商工会からのお知らせ

全てみる

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年明けましておめでとうございます。平成31年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

 我が国の経済は、企業収益と雇用情勢の改善が続くなか、政府が推し進めてきた各種政策により、緩やかな回復基調が続いていると言われております。しかしながら、商工会地域においては、少子高齢化や都市部への一極集中に伴う人口減少の影響が拡大しており、働き手の不足、消費人口の減少など、地方の中小・小規模事業者が持続的経営を行うためには、大きな課題であり、引き続き厳しい経営環境におかれております。

 こうした中、5月1日より「平成」から新しい元号に変更され、10月には消費税の税率引上げ、軽減税率制度の導入が予定されるなど、中小・小規模事業者にとって経営環境の変化に的確に対応する必要があります。

 更には、働き方改革関連法への対応、設備投資・IT活用等による生産性向上の取り組みなど、今後は「人づくり革命」や「生産性革命」による経営基盤の強化が求められています。

 また、忘れてならないのが自然災害への対応です。昨年は「平成30年7月豪雨災害」をはじめ、台風、地震等など各地で頻発する大規模自然災害が、中小・小規模事業者等の経営基盤はもとより、地域住民の生活や雇用・消費にも大きな打撃を与えており、今後はさらに自然災害の多発化が想定され、危機管理を含めた防災意識を高める必要性があります。

 そのため、強固な地域経済を築き、地域経済の持続・発展には、商工会の果たす役割は従来にも増して大きくなっており、地方経済を活性化させるためには商工会自らの経営発達支援計画を着実に実行するとともに、人材育成に取り組むなど、不断に支援能力を高めていく必要があります。

 経済を躍動させ、小規模事業者が持続する活力ある地域を醸成するために、商工会は、「行きます、聞きます、提案します」をスローガンに掲げ、小規模事業者に寄り添った経営支援を行い、「儲かる企業」や「儲かる地域づくり」の実現に向けて、全力を挙げて会員サービスの一層の向上に取り組んで参りますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

平成31年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 植田悠司

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年あけましておめでとうございます。旧年中は広島県商工会青年部に対し、格別なるご支援、ご指導を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。

 昨年は7月豪雨災害をはじめ、大型台風の上陸、大阪府北部地震、北海道地震など、様々な自然の猛威を受ける一方で、被災地の売上低迷、事業承継問題、人材不足など、特に商工会地域において大きな課題が浮き彫りになる1年でした。

 そのような環境で、商工会青年部員はこれまでに構築したネットワークを活かし、被災地での支援活動をはじめ、グループ補助金、持続化補助金などの活用、事業承継、人材不足などに対する知識、情報の共有をおこない、地域のリーダーとして活動を続けてきました。

 また、平成30年11月21日・22日に開催させて頂きました商工会青年部全国大会広島大会では、大会スローガン【〇(Wa)~和我技笑話環~】のもと、様々なチャレンジを行うことで、大会の主管として3800名を超える参加者を迎え、県内の多くの部員がスタッフ、参加者として全国の青年部員と交流をおこない、新たな繋がり、新たな気づきを得ることが出来たと感じております。

 さて、平成31年は己亥(つちのとい)の年です。過去の己亥年は、本年の生前退位が決まっている天皇陛下が皇太子としてご成婚された年であり、海外で初の快挙が目立った年でした。相克の関係で、トラブルの多い年とも言われておりますが、己を磨き、視野を広げていくことで、発展に繋げることが出来る年と言えるのではないでしょうか。

 広島県商工会青年部連合会では平成31年は役員改選の年です。

 現在の体制から次代に繋いでいくこと、環境が目まぐるしく変化する中で、先人たちから繋がれてきた想いを引継ぎ、時代に合わせて変化していくことは、地域、家業で重要な課題となっている事業承継に繋がることであると考えております。これから先も地域、家業の発展、家族や周りの人の幸せ、出会いと気づきを得ることが出来る環境づくりなど、関わって頂ける皆さまの一助となるべく邁進してまいりますので、変わらずご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 結びに本年が皆さまにとって成長の年となり、更なる飛躍、発展の年となることを祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて頂きます。

 

平成31年 元旦

 

年頭挨拶 広島県商工会女性部連合会 会長 作田直美

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年、明けましておめでとうございます。

 皆様には、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。平素は、広島県商工会女性部連合会の事業活動に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 私は昨年の通常総会にて18年の長きにわたって広島県商工会女性部を牽引してこられた井上顧問に代わり、第4代の広島県商工会女性部連合会会長に就任いたしました。今後は新執行部と共に、新たな半世紀の魅力ある女性部を目指して精進してゆく所存でございます。

 さて、昨年7月の豪雨災害では私たち商工会関係者をはじめ、数多くの方が被災されました。亡くなられた方には改めてご冥福をお祈りいたしますと共に、被災地域の一日も早い復旧・復興を祈っております。

 また、この災害では広島県の皆様はもとより全国の皆様から沢山の支援と励ましの言葉をいただきました。心から感謝を申し上げるとともに、これを力に変えて被災された商工会女性部の皆様と復旧・復興に向けて取り組んでまいります。

 このような中、昨年は、部員の資質向上を図るための研修会、主張発表県大会や部員の健康増進と親睦を図るビーチボールバレー県大会の開催等の各種事業に県内より多数の方々にご参加いただき、大変有意義に事業を実施することができました。

 本年も更に女性部活動を充実していくことで、これまで以上に地域の信頼と期待に応え、社会福祉増進の担い手として広域的な事業活動を積極的に展開し、商工会女性部のさらなる飛躍の一年とすることを誓いたいと存じます。

 結びに、皆様にとりまして、本年が大きな飛躍の年でありますようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

平成31年 元旦

 

中小企業景況調査(平成30年10月~12月期)の結果を公表します

中小企業景況調査

広島県商工会連合会

 中小企業景況調査とは

 全国の商工会、商工会議所、中小企業団体中央会の3団体が、管内の中小企業を対象に4半期ごとに                  実施している景気動向調査です。調査は経営指導員による訪問面接方式で、全国約19,000社の調査データが(独)中小企業基盤整備機構で集約、分析され、中小企業施策立案等の基礎資料として活かされます。  

 広島県商工会地域では15商工会、225社を対象に実施。商工会地域における景気動向推移をみるための参考資料として、ご活用ください。

 

平成30年12月26日公表

 1.(広島県/商工会地域) 調査報告書

  「第154回(H30.10-12月期)報告書」(PDF)

 

 —– 参考資料:全国版の調査報告書 —–

 2.(全国/商工会地域)  全国連お役立ち情報(HPリンク) ‘調査事例‘→‘中小企業景況調査‘

 3.(全国/3団体総合)  (独)中小企業基盤整備機構(HPリンク)                                           

 ※現状と今後の動向をわかりやすく解説した、J-Net21「中小企業景況レポート」(PDF)はこちら                                                                                                                                             

 

 【問合せ先】
 1. 広島県商工会連合会 東部支所 電話084-960-3107
 2. 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0086
 3.(独)中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター 電話03-5470-1521

 

広島県商工会連合会 東部支所

(広島市役所主催)中山間地域ビジネス進出支援セミナーの開催

~参加事業者を募集中です!~

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 この度、広島市役所主催により、中山間地域への事業展開に興味がある事業者を対象としたセミナーが開催されます。詳細並びに申込方法などは、別添チラシのとおりです。

 

1.開催日程 

 平成31年1月23日(水)13:00~15:10

 

2.開催場所 

 狩留家集会所(広島市安佐北区狩留家町3144)

 

3.参 加 費 

 無 料

 

4.詳細・申込方法等

 別添チラシ(PDF)参照 

 

5.お申込み・お問合せ先

 広島市役所地域活性推進課

 TEL 082-504-2837

 

 広島県商工会連合会

 総務課 進藤

【広島県特定(産業別)最低賃金改定のお知らせ】

各種商品小売業改定(H31.1.16発効)

広島県商工会連合会

 この度、広島県特定(産業別)最低賃金について、各種商品小売業が下記リーフレットのとおり改定となりましたのでお知らせします。(平成31年1月16日発効)

 内容ご確認いただき、ご不明な点は、広島労働局労働基準部賃金室または最寄りの労働基準監督署にお問合わせください。

 

【リーフレット】

 広島県の最低賃金(リーフレット)

 

【問合わせ先】

 広島労働局労働基準部賃金室 TEL 082-221-9244

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野

 

「容器包装のリサイクル」申込みはお済ですか?

~平成31年度の再商品化委託申込受付中~ 申込締切:平成31年2月8日(金)

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

申込期間:                                        平成30年12月10日(月)~ 平成31年2月8日(金)

 

 広島県内の各商工会では、(公財)日本容器包装リサイクル協会からの委託を受け、容器・包装に係る事業者の皆さんからの義務手続きを受け付けています。

 対象となる「特定事業者」には「再商品化委託申込書類」が送られていますので30年度の再商品化委託契約申込は平成31年2月8日(金)までに、手続きをお願いいたします。

※「特定事業者」に該当するか否かは、協会コールセンター(03-5251-4870)にご相談ください。

 

 特定事業者でありながら、再商品化義務を履行していない場合は、平成12年4月の「法」の完全施行時まで遡っての履行が必要です。必ずご確認の上、手続きしてください。

 詳細は(公財)日本容器包装リサイクル協会のHPをご確認ください。

(協会HP) http://www.jcpra.or.jp/news/tabid/101/index.php?Itemid=1830

 

〇法律の内容、特定事業者に該当するかの判断について〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 コールセンター 03-5251-4870

 

〇申込書類の請求、手続き手順などについて〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 オペレーションセンター 03-5610-6261

 

~広島県でも「容器包装リサイクル制度説明会」が下記の日程で開催されます~

主 催:広島商工会議所、日本商工会議所、公益財団法人日本容器包装リサイクル協会(共催)

協 力:全国商工会連合会

 

日 時:平成31年1月17日(木)14:00~16:00

会 場:広島商工会議所1階 101号室(広島市中区基町5-44)

対 象:容器や包装を利用または製造等(含む輸入事業者)している事業者

参加費:無料

内 容:

(1)容器包装リサイクル制度について
(2)リサイクル(再商品化)の委託申込手続き等について
(3)個別相談会

申 込:下記の参加申込用紙を出力・記入の上、広島商工会議所へ直接FAXで申込(FAX082-222-6411)

   参加申込書

 

広島県商工会連合会 東部支所

個人住民税 特別徴収の一斉実施について(広島県)

平成32年度(2020年度)から個人住民税の特別徴収(給与天引き)を徹底します

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

広島県税事務所からのお知らせです。 

 

  ~2020年度から個人住民税が特別徴収となります。~

「広島県では、納税者間の公平性、納税者の利便性等を確保し、納税忘れなどを防ぐため、全23市町で2020年度から、従業員の方の個人住民税は、原則すべて特別徴収となります。                                           事業主の皆さまによる特別徴収は、法律上の義務ですので、ご理解・ご協力をお願いいたします。」

 

制度内容・手続き等については 広島県HP を参照ください。

 

(問合先)

各市町の個人住民税担当課

または広島県総務局 税務課(TEL:082-513-2329)

平成30年度経営安定講習会 開催

会計のプロから学ぶ『赤字社員を黒字社員に変える方法』

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会東部支所では、12月4日(火)、ホテルセンチュリー21広島(広島市南区)にて「平成30年度 経営安定講習会」を開催しました。

 本講習会は、経営安定特別相談事業の一環として、企業の経営力向上および経営安定を図ることを目的とし、毎年開催している講習会です。今年度は、講師に、K&P税理士法人 代表社員の香川晋平氏を迎え、「赤字社員を黒字社員に変える方法」をテーマに、“社員に身につけさせたい絶対黒字感覚”について学びました。 

 香川氏は、会社に利益をもたらすことができる社員を黒字社員、利益をもたらすことができない社員を赤字社員と名付け、まず初めにそれぞれの分類基準と特徴を解説。赤字社員を黒字社員に変えるために必要な「絶対黒字感覚」として、社員にどのような声掛けや意識付けを行うとよいかなどを、具体例を交えながら分かりやすく解説しました。

 続いて黒字社員をリーダーに育てるための目標・計画、また実行・分析・改善に役立つポイント、またグラフや表を使ってプロセスの評価方法や分析して考える方法、数値目標の分解などについて、多くの事例とともに紹介。会社にとって貴重な人財となるべく社員を育成するために、「絶対黒字感覚」を身に着けさせる手法を様々な視点から学びました。

 講習会後のアンケート意見として、「大変興味深く、楽しく聴かせていただきました。即、会社で取組みたい。」などの声が寄せられ、受講者の満足度の高い講習会となりました。

 

平成30年度3級簿記検定試験の結果について

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

平成30年12月7日に実施しました標記試験の結果を掲載します。

 

合格者該当なし

 

東部支所 

三谷・島田