換気の徹底などの感染予防を行い、グランドプリンスホテル広島にて『令和元年度 広島県商工会女性部連合会 臨時総会』を開催しました。

 

 臨時総会は、出席者19人、委任状15人、計34人出席のもと、安芸津町商工会女性部の高下部長を議長に選出し、令和元年度補正予算書(案)、令和2年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)など3つの議案について審議しました。

 

提出議題は以下の通り

第1号議案−令和元年度収支補正予算書(案)承認の件

第2号議案−令和2年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件

第3号議案−令和2年度会費賦課基準(案)及び徴収方法(案)承認の件

 

予防対策として、消毒液の設置、マスクの着用、席の間隔を広げるなどの対策を講じました

 第2号議案の令和2年度事業計画書(案)の説明では、今後、「組織の強化・拡充」を最重要課題として新規部員の加入促進に取り組んでいくこと、また今年度より実施している「おもてなし交流推進事業」について継続実施し、女性部員の“おもてなしの心を醸成すること、さらに「魅力ある女性部」を目指し、各種事業に取り組むことを基本方針として掲げました。

 

 3つの議案については、出席者全員の承認を得て、原案どおり可決されました。

『令和元年度 第4回商工会青年部研修会』及び『広島県商工会青年部連合会臨時総会』開催(県青連)

[新型コロナウイルスの影響により規模を縮小して開催。4議案について審議し、賛成多数で可決承認]

研修会・総会

広島県商工会連合会

 広島県商工会青年部連合会は3月6日(金)、まなびの館ローズコム(福山市霞町)にて、『令和元年度 第4回商工会青年部研修会』及び『令和元年度 臨時総会』を開催しました。新型コロナウイルスの影響により規模を縮小して行われ、参加は青年部長(代理人)、県青連役員、研修会発表者のみに限定して実施。全員がマスクを着用し、アルコール除菌を徹底して感染予防に努めました。

 

研修会第1部では、各代表が地域振興に繋がる取り組みを紹介

 臨時総会に先駆けて開催された研修会は、「地域振興の取り組みについての事例発表」と「地域再生型提案公募事業事例発表」、「県青連からの報告事項」の3部構成で実施。規模を縮小したために参加出来なくなった部員にも配慮し、研修会をWEBにてライブ配信を行いました。広島県青連では初めての試みとなります。

 

 第1部では、広島安佐商工会青年部の高田龍三さん、広島安佐商工会青年部の児玉秀明さん、三原臨空商工会青年部の植原健司さん、大崎上島町商工会青年部の元樋泰次郎さん、東城町商工会青年部の山本利雄さん、福山あしな商工会青年部の田坂壽臣さんの6名が登場し、青年部が主導となって取り組んだプロジェクトやイベントなどを紹介しました。発表者は地域の人たちを巻き込むコツや成功の秘訣、工夫したポイントなどを説明し、今後の青年部活動に活かせるノウハウを共有しました。

 

全員がマスク着用し万全の体制で行われた研修会の様子

 第2部の地域再生型提案公募事業事例の発表では、3商工会青年部が今年度取り組んだ事業の発表を行いました。呉広域商工会青年部は、「青年部員の事業を可視化し地域へ情報発信プロジェクト」について説明。青年部員が青年部員事業所を取材し、仕事内容を可視化することでその魅力を伝える冊子を作成しました。冊子では、青年部員同士のコラボ商品やリアルボイスなども掲載。緊急時に業務を依頼できる便利帳として使えるだけでなく、部員同士の交流を深めるツールとしても一役かっています。

 

 大野町商工会では水難防止ワークショップ事業に取り組みました。この事業は地域が抱える水難・水害リスクに備えること、地域住民と連携しながら地域資源の再発掘を行うことがテーマ。水難・水害事故防止ワークショップやボートレース場での浮力体験、防災グッズの展示などを行いました。

 

 黒瀬商工会は、高齢者が住みやすいまちづくりの一環としてオリジナルの「いきいき百歳体操」の動画を制作。いきいき百歳体操とは、平成14年に高知市が介護予防事業として開発した、重りを使った筋力向上のための体操です。その効果が話題を呼び、全国に広がりを見せています。同商工会青年部では、東広島市社会福祉協議会や黒瀬包括支援センター、19の企業を巻き込んで事業を展開。完成した体操は2020年1月から町内の施設で活用されています。発表を行った3青年部は地域の課題に向き合いながら、課題解決に向けた意欲的な取り組みを発表しました。

 

臨時総会の開催にあたって挨拶をする松山会長

 研修後に行われた「令和元年度広島県商工会青年部連合会臨時総会」は、出席者28名、委任状6名、計34名出席のもと、令和元年度収支補正予算書(案)や令和2年度事業計画書(案)など、4つの議案について審議しました。松山会長の指名により、安芸津町商工会の美野部長を議長に選出。審議の結果、すべて原案通り可決・承認されました。

 

 

 

 

提出議案は次の通り。

第1号議案―令和元年度収支補正予算書(案)承認の件

第2号議案―令和2年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件

第3号議案―令和2年度会費賦課基準(案)及び徴収方法(案)承認の件

第4号議案―広島県商工会青年部連合会運営規約の一部改正(案)承認の件

 

 第2号議案の令和2年度事業計画書(案)で運営規約の一部変更が伝えられ、第4号議案で研修委員会の名称が資質向上委員会に変更となることが承認されました。

職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた取組について(広島労働局)

新型コロナウィルス関連

なし

このことについて、広島労働局より周知の依頼がありました。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、労働者の皆さんに心がけて頂きたいことや、企業が労働者の休みやすい環境を整備することへの理解をお願いするものです。

詳しくはこちら及び下記をご覧ください。

 

<参考>

○新型コロナウイルス感染症に関する企業の方向けQ&A

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

○リーフレット「新型コロナウイルス感染症を防ぐには」

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

 

小規模企業景気動向調査(令和2年1月期)の結果を公表します

~需要の停滞や新型コロナウイルスの影響で、落ち込み傾向が続く小規模企業景況~

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 全国商工会連合会では、2月27日、1月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しました。
 業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

【製造業】米中貿易摩が和らぐも、新型コロナウイルスによる輸入停滞の影響を受ける製造業
【建設業】人手不足や暖冬の影響により、売上低下が目立つ建設業
【小売業】消費の停滞が続き、消費税増税の影響から未だ回復できない小売業
【サービス業】暖冬や新型コロナウイルスの影響により、売上が低下したサービス業

 

詳細については、添付ファイルをご覧ください。

  調査結果レポート(R2.1)

 

≪小規模企業景気動向調査とは≫

 全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

 全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

障害者雇用の拡大について(広島労働局・広島県)

地域で共に暮らしていくために、障害者の雇用をすすめましょう

働き方改革の推進

なし

 このことについて、広島労働局及び広島県より周知の依頼がありました。

 

 広島県における障害者雇用の促進については、事業主の皆様にご理解とご協力をいただいているところですが、依然として厳しい状況にあります。

 障害者の就業意欲が高まるなか、広島県内に本社を置く民間企業等に雇用されている障害者の数は着実に増加し、令和元年6月1日現在の障害者実雇用率は2.18%と過去最高を更新しましたが、法定雇用率2.2%には達しておらず、依然として半数以上の企業が雇用率未達成となっております。

 また、令和3年4月までには法定雇用率が更に0.1%引き上げられることが決定しており事業主の皆様のなお一層のご理解とご協力が必要です。

 ついては、障害者雇用の拡大に積極的な取り組みをお願いするとともに、職場における精神障害者の応援者を養成する「精神・発達障害者しごとサポーター養成講座」の活用や障害者雇用企業等見学会への参加等、雇用促進への取り組みをお願いいたします。 

 

障害者雇用制度については下記リーフレットをご覧ください。

 

■リーフレット

 令和元年度版 障害者の雇用をすすめましょう

中小企業景況調査(令和元年10月~12月期)の結果を公表します

中小企業景況調査

広島県商工会連合会

 中小企業景況調査とは

 全国の商工会、商工会議所、中小企業団体中央会の3団体が、管内の中小企業を対象に4半期ごとに                  実施している景気動向調査です。調査は経営指導員による訪問面接方式で、全国約19,000社の調査データが(独)中小企業基盤整備機構で集約、分析され、中小企業施策立案等の基礎資料として活かされます。  

 広島県商工会地域では15商工会、225社を対象に実施。商工会地域における景気動向推移をみるための参考資料として、ご活用ください。

 

令和2年2月19日公表

 1.(広島県/商工会地域) 調査報告書

  「第158回(R1.10-12月期)報告書」(PDF)

 

 —– 参考資料:全国版の調査報告書 —–

 2.(全国/商工会地域)  全国連商工会連合会(HPリンク) 

 3.(全国/3団体総合)  (独)中小企業基盤整備機構(HPリンク)                                           

                                                                                                                                          

 【問合せ先】
 1. 広島県商工会連合会 東部支所 電話084-960-3107
 2. 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0086
 3.(独)中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター 電話03-5470-1521

 

広島県商工会連合会 東部支所