商工会からのお知らせ

全てみる

新型コロナウイルス感染症に係る派遣労働者の雇用維持等について(広島労働局)

働き方改革の推進

なし

 このことについて、広島労働局から次のとおり要請がありました。

 

(広島労働局要請内容)

 現在の雇用情勢については、求職者が増加傾向にあり、また、令和3年1月7日に緊急事態宣言が発出され、新型コロナウイルス感染症が雇用に与える影響を一層注視する必要があります。こうした中、労働者派遣契約の更新が多くなる年度末の時期を迎えるにあたり、契約の不更新等が多く発生することが危惧されています。

 派遣労働者の雇用の維持を図るためには、派遣先における対応が必要不可欠となりますので、派遣先の皆様におかれては、下記事項について積極的にご対応をいただくようお願いします。

 

  1. 派遣労働者を受け入れている派遣先企業におかれては、労働者派遣契約の解除や不更新は派遣労働者の方の雇用の不安定に直結することを御認識いただき、安易な契約の解除をお控えいただくとともに、来年度に向けた労働者派遣契約締結の交渉に当たっては、派遣労働者の能力を最大限に活用するという観点に立って、可能な限り労働者派遣契約の更新等を図ること
  2. やむを得ず労働者派遣契約の解除や不更新を行う場合においても、「派遣先が講ずべき措置に関する指針」(平成11年労働省告示第138号)の趣旨を踏まえつつ、関連会社における就業も含め、派遣元とも協力しつつ派遣労働者の新たな就業機会の確保を図ること
  3. 派遣労働者の生活の激変を緩和し求職活動への支障が生じないよう、社員寮等に入居している労働者については離職した場合も引き続き一定期間の入居について、できる限りの配慮を行うこと

 

“緊急事態宣言を踏まえた”職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理について(広島労働局)

働き方改革の推進

なし

 

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、令和3年1月7日に緊急事態宣言が発出され、同日、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が改正されました。

これにより、職場への出勤等については、①緊急事態宣言の対象地域に属する特定都道府県については、「出勤者の7割削減」を目指すことも含め接触機会の低減に向け、在宅勤務(テレワーク)等を強力に推進するとともに、事業の継続に必要な場合を除き20時以降の勤務を抑制すること、②特定都道府県以外の都道府県については、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤等、人との接触を低減する取組を実施することをお願いします。

 また、職場での感染防止を図るため、いずれの地域についても、事業場の換気励行等の感染防止のための取組や「三つの密」や「感染リスクが高まる「5つの場面」」を避ける行動の徹底、「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン」の実践等も求められています。

 事業主の皆様には、職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理の強化について、下記資料をご参照いただき、ご理解・ご協力をお願いします。

 

 

【留意事項等】

1.労務管理の基本的姿勢

2.職場における感染予防策の徹底について

3.配慮が必要な労働者等への対応について

4.新型コロナウイルス感染症の陽性者等が発生した場合の対応について

5.新型コロナウイルス感染症に対する正しい情報の収集等

 

【別添・参考資料一覧】

別添1   新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(抜粋)

別添2   テレワークを有効に活用しましょう

別添3   感染リスクが高まる「5つの場面」

別添4   「新しい生活様式」の実践例

別添5   厚生労働省 新型コロナウイルス接触確認アプリ

別添6   新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の支給に当たり、

      事業主の皆さまのご協力をお願いします

別添7   小学校休業等対応助成金の活用方法と相談窓口のご案内

別添8   新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金をご活用ください

別添9-1 職場における新型コロナウイルス感染症の

      拡大を防止するためのチェックリスト

別添9-2 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る職場における集団感染事例

別添10  職場の新型コロナウイルス感染症対策、

      外国人労働者のみなさんにも「正しく伝わっていますか?」

別添11  冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法

別添12  新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による

      休暇取得支援助成金をご活用ください

別添13  新型コロナウイルスの陽性者等が発生した場合における衛生上の職場の

      対応ルール(例)

別添14  新型コロナウイルス感染症による労働災害も労働者死傷病報告の提出が

      必要です。

別添15  職場で新型コロナウイルスに感染した方へ(リーフレット)

別添16  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る労災認定事例

 

参考資料1 テレワーク総合ポータルサイト

参考資料2 「テレワーク相談センター」の機能充実を図ります(報道発表資料)

参考資料3 新型コロナウイルスに関連したいじめ・嫌がらせ等に係るQ&A

 

 

 

「社会資本未来プラン」(素案)に係る県民意見募集(パブリックコメント)!

告知・イベント情報

なし

 

 このことについて、広島県土木建築局より周知の依頼がありました。

 これは、この度広島県土木建築局において、今後10年間の社会資本整備の基本方針を定める「社会資本未来プラン」の改訂を進める中で、広く県民の皆さまに意見を求められたものです。

 改訂中の「社会資本未来プラン」の素案やご意見の方法等については、下記のとおりです。

 

                                                           記

 

1.募集リーフレット等

(1)「社会資本未来プラン」(素案)に係る県民意見募集について~皆様の御意見をお聞かせください~

 

(2)「社会資本未来プラン」(素案)への御意見記入用紙

 

2.「社会資本未来プラン」(素案)の閲覧方法

(1)広島県ホームページに掲載しています。

   https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/92/shakaishihonmiraip-pabukome.html

 

(2)県庁行政情報コーナー、県庁土木建築局経営企画担当、各建設事務所(支所)及び広

        島港湾振興事務所で閲覧できます。

 

3.意見募集期間

 令和3年1月20日(水)~令和3年2月18日(木)

 

 

■問い合わせ先

 広島県土木建築局経営企画担当

 (電話)082-513-3816(ダイヤルイン)

 (FAX)082-223-3593

 (e-mail)dosoumu@pref.hiroshima.lg.jp

小規模企業景気動向調査(令和2年12月期)の結果を公表します

~新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴い、回復から横ばいへ転じた小規模企業景況~

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 全国商工会連合会では、1月26日、12月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しており、
 業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

【製造業】回復傾向が続くも、今後に不安が残る製造業
【建設業】7カ月連続の改善も、懸念材料が残る建設業
【小売業】小幅な回復が継続するも、業種・事業者間で回復度合いに差がみられる小売業
【サービス業】GoToトラベルの停止・忘年会需要の激減等により、悪化に歯止めがかからないサービス業

 詳細については、添付ファイルをご覧ください。

  調査結果レポート(R2.12)

 

≪小規模企業景気動向調査とは≫

 全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

 全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

商談会事前セミナー『オンライン商談会の実践テクニック』開催(県連)

[実りある商談会にするために、バイヤーとの交渉に必要な事前準備や成約を勝ち取る技術、商談後のフォローを学習]

研修会・総会

広島県商工会連合会

商談会に必要なノウハウを分かりやすく解説する永瀬氏

 毎年、広島県商工会連合会が販路開拓支援事業の一環として、首都圏や広島地域等からバイヤーを招いて行う「商談会」。令和3年2月8日(月)に、ホテルセンチュリー21広島での開催が決定しており、今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、首都圏とのバイヤーとはWEBを介して商談を行うオンラインによる形式により開催します。

 

 開催に先立ち1月18日(月)、商談会に参加する事業者を対象とした『商談会事前セミナー』をWEBにて実施しました。講師は、地域と消費者を結ぶ『バイヤーズ・ガイド』を発行する有限会社 永瀬事務所代表取締役の永瀬正彦氏。商談会を前に、バイヤーとの商談を効率的に行うための商談シートの書き方やフォローアップの方法など、実践に役立つテクニックを紹介しました。

 

 主催者挨拶で山崎経営支援課長は、「今年は、首都圏のバイヤー4社とのオンライン商談を含め、10社に参加していただき、新しいスタイルでの開催を予定しています。例年、10件を超える商談が成立しており、必ずや事業者のみなさんの販路開拓や今後の商品開発など、新たなビジネスチャンスのきっかけになるものと確信していますので、この機会を大いにご活用ください」とエールを送りました。

 

 永瀬氏は「商談会は準備が全て。本番では練習以上のことは起こりません。現場に合わせた内容で予行練習をしっかりしましょう」とアドバイス。コロナ禍での試食方法、商談態度、オンラインによる名刺の受け取り方など商談会に参加する上で大切なことを一つひとつ紹介していきました。永瀬氏は「次、会うための理由づけをするために、バイヤーから期限を決めて宿題をもらうことが重要」と力説され、「むしろ商談会よりも大事」と位置付けるフォローアップについてもアドバイスしました。

 

 これからやるべきことが明確になった参加者たちからは、実りある商談会にするための準備に取り掛かっていきたいという意欲が感じられました。

新卒者等採用活動の支援を行います!(広島県雇用労働政策課)

働き方改革の推進

なし

 

 

 広島県雇用労働政策課では、新型コロナウイルス感染症の影響により、新卒者等の採用活動におけるオンライン化が進んでいることなどから、下記のとおり企業向けのオンライン活用セミナーや、企業紹介動画作成支援、ウェブサイト等を活用したマッチング支援に取り組まれています。

 

【マッチング支援】

 ①「ウィズコロナの採用活動におけるオンライン活用セミナー(仮称)を開催します!

 ②採用活動に使用する企業紹介動画の作成を支援します!

 ③新卒求人・企業情報紹介を行う令和4年3月卒向け就活サイトを開設します!

 ④冬・春季インターンシップ等情報発信を支援します!(随時受付・掲載中)

 ⑤令和3年3月卒向け動画特設サイト「Go!ひろしま企業紹介動画WEB」

                        (開設中:令和3年3月末まで)

 ⑥離職者向け合同企業面接会(令和3年3月卒向け求人企業含む)

 

 また、これらの最新のご案内を直接メールで届ける「広島県商工労働局メールマガジン」の登録もお願いされていますので併せてご検討ください。

 

 詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。

  令和4年3月卒向け採用活動支援チラシ

中小企業景況調査(令和2年10月~12月期)の結果を公表します

中小企業景況調査

広島県商工会連合会

 中小企業景況調査とは

 全国の商工会、商工会議所、中小企業団体中央会の3団体が、管内の中小企業を対象に4半期ごとに                  実施する調査です。調査は経営指導員による訪問面接方式で、全国約19,000社の調査データを(独)中小企業基盤整備機構で集約、分析し、中小企業施策立案等の基礎資料として活用しています。  

 広島県商工会地域では15商工会、225社を対象に実施。商工会地域における景気動向推移をみるための参考資料として、ご活用ください。

 

令和3年1月20日公表

 1.(広島県/商工会地域) 調査報告書

  「第162回(R2.10-12月期)報告書」(PDF)

 

 —– 参考資料:全国版の調査報告書 —–

 2.(全国/商工会地域)  全国連商工会連合会(HPリンク) 

 3.(全国/3団体総合)  (独)中小企業基盤整備機構(HPリンク)                                           

 

 【問合せ先】
 1. 広島県商工会連合会 東部支所 電話084-960-3107
 2. 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0086
 3.(独)中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター 電話03-5470-1521

 

広島県商工会連合会 東部支所

外国人を雇用する企業・外国人の皆様「新型コロナウイルス感染防止へのご協力について(期間延長)」(広島県)

 

 このことついて、広島県より周知の依頼がありました。

 これは、1月17日までの感染防止集中対策期間を2月7日まで延長されたことに伴う外国人の皆様などへの周知・協力を求められたものです。

 下記の添付ファイルに「やさしい日本語」で、感染防止対策の内容や、発熱が続いたときなどの相談センター、また、日本語が心配なときの相談窓口などが記載してあります。

 ご確認のうえ、ご協力くださるようお願いします。

 

1.添付ファイル

  お願いメッセージ「広島県」

 

  広島県商工会連合会

  組織運営部総務課

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年明けましておめでとうございます。令和3年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 さて商工会は、昨年、昭和35年に「商工会法」が施行されて以来60周年という記念すべき節目の年を迎えました。その間、商工会の発展にご尽力された先人の方々のご苦労と、国・県・市町をはじめ関係機関のご指導とご支援に対し、心より厚くお礼を申し上げます。 

 本来ですと、令和2年10月17日に記念大会を開催する計画でしたが、コロナ禍において中止せざるを得ない状況になりました。しかしながら、大会スローガン『「原点・挑戦・夢・実現」~さあ、もう一歩前へ!やってみましょう! 』を胸に刻み行動することで、会員企業と地域が「元気」になれるよう県内34の商工会が一丸となり、今後とも、事業の推進・組織の機能強化に向けて全力で取り組んで参る所存でございます。

 近年、商工会地域を取り巻く環境は、人口減少社会の進展、経営者の高齢化など社会的・経済的に大きく変貌しており、また、今般の新型コロナウイルス感染症の影響により、経済へのダメージは深刻化し、地域経済の牽引者である中小・小規模事業者にとって事業存続の脅威に追い込まれている危機的な状況にあります。

 更には、多発化する自然災害リスクへの危機感も高まっており、事業継続リスクへの対応強化に向けて、商工会の役割は益々重要となっております。

 こうした中、地域に最も近い経済団体である商工会は、「きめ細かな経営支援サービスの充実」を図ることが活動の原点であることを、今一度、再確認するとともに、事業者に寄り添った伴走型支援を推進することで「儲かる企業」や「儲かる地域づくり」の実現に向けて、これからも、「行きます、聞きます、提案します」をスローガンに掲げ、積極的に活動して参りますので、引き続き、ご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

令和3年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 松山 和雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては清々しい新年をお迎えになられたことと、心よりお慶び申しあげます。また、旧年中においては広島県商工会青年部の活動に対し格別なるご支援ご鞭撻を賜りましたこと、心より感謝申し上げますとともに本年も引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

 昨年は、新型コロナウイルスの影響により青年部にとっても激動の1年となりました。昨年の臨時総会後、皆様がご存知のとおり青年部の活動が思うように出来ない状態となり、総会や主張発表大会予選や県大会、各種研修事業の延期判断をせざるをえませんでした。

 当時は、新型コロナウイルスの実態がわからない状況下で、部員定年や役員任期の限られた時間の中、地域や自分の仕事の為に目一杯青年部活動する部員に活動制限をかけなければならない事に心苦しさを感じました。しかし、Zoomやmeetを利用したWEB会議を始め、最大限感染予防に配慮しながらも創意工夫を重ね活動を行う部員達に感銘を覚えました。

 本年の広島県青連では、この度の新型コロナウイルスの様な新たな脅威や近年頻発する災害に対応すべく、Google work spaceなどが代表的なクラウドサービスを利用したデジタル化を推進します。また、この取り組みにより、一人当たりの活動負担の軽減や商工会の青年部担当者の負担が軽減される事が見込め、今後の青年部活動全体に大きな変化をもたらし、部員減少問題にも大きく寄与すると考えています。

 我々は、経営者や後継者、その地域に生きる方々が商工会青年部へ加入するメリットや必要性を感じ取れる、様々な活動を行える環境を整えることはもちろん、少なくなる部員で事業を継続する手法なども検討するなど、引き続き地域に必要とされる商工会青年部を本年も目指してまいる所存です。

 結びに本年が皆さまにとって良い変化を巻き起こし、更なる飛躍・発展の年となることを祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて頂きます。

 

令和3年 元旦