アクティブニュース

全てみる

メディアを使って賢く会社やお店をPRしませんか?(安古市町商工会)

[経済誌編集長がノウハウを伝授する『プレスリリースセミナー』の参加者を募集中!]

セミナー・プロジェクト

安古市町 商工会

 『プレスリリース』とは、雑誌やテレビなどのメディアに向けて情報を発信し、ニュースとして取り扱ってもらうための書類のことです。メディアに取り上げてもらうためには、このプレスリリースの書き方がとても重要です。メディアを引き付けるプレスリリースとはどんなものなのでしょうか。

 

 今回、安古市町商工会が平成30年度伴走型小規模事業者支援推進事業の一環として開催する『プレスリリースセミナー』では、講師を経済誌『ログノート』の編集長、藤原茂氏が担当。テレビや新聞、雑誌に無料で取り上げてもらうために、効果的なプレスリリースの書き方を伝授します。

 

 セミナーでは、成功したプレスリリースの実例の紹介やSNSを活用したメディア取材例など、具体的な事例を取り上げて分かりやすく解説。マスコミを通じて、もっと広く世の中に自社のことを知ってもらい、売り上げアップのきっかけにしてみませんか?

 

 参加希望の方は下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入して安古市町商工会までメール(yasufuru@hint.or.jp)またはFAX(082-876-0593)にてお送りください。定員になり次第、締め切りとなります。

 

 たくさんのご応募、お待ちしています。

 

申込用紙はこちら

 

○編集長が教える!!

 無料でメディアに取り上げられるための“コツ”

日時/8月3日(金)13:30~15:30

場所/安佐南区民文化センター 中会議室 (広島市安佐南区中筋1-22-17)

参加費/無料

定員/先着20名

問い合わせ/安古市町商工会 TEL 082-877-1180

 

『ストーリーから考える商品開発セミナー』が開講(県連)

[商品開発の肝はストーリーづくり。ストーリーの重要性と作成方法をプロが分かりやすく解説]

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

第1回目では商品開発に係るストーリーの作り方や商品開発のポイントについて学びました。

 6月28日(木)、メルパルク広島(広島市中区基町)にて、広島県商工会連合会主催の『ストーリーから考える商品開発セミナー』が開講しました。このセミナーは、中小企業、小規模事業者に必要な“こだわりの商品開発”や、“わかりやすい商品のストーリーづくり”に役立ててもらおうと、3年前から県連が企画・実施しています。全3日間のカリキュラムの初日となったこの日は15の企業・団体から17人が参加。“売れる商品開発”をテーマに講義とワークショップを行いました。

 

 講師は、株式会社ユーミックプロデュース代表取締役で中小企業診断士の渡貫 久氏と中小企業診断士でCDA(キャリアカウンセラー)の小倉 綾氏。多くのセミナー・講演実績のある人気の講師陣です。講義では、渡貫氏が商品開発をする上でのストーリーの重要性を力説しました。その中で、「ストーリーの良し悪しはエンディング次第。目的地があるかないかで、そこに至るプロセスや時間軸が大きく異なる」と話し、ストーリーづくりの中でもエンディングをしっかり思い描けるかがポイントだとアドバイスしました。さらに、ライバルの存在やピンチとその解決策を盛り込む、分かりやすさにこだわるなど、ストーリーづくりに必要なアイデアやノウハウを伝授しました。

 

ワークショップでは講師陣のアドバイスを直接受けることができる貴重な時間にもなりました。

 続いて商品開発のプロセスを紹介。アイデアの検討から商品化に至るまでに行っておくべき事柄について事例を紹介しながら、一つひとつ丁寧に解説しました。「中でもテストマーケティングが重要。作り手と消費者のギャップを縮めるための大切な作業です」と力を込めました。

 

 後半はグループに分かれて、ワークショップを実施。事例企業をもとに、コンセプトシートの作成方法を学びました。受講者は、他の参加者と活発にアイデアや意見を交わしながら、懸命にシートづくりに励んでいました。

 

 

 次回は7月4日(水)、第3回目は7月12日(木)に開催、7月18日(水)には希望事業者にアドバイスなどを行う個別相談会も実施します。参加者たちは3日間のカリキュラムで商品開発から販売に至るまでの一連のノウハウをマスターし、新たな商品開発、販路開拓に挑みます。

お金を残す事業計画を立てませんか?(安古市町商工会)

[中小企業診断士によるお金を残すための事業計画セミナーを開催。ただ今、参加者募集中]

セミナー・プロジェクト

安古市町 商工会

 安古市町商工会が平成30年度伴走型小規模事業者支援推進事業の一環として事業計画セミナー『お金を残す事業計画~利益を意識した経営をしていますか?~』を開催します。講師は中尾経営支援事務所代表で中小企業診断士の中尾友和氏。経営に必要なお金の知識や補助金申請にも活用できる事業計画書の作成方法を丁寧に解説します。

 

 参加は無料。受講希望の方は下記の申込書を出力の上、必要事項を記入して安古市町商工会までメール(yasufuru@hint.or.jp)またはFAX(082-876-0593)にてお送りください。

 

 希望者にはセミナー終了後、専門家が個別(無料)で支援します。利益を生む経営のヒントを一緒に見つけてみませんか?

 

お申込み用紙はこちら

 

○お金を残す事業計画

~利益を意識した経営をしていますか?~

日時/7月24日(火) 18:30~20:30

場所/安佐南区民文化センター 中会議室 (広島市安佐南区中筋1-22-17)

受講料/無料

定員/先着20名

問い合わせ/安古市町商工会 TEL 082-877-1180

 

『おもてなし交流事業』で愛媛県女性連が東広島市豊栄町を訪問      (広島県央商工会)

[広島県央商工会女性部がオリジナルのプチマルシェでおもてなし]

セミナー・プロジェクト

広島県央 商工会

ランチを食べながらテラスで行われた交流会の様子。

 全国各地の女性部同士が交流を図り“絆”を深めることにより、新たなネットワークを広げることなどを目的に、平成24年度から全国商工会女性部連合会が実施している『おもてなし交流事業』。女性部だからこそ知っている地域の魅力を取り入れた『おもてなしプラン』を全国の商工会女性部から募集し、そのプランを活用した交流事業を推進しています。

 

 県内で唯一『おもてなしプラン』を作成している広島県央商工会女性部。平成29年6月に初めてお迎えした福岡県の芦屋町商工会女性部のみなさんには、会員事業所のトムミルクファームで搾乳やバターづくり体験などを盛り込んだ体験型のプランを用意しました。同年の秋には佐賀県の佐賀市北商工会女性部もこの事業を活用して豊栄町を訪問しています。

 

同商工会が開催している人気イベント『セントルマルシェ』のプチ版を実施。

 今年6月7日(木)には、第3回目となる『おもてなし交流事業』を実施。愛媛県女性連から役員12名と事務局1名の計13名が豊栄町を訪れました。広島県央商工会女性部からは20名が参加。同日、中央地域協議会の会議が行われていたこともあり、三原臨空商工会、黒瀬商工会、安芸津町商工会、大崎上島町商工会の部長も応援に駆け付けました。

 

 今回のおもてなしのテーマは『マルシェ』。会場となったトムミルクファームに、カラフルな旗が飾られたテントを並べ、雑貨や地域の特産品、地元で人気のパンなどを販売したり、木工体験やハーブを使った虫よけスプレーづくり、スキレット(鉄製プライパン)の調理体験などのワークショップを開催しました。賑やかで楽しい雰囲気に、愛媛県女性連のみなさんもみんな笑顔に。女性部同士の交流も深め、互いに楽しい時間を過ごしました。また、事業の助成金を活用した500円分の買い物券を配布すると、愛媛県女性連のみなさんはとても喜んでお買い物をされていました。

 

 同女性部には、早くも秋に岡山県から『おもてなし事業』の依頼がきています。次のおもてなしプランも県央の魅力いっぱいになること間違いなしです。

 

 ●お問合せ/広島県央商工会TEL 082-437-0180

趣味や資格を活かして何かやりたいと思っている方のための創業セミナー参加者募集!(安古市町商工会)

[先輩経営者が体験談や創業にまつわる本音トークであなたの創業を応援!]

セミナー・プロジェクト

安古市町 商工会

 「趣味や特技を仕事にしたい!」、そんな思いを抱いている方にぴったりのセミナーがこちら。7月17日(火)、安佐南区民文化センターで開催される『創業セミナー』に参加してみませんか?

 

 第1部では、中小企業の支援や女性活躍推進研修などを手掛ける、フラウツー代表の阿須賀芳恵氏を講師に迎え、『めざせ! 自分スタイルの創業』をテーマにしたプチセミナーを実施。ワークショップで、夢を形にするためのアイデア出しも行います。

 

 第2部では先輩経営者2名を招き、創業にまつわる体験談やトークセッションを繰り広げます。参加する先輩経営者はアイシングクッキー教室などを展開するSweet Time代表の石川さおりさんと「介護をする人もされる人も笑顔にするセラピスト」として活躍するHealing Space Micro代表の砂川沙央里さん。体験者だからこそ語れる生の声は、きっとこれから創業しようと考えているみなさんの力になるはずです。

 

 また、セミナーの参加特典として、希望者には出店希望地の商圏レポートをプレゼント。さらに、専門家が個別(無料)で創業を支援します。創業へ一歩踏み出す絶好のチャンスです。参加希望の方は下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入して安古市町商工会までメール(yasufuru@hint.or.jp)またはFAX(082-876-0593)にてお送りください。

 

たくさんのご応募、お待ちしています。

 

申込用紙はこちら

 

○趣味や資格を活かして何かやりたいと思っている方のための創業セミナー

日時/7月17日(火)13:30~16:30

場所/安佐南区民文化センター 大会議室 (広島市安佐南区中筋1-22-17)

参加費/無料

定員/先着40名

問い合わせ/安古市町商工会 TEL 082-877-1180

3商工会合同で『週末創業塾』を開催。ただ今受講者募集中!(広島安芸商工会、府中町商工会、広島東商工会)

[創業計画から開業まで商工会がしっかりとサポート。週末開催で受講しやすい!]

セミナー・プロジェクト

なし

 6月30日(土)、7月7日(土)、21日(土)、28日(土)、8月4日(土)の5日間、広島安芸商工会、府中町商工会、広島東商工会の3商工会が合同で『週末創業塾』を開催します。このセミナーは平成30年度年度伴走型小規模事業者支援事業の一環として行われるもので、3商工会が合同で開催するのは今年で2回目。カリキュラムは、創業の心構えからマーティングの基本知識・実践知識、創業計画の作り方、人材育成の心構え、会計と財務の基礎知識まで幅広く網羅し、徐々にステップアップしながら創業に必要な知識を身につけることができます。

 

 講師は中小企業診断士で(株)ユーミックプロデュースの代表取締役 渡貫久氏と中小企業診断士でCDA(キャリアカウンセラー)の小倉綾氏が担当。創業事例も交えながら、創業について分かりやすく解説します。

 

 対象は創業(起業)予定の方、創業後間もない方、創業に興味のある方など。参加希望の方は下記の申し込み用紙を出力の上、必要事項を記入して広島安芸商工会海田支所までFAX(082-822-0924)にてお送りください。定員は20名です。週末開催で通いやすい創業塾。ぜひご参加ください。

 

申込用紙はこちら

 

○週末創業塾

日時/6月30日(土)10:00~16:00、7月7日(土)14:00~18:00、21日(土)10:00~16:00、28日(土)10:00~16:00、8月4日(土)10:00~16:00

会場/安芸農協会館(サンピア・アキ) 安芸郡海田町窪町8-8 3F研修室

参加費/1000円(テキスト代)

定員/20名 ※定員になり次第締め切り

お問合わせ/広島安芸商工会 海田支所 TEL 082-822-3728

 

事業所紹介-デイサービス アヴォンリー(世羅町商工会)

[小規模ならではのアットホームな雰囲気ときめ細かなサービスで利用者を笑顔に]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

リクライニング式のイスが設置され、ゆったりと過ごせる施設内。

 世羅町小国に平成28年1月に開業した「アヴォンリー」。運営を行う合同会社happiness(ハピネス)代表の高﨑誠也さんは、12年間介護の仕事に従事した後、デイサービスを開業しました。特徴は小規模ならではのアットホームな雰囲気ときめ細かいサービス。“近所の方々や知り合いが縁側でおしゃべりするようなコミュニティスペース”をテーマに、デイサービスでは珍しいリクライニング式のイスを設置して、長時間でもゆったりと過ごせるように配慮されています。

 

バランスの良い手作り料理が魅力です。

 昼食やおやつは施設内で手作り。高齢者の栄養不足に考慮した料理を提供しています。献立は利用者の体調に合わせて準備。食欲がわくようにと、利用者のリクエストを取り入れたり、時には職員が釣った新鮮な魚がメニューに登場することもあります。アットホームな対応がケアマネージャーにも好評です。

 

 施設では送迎や健康チェック(血圧・脈・体温)、入浴、食事、体操(機能訓練)、レクリエーション、ティータイム(好きなドリンク&おやつ)、生活相談など、様々なサービスを受けることができるほか、ご家族の方からの『介護にまつわるご相談』も随時受け付けています。インターネットを通して情報を共有できる『WEB連絡帳』を導入しており、離れて暮らすご家族も簡単に施設での様子を知ることができます。

 

 同社は、世羅町の『未利用資産活用支援事業補助金』を活用し、空き店舗を改修して事業をスタート。世羅町商工会が創業から現在に至るまでサポートを行っています。

 

 最後に高﨑さんは「地域の集いの場、活気あふれる場として、地域に欠かせない事業所になりたい」と話されました。

 

○デイサービス アヴォンリー(合同会社happiness運営)

住所/世羅郡世羅町小国4507-1

TEL/0847-37-1388

営業時間/8:30~17:30

休み/土日曜

ご当地グルメセミナー参加者募集(尾道しまなみ商工会)

[B-1グルメの常連『今治焼豚玉子飯』の仕掛け人が、ご当地グルメへの思いと手法を披露]

セミナー・プロジェクト

尾道しまなみ 商工会

 6月20日(水)、尾道しまなみ商工会瀬戸田支所にて、『ご当地グルメセミナー』が開催されます。講師は、今治焼豚玉子飯世界普及委員会代表の小畠源氏。今治焼豚玉子飯は、2010年尾道てっぱんグランプリで優勝。これを機に、B-1グランプリ出展を目指し、2011年近畿・中国・四国B-1グランプリで3位入賞。初出店となった第6回B-1グランプリで5位に入賞し、その後も3位を2回、2017年西日本B-1グランプリで優勝するなど、ご当地グルメでは類を見ないロングランの入賞成績を残しています。

 

 今回のセミナーでは、小畠氏が有名になっては消えていく数々のご当地グルメブームの中で、いかに火をつけ、広め、継続させたのか、その手法を伝授。講演のほか、パネルディスカッションも予定されています。

 

 飲食店、生産者、観光関連など、地域振興に興味がある方はどなたでも参加が可能。受講料は無料です。興味のある方は下記にリンクした申込用紙に必要事項を記入の上、尾道しまなみ商工会瀬戸田支所(FAX 0845-27-3518)までお送りください。たくさんのご応募お待ちしています。

 

お申込み用紙はこちら

 

○ご当地グルメセミナー

日時/平成30年6月20日(水)19:00~21:00

場所/尾道しまなみ商工会 瀬戸田支所(尾道市瀬戸田町瀬戸田311-1)

受講料/無料

定員/40名

お問合せ/尾道しまなみ商工会 瀬戸田支所 TEL 0845-27-2008 三谷

6月16日(土)から東急ハンズで『広島県央セントルマルシェ』開催(広島県央商工会)

[県央(豊栄町・福富町・河内町)のモノ・コト・グルメがオシャレなイベントになって東急ハンズに登場!]

地域イベント

広島県央 商工会

 『県央セントルマルシェ』は2017年8月の第1回目を皮切りに、2017年11月に第2回、2018年4月に第3回と開催を続ける人気イベント。県央の自然と折り合いをつけながら丁寧に暮らすスタイルがフランスのプロバンス地方に似ていることから、プロバンスをテーマにしたオシャレなイベントを開催しています。

 

 マルシェでは、豊栄町・福富町・河内町の県央エリアの商工会事業所が一堂に会し、ここでしかできない体験メニューや食の魅力を提供。地域で採れた新鮮な食材や、それを使ったプロバンスメニューの屋台、手仕事が光る雑貨などが販売されます。5月には、広島三越にも出展し大きな注目を集めました。

 

 その『広島県央セントルマルシェ』が6月16日(土)~24日(日)の1週間、東急ハンズをジャックします。期間中、豊栄町、福富町、河内町の新鮮な野菜や加工品、手作り雑貨などが日替わりで登場。個性豊かな作家さんが開催するワークショップも予定されています。

 

 6月22日にはフレンチの名店『Shima labo』の限定ランチ、23日(土)、24日(日)には、洋風惣菜店『RECETTE』のランチBOXなど、スペシャルなグルメも満載です。県央に行かずして、県央の魅力が満喫できる『セントルマルシェ』にぜひお出かけください。

 

イベントの詳細はこちら

 

○ひろしま県央セントルマルシェ

日時/2018年6月16日(土)~24日(日)

場所/東急ハンズ広島店(広島市中区八丁堀16-10)

 

お店紹介-クリーニング・ノブタ(安古市町商工会)

[戦後まもなく創業し、高い技術で今もなお愛され続ける老舗クリーニング店]

事業所・店舗紹介

安古市町 商工会

3代目の延田慎治さん。お店はJR古市橋駅のすぐ目の前にあります。

 JR古市橋駅のすぐ目の前にある『クリーニング・ノブタ』は、昭和22年の創業以来、ずっとこの地で愛され続けるクリーニング店です。現在はクリーニング師の国家資格を持つ2代目の延田賢治さんと3代目の慎治さんの二人で店を切り盛りしています。

 

 長年お店を続けてくることができた理由は、職人による丁寧な手仕事。特に染み抜きの技術には定評があり、ウワサを聞きつけて遠方から訪れる顧客もいます。「一番大切にしているのは、お客様とのコミュニケーション。お客様の声がダイレクトに職人に届くので、ご満足いただける仕上がりでお渡しができる。対話がすごく重要な業種です」と慎治さん。高い技術が必要なため、一般的なクリーニング店では専門店に出してしまう着物のクリーニングも自家工場での仕上げが可能。慎治さん自らが着物クリーニングの専門店で修行し、技術を身につけました。また、1点1点のクオリティを下げたくないと、割引サービスやセールなどを行わないところにも職人のこだわりを感じます。

 

古市ふりぃ~いちの様子。バルーンアートで子どもたちの人気を集めました。

 慎治さんは、安古市町商工会青年部にも所属。きっかけは商工会員である父からの勧めでした。「私たちの仕事は店からほとんど出ることがありません。父は『青年部に参加して、同世代との繋がりを持った方がいい』とアドバイスしてくれました」と話します。入部後、慎治さんは青年部活動に積極的に参加。今年5月まで副部長を務めていました。毎年11月頃に開催していた同商工会青年部の一大イベント『古市ふりぃ~いち』では、長年バルーンアートを担当し、子どもたちに大人気。現在も、青年部活動の中心的な役割を担っています。「青年部に入ったことで、同世代のかけがえのない仲間に出会えました。これからも仲間と一緒に地域を盛り上げていきたい」と話してくれました。

 

 そんな熱い想いを持った職人の、丁寧な手仕事が光るクリーニング店。衣類でお困りの際は、ぜひご相談ください。

 

○クリーニング・ノブタ

住所/広島市安佐南区古市3-9-3

TEL/082-877-0166

営業時間/7:30~20:00

定休日/日曜・祝日、第2土曜

駐車場/3台