商工会からのお知らせ

全てみる

『売れる商品づくりのための商品力&営業力UPセミナー』がスタート!  (県連)

[売れる商品づくりについて学ぶ全3日のカリキュラム。自社商品の商品力UPを目指す]

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

受講者それぞれの状況に応じたアドバイスを行う渡貫久氏

 7月3日(水)、広島県商工会連合会は食品・雑貨等を扱う製造業の事業主や商品開発を担当者等を対象とした『売れる商品づくりのための商品力&営業力UPセミナー』の第1回目を開催しました。

 

 講師は、株式会社ユーミックプロデュース代表取締役で中小企業診断士の渡貫久氏と、中小企業診断士の小倉綾氏の2名。座学とワークショップの2本立てで全3日のセミナーは進みます。

 

 第1回目となったこの日は、講義で「まず売れる商品とは何か?」を商品開発や販路開拓の面等、様々な段階から解説。商品開発の取り組み事例を交えながら、ターゲットの年齢や性別を意識したネーミング、色づかいなどについても学びました。

 

ワークショップにてわかりやすく説明する小倉綾氏

 後半のワークショプでは受講者が商品の棚卸シートを作成。自社商品の特徴を明確にし、グループ内のメンバーを消費者と想定したプレゼンテーションを実施。今後の商品改良や商品開発に繋げられるよう、それぞれの商品についての意見やアイデアを出し合いました。自社の商品と向き合いながら、その魅力と改善点について考える受講者たちの表情は真剣そのもの。商品だけでなく、営業の進め方についても参加者同士で活発に意見交換を行っていました。

 

 また、7月9日(火)には第2回目として、営業力をテーマに開催。商品力を高めたうえで、これをいかにバイヤー等へ売り込んでいくのか、その営業手法を学びました。最終回である第3回目は7月17日(水)を予定しており、全3回のセミナーを通して新商品の開発や既存品のブラッシュアップ、実際に販売に繋げるための営業手法まで、売れる商品づくりのためのノウハウを学びます。また、希望者には、7月24日(水)に個別相談会を実施予定。講師2名から自社商品に対する具体的なアドバイスを受け、より良い商品開発に繋げます。

 

毎月勤労統計調査(特別調査)の実施協力のお願い(厚生労働省・広島県)

広島県商工会連合会

 厚生労働省・広島県は、1~4人の労働者を雇用する事業所を対象に、賃金、労働時間及び雇用の実態を明らかにすることを目的として勤労統計調査(特別調査)を実施します。
 下記、指定調査区の調査対象事業所には、8月から9月にかけて調査員証を持った統計調査員が訪問し、調査事項についてお伺いして調査票を作成します。
 調査票に書かれた事柄については、「統計法」により秘密が守られるとともに、統計以外の目的に用いられることは禁じられています。
 ご多忙のこととは存じますが、訪問の際には、調査の重要性をご理解の上、ご協力いただきますようお願いします。

 ■指定調査区
   広島市(中区、南区、西区、安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区)
   呉市
   三原市
   尾道市
   福山市
   府中市
   庄原市
   東広島市
   廿日市市
   安芸郡 坂町
   世羅郡 世羅町

 詳しくは、パンフレット及び厚生労働省ホームページをご覧ください。

 

 

 

夏季における年次有給休暇の取得促進について(労働局)

暑い夏 メリハリを付けた働き方で充実した人生を

広島県商工会連合会

 このことについて、広島労働局より周知の依頼がありました。
 これは、「ニッポン一億総活躍プラン」の実現や働き方・休み方改革に基づき、夏季の休暇を取得しやすい時季に、年次有給休暇の取得や「ゆう活」の取り組み促進、計画的年次有給休暇制度の導入促進等を行い、社会的な機運の醸成を図るものです。
 詳細は、下記のフィーフレットに記載してありますので、ご確認のうえ、取り組みについてご検討ください。

 

 リーフレット 仕事休もっ化計画

 ホームページ https://work-holiday.mhlw.go.jp/

 

 

『令和元年度 第15回 広島県商工会職員協議会 パワーアップセミナー』 開催(県連)

[117事例から選ばれた5名の経営指導員が事例を発表。最優秀賞は呉広域商工会の藤田経営指導員が受賞]

研修会・総会

広島県商工会連合会

開会の挨拶を行う井上会長

 広島県商工会連合会と広島県商工会職員協議会は6月29日(土)、広島市文化交流会館(広島市中区加古町)にて、『令和元年度 第15回 広島県商工会職員協議会 パワーアップセミナー』を開催し、県内の商工会職員240名が参加しました。開会の挨拶で井上憲会長は「昨年の豪雨災害では県連と連携して被災地域に職員を派遣するなど、職員同士で助け合える組織づくりができた」と昨年度を振り返りました。さらに今年の目標は“明るい職場づくり”とし、「職員一人ひとりの“こんな職場だったらいいな”職員の声を吸い上げ、提言していきたい。そのために、今年度はワーキンググループを設置し取り組みを加速させていきたいと考えている。みんなでいい職場、明るい職場づくりを目指しましょう」と呼びかけました。

 

 3部構成で行われたセミナーの第1部は、経営支援事例発表大会。経営指導員等から提出された117事例の中から、専門家による審査結果を参考に、経営指導員部会にて最終審査を実施して5つの事例を選出。今年は、昨年7月に起こった豪雨災害に関する支援実例や女性経営指導員による支援実例などが選出されました。

 

 発表を行ったのは、安古市町商工会の紙川祐次経営指導員、世羅町商工会の濱崎章経営指導員、呉広域商工会の藤田輝宏経営指導員、呉広域商工会の西野正治経営指導員、三次広域商工会の越道万里江経営指導員の5名。自身が担当した経営支援に込めた想いやその方法、成果までを熱く語りました。

 

講演を行った岐阜県連の名畑司事務局長

 第2部は研修会が行われ、岐阜県商工会連合会の名畑司事務局長が講師として登場。「商工会を取り巻く環境変化と商工会職員の役割」をテーマに講演を行いました。名畑氏はまず、データーをもとに指導員一人当たりの事業計画作成支援数や支援事業所の売上動向などを解説。経営発達支援計画の変更点や今年から国が認定する法定経営指導員についても丁寧に説明を行いました。

 

 続いて永年勤続表彰が行われ、30年表彰を代表して備北商工会の上田慎二経営指導員、20年表彰を代表して広島安佐商工会の瀬川美徳指導職員、10年代表して沼田町商工会の中村友則経営指導員が井上会長から表彰状と記念品を受け取りました。

 

 

最優秀賞に輝いた藤田経営指導員

 その後、経営支援事例発表の結果発表が行われ、呉広域商工会の藤田経営指導員が最優秀賞を受賞。審査委員長を務めた中国新聞社の三藤和之氏は講評で「レベルの高い発表大会だった」と前置きし、藤田経営指導員の発表について「極めて冷静で説得力のある内容。問題点もきれいに整理されていて、今後の課題も明確だった」と評価しました。続けて「冒頭の地域や商工会の説明が若干長い。端的にまとめて、もうすこし具体的な経営の提案や成果を盛り込んだ方がいいのではないか」と、中国ブロック大会に向けてアドバイスを贈りました。藤田経営指導員は10月10日、11日に山口県で開催される「中国ブロック商工会職員協議会 経営指導員部会 研修会」の経営支援事例発表大会に広島県代表として出場します。

 

 第3部となる研修会には、全国商工会連合会総務企画部総務企画課の渡部恵課長を講師に迎え、「商工会プラン2019」について学びました。その後行われた情報交換会には、149名の職員が参加しました。

 

『令和元年度 広島県商工会職員協議会 第19回通常総代会』開催(県連)

[4つの議案について審議し、すべて可決承認。辞任に伴い、新役員3名を選出]

研修会・総会

広島県商工会連合会

新たに3名の役員が選出されました

 6月29日(土)、広島県商工会職員協議会が『令和元年度 第19回 通常総代会』を開催しました。本人出席49名、委任状5名、計54名出席のもと、平成30年度の事業報告、収支決算など4つの議案について審議しました。議事は備北商工会の山元浩平氏を議長に選出して進行。提出された議案は、すべて原案通り可決承認されました。

 

提出議案は以下の通り

・第1号議案−平成30年度事業報告書・収支決算書・貸借対照表及び財産目録承認の件(監査報告)

・第2号議案−令和元年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件

・第3号議案−令和元年度共済融資貸付金総額(案)承認の件

・第4号議案−辞任に伴う役員の選任に関する件

 

 第4号議案は、退職による3名の役員の辞任に伴い上程されたもの。各ブロックから推薦された広島安佐商工会の大原氏、上下町商工会の濱﨑氏、東城町商工会の瀧元氏の3名が新たに役員となり、そして佐伯商工会の松尾氏が副会長に選出されました。

毎年恒例マツダスタジアムで『商工会の日記念事業』を実施(県連・ひろしま夢ぷらざ)

[マツダスタジアムでカープ応援うちわの配布やプレゼント抽選会・大型ビジョンでのアナウンスを行い、商工会とひろしま夢ぷらざをPR]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

オリジナルうちわは大人気

 6月19日(水)、広島県商工会連合会はMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島にて『商工会の日記念事業』を実施しました。

 

 商工会の日は、1960年(昭和35年)6月10日に『商工会の組織等に関する法律(現商工会法)』が施行されたことを記念して、全国商工会連合会が1985年(昭和60年)に制定したもの。商工会の活動目的や活動内容を広報、PRする日として位置付けられていて、本県連は毎年この日の前後に広く一般の人々に商工会を知ってもらい、親しんでもらうための働きかけとして記念事業を行っています。

 

大型ビジョンに映された、商工会のPR画像

 今年もスタジアムのメインゲート・正面ゲートに職員が立ち、野球観戦に訪れた来場者に商工会とひろしま夢ぷらざをPRするオリジナルうちわを配布しました。また、大型ビジョンに商工会とひろしま夢ぷらざのPR画像が放映されました。PR画像は、試合前と試合中の2度映し出され、マツダスタジアムに集まった多くの観客の注目を集めました。抽選会では、呉海自カレー、汁なし担々麵、レモスコなど広島県の特産品6種類を詰め込んだセットを用意し、来場者10名様に抽選でプレゼントしました。

 

 イベントには、商工会事務局長、広島県商工会連合会及びひろしま夢ぷらざの職員を中心とした80名が参加。試合は千葉ロッテマリーンズに敗れましたが、多くの来場者へ商工会とひろしま夢ぷらざをPRする絶好の機会となりました。

9/5働き方改革推進シンポジウム開催のご案内(広島県)

~企業競争力を高める人材育成と組織マネジメント~

働き方改革の推進

広島県商工会連合会

広島県商工労働局働き方改革推進・働く女性応援課働き方改革推進グループより周知依頼がありました。

 

『「働き方改革がつくる強い組織」をテーマに,人材育成や組織マネジメントの視点から働き方改革を考えるシンポジウムを9月5日に開催します。専門家の講演や県内外の先進事例から,企業競争力を高める”強い組織”をつくるためのポイントを盛り沢山にお届けします。企業経営者・人事労務担当者の方は必聴の内容となっていますので,ぜひご参加ください!』

 

 

【内容】

 ①基調講演

 「働き方改革がつくる強い組織 ~企業競争力を高める人材育成と組織マネジメント~」

  講師:リクルートワークス研究所 所長 大久保幸夫氏

 ②クロストーク

 「これから求められる働き方改革とは」

 《パネリスト》カゴメ㈱常務執行役員CHO 有沢正人氏,広島電鉄㈱取締役人材管理本部長 仮井康裕氏,県立広島大学大学院経営管理研究科教授 木谷宏氏

 《ファシリテーター》リクルートワークス研究所所長 大久保幸夫氏

 ③トピックス

 広島労働局より,働き方改革関連法について解説

 

【日時/場所】 令和元年9月5日(木)13:30~16:30/広島国際会議場内B2F大会議室『ダリア』

【費用/定員】無料/200名(先着順)

【対象】企業経営者,人事労務担当者など

【詳細】URL:https://hatarakikata2019.com

【主催】主催:広島県 共催:働き方改革推進・働く女性応援会議ひろしま,広島労働局,広島県商工会議所連合会,広島県商工会連合会,広島商工会議所

【申込先】働き方改革推進シンポジウム事務局(本事業受託者㈱アシスト内)

 TEL:082-567-5679

 E-mail:hatarakikata@assistinc.co.jp

 申込フォーム:上記「詳細」内URL

 

【問い合せ先】

 広島県商工労働局 働き方改革推進・働く女性応援課 働き方改革推進グループ

 電話:082-513-3340

 

 

中小企業景況調査(平成31年4月~6月期)の結果を公表します

中小企業景況調査

広島県商工会連合会

 中小企業景況調査とは

 全国の商工会、商工会議所、中小企業団体中央会の3団体が、管内の中小企業を対象に4半期ごとに                  実施している景気動向調査です。調査は経営指導員による訪問面接方式で、全国約19,000社の調査データが(独)中小企業基盤整備機構で集約、分析され、中小企業施策立案等の基礎資料として活かされます。  

 広島県商工会地域では15商工会、225社を対象に実施。商工会地域における景気動向推移をみるための参考資料として、ご活用ください。

 

令和元年7月1日公表

 1.(広島県/商工会地域) 調査報告書

  「第156回(H31.4-6月期)報告書」(PDF)

 

 —– 参考資料:全国版の調査報告書 —–

 2.(全国/商工会地域)  全国連商工会連合会(HPリンク)※準備中 

 3.(全国/3団体総合)  (独)中小企業基盤整備機構(HPリンク)                                           

                                                                                                                                          

 【問合せ先】
 1. 広島県商工会連合会 東部支所 電話084-960-3107
 2. 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0086
 3.(独)中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター 電話03-5470-1521

 

広島県商工会連合会 東部支所

広島県人権啓発指導者等養成研修会「LGBT研修会」について

LGBT(性的少数者)の子供たちの思いに寄り添うためには、何が大切なのか(参加無料)

広島県商工会連合会

 標記研修会について、広島県人権男女共同参画課より周知の依頼がありました。
 これは、学校・行政機関などでLGBT(性的少数者)相談などに対応する担当者や関心のある方を対象として開催されるもので、詳細、申込方法などは、下記のリーフレットにあります。
 ご確認のうえ、参加をご検討ください。

 開催日時等
   7月30日(火) 10時~16時  東広島市 
   7月31日(水) 10時~16時   福山市
   8月 7日(水) 10時~16時   広島市
   8月21日(水) 10時~16時   三次市
  10月 7日(月) 10時~16時   広島市
 
 各会場ともに同じ研修内容となります。
 参加無料。
 詳細は下記リーフレットをご確認ください。

 

 リーフレット(内容・申込み方法)

 ホームページ http://www.essor.or.jp/blog/kouza/20190529185153

 

エルタックス「地方税共通納税システム(eLtax)」が10月からスタート!(地方税共同機構)

広島県商工会連合会

 このことについて、地方税共同機構より周知の依頼がありました。
 これは、総務省が推進する地方税務手続きのデジタル化の一環として、本年10月から稼働予定のものであり、事業所の納付事務負担の軽減が図られるものです。

 内容は、下記のリーフレットにあります。
 この機会にご利用についてご検討ください。

 

1.地方税行動納税システム(eLtax「エルタックス」)
(1) 稼働予定日  令和元年10月
(2) 対象となる税 法人県民税・法人事業税・地方法人特別税
           法人市町民税・事業所税・個人住民税(特別徴収分、
                      退職所得分)
(3) 対象自治体  全ての地方公共団体

 

2.リーフレット

 地方税共通納税システムスタート

 

 広島県商工会連合会

 総務部総務課 平野

 

このサイトを広める