商工会からのお知らせ

全てみる

会計のプロから学ぶ!『赤字社員を黒字社員に変える方法』

経営安定講習会 参加者募集!(県連東部支所)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会は、経営安定特別相談事業の一環として、企業の経営力向上および経営安定を図ることを目的とし、中小企業・小規模事業者の経営者、後継者等を対象に、平成30年度 経営安定講習会を12月4日(火)、ホテルセンチュリー21広島にて開催します。テーマは『赤字社員を黒字社員に変える方法』、講師には、K&P税理士法人 代表社員の香川晋平氏を迎えます。

 香川氏は、税理士法人の代表として、公認会計士・税理士の資格を有し、会社設立、資金調達から会計・税務、事業計画作成など幅広く対応する総合的コンサルティングを得意とし、企業支援に携わるかたわら、起業家支援サイト「尼崎・西宮会社設立・法人化サポート」を運営し、年間約50件の支援も行っています。またあらゆる方面で、各種内容で講演、セミナー講師を務められています。

 会計のプロである香川氏から、経営者として「社員に身につけさせたい絶対黒字感覚」について、独特の関西弁フレーズでユニークに学びます。

 企業の生産性向上に向けた人材育成につながる講習会となりますので、経営者、後継者等の皆様、是非この機会にご参加ください。

 

参加希望の方は下記の申込書に必要事項を記入のうえ、県連東部支所に、FAX(084-960-3108)またはメール(shisho@hint.or.jp)でお申し込みください。

 

※講習会のチラシ(申込書)はこちら

 

 ○平成30年度 経営安定講習会

 『赤字社員を黒字社員に変える方法』

 ~社員に身につけさせたい絶対黒字感覚~

 日時/平成30年12月4日(火) 13:30~15:30(開場受付13:00~)

 会場/ホテルセンチュリー21広島2F(広島市南区的場町1-1-25)

 参加費/無料

 申込み・問合せ/広島県商工会連合会 東部支所 

 TEL:084-960-3107 FAX:084-960-3108

 メール(shisho@hint.or.jp

平成30年度販路開拓支援事業『商談会』開催(県連)

[バイヤーに直接、自社商品の魅力を伝えようと、販路開拓に熱い想いを秘めた事業者が奮闘]

広島県商工会連合会

事業者たちはバイヤーに対して懸命に自社商品をPRしました

 11月7日(水)、広島県商工会連合会は販路開拓支援事業の一環として小規模事業者などの商品開発・販路開拓を支援するために、毎年この時期に実施している『商談会』を開催いたしました。10回目となった今回は首都圏や関西、九州、広島地区等のバイヤー12社と販路開拓に力を注ぐ23事業者が参加。会場は熱気に包まれました。

 

 商談会に先立って行われた開会式で県連石井正朗専務理事は、「この商談会を機に、例年10件を超える商談が成立しています。昨年は20件の商談が成立し、成果を上げました。自社商品への評価やマーケット情報など現場での生の声を聞き、新たなビジネスチャンスのきっかけとしてご活用ください」と挨拶。今回の商談会が、参加者にとって実り多きものになることに期待を寄せていました。

 

 商談は事業者の希望とバイヤーからの事前指名をマッチングした形式で進行。15時から30分間設けられたフリー商談会(名刺交換会)では、1社でも多くのバイヤーと名刺交換しようとする事業者たちが積極的にアプローチしたり、事業者同士の交流を深めていました。その他、インターネット通販を手掛ける47CLUB(中国新聞社)と事前セミナーでアドバイスをいただいたバイヤーズガイド編集発行人の永瀬氏による個別相談も随時開催。参加事業者たちは限られた時間を有効に使いながら、自社商品にPRに努めました。

 

各事業者の商品を並べた展示ブースも設けられました

 商談会の前に、事前セミナーにも参加した企業組合モーモーあいすらんど代表理事の田辺明子さんは、自社牧場で搾乳した新鮮な牛乳を使ったジェラートとプリンを持参。商談会について「楽しくお話しさせていただいた」と述べ、「全国的なマーケットの情報も収集できてとても勉強になった」と話しました。また、「初参加で分からないことだらけ。事前セミナーに参加して、準備などの基本的なことを学べたことで有意義な商談会になった」と満足そうな表情を浮かべました。

 

 初めて商談会に参加した川根柚子協同組合の熊高順八さんは、「今年の年末商戦から商品を取り扱いたいとお話をいただいて、とても驚いています。生産力など新たな課題についてもアドバイスをいただき、とても心強かったです」と安堵した様子。「期待に応えられるように、がんばりたい」と力を込めました。

 

 昨年に続き2回目の参加となった料理旅館玉乃家の代表・稲田嘉明さんは、昨年持参したトマトコンポートをさらにブラッシュアップして再挑戦。昨年指摘されたパッケージデザインを一新し、容量も持ち運びしやすい量に変更しました。さらに世羅町の梨とブドウ、ワインを使った『梨ワインコンポート』と『ぶどうワインコンポート』の2アイテムを新たに開発。「知名度アップのために試食販売を行ったらどうかとご提案いただきました。贈答用の木箱を作って年末商戦に備えたい」と意気込んでいます。

 

 実際に商談に繋がった事業者や、さらに商品をブラッシュアップするためのヒントを得た事業者など、それぞれ何かをつかんだ商談会。これを機に多くの事業者が販路開拓・商品開発に向けて動き始めました。

 

 

商工連会報VOL.381(2018.10.31)を発行しました

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

Vol.381
2018 10-31

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 商工連会報VOL.381(2018.10.31)

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 11/21(火)22(水)に行われる「第20回商工会青年部全国大会」の直前号。 大会を盛り上げるべく趣向を凝らした各プログラムを紹介しています。また7月豪雨災害で被害のあった商工会地域の状況を掲載しました。

働き方改革実践企業認定制度では、13社の「働き方改革・取組みポイント」を一挙掲載。是非、ご一読ください。

                                                                                                                                                                                              

■ 本号の目次■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■『平成30年度広島県商工会役員セミナー』開催
■石川芳秀県連副会長が春の叙勲 藍綬褒章を受章
■7月豪雨災害による被害状況
■働き方改革実践企業認定制度

 ・ 第3回認定証授与式の開催  ・ 認定企業13社の取組紹介
■県青連 活動報告

 ・ 第20回商工会青年部全国大会開催に向けて
   ・ 主張発表大会(広島県大会)及び商工会青年部研修会
■県女性連 活動報告

 ・ 千羽鶴を捧げる事業  ・ビーチボールバレー県大会
■「ストーリーから考える商品開発セミナー」開催 
■「平成30年度広域講習会」開催
■夢ぷらざ「お客様感謝イベント」実施

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

広島県商工会連合会 東部支所

コミュニケーション能力アップセミナー(障害者在職者訓練)受講者募集!

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 このことについて、広島障害者職業能力開発校より周知の依頼がありました。

 

 『障害をお持ちの従業員の方を対象に,職場で明るくイキイキと働くために必要なコミュニケーション能力を習得していただくためのセミナーが開催されます。

 自分も相手も大切にして,自分の意見や気持ちを素直に伝える手法やストレスに対する理解を深め,自分に合ったストレスへの対処法を実践的に学びます。

 障害者を雇用されている企業・事業所の方は,ぜひ受講をお勧めください。』

 

日  程:平成30年11月23日(金・祝)・24日(土)

会  場:広島障害者職業能力開発校

     広島市南区宇品東四丁目1-23(駐車場あり)

定  員:15名(先着順・定員になり次第締め切ります。)

費  用:受講料無料

申込締切:平成30年11月16日(金)

問 合 せ :広島障害者職業能力開発校(委託訓練担当)

     電話:082-254-1766 FAX:082-254-1716

詳  細:https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/188/4-021.html

 

広島県商工会連合会 総務課

『平成30年度 広域講習会 ぽっぽカード加盟店研修会』開催(県連)

[松下幸之助氏直伝の“商いの心”を解く中村氏が、商いの心構えを分かりやすく解説]

研修会・総会

広島県商工会連合会

時にはユーモアを交えながら商いについて語った中村隆俊氏

 10月30日(火)、広島県商工会連合会はホテルセンチュリー21広島(広島市南区的場町)にて、『平成30年度 広域講習会 ぽっぽカード加盟店研修会』を開催。講習会や交流会に41名が参加しました。

 

 講習会には、元松下電器産業株式会社 人材開発センター営業研究所所長の中村隆俊氏が講師として登場。「『松下電器』創業100年の経営に学ぶ〜松下幸之助の“商いの心(お役立ちの精神)〜”をテーマに講演を行いました。

 

 中村氏は松下幸之助氏から学んだ商いに必要な心構えを、自身の体験に重ねながら丁寧に解説。中村氏は松下氏から学んだことの一つに『商道は人間道』を挙げ、「感謝の気持ちで受け止めれば、全てが学びになりプラスになる」と力強く語りました。壇上から降り、時には力強く、時には優しく語りかけるように話す中村氏の講演に、みなさん深く聞き入っていました。

 

平田副会長から表彰状が贈られた年間表彰の様子

 講演後には、平成28年度に創設した『ぽっぽカード年間表彰』を行いました。総合部門、法人部門、個人事業主部門の各部門から1事業者(計3事業者)の受賞を発表し、広島県商工会連合会平田副会長(商工会広域カード事業特別委員会委員長)より表彰状を授与しました。被表彰者は以下の通り。

 

●総合部門

神石高原商工会 さんわぽっぽカード会

横山百貨店

 

●法人部門

江田島市商工会 えたじまぽっぽカード会

株式会社西川商店

 

●個人事業主部門

呉広域商工会 安浦町ぽっぽカード会

美肌工房ますたに

 

その後、会場を移して行われた交流会には約30名が参加しました。

小規模企業景気動向調査(平成30年9月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~相次ぐ自然災害等の影響で、悪化に転じた小規模企業景況~

 9月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)と採算DIがわずかに悪化、売上額DIと資金繰りDIが小幅に悪化した。相次ぐ台風や北海道胆振東部地震などの自然災害により、原材料の調達や商品の入荷の停滞や観光客の来訪に支障を来すなどの深刻な被害を来たした。また、人手不足や原材料高、貿易問題による受注への影響もあり、停滞傾向から悪化に転じた。

 

(平成30年11月7日 全国商工会連合会 公表)

 

 ※各業種については、下記レポート(PDF)をご参照ください。  

  調査結果レポート(H30.9)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

「人材開発支援策」のご案内(厚生労働省)

人材開発に取り組む事業主を応援します!

広島県商工会連合会

 このことについて、厚生労働省より周知の依頼がありましたのでご案内します。
 これは、人手不足が規模を問わず企業にとって大きな経営課題である中、既存従業員のスキル向上等、生産性向上が求められている状況に対し、厚生労働省により、従業員育成に取り組む事業主を支援するために様々な施策が実施されているものです。
 内容は、下記のリーフレットにありますので、内容ご確認いただきご活用についてご検討ください。

 

 リーフレット(人材開発支援策)

 

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

中小企業景況調査(平成30年7月~9月期)の結果を公表します

中小企業景況調査

広島県商工会連合会

 中小企業景況調査とは

 全国の商工会、商工会議所、中小企業団体中央会の3団体が、管内の中小企業を対象に4半期ごとに                  実施している景気動向調査です。調査は経営指導員による訪問面接方式で、全国約19,000社の調査データが(独)中小企業基盤整備機構で集約、分析され、中小企業施策立案等の基礎資料として活かされます。  

 広島県商工会地域では15商工会、225社を対象に実施。商工会地域における景気動向推移をみるための参考資料として、ご活用ください。

 

平成30年11月1日公表

 1.(広島県/商工会地域) 調査報告書

  「第153回(H30.7-9月期)報告書」(PDF)

 

 —– 参考資料:全国版の調査報告書 —–

 2.(全国/商工会地域)  全国連お役立ち情報(HPリンク) ‘調査事例‘→‘中小企業景況調査‘

 3.(全国/3団体総合)  (独)中小企業基盤整備機構(HPリンク)                                           

 ※現状と今後の動向をわかりやすく解説した、J-Net21「中小企業景況レポート」(PDF)はこちら                                                                                                                                             

 

 【問合せ先】
 1. 広島県商工会連合会 東部支所 電話084-960-3107
 2. 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0086
 3.(独)中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター 電話03-5470-1521

 

広島県商工会連合会 東部支所

経営安定講習会 参加者募集!(県連東部支所)

会計のプロから学ぶ!『赤字社員を黒字社員に変える方法』

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会は、経営安定特別相談事業の一環として、企業の経営力向上および経営安定を図ることを目的とし、中小企業・小規模事業者の経営者、後継者等を対象に、平成30年度 経営安定講習会を12月4日(火)、ホテルセンチュリー21広島にて開催します。テーマは『赤字社員を黒字社員に変える方法』、講師には、K&P税理士法人 代表社員の香川晋平氏を迎えます。

 香川氏は、税理士法人の代表として、公認会計士・税理士の資格を有し、会社設立、資金調達から会計・税務、事業計画作成など幅広く対応する総合的コンサルティングを得意とし、企業支援に携わるかたわら、起業家支援サイト「尼崎・西宮会社設立・法人化サポート」を運営し、年間約50件の支援も行っています。またあらゆる方面で、各種内容で講演、セミナー講師を務められています。

 会計のプロである香川氏から、経営者として「社員に身につけさせたい絶対黒字感覚」について、独特の関西弁フレーズでユニークに学びます。

 企業の生産性向上に向けた人材育成につながる講習会となりますので、経営者、後継者等の皆様、是非この機会にご参加ください。

 

参加希望の方は下記の申込書に必要事項を記入のうえ、県連東部支所に、FAX(084-960-3108)またはメール(shisho@hint.or.jp)でお申し込みください。

 

※講習会のチラシ(申込書)はこちら

 

 ○平成30年度 経営安定講習会

 『赤字社員を黒字社員に変える方法』

 ~社員に身につけさせたい絶対黒字感覚~

 日時/平成30年12月4日(火) 13:30~15:30(開場受付13:00~)

 会場/ホテルセンチュリー21広島2F(広島市南区的場町1-1-25)

 参加費/無料

 申込み・問合せ/広島県商工会連合会 東部支所 

 TEL:084-960-3107 FAX:084-960-3108

 メール(shisho@hint.or.jp

平成30年度 販路開拓支援事業『商談会事前セミナー』開催(県連)

[商談会の開催に先かげ、商談会の意義や参加者の心得、実践テクニックなどを幅広く伝授]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

永瀬氏は特に商談後のフォローアップの重要性について強く訴えました

 10月23日(火)、広島YMCA国際文化センターにて『商談会事前セミナー』を開催しました。このセミナーは、11月7日(水)に実施される『商談会』の前に、バイヤーとの商談を効率的に実施するため、商談シートの書き方やフォローアップの方法など、実践に役立つテクニックを学んでもらおうと広島県商工会連合会が企画・実施しました。

 セミナー前半は有限会社永瀬事務所代表取締役の永瀬正彦氏が『成功を勝ち取る!商談会事前セミナー』と題して講演。 “基礎知識” “実践的なテクニック” “商談後のアフターフォロー”の3つのテーマを柱にして、商談を成功させるためのカギを丁寧に解説しました。

 後半は参加事業者と永瀬氏による模擬商談を実施。本番さながらの緊張感あるやりとりが繰り広げられ、参加者たちも真剣な面持ちで見入っていました。模擬商談終了後に永瀬氏は「いきなり商談は成立しません。商談会はきっかけづくり。ここからバイヤーとの信頼関係をどう作っていくかかが大切です。商品を売り込むばかりではなく、商品をより良くためのアドバイスをもらう場所としても活かして欲しい」と話し、「商談は準備が全てです」と力強く語りました。

 11月7日に行われる商談会には首都圏から6社、関西圏から1社、九州圏から1社、県内から4社が参加。実践的なセミナーでやるべきことが明確になった参加事業者たちは、本番に向けてこれから本格的な準備に取り掛かります。

本番さながらのやりとりが繰り広げられた模擬商談の様子

このサイトを広める