アクティブニュース

全てみる

中学生が特産品を考案。『レモンを使った特産品開発プロジェクト』始動  (尾道しまなみ商工会)

[商工会青年部が地域と連携し、未来の島の担い手を育てるモデルケース]

尾道しまなみ 商工会

第一回目の授業では、生徒たちから65の案が飛び出しました

 尾道市瀬戸田町で洋菓子店「島ごころ」のオーナーシェフとして地域を盛り上げ、尾道しまなみ商工会青年部の副部長としても活躍する奥本隆三さん。瀬戸田産のレモンを使った口どけの良いレモンケーキが人気を集めています。

 

 今年6月、瀬戸田のレモンをこよなく愛する奥本さんが、尾道市立瀬戸田中学校の生徒たちとともに、新しいプロジェクトを立ち上げました。その名も『レモンを使った特産品開発プロジェクト』。きっかけは瀬戸田中学校の住元校長が奥本さんに「子どもたちが地域の課題を解決できる能力を身につけるために、今できることはないか?」と相談をもちかけたことでした。最初は、1時間だけの講演のつもりでしたが、蓋を開けてみれば年間12時間を与えられた大プロジェクトに。奥本さんの専門分野「お菓子作り」を軸に、地域の課題を解決するための商品開発がスタートしました。

 

「物産展では、生徒も一緒に店頭に立たせてあげたいです」と奥本さん

 「私は、最近子どもたちがわがままになっていると感じています。上手くいかないことがあれば、親のせい、先生のせい。誰かのせいにして問題を自分で解決しようとしないのです。彼らは、地域経済の担い手。まさに青年部宣言にある「かけがえのない人たちとかけがえのない地域のためにできることを考えてほしい。今から未来に活かせる教育をすることは、島の発展に必ず繋がるはず。自分自身で『将来こんなことで貢献したい!』と気づいてもらうきっかけになればうれしい」と話します。

 

 6月6日に第一回目の授業が行われ、生徒たちが考えた65もの案が出揃いました。授業ではその中から10品目に絞り、今後は具体的なレシピ開発に挑みます。商品のパッケージデザインは瀬戸田小学校の児童が担当、原価計算、市場分析などを含む価格設定は瀬戸田高校の生徒が担当するオール瀬戸田で臨むプロジェクト。奥本さんは「子どもの頃に青年部の考え方、ノウハウを教えることに意義がある。この取り組みがひとつのモデルケースとして各地域に広がってほしい」と締めくくりました。

 

 完成した新商品は、3月12日(木)~24日(火)の間、ひろしま夢ぷらざで県青連備南地域協議会が主催する物産展に出品予定。どんな商品が完成するか、今から期待せずにはいられません。

 

●お問合せ 尾道しまなみ商工会 瀬戸田支所 TEL0845-27-2008

お店紹介-セルジョ(五日市商工会)

[店の魅力を維持するためにリニューアル。改装後、来店者数が10%増加!]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

モール街にあるビューティサロン。改装してさらにスタイリッシュに生まれ変わりました

 美鈴が丘団地内にある商業施設『美鈴モール』のオープン当初から親しまれているビューティサロン。カット、パーマ、カラーのほか、美顔、エイジングケア、着付け、化粧品販売など、美容に関する様々なメニューが揃います。美容商材は健康に配慮した無添加のものを使い、高い技術を持ったスタッフが対応。オープンから40年を迎える今も、多くのリピーターに支持される人気店です。モール街の会長も務める代表の平川さんは、賑わいあるモール街を目指し、イベントの実施など様々な取り組みにも尽力しています。

 

 団地ができたのと同時に開業し団地内を中心に固定客を増やしてきましたが、地域住民の高齢化などもあり、これから10年、15年まで先まで見据えた店舗づくりが必要だと考えた平川さん。団地という限定された商圏から脱却し、若い世代の新規顧客を獲得に必要なハード面を強化する必要があると考え、13年ぶりとなる全面改装を決意しました。改装に係る負担を少しでも軽くできないか、まずは五日市商工会に相談してみることにしました。

 

持続化補助金を活用して導入したシャンプー台

 商工会では改装費の一部が補助される、小規模事業者持続化補助金を提案。事業計画書を作成し、採択を受けました。改装では、従業員の意見を多く採用。顧客から「重い」と言われていた扉を自動ドアに変更し、スタッフの作業効率を上げるためにシャンプー台も入れ替えました。「お客様やスタッフからの評判も良く、改装は大成功」と平川さん。改装以降、来店者数は10%増加しています。また、平川さんは商工会の商業部会副会長として、毎年の視察研修も企画。様々な場所を訪れ、評判の企業や商店街の成功事例を視察し、自店や美鈴が丘の活性化に活かしています。

 

○セルジョ(株式会社天恵グループ)

住所/広島市佐伯区美鈴が丘西1-5-4

TEL/082-928-9733

営業時間/9:00~17:00

定休日/月曜、第3日曜

HP/tenkei.pu.shopserve.jp/

県域を越えて商工会青年部が連携(尾道しまなみ商工会)

[災害時などに備えるため、愛媛県しまなみ商工会青年部と初の役員会&懇親会を開催]

尾道しまなみ 商工会

みんなで商工会の未来について語り合いました

 県内各地で大きな被害をもたらした、昨年7月の豪雨災害。尾道市瀬戸田町も例外ではなく、島内は断水し島民のみなさんは厳しい生活を強いられました。緊急時にこそ、県域を越えた連携が必要だと感じた尾道しまなみ商工会青年部では、近隣の島との協力体制を構築するため、6月17日(月)、初めての県域を越えた合同役員会を開催しました。

 

 役員会には尾道しまなみ商工会から23名、愛媛県のしまなみ商工会から14名が参加。その後行われた懇親会には合計33名が参加し、お酒を酌み交わしながら将来の青年部について熱く語り合いました。「大切なのは部員同士が互いの課題や悩みを共有し、協力体制を自然と構築していくこと。それには酒の席が一番です」と話すのは尾道しまなみ商工会の奥本副部長。信頼関係を築いておくことが、いざというときに心を動かすことに繋がると考えています。

 

 きっかけは全青連の越智前会長が常々口にしていた「瀬戸内の島をもっと魅力的な地域にしたい」という言葉。10月には第2回目の役員会も予定されています。今後も島しょ部の商工会青年部と連携を取ながら、活動の輪を広げていきたいと考えています。

 

 ●お問合せ 尾道しまなみ商工会 瀬戸田支所 TEL0845-27-2008

 

『おさかなカーニバルin蒲刈(第4回)』7月21日(日)(呉広域商工会)

[とびしま海道近海で獲れた魚介類いっぱいの朝市を、毎月開催中!】

地域イベント

呉広域 商工会

呉市蒲刈町では、2019年4月より安芸灘とびしま海道地域の復興支援イベントとして、魚が主役の朝市を開催しています。

第4回目は『朝獲れ ちりめん祭り!!』

7月は、下蒲刈の釜揚げちりめんが登場します!                                   他にもめばる・かさご・真鯛・あこう等、水槽にいる元気な魚をそのまま刺身にして持ち帰ったり、鯛めし、たこ天などなど、美味しい漁師飯が堪能できるイベントです。味付けジビエ肉、島魚醤油、生花やきり花も好評につき販売しています。 

今回、夏休み特集として「藻塩づくり」体験も開催します。                                              夏休みがスタートする週末、ご家族で蒲刈町へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 ●日時/2019年7月21日(日) 7:00~12:00 ※以後、毎月第3日曜日

 ●場所/潮騒の館(蒲刈水産物直売所・おさかなセンター)呉市蒲刈町宮盛1320-15

 ●お問合せ/おさかなカーニバル実行委員会 TEL 090-2866-7834(沖本国男)

 ※1000円以上のお買い上げで、安芸灘大橋通行券の半券プレゼント。

 

 ●(藻塩づくり)・・・先着20名、費用は1000円程度、雨天中止

            お問合せ/藻塩の会 体験窓口 TEL 080-6304-0197(松浦)まで

 

(今後の開催予定)

 8月18日(日)

 9月22日(日)

 10月20日(日)

 11月17日(日)

 12月15日(日)

 1月19日(日)

 2月16日(日)

 3月15日(日)

※毎月第3日曜、

9月のみ第4日曜

 

※このイベントは、2018年7月豪雨災害前の、元気で明るい地域の賑わいを取り戻そうと、地域事業所の協力によって定期的に開催を予定しています。地域資源である「魚介類」や「潮騒の館」を活用し、地域経済振興の活性化を目指しています。

 

【主催】おさかなカーニバル実行委員会

【後援】呉市農林水産課・呉広域商工会

【協力・企画・運営事業所】蒲刈町漁業協同組合青年部・呉広域商工会青年部

(下蒲刈・蒲刈地区)・丸岡園芸・蒲刈水産物直売所・松運丸((株)松尾組)・プラスシモカマ・島の屋・広熊ジビエ専門・こまつのパン屋・ひまわり・広漁業協同組合・渡辺環境資材・蒲刈物産(株)・おやおや青果・㈱海浪満・上神農園・藻塩の会

『キャッシュレス決済・軽減税率対応セミナー&体験会』に参加しませんか?(広島安芸商工会、広島東商工会、府中町商工会、熊野町商工会)

[今ならお得に導入できる!キャッシュレス決済・軽減税率対応レジに関するセミナーと端末の体験会を実施]

セミナー・プロジェクト

広島安芸 商工会

 7月22日(月)、広島安芸商工会、広島東商工会、府中町商工会、熊野町商工会の4商工会が合同で『キャッシュレス決済・軽減税率対応セミナー&体験会』を開催します。セミナーでは、これから訪れるキャッシュレス社会の概要や各社の決済端末の特徴、軽減税率と軽減税率対策補助金(レジ補助金)についてそれぞれのプロが解説。また、会場にはPayPay(株)、Air PAY(リクルート)など5~6社のキャッシュレス決済事業者とCASIO、東芝テック(株)など3社のレジ事業者が出展し、その場で実機を見て、触れて、相談できる体験会も実施します。

 

 10月の消費税引き上げに伴い、政府は軽減税率制度の導入と対象店舗でキャッシュレス支払いをした方に、ポイント還元等を実施する景気対策を打ち出しています。また、軽減税率導入に伴うレジの買い替えや会計対応等の準備が必要です。準備がまだの方や導入に不安があるという方は、この機会にぜひご参加ください。

 

 参加希望の方は下記にリンクしたチラシを出力の上、必要事項を記入して広島安芸商工会までFAX(082-822-0924)にてお送りください。4商工会以外の地域から参加希望の方は、広島安芸商工会に事前にご相談ください。申込締め切りは7月16日(火)まで。キャッシュレスについて学んで体験できるこの機会に、導入を検討してみませんか?

 

 

申込用紙はこちら

 

○売上UP・販路開拓につなげよう!

キャッシュレス決済・軽減税率対応セミナー&体験会

日時/2019年7月22日(月) セミナー14:00~16:00、相談・体験会14:00~17:30、

会場/サンピア・アキ(安芸農協会館) 安芸郡海田町窪町8-8 4階

参加費/無料

定員/70名 ※定員になり次第締め切り

お問合わせ/広島安芸商工会 TEL 082-822-3728

 

事業所紹介-株式会社サンテプラス(五日市商工会)

[3年間のフランチャイズ契約が終了し、『笑顔ぷらす』として新たなスタートを切る]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

施設内には利用者の元気な声と笑顔があふれます

 地域密着通所介護事業所『笑顔ぷらす』を運営。“ずっと在宅生活”をコンセプトに、赤外線の温浴やパワーリハビリ、健康リフレなどを中心とした様々なサービスを提供しています。利用は無料送迎付きで、午前と午後の2部制。定員10名のアットホームな雰囲気も魅力です。築55年の民家を改修した古民家風の施設内には、黒電話やそろばん、レトロなお菓子のパッケージなど懐かしいアイテムがずらり。昔の記憶を呼び起こすことで認知症予防や進行を遅らせる効果があるとされる『回想法』も取り入れています。

 

 平成30年10月末で3年間のフランチャイズの契約が終了し、『笑顔ぷらす』として、新たなスタートを切りました。事業名を変更する際、『笑顔ぷらす』という屋号が商標登録できるのかどうか、商標登録できるならどのような手続きをすればいいのか、看板の取り換えや人材確保にかかる運転資金をどのように調達するべきかなど、課題が山積。さらに、人の採用、退職、その他の面倒な事務作業も悩みの種になっていました。

 

事業所名の変更とともに新しくなった看板

 フランチャイズ契約解消に関する様々な課題を克服しようと、代表の中谷克己さんは五日市商工会を訪問。商標登録が可能かどうか、商工会がチェックし問題がないことが確認できたため、代行業者に登録の手続きを委託しました。融資は商工会の融資制度マル経を考えていましたが、福祉関係の事業所の場合、同じ(株)日本政策金融公庫で利率がもっと低くなるソーシャルビジネス支援資金を提案され、利用することにしました。「公庫の担当が商工会まで来てくれ、スムーズに融資が受けられました」と中谷さん。悩みの種だった労働保険や記帳代行などの事務作業も商工会に委託しています。中谷さんは「商工会は何か困りごとがある時に、すぐに相談できる頼もしい存在。面倒な事務作業も商工会にお願いすることで、本業に専念できます。第三者の貴重な意見が聞ける場として、これからも活用していきます」と話してくれました。

 

○株式会社サンテプラス

住所/広島市佐伯区利松1-11-48

TEL/082-208-1719

営業時間/9:00~12:00、13:15~16:15

定休日/土日曜

県央セントルマルシェが広島三越に登場!(広島県央商工会)

[地域の魅力が集結した『セントルマルシェ』は、地域ブランディングの成功例]

地域イベント

広島県央 商工会

南フランスフランスのプロバンス地方をお手本にしたマルシェの雰囲気はそのまま

 県央(豊栄町、福富町、河内町)の風景や人々の丁寧な暮らし方が、南フランスのプロバンス地方と似ていることから始まった『セントルマルシェ』。プロバンス地方のセンスを取り入れながら、県央の魅力をたっぷりと詰め込んだイベントです。商工会会員事業所が一堂に会し、地元で採れた新鮮な野菜やそれを使ったグルメ、手仕事が光る雑貨などを販売。これまで5回開催され、多くの来場者で賑わいました。

 

その『セントルマルシェ』が県央のアンテナショップとして5月21日(火)から8月31日(土)まで、広島三越に登場します。セントルマルシェコーナーには、県央の食材を使ったお惣菜や乳製品、調味料、オシャレな雑貨などがずらり。今回、東広島市の地鶏『賀茂地鶏』を使ったリゾットとコンフィや、ストレスなく育った乳牛の上質な肉を使ったビーフシチューなどが初お目見えしました。また、産地直送の新鮮なアスパラガスやマイタケ、シイタケなど、季節の美味しいものも揃います。

 

 『セントルマルシェ』は、広島県央商工会が伴走型小規模事業者支援推進事業の一環として取り組んできました。今回、広島三越への出店を機に、さらなるブランディングの強化を図ろうと努めています。今年5月には、7つの会員事業所が資本金を出し合い、合同会社CONTACTを設立。セントルマルシェとしての窓口をひとつにすることで、会員事業者が平等に手を上げられる仕組みを作り、販路開拓の際の商談もスムーズに行えるようにすることが狙いです。

 

鮮度抜群のアスパラガスの量り売りも(324円/100g)

 合同会社CONTACTの中間社長は、「セントルマルシェの目的は、県央の魅力を伝え地域の内外から人を呼び込むこと。イベントとして一過性のもので終わらせるのではなく、体験型観光などと組み合わせて魅力的なまちづくりに取り組みたい」と話します。

 

 広島市内にいながらにして、県央の美味しいもの、素敵なものに出合えるチャンスをお見逃しなく。

 

○セントルマルシェ

場所/広島三越 B1F フードホール

時間/10:30~19:30

お問合せ/広島県央商工会 TEL 082-437-0180

『令和元年度 パワーアップセミナー』を開催します(県連)

[日々事業者をサポートする経営指導員約130名から選ばれた5名が経営支援事例を発表]

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

昨年度、最優秀賞に輝いた高陽町商工会の熊谷典之さん

 6月29日(土)、広島市文化交流会館(広島市中区加古町)にて、広島県商工会職員協議会のパワーアップセミナーが開催されます。このセミナーは商工会職員の資質向上のために毎年実施されており、経営指導員による経営支援実例発表大会も行われます。

 

 事例発表大会に出場する発表者の選出は、約130人の経営指導員から提出された経営支援実績を専門家が審査してランク付け。今年度のテーマ『被災事業者の支援』『女性指導員による支援』に合わせて、最終選考に5名が残りました。

 

 発表を行うのは安古市町商工会の紙川祐次さん、呉広域商工会の西野正治さん、呉広域商工会の藤田輝宏さん、世羅町商工会の濱﨑章さん、三次広域商工会の越道万里江さん。

 

 昨年度の経営支援実例発表大会で最優秀賞に輝いた高陽町商工会の熊谷典行さんは、中国大会でも最優秀賞に選ばれ全国大会に出場しました。発表者たちは、より素晴らしい支援事例を発表しようと準備を進めています。

 

 セミナーは報道関係者の方の参加も可能です。こうした商工会の取り組みをたくさんの方に知っていただきき、地域経済の活性化に貢献したいと考えています。

 

○パワーアップセミナー

日時/2019年6月29日(土)13:00~17:20(経営支援実例発表大会は13:20~15:25)

会場/広島市文化交流会館(広島市中区加古町3-3)

お問合せ/広島県商工会連合会 指導部 指導課 TEL082-247-0221(代)

 

事業所紹介-トライプラス楽々園駅前校(五日市商工会)

[駅前の好立地。講師一人に対して生徒は2人までの対面式個別指導塾]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

オーダーメイドカリキュラムの丁寧な指導で子どもたちの学習をサポート

 『家庭教師のトライ』『個別教室のトライ』で培ったノウハウをもとにした個別指導塾。講師1人に対して生徒は2人までの対面式で、一人ひとりに合わせた丁寧な指導を行っています。カリキュラムはすべてオーダーメイド。自分に必要な学習に集中して取り組むことが可能です。中学生、高校生を中心に学習中。広電楽々園駅からすぐの場所にある通いやすさも魅力です。

 

 教室長の杉原さんは、創業の際に開業資金として(株)日本政策金融公庫から借入を行いましたが、4年が過ぎその月々の返済額が大きく、経営を圧迫していました。相談できる相手もおらず、副業もしながらなんとか返済していた時期も。資金繰りが厳しい期間が数年続いていました。また、初めての経営で経理などの事務作業もまったくの素人。本業に専念するため、経理関係は税理士に委託。高額な税理士報酬など経費面で多くの悩みを抱えていました。

 

 

商工会主催の交流会にも参加しました

 楽々園センター商店街振興組合に入っていた杉原さんは、そこで五日市商工会の存在を知りました。商工会のフェイスブックに直接メッセージを送り、「どんなメリットがあるのか」「どんな制度が利用できるのか?」など、気になることを質問。借入金の相談をするため、決算書を持参して商工会を訪れたところ、借り換えをすることで返済額が半分になることが判明しました。商工会の紹介により、(株)日本政策金融公庫でスムーズに借り換え。また、税理士に任せていた経理は商工会のネットde記帳を活用し自身でチャレンジ。経費削減に成功しています。「初めての創業で経営はど素人。一から丁寧に教えてもらえて助かりました。会員の中にも知り合いが増え、とても心強いです。これからも異業種との交流を深めながら、新規事業についても意欲的に取り組んでいきたいと思っています」と杉原さんは話します。

 

○トライプラス楽々園駅前校

住所/佐伯区楽々園2-1-38

TEL/082-533-8037

   0120-177-202

   090-7595-5969

営業時間/16:00~22:00、土曜は13:00~22:00

定休日/日曜

事業所紹介-株式会社障がい者ライフサポート(五日市商工会)

[世界中から贈られた折り鶴を施設利用者が手漉きで再生紙にして、名刺や封筒などの紙製品に]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

手漉きで丁寧に作る再生紙を使った名刺。優しい風合いが魅力です

 障がい者福祉サービスの生活介護、就労支援、ショートステイ、グループホームの4事業を運営。きめ細かい介護・支援サービスの提供を心がけ、就労支援では再生紙の製造とDTP作業を提供するサービス特化型の施設です。注目は、平和記念公園の折り鶴再生紙を使った名刺や封筒などの紙製品。再生紙は世界中から贈られた折り鶴を作業所利用者が手作業で解体し、手漉きで丁寧に作っています。手漉きならではの優しい質感が人気を集めています。

 

 

 

 平成27年に西区から移転。障がい者福祉サービスは新規参入も多いため、新施設ではサービス特化型施設の特色を打ち出し、他の施設との差別化を図りたいと考えていました。折り鶴を使った再生紙で作る名刺の作成は他の施設では類を見ない仕事ですが、実現するためには設備を導入する必要がありました。また、新施設の建設は大型投資のため、メインバンクにしている地元金融機関以外からも不足分を調達しなければなりませんでした。

 

 

小規模事業者持続化補助金で導入した手漉器具

 知人からの情報で、商工会が様々な経営支援を行っていることを知り五日市商工会に入会。平成27年には、小規模事業者持続化補助金にチャレンジし、採択を受けました。補助金では、手漉きで紙を作るための機械を購入。新施設に必要な障がい者用の什器備品も揃えました。そして認知度を向上するため、地元情報紙『西広島タイムス』に広告を掲載。利用者を獲得して好スタートを切ることができました。また、融資は商工会会員限定のマル経を活用。同年、折り鶴再生紙事業について経営革新計画を作成し、認定を受けています。その後、名刺などの商品化に成功。3年前の計画を着実に実行しています。

 

○株式会社障がい者ライフサポート

住所/佐伯区五日市1-7-18

TEL/082-533-8985

営業時間/10:00~17:00

定休日/日曜