アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-弁当・惣菜 しみず(五日市商工会)

[手作りのお惣菜とできたてのお弁当は、どこか懐かしさを感じる優しい味わい]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

ショーケースには旬の食材を使ったお惣菜がずらり

 テイクアウトのニーズが高まる中、手作りの優しい味わいで人気を集めているお弁当屋さんがあります。「弁当・惣菜 しみず」は、昭和58年に現代表・清水淳さんの父、正樹さんが創業。平成20年に五日市コイン通り店がオープンしました。

 

 お店に入って目に留まるのは、大きなショーケースに並んだ美味しそうなお惣菜の数々。和洋中、バラエティに富んだ20~25種類が揃います。惣菜はどれも添加物などをできるだけ使用しない、体に優しいものばかり。子どもに安心・安全なものを食べさせたいという若いママからの支持も集めています。お惣菜は量り売りで買えるだけでなく「お店でお弁当を買う時」に副菜として選ぶことも可能。720円のお弁当で3種類、570円のお弁当で2種類の惣菜が選べます(配達の場合、副菜はお店にオマカセ)。毎日半分以上のお惣菜を変更されるそうで、飽きが来ないのも魅力です。

 

圧倒的な人気を誇る唐揚げ「しみずの唐揚げ」

 看板メニューは、創業当初から変わらぬ味を守り続ける唐揚げ。醤油ベースのタレにじっくりと漬け込んだ鶏はジューシーで、冷めても柔らかいのが特徴。しっかり味がついていて、おかずにもお酒のアテにもぴったり。人気お弁当ランキングでも「唐揚げ弁当」が首位を独走中です。

 

11月からは数量限定「おせち」の予約受付が始まります。約21種類の料理を詰め込んだ豪華な内容で、2~3人前13,500円(予定)。店頭受取で500円引きになります。12月上旬には予約がいっぱいで完売してしまうという特製おせち。気になる方はお早めにお問い合わせください。

 

昔ながらの優しい味付けで、小さなお子さんから大学生、ご年配の方まで幅広いファンを持つお弁当屋さん。長く親しまれる手作りの美味しさをご家庭でお楽しみください。

 

 

 

 

代表の清水淳さんと夕希子さん

○弁当・惣菜 しみず

住所/広島市佐伯区五日市中央2-9-1

TEL/082-943-5208

営業時間/10:30~14:00、16:00~19:00

休み/日曜・祝日

HP/https://www.shimiben.com/

 

蒲刈発!初夏のはちみつを使ったコラボ商品が登場!(呉広域商工会)

[自然豊かな上蒲刈島で丁寧に作られる「生はちみつ」が「海人の藻塩」とコラボ]

セミナー・プロジェクト

呉広域 商工会

 呉市上蒲刈島の「七国見山養蜂園」では、はちみつ本来の美味しさと栄養を届けるため、ミツバチが集めてきたはちみつに何も加えず、加熱処理もしない「生はちみつ」を丁寧に作っています。商品は「春のはちみつ」「夏のはちみつ」「初夏のはちみつ」など。収穫した時期に合わせて、異なる風味や香りを感じさせてくれるラインナップです。

 

 その丁寧に作られるはちみつと地元の特産品「藻塩」がコラボした商品が登場。藻塩とは、「ホンダワラ」という海藻を原料にしたもの。海の塩分とミネラルを合わせた風味豊かな塩です。コラボ商品のひとつ「藻塩のはちみつフォンダン」は、藻塩とはちみつのマリアージュをまろやかに仕立て、大人の味わいを実現。パンケーキなどスイーツのアクセントはもちろん、トーストやバゲット、チーズのお供にもぴったりです。

 

 また、「カカオニブと藻塩のはちみつ」は、スーパーフードのカカオニブと藻塩を加え、味わい深いはちみつに仕上げました。トーストやバゲット、チーズ、果物、ハムなどとの相性がよく、健康面にも寄り添った商品です。

 

 どちらもこの季節だけの期間限定。自然豊かな上蒲刈島で丁寧に作られたはちみつと藻塩のユニークなコラボ、気になる方はぜひHPからご購入ください。

 

七国見山養蜂園のHPはこちら

 

○お問合せ 呉広域商工会 TEL 0823-70-5660

事業者紹介-中ちゃん農園(神石高原商工会)

[神石高原町の「JIN(神)プレミアム」認定。有機栽培のニンニクを使ったバラエティ豊かな商品ラインナップ]

事業所・店舗紹介

神石高原 商工会

にんにく醤油漬(450円)、にんにくオリーブオイル漬け(700円)など自社栽培のニンニクを使った加工品が人気

 神石高原町の豊かな自然環境の中で米やニンニク、シイタケ、季節の野菜などを栽培している「中ちゃん農園」。自社栽培の作物を使った加工品も手掛けています。看板商品は化学肥料を使用せず、堆肥のみで大切に育てたニンニク。そのニンニクを使った加工品は神石高原町のプレミアムブランド「JIN(神)プレミアム」にも認定されています。

 

 ニンニクは収穫してから、一つひとつ丁寧に皮をむいてから加工。ニンニクの醤油漬けやオリーブオイル漬けなど様々な商品が、完成まで全て手作業で作られています。なかでも、商品開発に1年を要した「オリーブオイル漬け」は料理の手間を省き、味がワンランクアップするアイテムとして人気。また、酢にニンニクの風味やうま味を移した「にんにく酢」なども製造しています。炒め物などに加えるとニンニクのうま味と風味が残り、一層料理の味を引き立てます。

 

「体にもよいニンニクを手軽にご家庭でもお楽しみください」と代表の細川さん

 秋には新商品、激辛の唐辛子を使ったオリーブオイル漬けも登場予定。辛さがクセになる刺激的な味わいです。

 

 ニンニクの加工品は、神石高原町内の道の駅「さんわ182ステーション」で購入可能。今後、「さんわ182ステーション」のHPでも購入できるようになる予定です。同道の駅のHPにも細川さんのインタビューが紹介されていますので、そちらもぜひご覧ください。

 

細川さんのインタビューはこちら

 

 こうした商品は、代表の細川中一さんの「安心安全で料理にすぐに使える商品を開発したい」という想いが形になったもの。ニンニクの美味しさをもっと手軽に、ご家庭の味に取り入れてみませんか?

 

○中ちゃん農園

住所/神石高原町新免429-1

TEL/0847-83-0405

事業所紹介-日栄産資株式会社(神辺町商工会)

[徹底した品質管理で高品質のフレキシブルコンテナバッグを提供。国内シェアNO.1企業に]

事業所・店舗紹介

神辺町 商工会

フレキシブルコンテナバッグがこちら。形状は角型や円筒型などがあります

 「フレキシブルコンテナバッグ」を知っていますか? 粉末や粒状の荷物を保管・運搬するための袋状の包材のことで、略してフレコン、1tバッグ、コンテナバッグ、フレコンバッグとも呼ばれています。ポリエチレンやポリプロピレンなどの丈夫な化学繊維で織られたシートとベルトで構成され、穀物や飼料、土砂など、粉状のものの梱包・輸送に適しており、平均的なもので1t程度の重さまで耐えられる造り。バッグ自体は軽量で価格も安価であることから、幅広い分野で使用されています。

 

 このフレキシブルコンテナバッグを作っている企業は全国で40社ほど。福山市神辺町に本社を構える日栄産資(株)もその一つです。ここでは、昨年1月に完成した駅家工場を含め、4つの工場で原材料の仕入れから裁断、縫製、完成までを一貫して製造。国内シェアは20%で全国一を誇ります。

 

 バッグの95%が海外で製造される中、国内生産のものは医薬品や食品などを入れるためのバッグとして需要があり、高い品質管理が求められます。こちらでは、エアシャワーを完備するなど、ISOレベル9の基準をクリア。仕入れた原材料はまず検査、クリアしたものを縫製作業員が縫製、完成途中にも検査するなど、製造する全工程で検査や異物を取り除く作業を実施。用途に合わせて異物対策をコントロールしながら、徹底した品質管理を行っています。

 

徹底した品質管理で唯一無二の企業に成長

 こうした技術を活かし、近年では簡易担架やコンテナカバーなどの製造にも着手。新型コロナウイルスワクチンを運ぶための専用キャリーバッグも同社が提供しています。このニュースは神辺町商工会青年部のYouTubeチャンネル「かんなべ経済レポート」でも紹介されました。

 

かんなべ経済レポートはこちら

 

 市場のニーズに合わせて品質を高め、国内シェアNO.1の企業へと成長した同社。今後の動向にも注目です。

 

○日栄産資株式会社

住所/福山市神辺町新湯野59-5

TEL/084-960-5766

広く情報発信するYouTubeチャンネルを開設(広島安芸商工会)

[第1弾は「海田さつまの素」を使ったレシピを、高校生が実演しながら分かりやすく紹介]

クローズアップ商工会

広島安芸 商工会

 近年では食べられる機会が少なくなっていた海田町の郷土料理「海田さつま」を気軽に食べてほしいと、海田高校家政科の生徒たちが株式会社ますやみその協力を経て商品化した「海田さつまの素」。今年2月に開催された広島安芸商工会主催の新商品発表会では、メディアや地元の飲食店などに向けて、商品開発への思いやアレンジメニューなどが紹介され、注目を集めました。

 

 さらに一般家庭でも手軽に「海田さつまの素」を活用してほしいとの思いからYouTubeチャンネル「広島安芸チャンネル」を開設。食欲がなくてもさっぱりと食べられる「冷や汁」やそうめんなどのレシピを、実際に生徒たちが調理しながら分かりやすく伝えています。

 

 今後は冬メニューの動画を作成予定。同商工会では、地域事業者への支援の一つとして、YouTubeやSNSの重要性を伝えるとともに、動画の作成支援や「広島安芸チャンネル」での情報発信などを行っていく予定です。チャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

 

YouTubeチャンネル「広島安芸チャンネル」はこちら

 

○お問合せ 広島安芸商工会 TEL 082-822-3728

今年度14名が入部!青年部のローラー作戦が熱い!(神辺町商工会青年部)

[部員減少を受けて、部員拡大に特化した専門のプロジェクトチームを発足]

クローズアップ商工会

神辺町 商工会

商工会や青年部の魅力を詰め込んだ「加入推進セット」。訪問した事業所に手渡します

 神辺町商工会青年部では、部員拡大を専門で行うチーム「Sプロジェクト」を立ち上げ、6月から活動をスタートしています。メンバーは営業職やサービス業など、コミュニケーション能力に長けた部員14名。その手法は地道なローラー作戦です。商工会員名簿から若手経営者・後継者・従業員などのターゲットを絞り込み、電話でアポを取ることからスタートします。リストアップから全て部員で行いますが、同商工会青年部の凄いところはここから。アポ取りのためのマニュアルを独自に作成し、電話のかけ方や言い回しなどをメンバー全員で共有しました。

 

 

 

 アポが取れた事業所には、Sプロジェクトのメンバーが2人一組で訪問。部長が登場するプロモーションビデオを見てもらったり、青年部や商工会のことが分かるチラシパンフレットを手渡したりしながら、「自身が成長できる」「人脈ができる」など、青年部の魅力を直接PR。こうした地道な活動が功を奏し、今年度4月からの3ヶ月(7月現在)で14名が青年部に入会し、今年度の目標をすでに達成しています。

 

入部式の様子。部長から一人ひとりに入部証が手渡されました

 また、7月27日には、新しく青年部の仲間になった部員が参加する入部式を初めて開催。入部証やインパルスバッジを贈呈し、名刺交換するなど部員同士の交流も深めました。今後は、青年部の理念や活動を紹介する研修会も開催予定。ざっくばらんに意見交換できるディスカッションも予定しています。入部後のフォロー体制も万全です。

 

 同商工会青年部ではSプロジェクトの活動により、さらなる部員拡大を目指します。

 

 

●お問合せ 神辺町商工会 TEL084-963-2001

YouTubeチャンネル「かんなべ経済レポート」配信スタート!(神辺町商工会青年部)

[デジタルコンテンツを活用し、青年部員事業所の魅力発信と部員拡大に挑む!]

クローズアップ商工会

神辺町 商工会

 全国的に部員の減少が課題となっている商工会青年部。神辺町商工会も例外ではなく、今後3年間で20名が卒業する予定です。そこで大きなテーマになっているのが部員拡大。この課題を克服すべく、同商工会青年部では2021年5月に精鋭部員で構成された「Sプロジェクト」チームを立ち上げ、課題解決に取り組んでいます。このチームは、広報、デジタル推奨、部員拡大を専属で行うチーム。営業職などを中心に14名が参加しています。

 

 その活動のひとつとして6月からYouTubeチャンネル「かんなべ経済レポート」の配信をスタート。企画、取材、撮影、編集、アップロードまで全てを青年部員が担当するオリジナル番組です。これまで、新店舗や新商品などの話題性のある6事業所が登場。店舗や商品、人の魅力はもちろんのこと、青年部との関わりや想いを引き出し、青年部自体の良さも伝わるように工夫されています。

 

地元の情報誌2社に取材されるなど、その知名度はうなぎのぼり。今後は月2本のペースでアップロードする予定です。早くからデジタル化に取り組んできた同商工会青年部のクオリティの高さと熱意が感じられる「かんなべ経済レポート」。ぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いします。

 

YouTubeチャンネル「かんなべ経済レポート」はこちら

 

●お問合せ

神辺町商工会 TEL 084-963-2001

「アフターコロナのプレスリリース」セミナーに参加しませんか?(沼田町商工会)

[マスコミが積極的な取材を始めた今がチャンス!広告費ゼロでお店やサービスをPR]

セミナー・プロジェクト

沼田町 商工会

 8月26日(木)、沼田町商工会が「アフターコロナのプレスリリース」と題したセミナーを開催します。プレスリリースとは、新聞やテレビなどの報道機関に向けて情報を発信すること。ハードルが高いと感じて、躊躇している人も多いかもしれません。実はこのプレスリリース、ノウハウさえ分かれば意外と簡単。しかも費用をかけずに宣伝効果が期待できる優れものです。

 

 セミナーは2部構成で、第1部では、「プレスリリースとは?」「SNSとの複合技」「メディアに取り上げられやすいネタ」などのプレスリリースの基礎を学習。第2部は実践編として実際にプレスリリースを作るワークショップを行ったり、SNSや動画コンテンツとの関わりなどについて解説します。

 

 講師は経済誌・ログノートの編集長、藤原茂氏。(株)第一経済レポートで編集長を務めた経験を活かし、中小企業をPR&サポートする経済誌「ログノート」を創刊したその道のプロです。

 

 参加希望の方は下記にリンクしたチラシを出力の上、必要事項を記入して沼田町商工会(FAX082-848-2895)までお送りください。電話(082-848-2869)でも受け付けています。

 

 

申込用紙はこちら

 

○アフターコロナのプレスリリース

日時/セミナー221年8月26日(木)第1部14:00~15:30

                  第2部15:45~17:00

会場/沼田町商工会 会議室(広島市安佐南区伴東4-18-6)

※蔓延防止等重点措置適用のためチラシから会場が変更になっています。

参加費/無料

定員/8名 ※定員になり次第締め切り

お問合わせ/沼田町商工会 TEL 082-848-2869

「海外ECサイト有効活用セミナー」参加者募集!(東城町商工会)

[中小企業も積極的に販路開拓する時代!無料のオンラインセミナーでノウハウを習得しよう!]

東城町 商工会

 9月14日(火)14時より、東城町商工会が「海外ECサイト有効活用セミナー」を開催します。このセミナーは令和3年度経営発達支援事業の一環としてオンラインで実施されるもので、どなたでも参加可能です。

 

 講師を務めるのは、ジェイグラブ株式会社の代表取締役、山田彰彦氏。山田氏は、大手ITポータルサイト「Yahoo!」にて国内・国際EC専門サイト事業に携わり、通算25年以上の経験を持つスペシャリスト。海外ECサイトで販路開拓や新規顧客開拓するためのノウハウを分かりやすく解説します。

 

 参加希望の方は下記にリンクしたチラシを出力の上、必要事項を記入して東城町商工会(FAX 08477-2-3129)までお送りください。メール(fujiura-d@hint.or.jp)でも受け付けています。

 

 身近になった海外での販路開拓。今回は、Zoomを活用してオンラインで実施します。興味のある方はぜひご参加ください。

 

申込用紙はこちら

 

○海外ECサイト有効活用セミナー

日時/2021年9月14日(火)14:00~16:00

会場/庄原市東城支所 3階 大会議室 (庄原市東城町川東1175)

参加費/無料

定員/20名 ※定員になり次第締め切り

お問合わせ/東城町商工会 TEL 08477-2-0525

 

上下町商工会 渡邊理事が東京2020パラリンピックへ出場!      ~射撃2種目(10m混合エアライフル伏射・50m混合ライフル伏射)~

地域イベント

上下町 商工会

 令和3年8月24日から開催される、東京2020パラリンピックの射撃(10m混合エアライフル伏射・50m混合ライフル伏射)2種目に、上下町商工会の理事で、渡辺石灰㈱ 代表取締役の渡邊裕介さん(45歳)が初出場されます。

 

(渡邊選手代表に選出 関連記事) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210810/k10013193641000.html

去年の全日本選手権では、混合ライフル伏射の種目で3連覇を達成

 

 渡邊さんは、2004年5月、機械に巻き込まれ右腕を失って入院していた際、アテネパラリンピックの特集をテレビで見たことをきっかけに競技を開始。

 奥様からの後押しや、大学時代にアーチェリーの経験があったことから射撃をやってみようと決心。

 世界的にもごく少数とされる義手を装着してライフルを扱う渡邊さんの目標は「これからも射撃を通して夢を語っていきたいし、パラ射撃部門の出場最高年齢(72歳)を塗り替えられるよう、生涯射撃を続けて楽しんでいくこと」だそうです。

 渡邊さんは、10メートル先の標的を狙う混合エアライフル伏射と、50メートル先の標的を狙う混合ライフル伏射の2種目で、いずれも自分の腕で銃を保持して撃つ「SH1」のクラスに出場予定。

初のパラリンピックで2種目に出場予定の渡邊選手(中央)

 

 本大会での渡邊さんのご活躍を祈念します。