アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-有限会社 広島ピーエス(広島県央商工会)

[経営革新計画の承認を機に、搬送用台車一貫製造体制の確立をめざす]

事業所・店舗紹介

広島県央 商工会

「いずれは製造工程を無人化できるシステムを構築して、さらなる効率化をめざしたい」と宮原氏。

 東広島市福富町に本社を構える有限会社 広島ピーエス。自動車部品の製造業を営む会社として創業し、顧客の要望、リーマンショックなど、時代の変化に応じてその業態を変化させてきました。2007年には自社で開発・設計した物流パレットの生産を開始。月に250台、年間200種3000台を生産し、実務的な物流コンサルタントとして多くの企業の支持を集めています。

 

 平成26年度には、内製する力を強化するためにサンプルカッターや3Dプリンターなどを導入し設備を充実。2種類の外枠の中の仕様を変えるだけで、様々な部品や物の搬送に対応できるモジュール台車を自社開発し、多品種少量だった搬送用台車の製造を効率的にこなせるようになりました。このモジュール台車は購入もレンタルも可能で、顧客の幅広いニーズに応えます。今年、3月から販売・レンタルを開始し、8月現在で500台の注文を受けました。チャレンジする姿勢を貫き、売り上げは8期連続の黒字で収支しています。

 

今後も活躍が見込まれるモジュール台車

 同社は平成30年度5月に経営革新計画の承認を受けました。内製力をさらに強化するために、次に着目したのは現在、完全外注の緩衝材の製造。この承認を機に緩衝材として必須の受具加工ができる機械を導入し、同規模事業所ではどこも行っていない搬送用台車の一貫製造体制を構築する計画です。しかし、緩衝材を製造しているのは紙業界。鉄鋼業の同社が異業種の技術を習得することは簡単なことではありません。「製造方法や生産方法が主力事業の鉄工・溶接事業とかなり異なるため、相違点や問題点を製造部と製造コンサルトで洗い出します。提携先の意見も取り入れながら進めていきたい」と代表取締役の宮原和樹氏。内製を進めることでコストダウンやスムーズな納品に繋がると期待を寄せています。

 

 「経営革新計画に取り組むことで、自社の課題や問題点に向き合うことができ、次にやるべきことが具体的に見えてきます。事業全体を盛り込むのではなく、対象になる領域を絞って検討していくことが成功のカギではないでしょうか。採択を受けた今がスタートライン。経営革新計画は現状を踏まえて常に書き換え、生きた資料として使っていくことが重要だと考えています」と宮原氏。

 

 これからも様々な支援策を活用しながら、同社はさらなる挑戦を続けます。

 

○有限会社 広島ピーエス

住所/東広島市福富町久芳1650-2

TEL/082-430-1003

HP/http://hiroshimaps.com

お店紹介-創刻Dining ごえん(神辺町商工会)

[オリジナリティあふれる創作料理を笑顔で囲む、楽しい団らんのひと時を]

事業所・店舗紹介

神辺町 商工会

3種類の唐揚げはこの店の看板メニュー

 2018年8月10日、神辺町商工会の創業支援を受けて福山市神辺町にオープンした『創刻Dining ごえん』は、刺身、ステーキ、パスタなど、ジャンルにとらわれないバラエティ豊かな創作料理が楽しめるお店です。ここでぜひ味わってほしいのが、テーブルにセットした焼き台で好きな食材を焼いて楽しむ『Goen焼』。サザエやハマグリ、ホタテ、カキなど福山魚市場で買い付けた新鮮な魚介を、素材の味を活かしたグリルで味わえます。

 

 その他、甘辛ダレ、ピリ辛ダレ、ネギダレの3種類の味が用意された名物の唐揚げや、訪れた人のほとんどがオーダーするというリピート率NO.1の『悪魔の海老チリ』、『天使の海老マヨネーズ』など、ここでしか味わえない人気メニューが盛りだくさん。アラカルトの他、予算に合わせてコース料理(3日前までの要予約)のオーダーも可能です。また、お酒好きの方には、獺祭純米酒磨き二割三分、三割九分、五割の3種類が味わえる獺祭飲み比べセット(1620円)や霧島飲み比べセット(864円)など、お得で珍しいセットメニューがおすすめです。

 

 

「新メニューも登場予定です」とオーナーの高橋和典さん

 9月14日(金)からは、金曜、土曜、日曜、祝日限定でランチの提供がスタート。特製ハンバーグランチ(1080円)、照り焼きチキンランチ(1080円)、海老マヨ・海老チリランチ(1080円)の3種類が用意され、それぞれメイン料理に前菜3種盛り、サラダ、ごはん、汁物、コーヒーまたは紅茶が付いた充実した内容。男性も大満足のボリュームです。

 

 店内にはテーブル席の他、一人でも訪れやすいカウンター席や落書きができる壁を備えた座敷も用意。和洋中揃うバラエティ豊かな料理を、友人や家族など大切な方とともにお楽しみください。

 

 

 

 

お一人様からグループまで、様々なニーズに応えるお店です

○創刻Dining ごえん

住所/福山市神辺町新徳田33

TEL/084-967-5525

営業時間/17:00~24:00(LO23:00)、

金土日曜・祝日は11:00~14:00、17:00~24:00(LO23:00)

定休日/不定休

地域の大学、高校、事業者、商工会のコラボ企画が始動!(安古市町商工会)

[学生のアイデアを地元の事業者がメニュー化・商品化するプロジェクトで地域を元気に]

セミナー・プロジェクト

安古市町 商工会

安田女子大学で行われた試食会の様子。学生と事業者が一緒になってサンドイッチの具を試作しました。

 安古市町商工会が中心となって、学生のアイデアを地域の事業者がメニュー化・商品化するコラボプロジェクトがスタートしました。参画するのは安田女子大学、広島修道大学、安西高校の学生たち。メニューの開発や商品開発を学生の目線で行い、これまでにない新しいメニューや商品を生み出します。アイデアは実際に、神戸サンド屋(安佐南区相田)、たこ焼き八十(安佐南区上安)、株式会社なんじゃろー(安佐南区上安)がメニュー化、めんめん(安佐南区高取南)が商品化。 “地域のものを、地域の人が、地域のために”をキーワードに、異色のコラボで地域の活性化を目指します。

 

修道大学の学生と事業者との打ち合わせの様子。円滑に進めるために、今後のスケジュールなどについて確認しました。

 7月取り組みがスタートし、まずは7月23日(月)に広島修道大学の学生が事業者とプロジェクトのスケジュールを確認する会議を開催。8月8日(水)には、安田女子大学の学生が事業者に具体的なアイデアを提案し、8月29日(水)に安田女子大学の調理室にて学生と事業者による試食会が開催されました。全ての試食品が出そろう9月中旬にも、試食会が行われる予定です。

 

 今後は完成した商品を11月4日に開催される「安佐南区民まつり」に出店するほか、11月下旬に「ひろしま夢ぷらざ」でテスト販売、来年1月中旬にも「ひろしまブランドショップTAU」でテスト販売を実施します。最終的には各事業者が新メニュー・新商品として販売することを目指しています。

 

 学生たちの斬新なアイデアと事業者たちの技術でどんなメニューや商品が誕生するのか、期待が高まります。

 

 ●お問合せ/TEL 082-877-1180(安古市町商工会)

 

平成30年度 広域講習会 参加者募集!(県連東部支所)

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会東部支所は、10月2日(火)、福山市ものづくり交流館(福山市西町)にて平成30年度 広域講習会を開催します。テーマは『従業員を幸せにする経営と人財育成』。講師には、シリーズ累計70万部を超えるベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者、坂本光司氏を迎えます。

 坂本氏は、元法政大学大学院教授で、40年以上にわたり全国8千を超す中小企業を訪問・調査し、アドバイスを行ってきた経営学の専門家。実際の企業現場から、好不況を問わず好業績を維持している会社に共通する特長を発見。それを分かりやすい指標にまとめ、取組みやすい実践的手法を提唱しつづけています。
 「社員の働く幸せ」と「好業績」を両立している会社とは、具体的にどんな経営をしているのか?会社の財産となる人財を確保し、育てる秘訣とは?実際の取組みやアイディアから、小さな会社でもできる組織作りのヒントを学びます。

 現在、講習会の参加者を募集中です。参加希望の方は下記の申込書に必要事項を記入のうえ、県連東部支所に、FAX(084-960-3108)またはメール(shisho@hint.or.jp)でお申し込みください。
  
広域講習会の申込書(PDF)は こちら

 

○平成30年度 広域講習会〇
 ~「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者から学ぶ~
『従業員を幸せにする経営と人財育成』
 ・日 時/平成30年10月2日(火) 18:00~20:00(受付開始17:30~)
 ・会 場/福山市ものづくり交流館スカイホールスタジオA(福山市西町1-1-1 エフピコRiM9F)
 ・参加費/無料
 ・お問い合わせ/広島県商工会連合会 東部支所 
        TEL:084-960-3107 FAX:084-960-3108
        メール(shisho@hint.or.jp

動画配信で効率良く集客する方法を学びませんか?(神辺町商工会)

[コストをかけずに集客したい人必聴! YouTubeを活用した集客のノウハウを実績NO.1講師が解説]

セミナー・プロジェクト

神辺町 商工会

 今、注目を集めている動画配信。ここに着目した神辺町商工会が、最もメジャーな動画配信サイト『YouTube』を事業に活用するためのテクニックやコツを学べるセミナーを開催します。

 

 講師は、小さな会社に特化したネット集客コンサルタントの高田晃氏。高田氏は年間100本ペースで講演を行い、ここ2年間の受講者は1300名を超える実績の持ち主。Webマーケティング領域なら、国内NO.1の講師実績です。また、著書の『小さな会社 ネット集客の鉄則』は、発売開始2日でamazonランキング1位(中小企業経営カテゴリー)を獲得しています。

 

 セミナーでは、YouTube動画の実践テクニックやYouTubeと連携して取り組むべきネット施策などを分かりやすく解説。資金力や人員などの経営資源に恵まれない小規模会社が、極力コストをかけずに安定的に見込客を集約するための仕組みが学べます。

 

 従業員30人以下の中小・零細企業の経営者や個人事業主、またコストをかけずに集客したいという方にぴったりの内容です。参加希望の方は下記にリンクした申込用紙を出力の上、必要事項を記入して神辺町商工会までFAX(084-963-5258)にてお送りください。

 

申込用紙はこちら

 

○小さな会社が『YouTube動画で集客する方法』

 ~小さな会社には、小さな会社なりの戦略があります~

日時/2018年9月26日(水) 19:00~20:30

会場/神辺商工文化センター(福山市神辺町川北892-1)

参加費/無料

お問合せ/神辺町商工会 TEL 084-963-2001

 

若き女性店主のお好み焼店が三良坂商店街にオープン!(三次広域商工会)

[三良坂商店街に待望のお好み焼き店が誕生。お好み焼きやジビエ料理などの鉄板小料理を提供]

事業所・店舗紹介

三次広域 商工会

定番のお好み焼き(650円)。ソースは地元三次のカープソース。

 7月22日、若き店主の出店が相次ぐ三次市の三良坂商店街に新しいお店がオープンしました。「藤の家」は、商店街待望のお好み焼き店。数年前にお好み焼き店が閉店して以降、地元の人々が待ち望んでいたお店です。

 

 店主の藤永さんは府中市出身ですが、父の故郷である三良坂町は藤永さんにとっても身近な存在。商店街に暮らす父親の同級生に「商店街でお好み焼き店をやってみないか?」と勧められ、創業を決意しました。

 

 藤永さんが焼くお好み焼きは、ヘラで押しながら適度に水分を飛ばす昔ながらのスタイル。キャベツは食感と本来の風味を楽しんでもらうために、あえて切り揃えずランダムにカットしたり、天かすではなくイカ天を入れたり、麺にはケチャップとガーリック系のスパイスで下味をつけるなど、こだわりが詰まっています。オープンから約1ヶ月ですが、リピーターも徐々に増え、評判は上々です。

 

店主の藤永夏海さん。藤色の暖簾が目印です。

 定番のお好み焼きのほか、藤永さんの出身地である府中市のご当地お好み焼「府中焼き」や三次市のご当地お好み焼「三次唐麺焼」も提供。府中焼きは、通常脂身の多いミンチ肉を使うのに対して、こちらでは赤みの多い合挽き肉を使い、肉の風味や食感もしっかり残しています。また、イノシシの鉄板焼やシカの鉄板焼などのジビエ料理や牛ホルモンなどの鉄板小料理も用意。地元の美和桜酒造が作る地酒とともにお楽しみください。

 

 三次広域商工会では、1年かけて藤永さんの創業を支援。物件探しから、融資、事業計画書の作成、市の補助金申請のサポート、商店街の方々とのコミュニティの構築など、多方面からバックアップしました。今後も新商品の開発や広報支援などの伴走型支援を継続する予定です。「地域の方に愛されて、長く続けていけるお店にしたい。商店街の活性化に少しでも貢献できたらうれしいです」と藤永さんは話しました。

 

古い民家の梁や柱を活かした古民家風の店内。

○お好み焼き・鉄板小料理 藤の家(ふじのや)

住所/三次市三良坂町三良坂921

TEL/0824-44-4777

営業時間/11:00~14:30(LO13:30)

     17:30~21:30(LO20:30)

定休日/水曜ほか不定

顧客の心理を刺激する販促術を身につけませんか?(神辺町商工会)

[元お笑い芸人という異色の経歴を持つ講師が、あらゆる商品やサービスに応用できる販促術を伝授]

セミナー・プロジェクト

神辺町 商工会

 9月6日(木)、神辺町商工会がビジネス心理コンサルタントの岸正龍氏を迎えてセミナーを開催します。テーマは『お客さま心理を刺激する 小さなお店のバカ売れ販促術 ~7坪の小さなお店を年商5億円に!~』。

 

 岸氏は上智大学を卒業後、萩本欽一さんの事務所でお笑い芸人になった経歴の持ち主。コピーライターやデザイナー等の職業を経て、実家の宝石店に勤務しました。その後、自ら立ち上げた7坪の眼鏡雑貨店『モンキーフリップ』を世界10ヶ国、200店で扱われる眼鏡ブランドへと成長させ、現在は経営の傍ら、ビジネス心理のコンサルタントとして活躍しています。元、芸人ならではの軽妙な話術と自身の経験をもとにしたセミナーは、「面白い」「役に立つ」と評判です。

 

 セミナーの内容は、『ビジネスを成功させるための絶対法則』や『お客さまがドンドン集まる魔法のふろしき』『大企業に負けないたったひとつのもの』など。すぐにビジネスに活かせるヒントが満載です。

 

 大企業やネットショップにお客さまを奪われている、または奪われると不安を抱えている経営者の方、ジリジリと売上が減少し、なにか対策を打たねばと効果的な方法を模索している経営者の方、販促企画がマンネリ化し、新しい企画を探している販促担当者の方、ぜひふるってご参加ください。

 

 参加希望の方は下記にリンクした申込用紙を出力の上、必要事項を記入して神辺町商工会までFAX(084-963-5258)にてお送りください。

 

申込用紙はこちら

 

○お客さまの心理を刺激する『小さなお店のバカ売れ販促術』 

 ~7坪の小さなお店を年商5億に!~

日時/2018年9月6日(木) 19:00~20:30

会場/神辺商工文化センター(福山市神辺町川北892-1)

参加費/無料

お問合せ/神辺町商工会 TEL 084-963-2001

利益を生み出す経営セミナー『事業計画作成の大切さを学ぼう』に     参加しませんか?(沼田町商工会)

[経営利益を生み出す事業計画の作成方法を、セミナーと経営実例の2部構成で学習]

セミナー・プロジェクト

沼田町 商工会

 8月22日(水)、沼田町商工会が『事業計画作成の大切さを学ぼう』と題したセミナーを開催します。講師は全国各地に出向いて経営者の育成に尽力する(株)アイムサプライ代表取締役の伊豆田功氏。『経営利益を生み出す事業計画の秘訣』として、事業に大切な“あるべき姿の見える化”“経年変化フローの見える化”“提供価値フローの見える化”の3つのポイントについて解説します。

 

 また、経営実例として(有)小川モータース代表取締役の小川治孝氏も講師として登場。小川氏は事業計画策定により本業である(有)小川モータースを大きく成長させたほか、『スマイル10アール事業』で、農業者も巻き込みながら地元三次市甲奴町の米のブランド化に努めるなど地域活性化にも精力的に取り組んでいます。経験者だからこそ語れる物語の中に、これからの経営に関するヒントがたくさん詰まっています。

 

 参加費は無料で、どなたでも受講可能。参加希望の方は下記にリンクした申込用紙を出力の上、必要事項を記入して沼田町商工会までFAX(082-848-2895)にてお送りください。電話での申し込みも可能です。この機会に自社の経営を見つめ直してみませんか?

 

申込用紙はこちら

 

○利益を生み出す経営セミナー

 事業計画作成の大切さを学ぼう

日時/2018年8月22日(水) 14:00~16:00

会場/沼田町商工会隣会議室 (広島市安佐南区伴東4-18-6)

参加費/無料

定員/30名

お問合せ/沼田町商工会 TEL 082-848-2869

『ストーリーから考える商品開発セミナー』終了(県連)

[3日間のカリキュラムが終了。最終日はワークショップで実践型の模擬商談を実施]

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

セミナーでは商品の魅力を伝える方法と種類を学習。

 6月28日(木)から3日間のカリキュラムで行われた県連主催の『ストーリーから考える商品開発セミナー』が、7月12日(木)に最終日を迎えました。

 

 受講者たちは第1回目で、商品開発の考え方やコンセプトとストーリー作り、第2回でマーケティングの考え方、顧客ニーズの考え方などを学習。この日の講義では、商品の魅力を伝える方法とその種類などについて学びました。冒頭に渡貫氏は、「自分たちが認識している商品の魅力が、相手が望むこととは限らない」ときっぱり。その上で、商品の魅力を伝えるためのツールとして『売場』『写真』『展示会』の3つを挙げ、顧客の心を掴むための商品の魅せ方を丁寧に説明しました。

 

受講者たちは、本番さながらの模擬商談で自社商品の魅力を訴えていました。

 その後、講師の小倉氏が商談会に有効な提案書の作り方を紹介。地域、産地の紹介、企業の歴史、商品の特徴(素材、技術、文化など)、ターゲットと利用シーン、ビジョン・将来展望を盛り込んだ提案書を作っておくことで、バイヤーとの商談もスムーズに進むとアドバイスしました。

 

 さらに小倉氏は、実際の商談会の多くは20分ほどで行われることが多く、限られた時間で自社の魅力を伝えるためには練習と事前の準備が必要だと訴えました。「名刺交換や商品説明、試食などはできるだけ短くして、バイヤーとのディスカッションの時間をしっかりとるべき」と、バイヤーに商品の価値を伝えるためのノウハウを伝授していました。

 

 講義後は、2つのグループに分かれて模擬商談演習を実施。受講者が事業者とバイヤーに分かれ、本番さながらの実戦形式で商談を行いました。受講者は緊張しながらも懸命に自社の魅力をPR。各講師は一人ひとりの受講者に対して、丁寧にアドバイスを行っていました。

西日本豪雨災害の被災地にランドセルを寄贈(県青連備南地域協議会)

[青年部のネットワークを駆使して1日で133個のランドセルを収集し、岡山県の子どもたちへ]

広島県商工会連合会

青年部の声かけで集まったランドセル。大切なランドセルを提供してくださったみなさん、ありがとうございました。

 7月6日に発生した西日本豪雨災害は、広島県や岡山県を中心に甚大な被害を出しました。懸命な復旧作業が続く中、福山北商工会の佐藤さんの下に、あるSOSが届きました。「息子の部活で繋がりのあった岡山県矢掛町や真備町の保護者から、この災害でランドセルが流され多くの子どもたちが困っている。助けてほしい。と連絡がありました。同級生のグループラインに相談を持ち掛けたところ、同じ福山北商工会青年部で備南地域協議会監事の小川さんが、備南地域協議会へ協力依頼してみようと提案してくれました」と佐藤さん。

 

 小川さんが尾道しまなみ商工会青年部で同協議会会長の奥本さんに声をかけると、奥本さんはすぐに青年部のネットワークを使って呼びかけました。各青年部員が自分たちの地域で懸命に動き、その日のうちに集まったランドセルはなんと133個。奥本さんも「こんなに集まるとは思わなかった」と驚きを隠せません。翌日には集まったランドセルをボランティア団体に託し、活動を終えました。

 

 「日ごろから強い備南地域をテーマに活動してきました。SOSを聞いた青年部員がそれぞれ一歩前へ踏み出した結果が、今回のボランティア活動に繋がったのだと思います」と奥本さん。その言葉通り、備南地域協議会のネットワークの強さとフットワークの軽さ、そして青年部らしい熱い想いを感じさせてくれる活動でした。備南地域協議会では、不足があれば追加で対応する準備があるとしています。

このサイトを広める