事業所紹介-青空喫茶 ハチのひぐらし(沼田町商工会)

[これからの季節にぴったり。厳選素材で作る体に優しいドリンク&かき氷をどうぞ!]

屋台風のお店はインパクト抜群。「こだわりの素材を使って体が喜ぶメニューを提供しています」と店主の森本佳奈さん

 安佐南区沼田町の人気ベーカリー「カドナ」の敷地内に、一風変わった屋台風の喫茶「ハチのひぐらし」があります。添加物不使用、できるだけ自然素材にこだわった自家製シロップで作るドリンクやかき氷が味わえます。

 

 素材には砂谷牧農の牛乳といった地域のものや自家栽培のブルベリー、ハーブなど戸山産の食材をできる限り使用。砂糖はきび砂糖を使用するなど、体に優しい素材を使用した素朴な美味しさが魅力です。

 

 おすすめは自家採取のハチミツがある時にだけ味わえるという「ハチミツレモン」を使ったドリンク。レモンは瀬戸田町産の無農薬・有機栽培で皮まで食べられる安心安全なレモンを使用しています。お店には常時10種類のドリンクがスタンバイ。どれもさっぱりとした味わいでこれからの季節にぴったりです。

 

パイナップルと自家栽培のハーブを使ったかき氷

 ドリンクと同じシロップを使ったかき氷は4種類。氷は144時間かけてゆっくりと凍らせた己斐製氷の「安芸極み純氷」を使用。口どけの良いふわふわとした食感が楽しめます。これからの季節はブルベリー、梅、パイナップルなどのフレーバーが登場予定です。その他、東広島市西条町にある「アズベリーコーヒー」の豆を使ったコーヒーも販売しています。

 

 現在は土曜、日曜、祝日のみの営業。雨の日は定休日になります。営業日やメニュー、イベントなどの詳細はインスタグラム(@hachi_no_higurashi)でチェックできます。お問い合わせはインスタグラムのDMからどうぞ。今後は古民家を改装した喫茶のオープンを目指しています。沼田町商工会では、これまで補助金の申請支援や確定申告(決算)などで同店をサポート。店舗開店に向けても支援を行っていく予定です。

 

 季節感あふれる手作りシロップを使ったドリンクやかき氷で、いつ訪れても新しい一杯に出合えるお店。ドライブがてら出掛けてみませんか?

 

○青空喫茶 ハチのひぐらし

住所/広島市安佐南区沼田町大字吉山314(カドナ敷地内)

営業時間/10:0015:00

土曜、日曜、祝日のみの営業

事業所紹介-FOCACCERIA PUFFER(尾道しまなみ商工会)

[県内でも珍しいフォカッチャ専門店がオープン!バラエティ豊かなフォカッチャなどがスタンバイ]

「本場の生地を再現しながら向島らしさも盛り込んでいきたい」と鈴木さんご夫婦

 カフェや雑貨店などオシャレなスポットが続々と誕生している尾道市向島町に、46日新しいグルメスポットが誕生しました。「FOCACCERIA PUFFER」は、県内でも珍しいフォカッチャの専門店です。フォカッチャはローマ時代に誕生したとされる、イタリアの伝統的なパン。小麦粉、オリーブオイル、酵母などシンプルな材料で作る素朴な味わいが長く愛されています。

 

 こちらの専門店では、イタリア産の小麦を使い本場により近い味わいを再現。ショーケースには、具材を生地に練り込んだり、のせたりしたバラエティ豊かなフォカッチャなどが並びます。生地は定番の「さっくり」、イタリア産小麦と国産小麦をブレンドした「もっちり」、生地にジャガイモを練り込んだ「さく・ふわ」の3種類。トッピングにはできるだけ近隣で採れた野菜などを使用して季節感を演出しています。生地やトッピングの違いで多彩な風味や食感が楽しめます。

 

 店を営む鈴木さんご夫婦は、関西から奥様の祖父母の家がある尾道に移住。ご主人はピザ職人、奥様も飲食店に勤めていたこともあり、それを活かして地域に貢献したいと考えていました。これまでの経験を活かせ話題性もあるフォカッチャに注目し、専門店をオープンすることになりました。尾道しまなみ商工会が創業支援を支援。今後も広報や販路開拓など幅広いサポートを行っていく予定です。

 

 

見た目にも楽しいフォカッチャ(280円~)

 夏までには、フォカッチャに合うお惣菜やデザート、焼き菓子、ドリンクなど、新メニューの販売もスタート。「海のある穏やかな気候の向島はイタリアの気候と似ています。ここを拠点にフォカッチャ文化を伝えていきたい」と鈴木さんは話します。

 

 インスタグラムではその日のメニューや焼き上がり時間などを発信中です。@fococceria_pufferでチェック!

 

FOCACCERIA PUFFER(フォカッチェリアパッファー)

住所/尾道市向島町5534-27 キャッスル向島1F

営業時間/10:0013:0016:0019:00(当日変更あり)

休み/月火曜

事業所紹介-肉・野菜料理 寿(神辺町商工会)

[シェフのアイデアと技が光る和ベースの創作料理をライブ感たっぷりのカウンターで]

丁寧な手仕事が光る一皿を提供

 オーナーシェフの石原友義さんのアイデアやひらめきから生まれる、和ベースの創作料理が堪能できる一軒。グランドメニューはなく、自家栽培の野菜や市場などで買い付けた食材に合わせてメニューを決定。肉料理を中心にシェフの技が光る一皿が楽しめます。

 

 牛肉は赤身と脂身のバランスが良い国産牛を厳選。和牛の麻婆豆腐やイチボのカルパッチョなど、食材と調理法の組み合わせもユニークです。旬の食材を使ってシンプルな調理法で作られる料理は、メニュー名もとてもシンプル。テーブルに運ばれてくると、いい意味で期待を裏切られる楽しさがあります。また、アラカルトのほか、コース料理(8,800円~)も可能です。予算や量、好みやその日の気分に合わせて相談できます。

 

 こちらで提供しているメニューはすべて小麦粉を使っていません。グルテンフリーにこだわって、米粉を使用しています。「アレルギーがある人にも美味しい料理を心からたのしんでほしい」との思いから、マヨネーズも豆乳で手作り。アレルギーのある方にも、できる限り寄り添ったメニューを提供しています。

 

 石原さんはバーテンダーの経験もあり、お酒の知識も豊富。プロが厳選したカクテルやモクテル(ノンアルコールカクテル)など、こだわりの1杯も味わえます。

 

しっとりと落ち着いた店内。シェフとの会話も楽しんで

 店内はシェフが目の前で腕を振るうカウンター席が中心。目の前で料理が作られていくライブ感を楽しみながら、手間暇かけた自慢の料理を味わってみませんか?

 

○肉・野菜料理 寿(ことぶき)

住所/福山市神辺町新徳田259

TEL080-9794-6121

営業時間/17:3024:00LO23:00

休み/不定休

事業所紹介-ティーケーシー(尾道しまなみ商工会)

[確かな技術と知識を活かし船舶のサイレンサーやダクトなどを製造。夢は自社工場の建設]

 

「これからも取引先の方に信頼していただける仕事をしたい」と代表の古賀丈士さん

「ティーケーシー」は、主に熔接工事を行っている企業。船舶関係を中心に、船のサイレンサーやダクト、タンクなどを製造しています。2022年の創業後、業績を伸ばしている勢いのある企業です。

 

 代表の古賀丈士さんは、高校卒業後製缶工場に就職。鉄の加工を学び、その後現場で取り付けを行う企業に転職しました。工場と現場で培った幅広い知識と技術を活かして昨年独立。「自分が製造したものを見て、取引先の方が喜んでくれるのが嬉しい」と笑顔を見せます。

 

 古賀さんが目指すのはスピーディかつ丁寧な仕事。「美しい製品を早く作れるように、いろいろなやり方を試しながら、自分にしかできないオリジナルのマニュアルを作っていきたい」と話します。

 

 尾道しまなみ商工会に入会し、青年部にも所属。昨年は地域イベントにも参加しました。今年度も引き続き、部員のみなさんと一緒に様々な取り組みにチャレンジしていきたいと考えています。同商工会では、創業にあたって、事業計画書の作成サポートや融資についてアドバイス。引き続き、様々な支援を行っていく予定です。

 

 現在は貸工場で作業していますが、今後の夢は自社工場の建設。さらに設備投資にも力を入れ、特殊な加工ができる機械を導入したいと考えています。「特殊な機械とそれが使える技術があれば、オンリーワンの企業が目指せます」と古賀さん。これからも自分にしかできない仕事を提供するため、技術の向上に力を注いでいきます。

 

○ティーケーシー

住所/尾道市向東町3941-2

営業時間/8:0017:00

休み/土日曜・祝日

E-mail/1129tk24@gmail.com

※お問合せはメールでどうぞ

事業所紹介-政兵衛ファーム(尾道しまなみ商工会)

[尾道市の岩子島で日本一の収穫量を誇るわけぎを栽培。6次産業化で惣菜の製造にも着手]

甘味と酸味のバランスが良いヨーク

 尾道市向島はわけぎの全国シェアNO.1の生産地です。ここでトマトとわけぎの栽培を行っている平谷さんご夫婦。トマトは400㎡のハウスで年間45トンを収穫。卸業者を通して地元のスーパーで販売されています。ここで作られているトマトはヨークという品種。小さく育てるとうま味・甘味が増し、大きく育てると甘味と酸味のバランスが抜群。栽培方法によって様々な美味しさを楽しませてくれる品種です。平谷さんが目指すトマトは甘味と酸味のバランスが良く、トマトならではの美味しさを感じられるもの。水分、肥料の量を注意深く調整しながら、理想の味に近づけています。「栽培から10年が経ち、やっと消費者の方にご満足いただけるものができました。これからは規格外のものをいかに減らしていくかが課題です」と話します。合言葉は「毎年一年生」。毎年同じようにやってもうまくいかないのが農業。試行錯誤を繰り返しながら、さらに美味しいトマト作りに挑んでいます。

 

 

 

 

わけぎはこだわりの土で育てる露地栽培で

 一方、わけぎは土にこだわった露地栽培が中心。島の土は花こう岩で水はけがよく、わけぎの栽培に適していますが、さらに数年に一度、海の砂を畑に入れて土壌を改善します。砂と一緒に貝なども混ざることでカルシウム分やミネラル分が加わり、栄養の高い土になります。

 

 同ファームでは、まだまだ知名度の低いわけぎの美味しさをまずは地元の人に知って欲しいと考え、向島島内の飲食店と協力して毎年3月に「わけぎ祭り」を開催しています。初開催となった2022年には3店舗が参加。わけぎを使ったオリジナルメニューを開発し各店舗で提供しました。今年は飲食店も5店舗に増え、徐々に地元での認知度はアップしています。

 

 さらに今年は6次産業化にも着手。手軽に味わえる惣菜のオリジナルメニューを考案し販売する予定です。「わけぎの肉味噌」や「わけぎコロッケ」など、現在メニューを試作中。加工場を整備するとともに、わけぎの直売所も設ける予定です。

 

「特産品であるわけぎを守りたい」と平谷さんご夫婦

 「岩子島の生産者も高齢化し生産量も減っています。6次産業に取り組むことで新規就農者が増える起爆剤になったら嬉しいです」と平谷さん。現在、尾道しまなみ商工会のサポートを受けながら、事業計画書を作成中。同商工会は、融資関連や各種補助金の活用などでも支援を行っていきます。

 

 これまであまりなじみのなかった「わけぎ」。気軽に食卓に並ぶ日がそこまできています。

 

○政兵衛ファーム

TEL080-1640-2233

詳しい情報はインスタグラム(@masabee319)をチェック

事業所紹介-グルテンフリーのパン教室 ほぺ(尾道しまなみ商工会)

[3大アレルゲンを使わない安心安全な米粉パン。年内には向島島内に店舗もオープン!]

パン教室は福山市、三原市など市外からも訪れる人がいるほどの人気

 「グルテンフリーのパン教室 ほぺ」は小麦粉の変わりに米粉を使用し、卵も乳製品も使わないパンの作り方を教えてくれるパン教室。講師の石井友梨さんが自宅を使って月に78回開催しています。教室では生徒さんのレベルに合わせた7つのレシピを用意。初心者の方は1から、中級者以上の方は好きなレシピを選んで作ることができます。徐々にステップアップしたい方は1から順番にチャレンジしてみるのがおすすめです。

 

 米粉は小麦粉に比べて少し扱いにくく、コツが必要になる材料のひとつ。石井さんの教室では、独自に配合した材料のレシピと、失敗しないためのコツを一人ひとりに合わせてアドバイスしています。最大4名までの少人数で、細かなアドバイスが受けられるのが魅力です。教室の開催のほか、マルシェなどのイベントにも出店。57日(日)には、向島町立花にあるカフェ「ななまるカフェ」主催の「ななまるマーケット」で米粉パンを販売します。

 

誰でも安心して食べられる米粉パン

 ABCクッキングスタジオでパンやケーキの講師として活躍していた石井さん。結婚を機に退職しましたが、これまでの経験を活かしたいと小さなパン教室をオープンしました。当時使用していたのは小麦粉でしたが、自身のお子さんに小麦、卵、乳製品のアレルギーがあることが分かり、アレルギーのある子どもたちも食べられる米粉のパンを作ってみることになりました。「グルテンが含まれていなので、まずまとまらない。膨らまずにお餅のようなものができてしまう。最初はまったくうまくいきませんでした」と当時を振り返ります。

 

 米粉パンについて調べていく中で興味を持った3人の講師のオンラインレッスンに参加。学んだことを活かしてオリジナルレシピを開発し、現在に至ります。試作に使った米粉は10㎏以上。納得がいくまで試作を繰り返しました。

 

 「米粉パンを作り始めたころは、ニーズがあるのか全くの未知。徐々に同じ悩みを持つおかお母さんが集まるようになり、必要としている人がいると実感できるようになりました」と石井さん。石井さんの作るパンは3大アレルゲン不使用。さらに白砂糖、肉類も使いません。米粉、きび砂糖、イースト、塩、米油のみのシンプルな材料で作る、安心安全な米粉パンを提供しています。今では、アレルギーを持つお母さんだけでなく、健康志向の高まりもあってニーズが急増。今後はいつでも好きな時に米粉パンが購入できるように、店舗のオープンも予定しています。「米粉パンを気軽に手に取ってもらえる環境を整えたい。年内にはオープンしたいです」と石井さん。教室の日程や新店舗の進捗状況はインスタグラム(@hope_komeko)、公式LINEで発信中です。

 

公式LINEはこちら

 

 しっとりとして柔らかく、自然で素朴な甘さが魅力の米粉パン。お店のオープンが楽しみです! 

 

○グルテンフリーのパン教室 ほぺ

住所/尾道市向東町

開催時間/10:0012:00

お問合せは公式LINEまたはインスタグラムのDMでどうぞ

事業所紹介-白根りんご農園(備北商工会)

[5月5日、リンゴ園にジビエ専門のバーべキュー場がオープン。春のお出かけにぴったり!]

開放感抜群のバーベキュー場

 庄原市比和町にある「白根りんご農園」は、無袋栽培や樹上完熟などこだわりの栽培方法で約1,700本、30品種のリンゴを育てています。県内では高野町がリンゴの産地として有名ですが、ここ比和町も標高の高い寒冷地で、寒暖差が大きくリンゴ栽培に適した気候。年間約60t収穫し、販売期間の10月から年末には、リンゴを求めて遠方からも多くの人が直売所を訪れます。また、ODMによるジュースやジャム、アイスなどの加工品も充実。リンゴの多彩な美味しさに出合える商品開発にも力を入れています。5月中旬には、スパークリングワインも登場する予定です。

 

 リンゴに加えてこの春、同農園に新しいアクティビティが加わります。55日(祝)、直売所すぐ横にロースター3台を備えたジビエ専門のバーベキュー場がオープン。備北商工会のサポートを受けて申請した庄原市の補助事業の補助金を基に、屋根付きのバーベキュー場を新設しました。また、クラウドファンディングにも初挑戦し、見事目標金額を達成。看板の設置やWi-Fi環境の整備に活用します。農園を営む白根さんはご夫婦そろって狩猟免許を取得しており、庄原市内で獲れた新鮮なジビエ肉を手軽に味わえるのが魅力です。

 

りんご園を営む白根浩治さん、加奈さんご夫婦

 料金は2名で907,000円(別途、施設利用料)。猪肉(1人前200g)、ウインナー(200g)、自家製焼肉のタレ付き。隣接する直売所で、追加の猪肉やジュースやジャム、タレなどの加工品も購入できます。豊かな緑に包まれる開放感抜群のロケーションで味わうジビエは、美味しさも格別です。

 

 また、バーベキュー場のオープンを機にピザ釜も新設。今後はジビエを使ったピザ(別途料金)の提供やイベント出展なども行っていく予定です。

 

 春のお出かけシーズン到来。開放感抜群のロケーションの中、ジビエのバーベキューを楽しんでみませんか?

 

 

こだわりの栽培方法で育てた美味しいリンゴが自慢です

○白根りんご農園

住所/庄原市比和町木屋原819-2

TEL0824-85-2482

バーベキュー場は要予約、専用ダイヤル080-1647-2810

営業時間/バーベキューは金土日、10時~16時の営業

※りんご販売は9月中旬~

HPhttps://shirane-apple.com/

インスタグラムは@hiwaringoでチェック

 

事業所紹介-増田屋(備北商工会)

[「ヒバゴンネギ」ならではの風味と香りを感じる新商品。ネギキムチが誕生]

新鮮なネギを使ったネギキムチ(400円)

 広島県の特産でもある「ヒバゴンネギ」は、庄原市西城町で栽培されているブランドネギです。土耕栽培ならではの力強い風味と香りが特徴で、青ネギの中でも特に品質の高いものだけが「ヒバゴンネギ」として出荷されています。

 

 その「ヒバゴンネギ」を使った新しい商品が誕生しました。手がけたのは西城町でネギ農家を営む宮本雅幸さん。コロナ禍で飲食店でのニーズが低下する中、新商品開発で新たな顧客の開拓に乗り出しました。完成したのは韓国ではメジャーなネギのキムチ。庄原市にある人気の韓国料理店「とらぢ」の店主監修のもと、日本人の口に合わせたオリジナルキムチが完成。通常使用するニンニクは、ネギの風味が弱くなってしまうため使用せず、代わりにショウガをアクセントとしてプラス。辛さの中にネギの風味とうま味を感じられる一品です。完成したキムチは1週間ほど寝かせて熟成。味なじみの良いマイルドな仕上がりになりました。

 

 ネギキムチや「ヒバゴンネギ」、猪肉などを販売する製造販売所もオープン。430日(日)には、オープニングイベントも開催します。イベントではネギキムチや「ヒバゴンネギ」のほか、猪肉バラ肉も30パック限定で販売。猪肉は宮本さんが狩猟した肉を庄原市の「ジビエ工房」で食肉処理して販売します。また、イベントでは「とらぢ」や比和町の「大阪たこ焼きこなもん庄原店」が「ヒバゴンネギ」を使ったメニューを販売。ネギ好きにはたまらない一日になりそうです。

 

 

新たに完成した製造販売所と狩猟免許も持つ宮本さん

 製造販売所には庄原市創業サポート補助金を活用。備北商工会が申請のサポートを行いました。その他、SNS発信、パッケージデザインの専門家派遣やテストマーケティングなどを行い、1年に渡って新商品の開発を支援しています。

 

 製造販売所は日曜日の10時から17時のみのオープン。ネギキムチは「道の駅たかの」やファミリーマートAコープ西城店でも購入できます。また、猪肉の入荷情報やネギキムチを使ったアレンジメニューなどはインスタグラムで発信中。下のQRコードからチェックできます。

 

増田屋のインスタグラムはこちら

 

土耕栽培ならではの力強い風味と香りが魅力

 西城町の特産「ヒバゴンネギ」の新しい美味しさを追求した新商品。ぜひ一度ご賞味ください。

 

○増田屋

住所/庄原市西城町八鳥566-1

営業時間/10:0017:00

日曜のみの営業

事業所紹介‐Sweets factory and(神辺町商工会)

[地域に愛されるスイーツ&ベーカリーショップ。厳選した素材を使った旬の味をお届け]

「一つひとつ想いを込めてお作りしています」とケーキ担当の平山さん

 野山に囲まれた静かな場所にある一軒のスイーツ店。「Sweets factory and」は、厳選したこだわりの食材を使ったケーキやパンを提供するお店です。

 

 素材には、岡山県笠岡市にある采女ファームの「うぬめもみじたまご」、岡山県産の小麦粉、近隣の農家から仕入れるフルーツ、自家栽培のサツマイモなどを使用。新鮮な食材を使ったスイーツは、優しい甘さで素材の風味を存分に感じさせてくれます。

 

 看板スイーツはふわふわのブッセ生地に自家製の餡とミルク風味の生クリームをサンドした「このはのほっぺ」。愛らしいパッケージで、お土産にも喜ばれています。また、神辺町ならではの食材を使ったご当地スイーツも用意。福山市神辺町の地酒「天寶一」の酒粕を使ったチーズケーキはほどよい酸味と甘みの中に、ほのかな酒粕の風味を感じる一品です。

 

 ショーケースには常時約18種類のケーキが並び、ラスクやクッキーなどの焼き菓子も揃えています。また、毎日食べられるものも提供したいという思いから、国産小麦を使ったパンも販売。ふんわり、もっちり食感が楽しめる、愛らしい「くまねこ食パン」など、約15種類が並びます。

 

 要予約でお祝いケーキのオーダーも可能。5月頃からは「一升パン」の販売も開始予定です。今後は、神辺町の特産品を使った新商品の開発にも取り組んでいきたいと意欲的。どんな新商品が誕生するのか、今から楽しみです。その日のケーキやおすすめ、新商品などはインスタグラムで情報発信しています。アカウント名「sweet_factory_and」で検索!

 

ショーケースにはカラフルで愛らしいケーキがずらり(原材料高騰により令和5年4月1日より価格改定実施)

 神辺町商工会では、事業計画書の作成サポートなどで創業を支援しました。

 

○Sweets factory and(スイーツ ファクトリー アンド)

住所/福山市神辺町東中条18-4

TEL/084-967-1000

営業時間/11:00~18:00

休み/水木曜、ほか不定

 

事業所紹介-そば処 松蕎庵(安芸太田町商工会)

[職人気質の店主が最高の食材で作る絶品そば。ドライブがてら訪れたい一軒]

店主の松本眞一さんと奥様の節子さん

 中国自動車道戸河内ICのすぐ近く。一軒の古民家を4年がかりで改装したそば処があります。本当にいいものを厳選して作るそばは、そば好きたちをうならせ、休日になると遠方からも多くの人が訪れます。

 

 店主の松本さんが趣味でそば打ちを始めたのは今から約10年前のこと。奥深いそばづくりの世界に魅了され、「本当に美味しいそばを作りたい!」とその味を追求。手打ちそばの元祖と言われる横浜市の「一茶庵」で修行し、念願のお店をオープンしました。

 

 そばは国産のそば粉を石臼で製粉。挽きたての粉を使った打ち立て、上げたての新鮮なそばが自慢です。また、つゆに使う鰹節は枕崎産本枯節の2年物、昆布は利尻の1等級。一流の素材を使って丁寧に取った出汁は、風味を香りも他店と一線を画します。

 

 おすすめは並せいろ、そば豆腐、そば稲荷、そば搔き吸い物、デザートがセットになったそばづくしの「そば御膳」(1,500円)。そばへの愛とこだわりが伝わる看板メニューです。また、季節に合わせて登場する変わりそばもこちらの特徴。49日までは桜の花びらで色づけしたさくらそばを提供。そのほか、秋には柚子そば、けしそば、茶そばなど、県内ではなかなかお目にかかれない、珍しいそばに出合えます。田舎そばも登場予定です。

 

そばの魅力が存分に堪能できる「そば御膳」(1,500円)

 多彩なそばを提供できるのは、幅広い知識と技術があればこそ。そばの仕上がりに納得がいかない日は提供しないこともあると言います。最高級の食材と職人技で作る絶品の手打ちそば。食べてみたくありませんか?

 

 安芸太田町商工会は令和4年度伴走型小規模事業者支援推進事業により、9事業所のショート動画を制作しました。「そば処 松蕎庵」も安芸太田町商工会公式YouTubeチャンネルで紹介されています。ぜひご覧ください。

 

安芸太田町商工会公式YouTubeチャンネルはこちら

 

○そば処 松蕎庵(そばどころ しょうきあん)

住所/山県郡安芸太田町上殿2112

TEL080-9502-8245

営業時間/11:0015:00LO14:30

休み/水木金曜

HPhttps://www.shokian.net/