アクティブニュース

全てみる

「江田島フェアIN銀座 TAU」が無事閉幕 後編

「広島県江田島特産品試食&商談会」を開催。バイヤーの反応に事業者も手応え

地域イベント

江田島市 商工会

「江田島フェアIN銀座 TAU」が無事閉幕 後編

▲熱気を帯びた商談会場。同商工会が引き続きサポートを行っていきます。

 平成27年1月16日(金)~18日(日)まで東京・銀座の広島ブランドショップTAUにて開催された「江田島フェアIN銀座TAU」が大盛況のうちに閉幕しました。

 

 TAUの店頭で開催された「えたじまお宝市場2015冬」に加え、1月16日には江田島市の事業者が首都圏での販路を広げるための「広島県江田島特産品試食&商談会」も行われました。会場はTAU3階の江田島市大柿町出身の江口慶さんがオーナーを務めるお魚&江田島バール「paccio」。「江田島フェアIN銀座TAU」の目玉の事業です。

 

 イベントには、内藤水産(カキ)、(有)粟田水産(ちりめん、かえりいりこ、にぼしいりこ)、平井興産(江田島スッポンの切り身)、深江漁協協同組合(稚鯛の一夜干し、アオリイカ、生ちりめん)、江田島銘醸(株)(地酒の各種)、峰商事(同)、(芋焼酎てくてく)が参加。

 

 バイヤーが試食し、商談に繋げるという試みで、江田島市商工会の単独開催は今回が初。当日は当初の予想を超える15社20名が来場し、百貨店・スーパー・飲食店・テレビ通販等に強いルートを持つバイヤーが参加しました。

 

 当初、試食10分+商談会10分の構成でプログラムを組んでいましたが、バイヤーが熱心に商談を進め、1つの事業者に1時間半以上商談したケースも。時間が不足し、バイヤーが運営する店舗に行って商談を行った出展者が出るなど、予想を遙かに超える商談がたくさん発生しました。

 

 参加したバイヤーは、「江田島にこんな隠れた逸品があるとは知らなかった。もっと江田島自体をPRし、ブランド戦略を考えた方がよい。これほどの商品は首都圏でも必ず受け入れられる」とコメント。出展者にとって、よい励みになりました。

 

 同商工会ではこれらの成果を踏まえ、商談が本契約に繋がるまで、出展者を全面的にサポートする予定。専門家派遣や各種補助金を使った支援制度を通じて、評価された商品をさらにブラッシュアップして販路を後押しします。また、来年度より認定を開始する「えたじまブランド」に引き継ぎ、首都圏のみならず関西圏などでの開催も検討していきたい考えです。

 

●お問い合わせ/江田島市商工会 TEL(0823)42-0168

中小企業のためのISO14005・エコアクション21実践セミナー開催のお知らせ

広島県環境県民局 環境政策課 温暖化対策グループからのお知らせ

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

中小企業のためのISO14005・エコアクション21実践セミナー開催のお知らせ

▲セミナーの開催案内チラシです。

広島県では、中小企業者向け環境マネジメントシステムの導入を支援しております。

 

具体的にはISO14005とエコアクション21の取得に要する費用の助成等を行っております。

このたびは、ISO14005とエコアクション21の理解を深め、事業者皆さまの自主的な廃棄物抑制や環境負荷低減の取組を促進するため、

ISO14005とエコアクション21実践セミナーが広島市と福山市の2会場で開催されます。

 

広島会場・・・平成27年3月5日(木)午前10時から午後4時まで広島商工会議所会議室にて(駐車場はありません)、参加定員40名

 

福山会場・・・平成27年3月6日(金)午前10時から午後4時まで福山商工会議所会議室にて(駐車場完備)、参加定員30名

 

参加費用・・・無料

 

研修内容・・・環境マネジメントシステム導入メリット、省エネ・電力適正契約について、廃棄物削減について、コンプライアンスの必要性について、ISO14005とエコアクション21について、ISO14005とエコアクション21審査での必要書類について、書類作成実習(終了後、個別相談時間あり) など

 

主催・・・広島県、後援・・・広島県商工会議所連合会、広島県商工会連合会、広島商工会議所、福山商工会議所

 

セミナーではISO14005対応の書類作成についても説明があり、取組を始めようとする事業者の方には非常に役立つセミナーとなっております。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

参加のお申し込みは広島県環境政策課、温暖化対策グループ(電話082-513-2912)まで添付のチラシの申込書に記載のうえ、FAX(082-227-4815)までお申し込みください。

 

なお、ご不明な点は広島県環境政策課、温暖化対策グループ(電話082-513-2912)までお問い合わせください。

 

PDF 中小企業のためのISO14005・エコアクション21実践セミナー開催のお知らせ

「江田島フェアIN銀座 TAU」が無事閉幕 前編

特産のカキをはじめ完売する商品が続々。「オール江田島」で江田島市の魅力をPR

地域イベント

江田島市 商工会

「江田島フェアIN銀座 TAU」が無事閉幕 前編

▲賑わいを見せるフェアの様子。予想を上回る盛況ぶりに出店者も手応えを感じていました。

 平成27年1月16日(金)~18日(日)まで東京・銀座の広島ブランドショップTAUにて開催された「江田島フェアIN銀座TAU」が大盛況のうちに閉幕しました。

 

 2部構成で行われた今回のイベント。第1部は「えたじまお宝市場2015冬」と題して、江田島の特産品51品目をTAUの店頭で販売しました。これだけの特産品を集めてフェアを開催したのは初めての試みです。

 

 広島トップかきに認定されている内藤水産の蒸しカキの試食販売をはじめ、殻付きカキのパックは販売開始から約2時間で連日完売。さらに、ちりめん・かえりにぼし(粟田水産)、イタリアンロール(岡林花月堂)地酒「同期の桜」(江田島銘醸)も最終日を待たずに完売しました。

 

 フェアには江田島出身者の来場者も多く訪れ、首都圏では手に入りにくい、柑橘類(ネーブル)、ネーブルマーマレード(中下農園)、日本一辛い鬼壺豆腐(徳永豆腐店)などをまとめ買いするお客様も多く見受けられました。また、比較的新しい特産品であるすっぽん(平井興産)、手作りクリーミープリン・ジャム(Grazie)などにも関心が集まっていました。

 

 土日は観光客も多く集まり、江田島の自然豊かな商品を手に取りながら興味深そうに店内を行き来していました。

 

 各出展者も自社商品を熱心に販売。自社の商品と江田島市のPRに尽力しました。アドバイザー、行政、商工会職員が「オール江田島」としてひとつにまとまった結果、予想を遙かに上回る成果を出すことができました。

 

●お問い合わせ/江田島市商工会 TEL(0823)42-0168

海生都市圏 受入れ地域交流会開催のお知らせ

広島湾ベイエリア・海生都市圏研究協議会等主催、広島県(観光課)等共催事業

地域イベント

海生都市圏 受入れ地域交流会開催のお知らせ

▲海生都市圏 受入れ地域交流会 チラシ

 広島湾ベイエリア・海生都市圏研究協議会では、各地域の民泊受入れ家庭やインストラクターをはじめ、協議会の活動に参画している方々に多数お集まりいただき、各地域の取組みを紹介いただく共に、地域の枠を越え、交流を深める目的のもと、海生都市圏 受入れ地域交流会を開催されます。

 

 ご案内申し上げますので、ふるってご参加ください。

 

 参加希望の場合は、別添ファイルの海生都市圏 受入れ地域交流会参加申込書にご記入のうえ、2月9日までに広島商工会議所にFAXにてお申込みください。

 

民宿受け入れ地域交流会(参加申込書).pdf

 

第1回 まちづくり講演会 開催のご案内!!

広島県土木局都市計画課からのご案内

地域イベント

第1回 まちづくり講演会 開催のご案内!!

▲第1回まちづくり講演会開催案内

 

 広島県土木局都市計画課では「自分のまちを何とかしたい、まちづくりに興味がある。」そんな強い気持ちを持ったあなたにぴったりの講演会を開催されます。

 

 テーマは 「まちづくり講演会 ~あなたの力でまちを元気に~」

 

 講演会は、1 日にたった4 人と1 匹しか通らなかった商店街が年間200 万人を超える人々が訪れるまちへと変化した滋賀県長浜市から長浜のまちづくりのキーパーソンとして活動してきた吉井茂人氏をお招きし、まちづくりで成功したノウハウやこれからまちづくりを行っていくための意識醸成、人との関わり方などを熱く語っていただきます。

 参加料は無料です。参加定員は100名です。

 

 講師は、長浜まちづくり株式会社コーディネーターの吉井茂人氏。吉井氏は内閣府の地域活性化伝道師、経済産業省のタウンプロデューサーを務めておいでです。

 

 開催日は平成27年3月2日(月)13:30 ~ 16:00(受付開始は13:00~)

 

 場所は広島県庁自治会館 2階 201会議室です。

 お申込みは、広島県ホームページよりダウンロードした参加申込書に必要事項を記載の上、FAXまたは電子メールにて広島県土木局都市計画課へお申し込みください。

 

「参加申込書」ダウンロードページ
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/miryoku-machinami/study.html

 

 お申込締切は、平成27 年2月20 日(金)です。

 

 お申込み・お問い合わせ先は、広島県土木局都市計画課、電話 082-513-4117(直通)、F A X 082-223-2397、E-mail dokeikaku@pref.hiroshima.lg.jp までお願いします。

 

会場案内…広島県庁自治会館2階201会議室

 

  • 広電紙屋町東または紙屋町西電停から徒歩3分
  • アストラムライン県庁前駅から徒歩2分
  • 紙屋町バス停またはバスセンターから徒歩5分
    ※なるべく公共交通機関でお越し下さいとのこと。
    今後の講演会予定…
    まちづくり講演会は広島県内を5 ブロックに分けて今後も継続して行います。遠方で参加が難しい方はお近くのブロックで開催される際にご参加下さい。
    広島圏ブロックにお住まいでまちづくりに興味のある方は,今回の講演会に是非ご参加下さい。
    ①広島圏ブロック…平成27年3月2日
    ②備後ブロック…平成27年7月予定
    ③備北ブロック…平成27年12月予定
    ④芸北ブロック…平成28年7月予定
    ⑤広島中央・呉ブロック…平成28年12月予定

 

まちづくり講演会パンフレット.pdf

 

「平成26年度広講習会及びぽっぽカード加盟店広島県大会」開催

優良リピーターを作るための具体的な策をセブンイレブンの販売スタイルから学ぶ

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

「平成26年度広講習会及びぽっぽカード加盟店広島県大会」開催▲ディスカッションを交えた参加型の岡本氏の講演。参加者も興味深そうに聞き入っていました。

 広島県商工会連合会は、1月28日(水)にホテルセンチュリー21広島(南区的場町)にて、「平成26年度広講習会 ぽっぽカード加盟店広島県大会」を開催しました。

 当日は、ぽっぽカート加盟店の代表など50名が参加しました。

 

 第一部となる講習会では、メンタルチャージISC研究所代表の岡本文宏氏が“高単価リピーター創出の具体策~セブンイレブンに学ぶ! 狭小商圏でもリピーターを量産する仕組み~”と題した講演を行いました。岡本氏は、これまで150社以上の企業に対してコンサルティングを行い、成果を上げているマネージメントのプロ。すぐに経営に活かせる実践的なノウハウを学ぼうと、参加者は熱心に耳を傾けていました。

 

 冒頭で岡本氏はお店のファンであるリピーターの重要性を熱弁。続けてリピーターを作るための具体的な方法を次々に紹介しました。

 

 リピーターを作るためにまず挙げたのが「あてにできる店だと印象づける」こと。「例えばセブンイレブン。ここなら欲しい商品が必ずあると思い出してもらえることが、結果的にリピートに繋がります。そのために「せっかく来たのになかった」という機会ロスを徹底排除してください。何がいつ売れたかをアイテムごとに把握する“単品管理”が大切です」と訴えました。

 

 2つ目は「すべてのお客様をリピートさせようとしないこと」。「リピート率の高い本命客を徹底的に“えこひいき”することが大切」と説明しました。好待遇を受けた客は店から離れず、より優良リピーターになる仕組みです。

 

 続けて、セブンイレブンから学ぶお客様を飽きさせない仕掛けを紹介。リピーターを飽きさせないために大切なのは変化。「売り場を変化させる」、「品揃えを変化させる」「販促企画を変化させる」の3つの変化を挙げ、それぞれの必要性を伝えました。

 

 最後に岡本氏が「ずっと買い続けたいと思われる店になるためには、あなた自身がお客様に共感される魅力ある経営者になることが最も大事なのです」と語ると、大きくうなずく参加者の姿も見られました。

 

 第2部の研修会では、地域商業研究所代表の金尾俊郎氏が「ポイント経費の元が取れる業種別ポイントカード有効活用法」について講演を行いました。冒頭で金尾氏は「ポイントはあくまでも補助的販促手段」と断言。まずは、お客様のために品揃え、接客サービスを充実させてほしい」と述べました。

 

 「ポイントは店のためと割り切ることが大切。業種によって使い方をかえないと効果がない」と述べると、「価格競争(何らかの値引き等)があるか」、「まとめ買いやついで買いの対象になるか」の二つに分けて、それぞれのパターンごとにポイントカードの有効な活用方法を伝授しました。

 

 講演会、研修会後には、交流会も開催。参加者は名刺交換や情報交換を行いながら有意義な時間を過ごしました。

全女性連まちづくり顕彰を授与

女性ならではの地域活性化事業と部員を大幅に増強した組織力の強化を評価

クローズアップ商工会

沼隈内海商工会女性部

全女性連まちづくり顕彰を授与

▲全女性連会長より顕彰を授与される渡壁女性部長。

 沼隈内海商工会女性部が、「全国商工会女性部連合会まちづくり顕彰」を授与しました。この顕彰は、商工会女性部組織及び事業の推進が特に優秀であり、他の範となる商工会女性部に与えられるものです。今回は全国約1600商工会の中から6商工会女性部が表彰されました。

 

 同商工会女性部は昨年度「おもてなし・思い出・お土産 3つのO(オー)で地域活性化事業」を実施。女性的な感覚で探る思い出に残るスポットや体験などの開発、地域の食材などを活用した女性が喜ぶお土産やメニューの開発などに取り組んできました。

 

 また、平成22年度からは部員増強にも力を入れ約40名だった部員を現在約80名まで増員。商工会全体を巻き込んで、女性部組織の強化にも努めています。

 

 地域や社会に貢献しながら、様々な分野で豊かなまち(地域)づくりのため積極的に事業に取り組み、地域の活性化に大きく寄与したことが評価された今回の受賞。今後の女性部の活動の糧になることは間違いありません。

 

●お問い合わせ/沼隈内海商工会 TEL(084)987-0328

組織率88.2%で県内1位を達成!

商工会本来の活動を会員事業所や地域住民に周知し、身近で頼れる商工会に

クローズアップ商工会

沼隈内海 商工会

組織率88.2%で県内1位を達成!

▲最新の商工会報。目を引くデザインと読みやすさが魅力です。

 沼隈内海商工会は、平成24年の経済センサス調査により、県内34商工会で一位の組織率を達成しました。組織率とは、その地域に存在する商工業者数のうち、商工会員が占める割合のこと。同商工会では地域の商工業者数498事業所に対して、会員数が439事業所あり、算出される組織率は88.2%。地域の約9割の事業所が商工会員になります。

 

 同商工会では、平成24年から「商工会の見える化」に力を注いできました。これまで「イベントをする団体」という印象が強かった商工会のイメージを払しょく。経営に関する税務・労務・金融・商品開発・販路開拓などの様々な支援が可能なことを、広く周知してきた結果です。

 

 その方法の一つとして、商工会報のデザインを変更。スポーツ新聞風の読みやすいデザインで、商工会の取り組みなどを分かりやすく紹介するようになりました。さらに、これまで会員事業所にしか広報していなかった商工会事業を、地域住民にも広く伝えました。

 

 テレビやラジオ、新聞、雑誌などを活用した広報活動も積極的に展開。平成26年度は10月までに51回以上、メディアに取り上げられています。こうした広報活動を機に、商工会へ訪れる事業者も増加。経営支援の魅力を体感することに繋がっています。「最近では、地域外の方も創業や販路開拓などの相談に来られるようになりました」と経営指導員。「商工会の見える化」、「地元会員事業所の見える化」を地道に行っていくことが、会員事業者の支援に繋がり、さらに任意脱退を減らすきかっけになっているそうです。

 

 商工会の活動内容を、様々な方法で会員事業者や地域住民に周知した先進的な取り組みが、組織率1位を獲得した要因。同商工会では、引き続き「商工会の見える化」に取り組み、さらなる組織率のアップをめざします。

 

●お問い合わせ/沼隈内海商工会 TEL(084)987-0328

農商工観連携セミナー参加者募集!

農業、商工業、観光などが連携し“オールみよし”で売上や集客アップをめざす

セミナー・プロジェクト

三次広域 商工会

農商工観連携セミナー参加者募集!

 三次広域商工会と三次商工会議所、三次農業協同組合(JA三次)の3団体が主体となって実施している“農商工連携等サポート事業”が、2月13日(金)、23日(月)、3月9日(月)の3日間、三次市民ホール きりり にて、「オールみよし 農商工観連携セミナー」を開催します。平成26年度三次市産業支援農商工連携等サポート事業の一環として行われるこの事業は、今年で4回目。今年度は、日程を拡大しさらにスケールアップして実施されます。

 

 第1回目のテーマは「学ぶ」。有限会社平田観光農園代表取締役会長の平田克明氏が“オール三次の農商工観・6次産業化の可能性について~平田観光農園のイノベーションの歩みを通じて~”と題した講演を行います。また、岐阜県の郡上大和総合開発株式会社の総支配人が“東海・北陸から 中山間地域に人を呼び込む地域ビジネスについて~地域資源を活かす 人を巻き込む 新たな価値を生む~”と題した事例発表も実施。農商工連携や6次産業化のトップリーダーや国内の先進事例から、事業の考え方や運営のノウハウを学べる内容で、自らの事業運営や手法の見直し、レベルアップへのヒントがいっぱいです。

 

 第2回目のテーマは「出会う」。広島文化学園短期大学准教授でラピスラズリ代表、食農連携コーディネーターの鳥田いづみ氏が“オール三次の食の魅力と地域ブランドへの可能性”と題した講演を行うほか、三次市農業交流連携拠点施設「トレッタみよし」の紹介や三次市で活躍する事業者7組の事例発表などが行われます。

 

 第3回目のテーマは「向き合う」。自社PR/試食会や名刺交換会を通して、様々な業種から集まった事業者に出会いの場を提供します。商談や取引、商品開発、事業連携などの可能性が広がります。

 

 三次市では中国横断道・尾道松江線(中国やまなみ街道)の全線開通や、三次市農業交流連携拠点施設「トレッタみよし」の開設など、ビジネスチャンスに繋がるイベントが目白押しです。農業、商工業、観光など多彩な事業者が手を結び、オール三次で一緒に地域を盛り上げませんか?

 

 参加は無料。希望者は申込書に必要事項を記入の上、三次広域商工会(FAX0824-44-3390)までお送りください。業種や事業規模を問わず、幅広い方々のご参加をお待ちしております!

 

○オールみよし 農商工観連携セミナー
●第1回
開催日時/平成27年2月13日(金) 13:30~16:30
●第2回
開催日時/平成27年2月23日(月) 13:30~16:30
●第3回
開催日時/平成27年3月9日(月) 13:30~16:30

 

場所/三次市民ホール きりり (三次市三次町111-1)
参加費/無料

 

●お問い合わせ/三次広域商工会 TEL(0824)44-3141

 

PDF.申込書 農商工観連携セミナー参加者募集!

 

三次広域商工会のホームページはこちら

「備後物産展」開催決定!

備後地域の商工会と西日本高速道路SHDがタッグを組んで会員の販路開拓を支援

地域イベント

4商工会連携

「備後物産展」開催決定!

▲会議に参加した各商工各職員と西日本高速道路SHD(株)の担当者。イベント成功に向けて、気合い十分です。

 世羅町商工会、沼隈内海商工会、神辺町商工会、上下町商工会が合同で3月14日(土)、15日(日)の2日間、福山サービスエリア(上り)と小谷サービスエリア(下り)にて、「備後物産展」を開催します。備後地域の商工会と西日本高速道SHD(株)が連携してイベントを開催するのは、今回が初。開催に向けて、1月13日(火)に「備後物産展実行委員会」が開かれました。

 商工会と西日本高速道路SHD(株)の担当者が参加した会議では、出店企業やスペースのレイアウトなどが話し合われました。まずは、各商工会がピックアップした出店企業を紹介。商品の魅力や特徴などを詳しく説明しました。

 

 出店企業を決めるための話合いでは、「バラの苗は年配の女性に人気。女性がよく動く秋の行楽シーズンを狙ったらどうか」「調味料を販売する場合は、一緒にそれをつかったお弁当も販売した方が消費者のイメージが湧きやすい」「物産展の目玉になるような商品が必要」など、活発な意見交換が行われました。議論が尽くされた後、今回の物産展に出店することになった企業は全部で9企業。世羅牛や神石ポーク、調味料、雑貨、スイーツなどバラエティ豊かな商品が出揃いました。

 

 その他、消費者を引き付ける店舗レイアウトや広報活動についても話し合われました。また、必要書類の提出などスケジュールをマニュアル化することで意見が一致しました。次回の会議は2月中旬に開催される予定です。

 

 この物産展を開催することになったきっかけは、昨年9月に福山サービスエリアで物産展を行った世羅町商工会の呼びかけ。

 

 世羅町物産展の反響はすさまじく、その日福山サーエリア(上り)は西日本一の売上を達成したほどです。「この時に出店した企業の中には、現在サービスエリアで常設してもらっているものもあります。パッケージなど売る側からアドバイスがもらえるのも会員にとっては大きなメリット。事業者のレベルアップにもつながる」と世羅町の三谷経営指導員。こうした取り組みを各地域に広げ小規模事業者の支援に繋げようと、沼隈内海商工会の藤本経営指導員が中心となって定期的に勉強会を開催しているグループ「商工会の将来を考える会(将考会)」に呼び掛け、今回の物産展が実現しました。

 

 また、西日本高速道路SHD(株)の担当者は、「サービスエリアを訪れる人は、地域性のあるものを求めている。地域の特徴が出る物産展は、サービスエリアの利用者にとっても魅力的」と話します。

 

 地域の小規模事業者を支援する商工会と地域貢献を目指すサービスエリアがタッグを組んだこのイベント。公的機関と民間企業が連携した新しい取り組みに注目が集まっています。

 

●お問い合わせ/世羅町商工会  TEL(0847)22-0529