商工会からのお知らせ

全てみる

【広島県特定(産業別)最低賃金改定のお知らせ】

各種商品小売業改定(H31.1.16発効)

広島県商工会連合会

 この度、広島県特定(産業別)最低賃金について、各種商品小売業が下記リーフレットのとおり改定となりましたのでお知らせします。(平成31年1月16日発効)

 内容ご確認いただき、ご不明な点は、広島労働局労働基準部賃金室または最寄りの労働基準監督署にお問合わせください。

 

【リーフレット】

 広島県の最低賃金(リーフレット)

 

【問合わせ先】

 広島労働局労働基準部賃金室 TEL 082-221-9244

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

 

「容器包装のリサイクル」申込みはお済ですか?

~平成31年度の再商品化委託申込受付中~ 申込締切:平成31年2月8日(金)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

申込期間:                                        平成30年12月10日(月)~ 平成31年2月8日(金)

 

 広島県内の各商工会では、(公財)日本容器包装リサイクル協会からの委託を受け、容器・包装に係る事業者の皆さんからの義務手続きを受け付けています。

 対象となる「特定事業者」には「再商品化委託申込書類」が送られていますので30年度の再商品化委託契約申込は平成31年2月8日(金)までに、手続きをお願いいたします。

※「特定事業者」に該当するか否かは、協会コールセンター(03-5251-4870)にご相談ください。

 

 特定事業者でありながら、再商品化義務を履行していない場合は、平成12年4月の「法」の完全施行時まで遡っての履行が必要です。必ずご確認の上、手続きしてください。

 詳細は(公財)日本容器包装リサイクル協会のHPをご確認ください。

(協会HP) http://www.jcpra.or.jp/news/tabid/101/index.php?Itemid=1830

 

〇法律の内容、特定事業者に該当するかの判断について〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 コールセンター 03-5251-4870

 

〇申込書類の請求、手続き手順などについて〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 オペレーションセンター 03-5610-6261

 

~広島県でも「容器包装リサイクル制度説明会」が下記の日程で開催されます~

主 催:広島商工会議所、日本商工会議所、公益財団法人日本容器包装リサイクル協会(共催)

協 力:全国商工会連合会

 

日 時:平成31年1月17日(木)14:00~16:00

会 場:広島商工会議所1階 101号室(広島市中区基町5-44)

対 象:容器や包装を利用または製造等(含む輸入事業者)している事業者

参加費:無料

内 容:

(1)容器包装リサイクル制度について
(2)リサイクル(再商品化)の委託申込手続き等について
(3)個別相談会

申 込:下記の参加申込用紙を出力・記入の上、広島商工会議所へ直接FAXで申込(FAX082-222-6411)

   参加申込書

 

広島県商工会連合会 東部支所

個人住民税 特別徴収の一斉実施について(広島県)

平成32年度(2020年度)から個人住民税の特別徴収(給与天引き)を徹底します

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

広島県税事務所からのお知らせです。 

 

  ~2020年度から個人住民税が特別徴収となります。~

「広島県では、納税者間の公平性、納税者の利便性等を確保し、納税忘れなどを防ぐため、全23市町で2020年度から、従業員の方の個人住民税は、原則すべて特別徴収となります。                                           事業主の皆さまによる特別徴収は、法律上の義務ですので、ご理解・ご協力をお願いいたします。」

 

制度内容・手続き等については 広島県HP を参照ください。

 

(問合先)

各市町の個人住民税担当課

または広島県総務局 税務課(TEL:082-513-2329)

平成30年度経営安定講習会 開催

会計のプロから学ぶ『赤字社員を黒字社員に変える方法』

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会東部支所では、12月4日(火)、ホテルセンチュリー21広島(広島市南区)にて「平成30年度 経営安定講習会」を開催しました。

 本講習会は、経営安定特別相談事業の一環として、企業の経営力向上および経営安定を図ることを目的とし、毎年開催している講習会です。今年度は、講師に、K&P税理士法人 代表社員の香川晋平氏を迎え、「赤字社員を黒字社員に変える方法」をテーマに、“社員に身につけさせたい絶対黒字感覚”について学びました。 

 香川氏は、会社に利益をもたらすことができる社員を黒字社員、利益をもたらすことができない社員を赤字社員と名付け、まず初めにそれぞれの分類基準と特徴を解説。赤字社員を黒字社員に変えるために必要な「絶対黒字感覚」として、社員にどのような声掛けや意識付けを行うとよいかなどを、具体例を交えながら分かりやすく解説しました。

 続いて黒字社員をリーダーに育てるための目標・計画、また実行・分析・改善に役立つポイント、またグラフや表を使ってプロセスの評価方法や分析して考える方法、数値目標の分解などについて、多くの事例とともに紹介。会社にとって貴重な人財となるべく社員を育成するために、「絶対黒字感覚」を身に着けさせる手法を様々な視点から学びました。

 講習会後のアンケート意見として、「大変興味深く、楽しく聴かせていただきました。即、会社で取組みたい。」などの声が寄せられ、受講者の満足度の高い講習会となりました。

 

平成30年度3級簿記検定試験の結果について

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

平成30年12月7日に実施しました標記試験の結果を掲載します。

 

合格者該当なし

 

東部支所 

三谷・島田

 

「ビジログ」広島ワークショップの開催案内

【受講料無料】 ビジネスに必要な知識や能力が身につく講座!

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 中小企業庁では、中小企業・小規模事業者で働く従業員を、社内の中核的な人材に成長できるよう育成するため、社会人基礎力や「人手不足解消術」「生産性向上術」を始めとした専門知識などのカリキュラムを、いつでも、どこでも学べるプラットフォームとして、『ビジログ』を本年の8月より公開しています。

 働くひとりひとりが、自分のキャリアを考え、社会人としての基礎力を蓄え、ビジネスに必要な知識や能力を身に付けるためのカリキュラムを無料で受講できる『ビジログ』サイト。その講座の一つであるワークショップを全国各地で開催しています。広島県では、以下の3講座(チラシ)が開催されます。

 この機会に従業員の人材育成、また個人のスキルアップに活用ください。

 

①社会人基礎力講座(チラシ①)

日時:平成31年1月9日(水) 10:00~17:00

場所:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前

 

②キャリア・オーナーシップ講座(チラシ②)

日時:平成31年2月1日(金) 10:00~17:00

場所:TKPガーデンシティ広島駅前大橋

 

③生産性向上術講座(チラシ③)

日時:平成31年2月14日(木) 10:00~17:00

場所:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前

 

【詳細・申込み】 『ビジログ』 https://busilog.go.jp/

【問合せ】 ビジログ事務局 TEL:03-6226-8919 FAX:03-6226-8226

『第20回商工会青年部全国大会 広島大会』開催(県青連)

[全国から3660人の青年部員が集結。先進的な取り組みでイノベーションを巻き起こす大会に]

広島県商工会連合会

 11月21日(水)、広島グリーンアリーナにて、『第20回商工会青年部全国大会 広島大会』が盛大に開催されました。オープニングアクトには、太鼓本舗かぶら屋と書道家のhiro(河内裕美)がパフォーマンスを披露。迫力満点のステージで、大会のオープニングを盛大に飾りました。

 

主催者挨拶をする全国商工会青年部連合会の越智会長

 厳かな雰囲気の中始まった式典では、国歌斉唱や青年部の歌斉唱、商工会青年部宣言・誓いの言葉の唱和が行われた後、来賓者を代表して経済産業省中小企業庁長官の安藤久佳氏と湯﨑英彦県知事が祝辞を述べられました。その後、青年部顕彰と感謝状の贈呈、青年部部員増強運動の表彰、西日本豪雨災害支援活動に対する中小企業庁長官感謝状の贈呈が行われました。

 

 続いて行われた主張発表大会には、全国各ブロックの厳しい予選を勝ち抜いた7名が出場。中四国ブロック代表の前河伸弥さん(広島県北広島町商工会青年部)は、神楽の舞歌の一節から始まるインパクト抜群のつかみで聴衆を一気に魅了。自身の愛する神楽をキーワードに青年部に入部したきっかけや自身の転機になった青年部活動、そしてその青年部活動と本気で向き合ったことで得ることができた様々な事柄について、会場に集まった全国の青年部員を前に堂々と発表しました。

 

主張発表大会で最優秀賞に輝いた中部ブロック代表の渡邉貴志さん

 東北・北海道ブロック代表の武藤隆弘さん(福島県きたかた商工会青年部)、関東ブロック代表の森敦さん(栃木県芳賀町商工会青年部)、近畿ブロック代表の名越豊さん(奈良県田原本町商工会青年部)、中部ブロック代表の渡邉貴志さん(愛知県みよし商工会青年部)、九州ブロック代表の松尾聡子さん(佐賀県唐津上場商工会青年部)、関東ブロック代表の荻野聡さん(埼玉県伊奈町商工会青年部)の6名も自身の青年部への想い、その思いを抱くようになったきっかけ、地域への情熱を熱弁し、会場を沸かせました。最優秀賞は『青年部活動を通じて貫いた志』をテーマに発表した中部ブロック代表の渡邉貴志さんが受賞しました。

 

 続いて、例年大会2日目に行われていた『商人(あきんど)ネットワークPR』を、もっと多くの人に聞いてもらいたいとの想いから大会1日目に実施。SNSマーケティングやWEB制作、オリジナルネクタイ、プロレスとコラボした地域活性化などバラエティ豊かなアイデアを持った12名の青年部員が登場し、自身が手掛ける自慢の逸品やサービスの魅力を会場の青年部員に向けて懸命にPRしました。

 

 そして、今回初の試みとして、中小企業基盤整備機構の経営支援アドバイザーである(株)クリエイティブ・ワイズの三宅曜子氏より、全員の発表が終了後に総評をして頂くことで、単なる出展者のPRではなく、参加者にとってもプレゼンテーションのやり方や商品・サービスの違った視点からのアプローチ方法を学ぶ機会となり、商人ネットワークPRの新たな可能性を全国に提示しました。

 

 大会の開催に合わせて、広島の飲食・物産・サービスといった観光だけではない広島の産業的な魅力を新たに発信するために「ひろしま産業展」を30社の出展もと開催。より産業展の内容を知ってもらうために大会専用HPによる出展者紹介や大会中の休憩時間を確保することで、より多くの方にまだまだ知られていない広島の新たな魅力を提供しました。

 

 今回、初めて会場を野外の旧市民球場跡地に移して行われた『大懇親会』では、まず広島名産品で作った“牡蠣汁”と“備後フィッシュ”の2種類の『ウエルカム汁』でおもてなし。会場には、備北商工会青年部の“陸封鮎の塩焼き”や三次広域商工会青年部の“鹿肉の煮込み”、安芸太田町商工会青年部の“漬物焼きそば”、黒瀬商工会の“黒タコ”(黒いたこ焼き)、江田島市商工会青年部の“特製うどん”、大野町商工会青年部の“かきグラまん”、広島安佐商工会青年部の“特製クレープ”、沼田町商工会青年部の“汁なし担々麺”、尾道しまなみ商工会青年部の“レモン鍋”、福山あしな商工会青年部の“備後府中焼き”など、普段、青年部員が地域のお祭りなどに出店している屋台が並びお祭の雰囲気を演出した結果、用意された300食はどこも30分たたないうちに完売しました。

 

上本地神楽団による神楽『八岐大蛇(やまたのおろち)』

 目玉は屋外ならではのBBQ。広島県産のブランド牛「神石牛の丸焼き」と「比婆牛」を豪快に焼き上げた一品に、参加者たちも大興奮です。360度どこからでも観覧できるセンターステージでは、広島ジュニアマリンバアンサンブルの美しい演奏と上本地神楽団による神楽『八岐大蛇(やまたのおろち)』を上演。圧巻のパフォーマンスで参加者を魅了し、交流を盛り上げました。

 

 2日目には、全国青年部長会議、続いて基調講演が行われました。全国青年部長会議では、商工会青年部の全国の動きや今後について報告があり、続いて行われた基調講演では、「明日から取り入れたい!チームリーダーができる最強の思考改革」と題して、青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督の原晋氏により講演をいただきました。

 

 閉会セレモニーでは、次期会長予定者が発表され、奈良県商工会青年部連合会の奥村会長が壇上で決意を表明。その後大会旗が引き継がれ、47都道府県青連会長が青年部会旗をもって壇上に上がり、大団円のもと盛会裏に終えました。

 

 今回の全国大会では、初めての“大会冊子のWEB媒体化によるペーパーレス化”や“大会ブログラムの組替え”、“他支援機関との協調”、“野外での交流会”、“リアルタイムでのFB更新”など新たなチャレンジに取り組みにも着手。従来の全国大会の固定概念にとらわれず、全国大会の本質を問い続けてきた大会でした。先進的な取り組みで、参加した青年部員をワクワクさせ、イノベーションを巻き起こした大会。多くの青年部員にとって有意義なものとなったはずです。

【広島県特定(産業別)最低賃金改定のお知らせ】

産業別最低賃金が変わります。(各種商品小売業を除く7業種についてH31.12.31発効)

なし

 この度、広島県の産業別最低賃金8業種のうち、各種商品小売業を除く7業種が下記リーフレットのとおり改定となりましたのでお知らせします。(平成30年12月31日発効)

 各種商品小売業については、平成30年12月中に改定され、平成31年1月中に発効となる予定です。

 内容ご確認いただき、ご不明な点は、広島労働局労働基準部賃金室または最寄りの労働基準監督署にお問合わせください。

 

【リーフレット】

  最低賃金(産業別改定含む)リーフレット

 

【問合わせ先】

 広島労働局労働基準部賃金室 TEL 082-221-9244

 

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

第58回商工会全国大会が開催される

これまで以上に発信力を強化し、組織一丸となって邁進

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 平成30年11月15日(木)、東京都渋谷のNHKホールで「第58回商工会全国大会」が開催され、当県からは総勢82名の商工会役職員が参加しました。同大会には、多数の国会議員ほか、全国の商工会代表者ら約3,000名が出席。

第58回商工会全国大会の模様

 席上、森義久全国連会長は、『我が国経済は大企業や都市部を中心に企業収益と雇用情勢の改善が続き緩やかに回復しているものの、地方の中小・小規模事業者においては、人口減少に伴い、働き手の不足や域内消費の縮小、人件費や原材料費の高騰、さらには、後継者の不在など、厳しい経営環境に置かれている。加えて、消費税率の引上げ、軽減税率制度の導入、働き方改革など、新たな経営課題への対応も迫られている。

 こうした状況下、我々商工会としても、向こう5年間の組織・事業目標として「新商工会プラン」を今年度策定し、高度化する中小・小規模事業者の支援ニーズや、行政、住民等からの多様な要求に的確に応えていけるよう、人材育成と組織マネジメント力強化を図るとともに、第1次産業はじめ、大学など研究機関、さらには地域金融機関など、多様な組織との連携を通じて、新たなビジネスチャンスの創造に取り組むとともに、頻発する自然災害に備え、事業者の防災、減災対策を主導するとともに、会員同士、商工会同士の相互扶助のつながりをより強固なものとして対処していきたい』と力強い口調で会場に訴えかけました。

 

 このあと、「地方を元気にする大型経済対策の実施」、「小規模事業者に対する支援策の大幅拡充」、「地方創生に向けた農商工連携の推進」、「消費増税・軽減税率への万全な対策をはじめとする事業環境の整備」、「被災地域の復興支援と共済等を活用したリスクマネジメント支援の推進」、「会員増強・組織率向上による組織強化」の6項目について大会決議(案)が宣言され、満場一致で決議されました。

 

 その後、菅義偉内閣官房長官、磯﨑仁彦経済産業副大臣、高野光二郎農林水産大臣政務官の他に、岸田文雄自由民主党政務調査会長、山口那津男公明党代表、増子輝彦国民民主党幹事長代行からの祝辞及び友好団体挨拶に次いで、篠原全国連副会長による閉会宣言が行なわれ、大会は盛会裡に終了しました。

祝辞を述べる菅内閣官房長官

経営改善普及事業に関する表彰

広島県では1団体・69名の方々が受賞

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 平成30年11月15日(木)に、東京都渋谷区のNHKホールにて開催された、第58回商工会全国大会において、経営改善普及事業に関する功労者等の表彰がおこなわれました。本表彰は、商工会等の組織運営及び実施する経営改善普及事業が特に優良であり、他の商工会の模範とするに足る商工会や商工会役職員、青年部・女性部及び部員に贈られるもので、広島県からは、以下の1団体・69名の方々が受賞されました。

全国商工会連合会長表彰の様子

 

■中小企業庁長官表彰

(青年部功労者) 

  広島安芸商工会青年部 植田 悠司 氏

(優良常勤役職員)

  広島県商工会連合会 佐々井洋明 氏

  安芸津町商工会   今村 健一 氏

 

■全国商工会連合会会長表彰

(事業推進優良商工会等表彰)

  巡回訪問強化部門 安芸津町商工会

(役員功労者)

  19商工会/55名

(青年部功労者)

  呉広域商工会青年部  堀田 隼人 氏

  三次広域商工会青年部 松山 和雄 氏

  北広島町商工会青年部 堀田 眞司 氏

(女性部功労者)

  五日市商工会女性部  国沢紀代子 氏

  広島安芸商工会女性部 森  光子 氏

  沼田町商工会女性部  瀬戸 迪子 氏

(優良常勤役職員)

   安芸高田市商工会  竹本 隆文 氏

   大野町商工会    開本 浩司 氏

   大野町商工会    金川奈都代 氏

   広島県商工会連合会 脇安 秀明 氏

   大崎上島町商工会  坂  恵子 氏    ※順不同・敬称略

 

このサイトを広める