商工会からのお知らせ

全てみる

働き方改革「企業経営者勉強会」開催のご案内(広島県)

働き方改革の推進

広島県商工会連合会

 広島県商工労働局働き方改革推進・働く女性応援課より周知依頼がありました。

 

  『前回の7月開催では,多くの御応募をいただきました,働き方改革「企業経営者勉強会」(最終回)を11月8日(水)に広島市内で開催します。【参加費無料】
 中小企業の経営者等の方々を対象に、働き方改革を進める意義や重要性、経営上のメリット等についての理解を深めていただき,働き方改革への取組を進めるきっかけとしていただく勉強会です。
 専門家の講演や,県内企業の事例発表,参加者同士が意見交換できるグループディスカッションなど,今後の取組の参考にしていただける内容を企画しております。
 現在,お申込みを受付中です。ぜひ,奮って御参加ください!』

 

 

●開催日時
平成30年11月12日(月)13:30~16:30(受付13:00~) 

●開催場所
TKP広島平和大通りカンファレンスセンター ホール3D
(広島市中区小町3-19 リファレンス広島小町ビル3F)

●プログラム
【第1部】基調講演「主体的な働き方と生産性向上を考える」
     講師:沢渡 あまね 氏(あまねキャリア工房 代表)

【第2部】・アイデアや工夫で働き方改革を進める企業による取組事例発表
     ・グループディスカッション(参加者同士での取組に対する意見交換を予定)

●参 加 費:無料

●対  象:中小企業の経営者,人事・労務責任者 など

●定  員:35名(事前申し込み制・応募者多数の場合は選考)

●申込締切:平成30年10月26日(金)

●詳  細:https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/hatarakikata/h-seminar.html

●応募フォーム:https://www.hatarakikata-s.com/oubo

●問い合わせ先:広島県商工労働局働き方改革推進・働く女性応援課
         TEL:082‐513‐3340

小規模企業景気動向調査(平成30年8月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~猛暑や台風等の影響を受け、停滞気味の小規模企業景況~

 8月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)が不変で、採算DIと資金繰りDIがわずかに改善、売上額DIのみわずかに悪化した。経営指導員からは、猛暑により衣料品や清涼飲料等の売上の増加や夏休みによる観光需要が増えているという声がある一方、7月豪雨災害による道路の寸断や台風の到来により観光客のの減少がみられるとの声もあった。猛暑や災害がもたらす影響が地域・業種によって大きく異なり、全体的には停滞傾向となった。

 

(平成30年10月3日 全国商工会連合会 公表)

 

 ※各業種については、下記レポート(PDF)をご参照ください。  

  調査結果レポート(H30.8)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

「広島県働き方改革実践企業認定制度」第4回申請受付が始まります。(10/15~11/9)

働き方改革の推進

広島県商工会連合会

第4回申請受付 10月15日(月)~11月9日(金)書類必着                                             

※申請書類や募集要項は、「広島県働き方改革実践企業認定制度」専用ページ                                    (HP左サイドにバナーを設置)よりダウンロードしてご利用ください。

 

(専用ページ バナー)


 

 

 

 

(問合せ先)

  広島県商工会連合会

  事務局:広島県商工会連合会東部支所

  所在地:〒720-2123 福山市神辺町川北892-7

  電 話:(084)960-3107

  メール:shisho@hint.or.jp

10/28(日)瀬戸内しまなみ海道通行止のお知らせ

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

  サイクリングしまなみ2018実行委員会(愛媛県)より周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

 

 『瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」の開催に伴い、10月28日(日)午前6時から正午までの6時間、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道本線)が、因島北ICから今治ICまで上下線とも通行止めとなります。
 また当日は、参加者7,000名が瀬戸内しまなみ海道を駆け抜けます。このためしまなみ海道沿線で混雑が予想されます。車等でお出かけの際は、安全運転を心掛けていただくなど、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。』

 

 〇交通規制の詳細な時間や区間については,下記をご参照ください。

 

 交通規制情報

 サイクリングしまなみ2018実行委員会ホームページ

 
 大会に関するお問合せ:サイクリングしまなみ2018実行委員会 0898-23-2870
 

「ものづくり人材育成日本一プロジェクト」のご紹介(広島県教育委員会)

広島県商工会連合会

 このことについて、広島県教育委員会から周知の依頼がありましたのでご紹介します。

1.広島県教育委員会からのご案内
 広島県教育委員会では、工業を学ぶ生徒を対象として、「ものづくり人材育成日本一プロジェクト」に取り組んでいます。
 本プロジェクトでは、旋盤作業、電気工事、電子回路組立、化学分析、木材加工、測量の6部門で、企業の協力を得て広島県独自のひろしま“ものづくり”技能検定1~10級を作成・実施し、各部門の技術・技能を基礎・基本から着実に身に付けています。
 本プロジェクトを通して、県内の熟練技能者や、ひろしまマイスター等の高度技術者等から、ものづくり県「広島」の高い技術や技能を高校生に継承しています。
 詳細はリーフレット(PDF)を御覧ください。

2.リーフレット(PDF)
  リーフレット

3.問合せ先
 広島県教育委員会事務局
 高校教育指導課
  専門教育担当
 電話082-513-4998

 広島県商工会連合会
 総務課 平野

事業主のみなさまへ ご存知ですか?介護休業(広島労働局)

広島県商工会連合会

 このことについて、広島労働局より周知の依頼がありましたのでご案内します。

―広島労働局―「事業主の皆さまへ ご存知ですか?介護休業」

 家族の介護を行う労働者の仕事と介護の両立を支援する制度として、「育児・介護休業法」では、休業制度のほか、介護休暇など、さまざまな制度が定められています。また、事業主は勤務しながら介護にあたれるよう、所定労働時間の短縮等の措置を制度化する義務があります。
 まずは、御社の就業規則が法律で定めた水準を満たしているかどうかご確認のうえ、制度利用ができることを労働者の皆様にご案内ください。

 

○詳しくは 介護離職ゼロポータルサイト(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000112622.html

 

○問い合わせ先 広島労働局(雇用環境・均等室)電話082-221-9247

 

広島県商工会連合会

総務課 平野

HBMS(広島ビジネス&マネジメントスクール)のご案内

~MBA取得課程受講者の募集~県立広島大学

広島県商工会連合会

 このことについて、県立大学から周知の依頼がありました。
 これは、中国地方で唯一、MBAが取得できる仕組みとして創設され、今回3期生を募集されるものです。
 修了された方々からは、知識・能力の高まりはもちろんですが、特に、共に濃密な時間を過ごした貴重な人脈を得たことが、ことさら大きいなどの声があるとのことです。
 スクールの内容や応募方法などは下記のホームページやパンフレットにあります。

 また、受講料の助成制度(教育訓練給付金)の案内パンフレットもあります。
  内容ご確認いただき、ぜひ受講についてご検討ください。

 

【HBMS公式ホームページ】

 https://mba.pu-hiroshima.ac.jp/ja/

【パンフレット】

 スクール内容・応募方法 hbms_2018p

 受講料助成制度(教育訓練給付金) HBMS教育訓練給付金

 

【問合せ先】
 公立大学法人 県立広島大学 MBA業務推進担当
 電話:082-251-9726

 

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

『第3回広島県働き方改革実践企業認定制度 認定証授与式』開催(県連)

[働き方改革の勢いを反映するかのように、これまでの3倍以上となる11企業を認定]

働き方改革の推進

広島県商工会連合会

主催者挨拶を行った熊高会長

 9月3日(月)、広島県商工会連合会と広島県商工会議所連合会は、広島商工会議所にて『第3回広島県働き方改革実践企業認定制度認定証授与式』を開催しました。主催者挨拶で県連の熊高一雄会長は「多能工化により生産性を向上した企業、健康経営をベースに社員個々の資質を伸ばす企業、自社の経営計画書を社員が携帯し、働き方改革の情報共有を推し進める企業、時差出勤制度やリフレッシュ休暇などを取り入れ、有給休暇取得率を向上させた企業など、様々な企業が認定に至りました」と、今回認定した11社の取り組みを高く評価した上で、「今後も商工会としてこの取り組みを積極的にサポートしていき、働き方改革の機運を盛り上げていきたい」と力を込めました。

 

 授与式に参加した湯﨑県知事も「働き方改革の必要性を感じていても、具体的に取り組めずにいる企業も少なくない。みなさんは良き手本となる優良事例です。県としてもこの取り組みの裾野の拡大に努めたい」と認定企業のさらなる飛躍に期待感をあらわにしていました。

 

広島県商工会連合会による認定企業11社は以下の通り

 

  • 有限会社高松製作所(福山北商工会)
  • 株式会社フィッツ(神辺町商工会)
  • 株式会社かこ川商店(神辺町商工会)
  • 広島ガス高田販売株式会社(安芸高田市商工会)
  • 平畑建設株式会社(三原臨空商工会)
  • 有限会社大杉組(三次広域商工会)
  • 株式会社チヨダパック(北広島町商工会)
  • 大津建設株式会社(三次広域商工会)
  • 株式会社イシカワ(佐伯商工会)
  • 社会福祉法人優輝福祉会(備北商工会)
  • 武田製麺有限会社(上下町商工会)

 

今回、認定を受けられたみなさん

 その後、認定企業の代表者一人ひとりに熊高会長から認定証が手渡されると、会場からは大きな拍手が贈られました。広島県働き方改革実践企業認定制度審査委員会審査員長で県立広島大学経営専門職大学院の木谷宏教授は講評で、今回の認定企業のポイントに“量”“質”“多様性”の3つを挙げ、「2団体あわせて昨年度46社、今年度の3回目で79社の企業が認定を受け、認定企業数が激増しました。取り組みのレベルも間違いなく向上しています。業種ではこれまで製造業や通信業、流通業が多かったのに対して、これまで難しいとされていた介護施設や建設業が認定を受け、確実に制度が広がりを見せていると感じることができました」と高く評価するとともに、拡大を続ける働き方改革の今後の動向にも期待を寄せていました。

今年も『原爆の子の像』に想いが詰まった千羽鶴を奉納(県女性連)

[中四国地方の9県から寄せられた折り鶴4万羽を平和への祈りとともに原爆の子の像へ]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

県女性連を代表して、原爆の子の像を訪れた役員のみなさん。

 残暑厳しい8月28日(火)、県女性連は平成7年の開始以降20年以上続く『原爆の子の像に千羽鶴を捧げる事業』を実施しました。今年、中国地方・四国地方の9県から届けられた折り鶴は約4万羽。参加した役員たちは、想いのこもった千羽鶴を大切に抱えながら、丁寧に折り鶴ブースに吊るしていきました。

 

 これまで9年間、副会長として事業に参加し、会長になって初めての奉納を終えた作田直美会長は、「今年も無事に各県から寄せられた千羽鶴を原爆の子の像にお届けすることができました。各県から送ってくださる折り鶴の中には、もちろん商工会の関係者が折ったものもありますし、活動に共感していただいた地域の方が折ったものもあります。たくさんの方の祈りをしっかりと届けなければいけないという責任を感じています。戦争の記憶が遠ざかってしまわないように、これからも継続していく必要のある事業だと考えています」と話しました。

 

折った方の想いを大切にしながら、一束ずつ丁寧に吊るしていきました。

 

 

 各地域では、来年の事業に向けて早くも千羽鶴の作成が始まっているそうです。県女性連では、今後も本事業を継続して実施する予定です。

【最低賃金改定のお知らせ】H30.10.1~

広島県商工会連合会

 広島県最低賃金が変わります。

 

 H30.10.1~

 

【時間額 844円】

 

 広島県最低賃金は、年齢・性別・雇用形態(常用・臨時・パート・アルバイト)・支払形態(月給・日給・時間給等)の別を問わず、広島県内で働くすべての労働者に適用されます。

 また、特定の産業で働く労働者については、広島県最低賃金よりも金額の高い産業別最低賃金が適用される場合があります。

 最低賃金についてご不明な点は、広島労働局労働基準部賃金室または最寄りの労働基準監督署にお問合わせください。

 

【リーフレット】

  最低賃金改定のお知らせ

 

【問合わせ先】

 広島労働局労働基準部賃金室 TEL 082-221-9244

 

 

 

広島県商工会連合会

総務課 平野

 

このサイトを広める