アクティブニュース

全てみる

商店街に活気呼び込む春祭り(山県郡北広島町)

[アート作品を多彩に展示したり、郷土色豊かなパレードや郷土芸能を披露]

地域イベント

なし

パレード、ステージ、露店は29日のみ。アートストリートは30日まで

 山あいの町に春の訪れを告げる「大朝春市(わさまち)」が今月29日(祝)、30日(日)の2日間、山県郡北広島町の大朝商店街で開かれます。大朝町商工会が主催して行う同町春の恒例行事で、商店街を舞台にしたアート展やパレードなどで町に活気を取り戻そうというお祭り。期間中、商店街をアートストリートとして公開。初日にはパレードや山車行列が町を練り歩き、ステージでの催しや各種団体の出店が勢ぞろいします。同町にある火災消除の守護神、愛宕神社の祭りとして始まった催しですが、今では地域住民、各種団体が参加してにぎわう、地域づくりの重要な行事として定着しているようです。

 アートストリートでは、商店街の14か所に絵画、写真、手工芸品、焼き物などの作品を展示。通りをギャラリーに仕立てて華やかさを演出し、訪れる人に商店街散策を楽しんでもらいます。「今では空き店舗が目立ち、商店街としての機能が低下している」と地元商店街の現状を説明しながら、「考え方を変えれば、空き店舗もひとつの資源」と話すのは同商工会経営指導員の栗栖和義さん。商店街の空き店舗を工房として活用して陶芸の創作活動を行ったり、童話作家・野口雨情の作品を展示するなど、空いた空間を有効に生かしたまちづくりに取り組んでいる人たちもいるようで、「期間中はさらに多彩な展示を行い、商店街に目を向けてもらうきっかけにしたい」と、栗栖さんはイベント効果を期待しているようです。

 メインとなる初日の見どころは、11団体が参加するパレード。町女性会による大朝音頭の行進に始まり、わさ火消し、大朝の昔話、わさまちくんち、田楽パレードなど、各団体が趣向を凝らし、郷土色豊かな山車行列やを繰り広げます。沿道にはたくさんの露店が並び、飲食も楽しめます。大朝支所前のメインステージでは、地元神楽団の公演や和太鼓演奏などもあり、山あいの商店街が祭り一緒に染まります。大朝商店街のにぎわいを楽しみに、みなさんも出かけてみませんか。

●お問い合わせ/大朝町商工会 TEL(0826)82-2576

(2006-04-19-A)

地域の新交流拠点が完成(山県郡安芸太田町)

[観光情報や特産品の紹介、販売、各種体験学習講座などを行い、交流人口を増やす]

地域イベント

なし

旧可部線加計駅の跡地を活用し、都市と農村の交流を進める施設「太田川交流館かけはし」

 山県郡安芸太田町の加計町商工会が運営を委託された、都市と農村の交流促進の新拠点となる「太田川交流館かけはし」が今月3日(祝)、同町の旧可部線加計駅跡地にオープンします。観光情報の発信、特産品の紹介や販売などで流域の交流人口を増やし、地域の活性化を図ることを目的とした施設で、各種交流体験イベントの拠点にもなる予定。同商工会経営指導員の田村尚志さんは、「今後の運営については手探りの状態。地域はもとより、地元で商売をする人たちの活性に貢献できるスペースにしたい」と話し、同施設を地元商工業の振興にも役立てたいと意気込みます。午前10時からオープニングセレモニー。

 同施設は、観光案内所や体験交流室を備え、館内に“太田川清流塾”の事務局も置かれます。同塾は、“やまなみ大学安芸太田キャンパス”の体験学習講座主催者らが地域の交流促進を目的に立ち上げたグループで、施設を活用して地域の自然、歴史文化、産業などを生かした各種講座を提供することにしています。

 観光客などが立ち寄るトイレを情報発信に生かそうと、施設内のトイレにモニターを設置。地域紹介や地元店舗のPRビデオなどを流して、キャンペーンなどの際の情報発信に映像を効果的に使う予定にしています。

 オープニングセレモニーでは、同商工会の岩本誓治会長(同館館長)のあいさつに続き、加計神楽保存会による神楽公演、商工会青年部と女性部による餅つきなどを開催。バンドの演奏もあり、「ぜひ加計に遊びに来て」と田村さんは呼びかけています。

●お問い合わせ/加計町商工会 TEL(0826)22-1221

(2006-04-18-A)

29日は“美土里の日”(安芸高田市美土里町)

[美土里の魅力をふんだんに盛り込んだ、町を挙げての一大イベント]

地域イベント

なし

“みどりの日”を町民ぐるみでお祝いするイベント

 ふるさとの名にちなみ、国民の祝日の“みどりの日”を“美土里の日”として町民ぐるみで祝うイベントが今月29日(祝)、安芸高田市美土里町の神楽門前湯治村で開かれます。今年で18回目を迎える「美土里祭」は、平成元年にみどりの日が制定されたのを期に始まった催しで、「文字どおり町を挙げての総合イベント」と美土里町商工会経営指導員の村田正人さん。“自然の息吹 ゆっくりのんびり 美土里の里”をキャッチフレーズに、同町に伝わる神楽や田楽などの郷土芸能が披露されたり、同町の特産品が勢ぞろいしたりして、地域住民と観光客がともに盛り上がるイベントとして親しまれています。同町の魅力を満喫しに、みなさんも出かけてみませんか。イベントは午前10時から。

 メイン会場の神楽ドームでは、地元の小中学生や各種文化団体が日ごろの活動の成果として、民踊や民謡などをステージ発表します。美土里神楽連合会から神幸、上河内両神楽団が参加して、華麗な舞でステージに華を添えたり、生田芸能保存会が地元に伝わる田楽を披露するのにも注目です。約20の団体、グループが出店して開かれる特産品市では、美土里牛や川魚、山菜、地酒などのふるさとの味がずらり。山里の味覚がたくさん並ぶなか、地元の商工会女性部は、アナゴめし、小イワシの天ぷらといった趣向を変えた味で来場客を迎えます。

 ヤマメのつかみ取り、餅つきが体験できたり、村内のポイントを回ってキーワードを完成させると、湯治村ペア宿泊券などが抽選で当たるフィールドワークなどのサブイベントも充実。静かな山あいにレトロな町並みを再現させた湯治村をゆっくりのんびり散策しながら、美土里の魅力をたっぷりと満喫できる1日となりそうです。

 なお当日は、臨時駐車場(安芸高田市美土里総合運動公園)から会場までシャトルバスが運行します。

●お問い合わせ/美土里町商工会 TEL(0826)54-0109

(2006-04-16-A)

今年の桜の見納めを(庄原市高野町)

[県の天然記念物に指定される県北の名桜が、今週末からいよいよ見ごろを迎える]

地域イベント

なし

円正寺境内で優雅な姿を見せる県天然記念物の枝垂桜

 県北の名木として知られる庄原市高野町の「円正寺・金秀寺の枝垂桜」が、間もなく満開を迎えようとしています。今年は厳しい寒さの影響で開花が例年より一週間以上遅れ、今週末に満開になるとみられています。県南部では桜は散り新緑のシーズンとなりましたが、高野町商工会経営指導員の上田慎二さんは、「今年はゴールデンウィーク前半まで桜が楽しめそう」と話し、今年の桜の見納めに高野を訪れてみては、と誘います。

 円正寺にある3株の枝垂桜は樹齢約350年の古木で、県の天然記念物に指定されています。うち1株は樹高12mに達する県内有数の巨樹として有名。若々しくみごとな花を咲かせるお隣、金秀寺の枝垂桜とともに美しい花を咲かせて高野の遅い春を彩り、毎年観光客の目を楽しませています。現在の開花状況は2分咲きから5分咲き程度で、一部見ごろを迎えているようです。

 円正寺では境内に臨時の茶席が設けられ、風情ある花見が楽しめます。夜桜ライトアップの照明も設置されており、開花期間中は暗くなり始めてから午後9時ごろまで、幻想的な夜桜を堪能できます。県北の名桜を写真に収めようと、アマチュアカメラマンの姿もちらほら見られるようになったといい、「いよいよ満開になると、大木に薄紅色の桜が咲き誇りたいへん迫力がある」と上田さん。遅咲きの地、県北・高野で、美しいしだれ桜をみなさんも楽しんでみませんか。

 両寺があるのは同町の中心部、商店街が続く旧街道沿い。商店街の一角には、同町特産のりんごを使ったアップルパイを販売する“ふじのや製菓”があり、「桜見物に訪れたなら、高野の名物もぜひ味わって」と上田さんはすすめています。なお、桜の開花状況については、同商工会のホームページでご確認ください。

●お問い合わせ/高野町商工会 TEL(0824)86-2011

(2006-04-15-A)
高野町商工会のホームページはこちら

近場でお得に温泉旅行(廿日市市大野町)

[宮浜温泉の宮浜グランドホテルが、平日限定の特別宿泊プランを実施中]

事業所・店舗紹介

大野町 商工会

特注の信楽焼を浴槽に使用した貸切風呂。特別宿泊プランでは入浴1回サービスが付く

 対岸に安芸の宮島を望む温泉地、宮浜温泉の宮浜グランドホテルが現在、リニューアル1周年を記念する平日限定の特別宿泊プランを実施し、人気を集めています。同館は、大野瀬戸に面した国道2号線沿いの小高い丘陵地にある、約40年の歴史をもつ温泉旅館。

 昨年のリニューアルで客室の一部を改装し、次の間付きの和室とツインルームを新設。次の間付き和室は10畳と6畳の2部屋に広縁が付いた特別な客室で、グループ利用などの大人数にも対応。ツインルームは落ち着き感のある間接照明で、洋室らしい雰囲気を演出しています。リニューアルのもうひとつの目玉が、貸切風呂の改装。従来あった家族風呂を特注の信楽焼風呂に改装したことで、陶器の風呂釜と檜の香りに包まれながら、心地よい入浴を楽しめるようになりました。エントランスの段差をなくして車椅子で移動できるようにしたり、ロビーに木目の美しいフローリングを配し、全体的に開放感ある空間に仕上げるなど、リニューアルによっていっそう快適性と機能性が充実した温泉旅館になりました。

 特別宿泊プランでは、昨年リニューアルした客室(海側)での宿泊に、信楽焼貸切風呂の入浴1回サービスの特典付き。風光明媚な大野瀬戸を望む部屋にくつろいで、夫婦や家族で水入らずの温泉を満喫できます。コーヒーまたはお風呂上りのソフトアイスクリームもサービスもあります。

 最近は広島近郊からの宿泊客も多いといい、「食事は月替わりの会席料理で、旬の味を存分に堪能してもらえる。近くの人も気軽に訪れて、美味しい料理と温泉、景色で心を癒して」と同館では利用を呼びかけています。特別宿泊プランは6月30日(金)まで。宿泊料金は1泊2食(2名1室の場合)1万3,800円、(3名以上1室の場合)1万2,750円。

 なお、同館の温泉は宿泊客以外の利用も可能です。午後1時から同8時までの間、大浴場・露天風呂は700円、貸切風呂は45分2,100円で日帰り入浴ができます。お気軽にご利用ください。

●お問い合わせ/宮浜グランドホテル TEL(0829)55-2255
●お問い合わせ/大野町商工会 TEL(0829)55-3111

(2006-04-14-A)
「宮浜グランドホテル」のホームページはこちら

おすすめの春らんまんの味-1(ひろしま夢ぷらざ)

[いちご本来の美味しさ、風味、食感が丸ごと味わえる手づくり無添加のいちごジャム]

事業所・店舗紹介

なし

いちご粒の果肉がたっぷりと入った、さらりとした口当たりのいちごジャム

 広島県内の特産品を全国に届けるオンラインショップ、ひろしま夢ぷらざインターネット店が、春らしさを感じられる一品としておすすめする商品をご紹介します。商工会員が丹精込めた春らんまんの美味しさを、みなさんも手軽にお取り寄せしてみませんか。一つめに紹介するのは、柑橘栽培が盛んな豊田郡大崎上島町にある農事組合法人神峯園(しんぽうえん)が製造販売する「いちごジャム」です。

 昭和61年に設立された同園は、ブルーベーリーをはじめ島で栽培されている果物、柑橘を加工し販売しています。「“大崎上島を元気にする”を合言葉に、島内で生産されたものだけを原材料として使う」と同園。ジャムやジュース、ソースを加工販売しており、鮮度と風味を保つために生果実をそのまま加工。添加物は極力、砂糖のみとして果物の特長を生かすのが同園のモットーです。

 同園のいちごジャムは、早朝に収穫したいちごを新鮮なまま、その日のうちにジャムに加工したもの。いちごは冷凍せず、グラニュー糖だけを加えて加工。ジャムを固めるゲル化剤のペクチンを使わないため、いちご本来の風味を残しつつさらっとした口当たりに仕上がっています。もうひとつの特長が、固形状の果肉が入っていること。一見、フルーツソース風のさらりとしたジャムのなかに、三角に形を切りそろえた新鮮ないちご粒の果肉がたっぷりと入っており、従来のジャムとは違った食感と味の広がりを楽しむことができます。「ゆるいジャムとも言われるが、口に運んだときの風味がまるで違う」と同園では自信をもって商品をアピール。パンに塗るとジャムがさらりとしみ込む感覚で、ヨーグルトにもよくなじみ相性は抜群です。

 価格は200g682円。季節商品で、製造されるのは3月から5月までの短い期間。「いちご農家のできにもよるため、月に1,000本しか作れないときもある。売り切れたらその年は終わり」と同園が話すように、インターネット店用に確保するのも難しい商品ですが、みなさんも希少な味をぜひ一度ご賞味ください。

●お問い合わせ/農事組合法人神峯園 TEL(0846)64-3911
●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)544-1122

(2006-04-13-A)
「ひろしま夢ぷらざインターネット店」はこちら

おすすめの春らんまんの味-2(ひろしま夢ぷらざ)

[バラの花びらとふんわり華やかな香りが口のなかに優雅に広がるジュース]

なし

デュカットの花びらが浮いたLOVELY ROSEの黄色

 ひろしま夢ぷらざインターネット店のおすすめ商品のニつめは、尾道市御調町の河野園芸が販売するバラの花の加工品、「LOVELY ROSE(ラブリーローズ)」です。

 同園は、昭和49年にパイプハウスによるカーネーション栽培を開始。段階的に規模拡大、新品種の導入を行いながら、現在40アールのパイプハウスで主にイチゴやバラを栽培しています。バラは約100坪の広さに3品種を栽培。ラブリーローズは、デュカット(黄色)、ローテローゼ(赤色)2種類のバラを加工して作る清涼飲料水。夏場に収穫したバラの花びら一枚一枚を丁寧に水洗いし、砂糖とともに煮詰めて濃いシロップ状にした後に水で薄めたもので、バラの花びらと花びらエキスがジュースのなかにたっぷりと含まれています。「花びらが煮崩れせずそのまま入って、とても香りが豊か」と同園では商品をアピールします。

 同園では、暖房機による無理な加温はせず、バラを自然のままに栽培しています。バラの収穫は5月に始まり、11月ころまで行われます。本来であれば夏場は農薬散布の機会がもっとも多くなるシーズンですが、同園では夏場に農薬を使わず安全な管理のもとに育てたバラを使って、消費者が安心できる商品を提供しています。

 デュカットを使ったラブリーローズの黄色は、清涼感のあるさわやかな味が特長。ローテローゼを使った赤色は、華麗な甘味と酸味の調和した味が楽しめる一品です。よく冷やしてからストレートかロックで。炭酸水で割ったり、お酒で割っても美味しく飲むことができます。収穫が始まる5月から6月にかけてがもっとも売り上げの伸びる時期ですが、優雅でお洒落に飲めるバラのジュースは、クリスマスシーズンのプレゼントアイテムとしても人気があるのだとか。

 価格は1本320g各525円。バラを加工した商品としてそのほか、バラの花ジャム(赤・黄、1本120g各525円)、バラの花ゼリー(赤・黄・白、1個65g各150円)、バラの花ようかん(1個200g390円)、バラの花入浴剤(1袋3パック入り525円)を販売しています。

 同園では現在、園内のハウスでいちご狩りを開催中。大人(中学生以上)1,300円、小学生1,100円、幼児(3~6歳)、2歳以下無料で、30分食べ放題のいちご狩りを7月まで楽しむことができます。

 同園の商品、いちご狩りについての詳しくは、ホームページをご覧ください。

●お問い合わせ/河野園芸 TEL(0848)78-0108
●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)544-1122

(2006-04-12-A)
「河野園芸」のホームページはこちら

はらみちを美術館オープン(三次市君田町)

[“お母さん”をテーマに独自の世界を表現する詩画家の作品を常設展示]

事業所・店舗紹介

なし

道の駅ふぉレスト君田内にオープンする「はらみちを美術館」

 三次市が同市君田町の道の駅ふぉレスト君田内に建設していた「はらみちを美術館」が今月22日(土)、オープンします。はらさんは、“お母さんと子”“ふるさとのぬくもり”をテーマに、独自の創作詩画の世界を表現する詩画家。平成7年に君田小学校の読書講演会で講演を開いて以来、同町と交流を続けてきました。はらさんは愛する君田を作品のなかで、「母と土とその魂が聞こえる」と表現しています。美術館では、はらさんから寄贈された詩画294点を入れ替えながら順次展示することにしています。

 はらさんは昭和3年、兵庫県神戸市生まれ。脳性小児麻痺によって手足が不自由になりましたが、40歳のころから母、子、自然をテーマに詩と絵の制作に専念し、北原白秋童謡賞をはじめ数々の賞を受賞。平成元年には日ソ文化使節団として、詩の朗読と作品100点の巡回展を開催。その後も全国各地で詩画展覧会を開くなど、力強い活動を続けています。

 美術館は平屋建て。展示室、ホール兼展示室(市民ホール)、テラス、身障者兼用トイレを備えています。「飛行機が空に舞うかのようなデザイン。山の砦をイメージした道の駅にあって、どこかミスマッチな建物の造りと色彩はひときわ目を引く」と君田商工会経営指導員の山崎祐輔さん。ホールからは大きなガラス越しに、君田の山々や神之瀬川の眺めが広がります。

 はらさんの描く作品は、現代社会のなかで失われつつある人間の優しさ、親の大切さを思い出させてくれます。折りしも同市では、日本画家・故奥田元宋氏と妻で人形作家の小由女さんの作品を常設展示する「奥田元宋・小由女美術館」が15日にオープンしたばかり。「知名度もあって奥田美術館に広く世間の注目が集まるが、その分、地域に密着した美術館として人々の心をやさしく癒し続ける存在であってほしい」と、山崎さんは地元に誕生する新施設に期待を寄せているようです。道の駅ふぉレスト君田内には、広島県で唯一の重曹泉として知られる君田温泉森の泉があります。さわやかな春の到来でお出かけに最適な季節になりました。 はらさんの詩画で心を、君田の温泉で身体を癒しに、みなさんも出かけてみませんか。

 美術館へは中国自動車道三次ICから国道375号経由、県道39号線を約20分。開館時間は午前9時から午後5時。休館日は毎月第3火曜日(祝日の場合開館)。入館料は大人300円、高校生150円、中学生以下無料です。

●お問い合わせ/君田温泉森の泉 TEL(0824)53-7021
●お問い合わせ/君田商工会 TEL(0824)53-2039

(2006-04-11-A)

地域通貨でにぎわいあるまちづくり(山県東部4商工会)

[商店街に人を呼び戻し、町内消費の拡大を図ろうと地域通貨“ユート”を発行]

事業所・店舗紹介

なし

今月3日に事業を開始し、2週間で約300万円分を売り上げた

 低迷する地域経済の活性化を図ることを目的に、山県東部4商工会(大朝町商工会・芸北町商工会・千代田町商工会・豊平町商工会)が「地域通貨事業」に取り組んでいます。地域通貨の名称は“ユート”。ユートピア(理想郷)のユートを取り、夢のある町をイメージして命名。地域通貨は額面1,000円単位の1種類で、単位は1ユート=1円。北広島町内の取扱店で現金と同様に使え、商品やサービスへの支払いに利用できます。4商工会が実施する地域通貨は、町内購買力の流出を防ぎ、地域の商業振興を図るのが狙い。各商工会の代表者による企画運営委員会を設置し、地域住民への浸透や購買意欲を高めるための活動などを現在進めています。

 ユートは商品券のように1回限りで換金するものではなく、現金のように流通を目的にしたもの。有効期限は発行から6か月以内とし、取扱店での裏書を4回まで行うことでより経済効果を高めるようにしています。「仮に現金であれば町外に流出するかもしれない住民の消費が、4回まで地域にとどまることになる」と千代田町商工会経営指導員の合野忠敬さん。町内でユートを循環させることで、地域のモノやサービスの交換が活発化することに期待していると話します。

 ユートは4商工会が窓口となって販売。購入の際には3%のプレミアが付き(1000ユート=970円)、事業開始から2週間で約300万円分が発行されました。取扱店は約200店舗あり、ユートは商品代や飲食代、燃料代、工事代、機械設備代などの支払いに幅広く利用できます。また、同町では地域通貨事業を支援するため、新規定住促進につながる住宅建築費の一部補助などをユートで交付する予定にしているようです。

●お問い合わせ/山県東部商工会広域センター TEL(0826)72-2380

(2006-04-10-A)

せら高原に新名所が誕生(世羅郡世羅町)

[広島市民球場11個分の敷地に、自然とふれあえる広場やワイナリー、産直市などを整備]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

オープン直後、たくさんの買い物客でにぎわうワイナリーショップ

 地元産のぶどうを使ったワイナリー、自然を生かした憩いの広場などを備えた観光施設「せら夢公園」が14日、世羅郡世羅町にオープンしました。せら夢公園は、広島の新たな魅力を創出する拠点として県と同町が一体的に整備を進めていた施設で、丘陵地を切り開いた27haの園内に自然とふれあえる“せら県民公園”と、醸造見学や食事などができる“せら農業公園”があります。地元に新たな名所が加わったことを、「世羅は今、本格的な花のシーズン。ゴールデンウィークも間近で、これまで以上に多くの観光客を呼び込むことが可能となるのでは」と世羅町商工会経営指導員の進藤大輔さんは歓迎。シーズン本番を迎えた花観光農園めぐりと合わせて、同町での滞在型観光を楽しんで、と呼びかけています。

 県民公園は、バラエティに富んだ5つの広場からなるスペース。公園の中心となる交流広場をはじめ、世羅高原の地形をミニチュア化したミニチュアガーデン、起伏のあるのんびり草原、芝生のレクリエーション広場、多目的広場などがあります。ミニチュアガーデンには、夢吊橋や八田原ダムなどをモデルにした遊具があり、遊びながら世羅の文化や歴史を学べるような工夫が。のんびり草原ではピクニック、レクリエーションではグラウンドゴルフなどのファミリースポーツを楽しむことができます。

 せら農業公園は、地元産のぶどうを使ったワイナリーやレストラン、夢高原市場などで構成。ワイナリーでは白赤の4種類のワインを醸造し、ワイン醸造を体感できる見学コース(季節限定)を用意。試飲も楽しめます。レストランは、地元の食材をふんだんに使った料理が自慢。地元野菜や米を使ったセットメニューやバーベキュー、ワインなどで世羅の味を堪能できます。野菜、味噌、寿司、餅など500種類以上の特産品が並ぶ夢高原市場では、地元農家が農産物を直売。対面販売を行って世羅産品の魅力をアピールしたり、生産者の声を届けたりします。

 花観光農園も続々とオープンし、せら高原は観光シーズン真っ盛り。世羅の自然と美味しさが詰まった夢あふれる公園へ、みなさんも出かけてみませんか。

●お問い合わせ/世羅町商工会 TEL(0847)22-0529

(2006-04-09-A)
「せら夢公園」の詳細はこちら(世羅町商工会のHPからリンク)

このサイトを広める