アクティブニュース

全てみる

お店紹介-見浦牧場ミートセンター(安芸太田町商工会)

[種付けから肥育までを行う「一貫飼育」で育てたブランド牛“見浦牛”のみを販売する精肉店]

事業所・店舗紹介

安芸太田町 商工会

約30ヘクタールもある広々とした牧草地帯で、のびのびと育つ牛たち。

約30ヘクタールもある広々とした牧草地帯で、のびのびと育つ牛たち。

 見浦牧場のある安芸太田町小坂は広島県と島根県の県境、標高700mの豪雪地帯です。牧場では、仔牛を産ませる母牛の群れを、一年を通して放牧。牛たちは野山を駆け回って育ち健康的な身体を培います。放牧することで筋肉が十分に発達した黒毛和牛は、うま味をしっかりと感じられるだけでなく、さらっと口どけのよい脂を持つのが特徴。見浦牧場の黒毛和牛は、ブランド牛“見浦牛”として広島市内の一流レストランなどでも提供されています。

 

 これまでは広島牛として販売されていましたが、手塩にかけて育てたこの牧場ならではの牛のおいしさをもっと知ってほしいと、牧場創業者の娘・見浦律子さんが立ち上がり、牧場の一角に「見浦牧場ミートセンター」をオープンさせました。店では見浦牧場で育てた牛の肉のみを販売しています。平成26年から精肉の販売を開始し、今年は見浦牛を使った惣菜にもチャンレジ。小規模事業者持続化補助金を活用してレシピを開発した肉そぼろや筋の味噌煮込みなど、秋までには3種類が登場する予定です。

 

見浦牛は黒毛和牛本来の風味が楽しめる逸品です。

見浦牛は黒毛和牛本来の風味が楽しめる逸品です。

 さらに、今年度は安芸太田町商工会のサポートを受けて、平成28年2月に経営革新計画も作成し採択を受けました。知名度を上げながら、販路の拡大につなげていきたいと考えています。

 

 見浦牛を使ったコロッケやメンチカツ、レバカツ、牛串は、町内外のイベントなどでも味わうことができます。4月は3日(日)に開催される深入山の山焼きと29日(金・祝)に開催される三段峡春まつりに登場。まずは、手軽に自慢の味をお試しください。

 

 サシを重要視せず肉本来のうま味を追求した“見浦牛”。精肉は店頭のほか、ネット通販も可能です。ぜひ一度ご賞味ください。

 

赤い看板が目印。

赤い看板が目印。

 

○見浦牧場ミートセンター

住所/山県郡安芸太田町小坂1108

電話/0826-29-0045

営業時間/10:00~18:00

定休日/不定休

HP/http://miurafarm.jp/

お店紹介-きっちんたまがわ(安芸太田町商工会)

事業所・店舗紹介

安芸太田町 商工会

地元の野菜をふんだんに使った体に優しいメニューが味わえます。

地元の野菜をふんだんに使った体に優しいメニューが味わえます。

 昭和元年創業、安芸太田町で2店舗を展開するレストラン「きっちんたまがわ」。観光客が多い温井ダム近くの温井店では、とうきび団子汁や原木なめこ汁などの郷土料理が人気です。また、商店街に位置し地元客が多い加計店では、日替わりランチや定食などのバラエティ豊かなメニューが楽しめます。

 

 どちらの店舗でも共通しているのが、豊かな自然に育まれた地元野菜をふんだんに使用している点です。和洋揃う多彩なメニューは、素材の味を活かす調理法と優しい味付けが魅力。野菜本来の美味しさを実感できる料理が揃います。

 

 加計店では昨年、安芸太田町商工会のサポートを受けて「安芸太田町かんばるビジネス応援補助金」の採択を受け、テイクアウトを開始。通常のメニューに加え、ライスコロッケやヘルシー志向の女性に嬉しい具だくさんのスープセット(550円)など、新たなメニューを追加しました。

 

ライスコロッケ(チーズ入り250円)。プレーンは200円。

ライスコロッケ(チーズ入り250円)。プレーンは200円。

 ニューフェイスとして登場したライスコロッケはチキンライスとカレーの2種類を用意。チーズ入りは濃厚なモッツァレラチーズがたっぷりと入り、ボリューム満点です。バター香る昔ながらのチキンライスとの相性も抜群。小腹が空いた時にちょうど良いサイズで、高校生を中心にリピーターも増えています。また同年、小規模事業者持続化補助金を活用し、1つしかなかった和式トイレを男女に分けて洋式に改修しました。この改修は以前からあったお客様のニーズに応えたものです。

 

 加計店の隠れた人気メニューが浜田の漁港から直送される新鮮な魚介を使ったメニュー。夜は刺身で味わえるほか、ランチにも登場します。地元の人の憩いの場として親しまれている加計店。地元の味が満喫でき観光客のリピーターも多い温井店。個性あふれる2店舗で、手作りにこだわった自慢の料理をご堪能ください。

 

 

 

加計店は、昼はレストラン、夜は居酒屋として地元の人で賑わいます。

加計店は、昼はレストラン、夜は居酒屋として地元の人で賑わいます。

○きっちんたまがわ 加計店

住所/山県郡安芸太田町加計3791-1

電話/0826-22-0052

営業時間/11:00~14:00、17:30~LO21:00 ※火曜はランチ営業のみ、土曜はディナー営業のみ

定休日/月曜、第1・3日曜

 

○きっちんたまがわ 温井店

住所/山県郡安芸太田町温井

電話/0826-22-0198

営業時間/9:00~LO16:15 

定休日/月曜

『第26回盛春桜花さくらまつり』開催!(五日市商工会)

[毎年恒例の人気イベント。ステージやグルメ、大抽選会など楽しい催しがいっぱい]

地域イベント

五日市 商工会

昨年行われた「赤ちゃんはいはいバトル」の様子。かわいい姿に思わず笑みがこぼれます。

昨年行われた「赤ちゃんはいはいバトル」の様子。かわいい姿に思わず笑みがこぼれます。

 4月16日(土)、17日(日)の2日間、毎年恒例となった『第26回盛春桜花さくらまつり』が開催されます。このイベントは、造幣局広島支局が実施している『花のまわりみち』の開催に合わせて、その協賛イベントとして五日市商工会が主催しています。

 

 佐伯区外から訪れる観光客などの来場者に対しては、佐伯区の観光・特産品をPR、近隣住民に対しては、五日市商工会の感謝デーと位置付け、参加型の楽しいイベントやステージショーなどが行われます。

 

 毎年好評の「赤ちゃんはいはいバトル」や豪華賞品が当たる大抽選会、おいしいものいっぱいのグルメテント村などは今年も実施予定。また、パフォーマンスステージでは、子どもたちによるダンスや太鼓の演奏などが繰り広げられ、イベントを盛り上げます。

 

 毎年多くの来場者で賑わう佐伯区の人気イベント。春まっさかりの会場へぜひお越しください。

 

○第26回盛春桜花さくらまつり

日時/平成28年4月16日(土) 10時30分~17時

4月17日(日) 10時~16時30分 ※雨天決行

会場/造幣局北側 五日市中央公園(westチェリーパーク)

アクセス/JR五日市駅北口よりシャトルバスが運行(有料)

お問い合わせ/五日市商工会さくらまつり実行員会 TEL 082-923-4138

お店紹介-Optical Design(福山北商工会)

[お客様のニーズを引き出し、ライフスタイルまで考慮したとっておきの1本を提案]

事業所・店舗紹介

福山北 商工会

ゆったりとメガネが選べる落ち着いた雰囲気。「要望をたくさん聞かせてください!」と上原さん。

ゆったりとメガネが選べる落ち着いた雰囲気。「要望をたくさん聞かせてください!」と上原さん。

 Optical Design(オプティカル デザイン)は、“似合わせのメガネ”をコンセプトとするメガネのセレクトショップ。似合うというだけでなく、かける人の魅力をさらに引き出す1本を提案してくれます。

 

 認定眼鏡士の資格を持つ上原さんが最も大切にしているのが、お客様へのカウンセリング。会話の中から好みやお望みの雰囲気、ニーズを聞き出し、顔の形はもちろん、ファッションやライフスタイルまで考慮してセレクトしてくれます。上原さんは「私は、これまでお客様が持っていた固定概念を覆したいと思っています。例えば、丸メガネをかけてみたいけど、似合わないから敬遠してきたという人が結構多いんです。かけてみたいのなら、ぜひ伝えてください。似合う丸メガネをご提案します」と話します。

 

店内には上原さんがセレクトした選りすぐりのアイテムが並びます。

店内には上原さんがセレクトした選りすぐりのアイテムが並びます。

 以前は、賑やかな駅ビルにあるメガネ店に勤務していたという上原さん。ゆったりと一人ひとりのお客様と向き合いたいと、ロケーション抜群のHOLM230に店を構えました。店内には、国内外のメーカー約300本が並びます。工具をほとんど使用せず、オールハンドで行うフィッティングも好評。職人技で調整されたメガネは、かけ心地も抜群です。

 

 なかなか似合うメガネに出合えない、新しい自分に出会ってみたいという方。上原さんと一緒に、とっておきの1本を探してみませんか?

 

○Optical Design

住所/福山市駅家町坊寺230

電話/084-982-7711

営業時間/10:00~19:00

定休日/水曜

お店紹介-pere mere しあわせなパン(福山北商工会)

[日々の暮らしに取り入れたくなる食事パンから菓子パンまで個性豊かなパンがずらり]

事業所・店舗紹介

福山北 商工会

ベーカリーを営む谷口さんご夫婦。

ベーカリーを営む谷口さんご夫婦。

 家具店やセレクトショップ、カフェなどがそれぞれの得意分野を活かしてライフスタイルを提案する『HOLM230』に、昨年11月オープンしたベーカリーをご紹介します。Pere mere(ペールメール)は、谷口さんご夫婦が営むアットホームなベーカリー。ご主人は福井県でパンを作っていましたが、府中市にある奥様の実家からほど近い、この場所に店をオープンさせました。愛らしい店内には、国産の小麦粉や自家製酵母など、こだわりの食材で作る約70種類のパンが並びます。

 

 

 谷口さんが最も力を入れているのが、フランスパンや食パンなどのプレーンなパン。「シンプルでごまかしがきかないものだからこそ、力を試されるパンだと思います。パン屋にしかできないものを届けたい」と力を込めます。

 

看板パンの「ペールメール」。食べやすいサイズが女性にも好評です。

看板パンの「ペールメール」。食べやすいサイズが女性にも好評です。

 フランスパンだけでも11種類のラインナップを誇り、種類によって生地の熟成時間を変えています。長いものでは4日間じっくりと熟成させるパンもあるほど。ゆっくりと寝かせることで、芳醇な小麦粉と酵母の味を存分に楽しめる一品になるそうです。オススメは店名のついた「ペールメール」。フランスパンにバターをサンドしたシンプルな味が、店の看板パンになっています。また、生地に熟成させたフランス生地を15%加え、もっちりとした食感を実現した食パンも人気。小麦本来の香りや風味が楽しめる逸品です。

 

 女性や子どもにもいろいろなパンを楽しんでほしいとの想いから、店に並ぶのは見た目も愛らしい小ぶりなパンが中心。「アイテム数をもっと増やして、いつ訪れても新しい味に出合えるような楽しいベーカリーにしていきたい」と谷口さんは話します。ドライブがてら、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

○pere mere しあわせなパン

住所/福山市駅家町坊寺230

電話/084-976-1118

営業時間/9:00~18:00

定休日/水曜

豪華客船「クイーン・エリザベス」が初寄港します!(五日市商工会)

[広島港五日市埠頭に「クイーン・エリザベス」が初寄港。広島港の新たな海の玄関口として期待]

地域イベント

五日市 商工会

世界でも最も有名な客船「クイーン・エリザベス」。

世界でも最も有名な客船「クイーン・エリザベス」

 昨年8月に寄港した大型客船「クァンタムオブザシーズ」に続き、3月24日(木)、広島港五日市埠頭に世界で最も有名な客船「クイーン・エリザベス」が寄港します。当日は12時から17時まで船外の一般見学が可能。世界の海を優雅に旅する美しい客船を間近に望むチャンスです。

 

 五日市商工会は、「広島港観光誘致おもてなし委員会」の構成団体として、当日は様々なおもてなし事業を実施します。地域の特産品の展示・販売などを通して、船旅をする外国人観光客に対して、地域のPRを行う予定です。また、佐伯区役所と商店街の取り組みとして、佐伯区内の商店街(楽々園センター商店街、コイン通り商店街、八幡本通り商店街)へ観光客用の巡回バスが運行され、各地に観光案内所が設置されるほか、催しなども行われます。

 

 埠頭内では楽しいステージイベントや物販・飲食コーナーも登場します。迫力満点の豪華客船を、ぜひその目でご覧ください!

 

※当日は五日市駅~五日市埠頭のシャトルバスを運行します。当時は、交通規制により周辺の車両の進入ができません。車での来場はご遠慮ください。

 

  • お問い合わせ先/五日市商工会 TEL(082)923-4138

事業所紹介-ムツワ味工株式会社(三原臨空商工会)

[新鮮な地元野菜を使い、昔ながらの手作業で作られる逸品]

事業所・店舗紹介

三原臨空 商工会

看板商品の広島菜漬(400g詰500円)。大根ままかりはさみ漬(1本1000円)も人気。

看板商品の広島菜漬(400g詰500円)。大根ままかりはさみ漬(1本1000円)も人気

 ムツワ味工(株)は、昭和49年創業の漬物専門製造会社。浅漬けや醤油漬けなど、昔ながらの製法で作る約20種類の漬物を製造・販売しています。使用する野菜は地元産のみ。自家栽培の野菜と契約農家から仕入れる新鮮な野菜を使い、じっくりと漬け込んだ美味しい漬物を提供しています。

 

 代表取締役の古川公二さんは、高校卒業後に東京の大手漬物会社に就職。製造や営業を10年間経験し、地元大和町で漬物製造会社を創業しました。「ここは水と空気がキレイで美味しい野菜も採れる。漬物を作るには最高の場所です」と話します。

 

 漬物作りで最も難しいのが、味を統一させること。同じ材料でも、栽培された場所や土壌によって、野菜の個性が異なります。味を統一させるためには、最初に行う塩振りが大切。職人でもある古川さんは、長年培ってきた経験から絶妙のあんばいで塩を振ります。その他、おもりの重さや漬け込む時間なども野菜の種類や季節、気温などの条件に合わせて微調整し、人の手によって同じ

味に統一していくのです。

 

漬物づくりは、そのほとんどが手作業で行われています

漬物づくりは、そのほとんどが手作業で行われています

 そのため、機械化が難しく、今でも昔ながらの手作りで漬物を製造しています。丹精込めて作られた漬物は、三原臨空商工会のインターネットショッピングサイト「ひろしまど真ん中市場」で発売中。県外のリピーターも多い人気商品です。その他、ひろしま夢ぷらざ(中区本通8-28)で、月2会店頭販売を実施。県内各地で開催されるグルメイベントにも積極的に参加しています。キレイな水と空気、そして職人技から生まれる自慢の漬物を、ぜひ一度ご賞味ください。

 

○ムツワ味工株式会社

住所/三原市大和町福田1937

電話/0847-33-0238

行楽シーズン到来!「ひろしま物産展」へ行こう!(7商工会合同)

[ニューフェイスも続々登場。各商工会オススメの隠れた逸品に出合える物産展]

地域イベント

なし

1603広島物産展(7商工会合同)) 3月19日(土)~21日(月・祝)の3日間、毎回好評を博している『いいもの発見! ひろしま物産展』が福山SA上下線、小谷SA上下線、宮島SA下り線で合同開催されます。各商工会のイチオシの商品が登場する物産展も今回で6回目。定番で人気の牛の丸焼きや神石高原ポークはもちろん、初登場のニューフェイスまで、今回もバラエティ豊かな商品が揃いました。

 

 初登場するのは三原市で自然環境を活かした自然薯を栽培している『せんチャンファーム』、三原のたこ天丼を販売する『ラーメン康』、高級ジャンボ黒ニンニクの栽培・製造を行っている『ドイグランホ』、近隣の野菜を使った漬物を製造する『ムツワ味工』の4事業所。丹精込めて作った自慢の品々を販売します。

 

 福山サービスエリア上り線には、福山北商工会青年部考案のゆるキャラ“ほく部長”も駆けつけ、会場を盛り上げます。ほく部長が登場するのは3月20日(日)11時~14時。子どもたちの人気を集めそうです。また、福山SA下り線では、地元JAの野菜や果物も販売。多彩なアイテムが揃う、楽しい物産展です。高速道路をご利用の際は、ぜひお近くのSAへお立ち寄りください。

 

○いいもの発見! ひろしま物産展

日時/平成28年3月19日(土)、20 日(日)、21日(祝・月)10:00~17:00

場所/福山SA上下線、小谷SA上下線、宮島SA下り線

お問い合わせ/世羅町商工会  TEL 0847-22-0529

       沼隈内海商工会 TEL 084-987-0328

       神辺町商工会  TEL 084-963-2001

       上下町商工会  TEL 0847-62-3504

       呉広域商工会  TEL 0823-70-5660

       福山北商工会  TEL 084-976-3111

       三原臨空商工会 TEL 0848-86-2238

カリスマシリーズ第5弾 新春講演会開催(沼隈内海商工会)

[ベンツを日本一売った、カリスマセールスレディが接客術を伝授]

セミナー・プロジェクト

沼隈内海 商工会

講演を行った清水共子氏。

講演を行った清水共子氏

 2月20日(土)に福山市沼隈サンパルにて、沼隈内海商工会が主催する新春講演会が開催されました。『カリスマシリーズ』として人気を博しているこの講演会は、様々な分野で輝かしい販売実績を残した女性が、ビジネスに活かせるノウハウを紹介するというもの。今回は、メルセデス・ベンツを日本一売ったカリスマショールームレディの清水共子氏が『お客様の心をつかむ!発想の転換法 ベンツを日本一売ったカリスマショールームレディが語る』と題して講演を行いました。

 

 清水氏は、バルブ絶頂期に競馬中継のリポーターから転職。車の知識ゼロ・販売経験ゼロで、大阪一の高級ホテルといわれたロイヤルホテルのベンツ・ショールームで働くことになりました。すぐにセールスレディとしての頭角を現し、わずか1年で『ヤナセレディ販売コンテスト最優秀賞』を受賞。冒頭で清水氏は「相手の心をつかみ、引き寄せ、業績を伸ばすためには、過去の慣習から一歩踏み出す『発想の転換』が必要であると確信します」と話しました。

 

参加者の中には熱心にメモを取る人の姿も見られました。

参加者の中には熱心にメモを取る人の姿も見られました

 講演では『相手が納得する、究極の持ち上げ方』や『心理学の応用で相手との距離を縮める方法』、『ベンツ・ショールームでの接客術』などを、具体例を挙げながら分かりやすく解説。固定概念にとらわれない接客術を次々と披露しました。

 

 当日はあいにくの悪天候だったため来場者は85名でしたが、県内外から参加がありました。参加者たちは、自社のビジネスに直結する接客術に聴き入っていました。同商工会では、来年度もカリスマシリーズを継続する予定です。次回はどんなセールスレディが登場するかご期待ください。

 

  • お問い合わせ/沼隈内海商工会 TEL 084-987-0328

『梅林春こい祭り』開催します!(広島安佐商工会青年部)

[佐東地区(緑井・川内・八木)に春の訪れを告げる風物詩。青年部が企画したイベントや商工会のPRも]

地域イベント

広島安佐 商工会

梅林春こい祭(広島安佐商工会)01 3月6日(日)、春の訪れを告げる『第21回梅林春こい祭』が開催されます。毎年恒例の子ども野菜市や餅つき、子ども神楽、梅の種とばし大会、姫コンテストなど楽しい催しがいっぱいです。実行員会長を務める広島安佐商工会青年部の熊本副部長は「一昨年、この春こい祭りが開催される地域で甚大な災害がありました。大変なこともありましたが、人との温かさを感じる機会もたくさんありました。春こい祭りは『みんなでふれあい、これからも歩んでいく』、そんな思いを込めて、元気よく開催します!」と話します。

 

 青年部は、昨年好評だった『妖怪スタンプラリー』を今年も実施。会場にいる青年部員が扮する妖怪たちにスタンプをもらい、コンプリートすると景品がもらえる楽しいイベントです。昨年は妖怪に扮した青年部員が子どもたちに追いかけられる楽しいハプニングもありました。今年はどんな盛り上がりを見せるか楽しみですね。また、ステージでは地元広島市出身のアーティスト、丸本莉子さんが『復興応援ライブ』を行います。癒しの歌声をぜひお聞きください。

 

 今回は、新たな試みとして商工会を紹介するブースも登場します。商工会の事業を分かりやすく紹介するほか、来場者アンケートで地域の消費者調査も実施します。結果は商工会ホームページにて公開し、地域の商工業者の方々へフィードバックして、今後の経営に役立ててもらう考えです。

 

昨年で行われた「梅林春こい祭り」の様子。餅まきは大いに盛り上がりました。

昨年で行われた「梅林春こい祭り」の様子。餅まきは大いに盛り上がりました

  青年部は今年も、会場を一つにする楽しいイベントを用意しています。賑わいを見せる八木梅林公園にぜひお越しください!

 

○第21回梅林春こい祭り

日時/平成28年3月6日(日) 10時30分~ ※雨天決行

会場/八木梅林公園

駐車場/なし

 (ご迷惑になるので、近隣のお店には駐車しないで下さい)

お問い合わせ/広島安佐商工会 佐東支所 

                    TEL 082-877-9352

 

ホームページ/https://www.facebook.com/bairinharukoi/

このサイトを広める