アクティブニュース

全てみる

巣ごもり消費マーケティングに関するセミナーを開催!参加者募集中!(神辺町商工会)

[コロナ禍の今だからこそ学びたい。「家から出ない人」に買ってもらう100の販促ワザ]

セミナー・プロジェクト

神辺町 商工会

 新型コロナウイルス感染症の影響で、モノやサービスの販売方法が急激に変化する中、全国に目を向けてみるとコロナ禍でも売り上げを伸ばしている元気なお店があります。元気なお店は何をしているのか、どんなノウハウが必要なのか、そんな疑問を解決してくれるセミナーが開催されます。

 

 講師は、日経MJの人気連載「竹内謙礼の顧客をキャッチ」でお馴染みの竹内謙礼氏。販売促進のノウハウや、全国の成功例、失敗例などを交えながら、コロナ禍で売上を伸ばすために必要なことを分かりやすく解説します。

 

 竹内氏は大学卒業後、出版社、観光施設の企画広報担当を経て、2004年に経営コンサルタントとして独立。楽天市場で2年連続ショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞したほか、複数のネットビジネスの受賞履歴のあるその道のスペシャリスト。実店舗の集客や販促戦略、ネットビジネスを中心にしたコンサルティングに精通しており、個人事業主から大企業まで幅広く販促ノウハウを提供しています。

 

 

 参加希望の方は下記にリンクしたチラシを出力の上、必要事項を記入して神辺町商工会(FAX 084-963-5258)までお送りください。

 

申込用紙はこちら

 

 コロナ禍でも売り上げを伸ばしたい!という方、この機会にぜひご参加ください。

 

○巣ごもり消費マーケティング

 「家から出ない人」に買ってもらう100の販促ワザ

日時/2021年10月28日(木)19:00~20:30

会場/神辺商工文化センター(福山市神辺町川北892-1)

参加費/無料

定員/限定20名

お問合わせ/神辺町商工会 TEL 084-963-2001

 

「超」お得すぎるプレミアム付商品券応募受付スタート!(広島安佐商工会)

[消費拡大キャンペーン。13,000円分の商品券が10,000円で購入できるチャンス!]

お得情報・キャンペーン情報

広島安佐 商工会

 新型コロナウイルス影響事業者緊急支援事業として、広島市が立ち上げた「広島は決して折れない!一丸の矢プロジェクト」。感染拡大の防止を図りながら事業を維持するために行う取り組みに要する経費を市が補助するというものです。

 

 広島安佐商工会ではコロナ禍で売上が減少する事業者を支援するため、このプロジェクトの一環としてプレミアム付き商品券の販売を決定しました。13,000円分の商品券が10,000円で購入できる「超」お得すぎる内容。3,000冊限定でオンライン&郵送による抽選販売で実施します。

 

プレミアム付き商品券の詳しい内容は以下の通り

応募資格/広島安佐商工会所管地域(可部・安佐・佐東地区)の在住者または勤務者

応募期間/一次:9月27日(月)~10月6日(水)必着

     二次:10月18日(月)~10月22日(金)必着

購入上限/1人2冊(1冊13枚綴)まで

利用期間/令和3年11月13日(土)~令和4年1月16日(日)

利用店舗/広島安佐商工会所管地域(可部・安佐・佐東地区)の商品券取扱い店舗

 

取扱い店舗、申込方法はこちら

 

同商工会ではこのプレミアム付き商品券を機に、各事業所の新規顧客獲得と売上の増加などの効果を期待しています。大手チェーン店でも使えるお得な商品券。ぜひこの機会にゲットしてください!

 

●お問合せ 広島安佐商工会 TEL 082-814-3169

江田島で起業・創業したい人注目のセミナー「創業塾」参加者募集!    (江田島市商工会)

[市の起業支援補助金とも連携。島しょ部で起業したい方、必聴の創業塾が開講決定!]

セミナー・プロジェクト

江田島市 商工会

 江田島市商工会は、10月16日(土)、10月23日(土)、10月30日(土)、11月6日(土)の4日間のカリキュラムで、江田島で起業・創業を目指す方を応援する創業塾を開催します。講師は中小企業大学校や商工会、商工会議所などで数多くの講師経験を持つ経営コンサルタントの藤田悠久雄氏。創業の心構えやマーケティング、会計など創業に必要な基礎知識から、ビジネスプランの作成・ブラッシュアップまで、創業に必要なノウハウを幅広くレクチャーします。すべての回でグループワークを予定している他、第2回の講義では、江田島市で民泊&カフェを開業した「こども自然体験くじら堂」の嶋愛氏を招いて、実際に創業を経験した体験談を語っていただきます。

 

 4日間のカリキュラム終了後の11月13日(土)にはフォローアップセミナー、11月27日(土)、12月4日(土)には個別相談会も実施され、アフターフォローも万全。全日、ソーシャルディスタンスの確保、扉の開放による換気、手指消毒用アルコールの設置等、新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底した上で開催します。

 

 対象は江田島市内で新規創業を目指す方・興味がある方、創業後間もない事業者、事業承継を考えている後継者の方、事業を営んでいて事業の基礎を学びたい方、大学生、高校生など、年齢性別を問わず、どなたでも受講可能です。受講希望の方は下記にリンクした申込用紙を出力の上、必要事項を記入して江田島市商工会までFAX(0823-42-2853)にてお送りください。江田島市の起業支援制度の応募要件として、当塾の受講が必須条件となっています。

 

 毎年、江田島市内外から多くの創業希望者が参加する人気のセミナーです。この機会に、夢の第一歩を踏み出してみませんか

 

申込用紙はこちら

 

○令和3年度 創業塾

日時/2021年10月16日(土)10:00~16:00

       10月23日(土)10:00~16:00

        10月30日(土)10:00~16:00

       11月6日(土)10:00~16:00

※フォローアップセミナーは11月13日(土)10:00~16:00

※個別相談会は11月27日(土)、12月4日(土) 一人1時間程度

 

会場/江田島市コミュニティセンター 3階 集会室(江田島市江田島町小用2-17-1)

受講料/無料

定員/最大20名 ※新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から,感染状況に応じて定員を減らす場合もありますのでご了承下さい。

 

お問合せ/江田島市商工会 TEL 0823-42-0168

事業所紹介- 表具処 軸源(尾道しまなみ商工会)

[老舗の表具屋。表具師による高い技術で、古い掛け軸や屏風がよみがえる!]

事業所・店舗紹介

尾道しまなみ 商工会

2代目の知幸さんと3代目の七生さん

 表具屋として昭和15年創業した「軸源」。表具とは掛け軸や巻物、屏風、衝立などのこと。表具屋はそれらを新しく仕立てたり、修復してくれるお店です。

 

 代表は3代目になる表具師・津口七生さん。父であり2代目でもある知幸さんとともに、伝統の技を守り続けています。知幸さんは、この道48年のベテラン。400年前の掛け軸など古いものや現代のものを含め、数多く修復してきました。「古いものは特に難しいんです。折れや欠けをどういうふうに直していくか、いつも頭を悩ませるところ。依頼主の意向に沿いながら、丁寧に作業しています」と話します。自然な風合いに仕上げるのが軸源流。自然環境により近い洗いを意識して本紙を傷めず、作品がもともと持っている雰囲気や味を残すように工夫しています。

 

 30年前からは現代の建築空間、居住空間にも馴染むデザイン性の高い表具の製造も手掛けています。ステンレスやアルマイト、着物や蚊帳、木など多彩な素材を使い、大人の遊び心を感じさせる高いデザイン性が魅力です。

 

思い入れのある古い着物や蚊帳を使って作るオリジナルのハガキ額(13,000円~)もおすすめ

 「新しいものも古いものも本紙と表具のバランスが大切。表具だけが目立ってはダメなんです。掛け軸だったら鎌倉・室町時代から続く伝統的なルールを守りながらデザイン性を高めていく。依頼主と真摯に向き合いながら、ニーズに応えるものを手掛けていきたい」と七生さん。

 

 身近なものではふすまや障子の新調、張り替えにも対応。「袋張り」という伝統技法を守って仕上げるプロの技をぜひご家庭でもお試しください。また、お家で眠っている掛け軸や屏風、色紙などの修復も気軽にお問合せください。

 

○表具処 軸源

住所/尾道市向東町1222-50

TEL/0848-44-2249

営業時間/9:00~18:30

休み/日曜・祝日

HP/https://jikugen.jp/

WEB活用 売上UPセミナー参加者募集!(安古市町商工会)

[経営に関するお金の話、継続する情報発信の考え方を分かりやすく伝授]

セミナー・プロジェクト

安古市町 商工会

 現在、Webは販路開拓をする上で避けて通ることができないツールのひとつになりました。これから「Webを使ったマーケティングに挑戦したい!」、そんな方にぴったりのセミナーが開催されます。

 

 その名も「WEB活用 売上UPセミナー 継続する情報発信のコツ~脱!ドンブリ経営」。「2割の知識で8割OK!経営に関するお金の話」と「これだけは抑えたい!継続する情報発信の考え方」の2つのテーマについて解説します。講師は、(株)レクリエ代表取締役兼CEOの檜垣嘉孝氏。多くの企業の財務コンサルティング・WEB集客コンサルティングを行ってきた経験を活かし、今後に役立つ情報を分かりやすく提供してくれます。

 

参加希望の方は下記にリンクした申込用紙を出力の上、必要事項を記入して安古市町商工会までFAX(082-876-0593)にてお送りください。

 

セミナーのお申込み用紙はこちら

 

 商工会の会員、非会員問わずどなたでもご参加いただけます。WEBを活用した情報発信にチャレンジしてみませんか?

 

 また、安古市町商工会では創業や事業承継など経営に関する無料の個別相談を実施しています。相談には中小企業診断士や税理士等の専門家が対応。希望の方は下記にリンクした申込用紙を出力の上、必要事項を記入して同商工会までFAX(082-876-0593)にてお送りください。

 

個別相談のお申込み用紙はこちら

 

 

○WEB活用 売上UPセミナー 継続する情報発信のコツ~脱!ドンブリ経営

日時/2021年10月13日(水)14:00~16:00(受付13:30~)

会場/マエダハウジング安佐南区民文化センター 3階大会議室(広島市安佐南区中筋1-22-17)

受講料/無料

定員/20名

 

お問合せ/安古市町商工会 TEL 082-877-1180

 

事業所紹介-家づくり工房 木楽(沼田町商工会)

[本物の自然素材を使った心と身体、そして環境にも優しい家づくりを提案]

事業所・店舗紹介

沼田町 商工会

テーブルやペレットストーブが並ぶショールーム。厳選した生活雑貨の販売もあります

 新築、リノベーションから水回りのリフォーム、修繕まで、家のことなら何でも相談できる地域の工務店。「木楽」では、住む人の心と身体の健康を第一に考えた家づくりを提案しています。使用するのは、無垢の床材や化学物質を含まない塗り壁材などの自然素材。時の流れとともに趣を増していく、心地よい家づくりが叶います。また、ショールームには打ち合わせスペースを完備。CADで作成したパースなど3D画像を見ながら打ち合わせすることができるため、完成をよりイメージしやすいのが特徴。家づくりをスムーズに進めていけるのも魅力です。

 

 

「まずはお気軽に相談から。ぜひショールームにお越しください」と代表の大迫隆司さん

 ショールームには、一枚板からお手頃な無垢材など木の質感が心地いいテーブルや国内メーカーを中心としたペレットストーブなど、自然素材の家にぴったりのこだわりのアイテムがずらり。ペレットストーブは、製材くずをペレット状に加工したものを燃料として使用。周辺環境や薪の確保など、ハードルが高いイメージのある薪ストーブに比べ、気軽に火のある暮らしが楽しめると人気を高めています。こちらでは機能性とデザイン性を重視して国内メーカーの「シモタニ」と「西村精工」のものを中心に展示。燃料のペレット(10㎏750円税別)も販売しています。

 

 最近では地震の揺れから建物の躯体を守る「オイルダンパー」を取り付ける制震施工やウイルス対策の効果もある内装材など、時代のニーズに合わせたサービスも展開。家のことなら何でも相談できる、頼れる工務店です。

 

○家づくり工房 木楽

住所/広島市安佐南区伴中央2-3-37

TEL/082-848-0215

営業時間/ショールーム10:00~18:00

休み/日曜・祝日

HP/https://ie-kiraku.com/

 

「事業計画セミナー」に参加しませんか?(安古市町商工会)

「事業計画セミナー」に参加しませんか?(安古市町商工会)

セミナー・プロジェクト

安古市町 商工会

 10月1日(金)、安古市町商工会が「事業計画セミナー」を開催します。セミナーでは、事業計画を作成する目的や作るコツなどを紹介。実際に計画書を作成するワークショップも予定しています。

 

 また、この事業計画書は小規模事業者持続化補助金をはじめとする補助金申請の際にも必要なものです。活用できる補助金などについてもレクチャーします。講師は中小企業診断士の牧野恵美子氏。平成30年西日本豪雨災害では、大きな被害を受けた被災者が事業再建のために作成する事業計画書作成支援を行った経験を持つその道のスペシャリストです。

 

 参加希望の方は下記にリンクした申込用紙を出力の上、必要事項を記入して安古市町商工会までFAX(082-876-0593)にてお送りください。

 

セミナーのお申込み用紙はこちら

 

 商工会の会員、非会員問わずどなたでもご参加いただけます。事業計画書の作成は補助金申請だけでなく、自社の強みを見つめ直す絶好のチャンス。この機会に取り組んでみませんか?

 

 また、同商工会では創業や事業承継など経営に関する無料の個別相談を実施しています。相談には中小企業診断士や税理士等の専門家が対応。希望の方は下記にリンクした申込用紙を出力の上、必要事項を記入して同商工会までFAX(082-876-0593)にてお送りください。

 

個別相談のお申込み用紙はこちら

 

○Withコロナ時代を生き抜くための事業計画セミナー

日時/2021年10月1日(金)14:00~16:00(受付13:30~)

会場/マエダハウジング安佐南区民文化センター 3階大会議室(広島市安佐南区中筋1-22-17)

受講料/無料

定員/20名

 

お問合せ/安古市町商工会 TEL 082-877-1180

AKOMEYA TOKYOとの共同商品開発を開始!(江田島市商工会)

[首都圏、近畿圏に販路を持つバイヤーの支援を受けながら、地域性を活かした新商品を開発]

セミナー・プロジェクト

江田島市 商工会

 8月27日、江田島市商工会が商品開発事業をスタートしました。この事業は新型コロナ感染症の影響で売上が激減する中、商品開発に意欲のある事業者を支援するために企画されたものです。初回はオンライン形式にて首都圏や近畿圏に販路を持つバイヤーの支援を受けながら、共同開発を実施します。共同開発した商品は、AKOMEYA TOKYOのブランドとして首都圏や近畿圏にあるAKOMEYA TOKYOの店頭に並ぶほか、各地のセレクトショップでも販売されます。

 

 今回参加したのは、醤油等製造業の有限会社濱口醤油、飲食店の有限会社佐々木、牡蠣生産業の有限会社寺本水産、旅館、飲食店の有限会社坪希の4事業所。首都圏、近畿圏等で13店舗を展開する「AKOMEYA TOKYO」バイヤーの有坂兼司氏とZoomで繋ぎ、個別に共同商品開発の方向性について面談を行いました。

 

 有限会社濱口醤油は江田島産のいりこを使った出汁を開発中。有坂さんは、他のメーカーと協力して商品開発を進めることや珍しい商品にこだわって差別化を図ることなどをアドバイスしました。今後は、バイヤーとの話し合いを重ねながら商品開発を進めていきます。

 

 事業所の売上が落ちる中、新たな商品を開発し売上確保を目指すとともに、新たな販路開拓の創出にも期待を寄せています。

 

○お問合せ 江田島市商工会 TEL 0823-42-0168

事業所紹介-PlanterFarm(備北商工会)

[都心部でも自分で作った新鮮な野菜の美味しさを感じてほしい。プランター菜園セット販売開始]

事業所・店舗紹介

備北 商工会

ペットボトルをリサイクルした布プランターを採用。環境にも配慮しています

 「都心に暮らしていても、自分たちで育てた新鮮な野菜を育てて食べてみたい」。そんな想いを叶えてくれるのが、庄原市の「PlanterFarm」が販売する「季節を感じるプランター菜園セット」。布プランター、培養土、苗、資材が全てセットになっていて、届いたらすぐに栽培をスタートできます。

 

 代表の三宅貴美子さんは、東日本大震災を関東で体験。スーパーやコンビニから食料品がなくなり、食べ物を手に入れる大変さを痛感しました。その後、結婚を機に庄原市に移住。「ここの人たちは、自分たちで食べる野菜を自分たちで育てています。何があっても生活できる力強さを感じました。自分たちで育てたものを季節に応じて食べることの素晴らしさを都会暮らしの方にも感じてほしいと思いました」と三宅さん。

 

「自分で育てた季節の野菜を食べることの素晴らしさ」を体感してほしいと三宅さん

 そこで思い付いたのが、マンションなどのベランダでも栽培できる布プランターを使った菜園セット。夢を実現するため、庄原青年会議所の主催する「起業セミナー」に参加したところ、アイデアが最優秀賞を獲得しました。ポイントはセットを販売するだけでなく、使用して古くなった土を回収し落葉広葉樹の苗木を育て、その落ち葉で腐葉土を作り、再び都市部のプランター菜園家に使用してもらう点。土は回収してくれない自治体も多く、都会で野菜を育てることの大きな壁になっていました。問題点を一つひとつ解決し、満を持して商品化に成功。現在、「CAMPFIRE」にて10月14日までクラウドファンディングを実施中です。

 

 

 

クラウドファンディング「CAMPFIRE」はこちら

 

 

 今後は、ショッピングサイト「BASE」にて販売を開始。品種も増やしていく予定です。家庭菜園に興味があるという方、お子さんと一緒に育てて食育に活かしたいという方、届いたらすぐに始められるプランター菜園セットで夢を叶えてみませんか?

 

○PlanterFarm(プランターファーム)

住所/庄原市西城町中野537-1

TEL/080-3699-6261

事業所紹介-株式会社 神石高原(神石高原商工会)

[神石高原の自然の恵みに育まれた無農薬・無添加ブランド「ふくろうの里」]

事業所・店舗紹介

神石高原 商工会

ショウガのほか、梅やシソ、エゴマを使った加工品もあります

 「株式会社神石高原」は、過疎・高齢化が進む地域の再生を目指して設立された企業。自社産の無農薬野菜や、それを使って無添加で作る地域と体に優しい商品を手掛けています。

 

 主に栽培しているは、高原ショウガ、エゴマ、野沢菜の3種類。全て、農業分野の第三者認証(JGAP)を取り、無農薬・無化学肥料で栽培されていることが承認されています。なかでも主力の高原ショウガは今年30tを収穫する見込み。黄金色で辛味と香りが強く、雑味はなし。型崩れしないため、加工品にも適しています。

 

 このショウガを使った大ヒット商品が「神石高原のジンジャーエールの素」。炭酸で割ると簡単にジンジャーエールが味わえる優れもので、最初にショウガならではの強い辛味を感じさせ、そのあと爽快感に襲われるさっぱりとした味わいが特徴。これまで飲んでいたジンジャーエールの味を覆す美味しさです。各地で売切れ続出の大ヒット商品となっています。

 

 その他、具入りの生姜シロップや粉末状にした生姜パウダーなども製造。体を温め、ダイエットや肝機能の向上にも効果があるとされるショウガ。毎日の取り入れることで、健康づくりにも役立ちます。

 

獣医師、農学博士の資格も持つ社長の大田博昭さん

 現在、東広島市西条の酒蔵「白牡丹」とのコラボ商品を開発中。自社栽培のショウガとシソを使ったお酒の商品開発が進んでおり、10月に販売予定です。

 

「ふくろうの里」の商品は、広島市本通りにある「ひろしま夢ぷらざ」や「長崎屋」で購入可能。無農薬・無添加で作られたこだわりの逸品をぜひお試しください。

 

○株式会社 神石高原

住所/神石郡神石高原町福永1502

TEL/0847-89-4321

3 / 18412345...102030...最後 »