アクティブニュース

全てみる

お店紹介–焼肉 えぇじゃん 世羅店(世羅町商工会)

[肉の卸業者が直営する焼肉店。プロが厳選した上質な肉を手頃に堪能]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

えぇじゃんカルビを始め、ホルモンやロース、塩タン、生せんまい、炙りレバーなど、鮮度抜群のメニューがずらり。

えぇじゃんカルビを始め、ホルモンやロース、塩タン、生せんまい、炙りレバーなど、鮮度抜群のメニューがずらり。

 世羅町へのドライブがてら訪れたいお店がこちら。創業20年以上の食肉の卸業を営む「有限会社 加藤食品」が平成28年1月にオープンした焼肉店です。食肉卸の直営店だからできる鮮度と価格で、プロが目利きした上質な肉を手頃に楽しむことができます。

 

  看板メニューは、カルビの中でも濃厚な旨味を持つ中友バラカルビを使った「えぇじゃんカルビ」(980円税別)。また、「炙り牛レバー」(700円税別)や「炙り和牛ロースユッケ」(1350円税別)など、鮮度に自信があるからこそ提供できる炙りメニューも魅力です。焼肉のタレはショウガやニンニクなど数種類の食材と調味料をブレンドしたオリジナル。また、塩や秘伝の辛味噌なども用意され、多彩な味を楽しめます。その他にも、贅沢に鶏ガラを使用した自家製スープのしょうゆラーメンや本格焼きめし、黒蜜きなこソフトクリームなど、サイドメニューも充実。バラエティ豊かなメニューを心ゆくまで堪能できます。

 

店内には座敷や個室もあり、子ども連れでも訪れやすい雰囲気です。

店内には座敷や個室もあり、子ども連れでも訪れやすい雰囲気です。

 オープンの際には世羅町商工会のサポートを受けて、世羅町の「新規創業支援助成金」制度を活用。店舗改装などの開業費用にあてました。

 

 エレガントな店内はバリアフリーで、車椅子やベビーカーでの来店も可能。

テーブル席や座敷、8名まで使える個室も用意され、様々なシーンに対応してくれます。世羅ICから車で2分。世羅町へお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

スタイリッシュな外観。店舗には卸の工場が隣接。

スタイリッシュな外観。店舗には卸の工場が隣接。

◯焼肉 えぇじゃん世羅店

TEL/0847–25–0290

住所/世羅郡世羅町小世良684–1

営業時間/11:30~14:00、17:00〜22:00

定休日/火曜、第2水曜(祝日の場合は営業)

 

◯焼肉えぇじゃん 向島店

TEL/0848–45–0277

住所/尾道市向島町5440–30

営業時間/11:30~14:00、17:00〜22:00

定休日/火曜、第2水曜(祝日の場合は営業)

 

焼肉ええじゃんFBページはこちら

事業所紹介-社会保険労務士事務所あかつき(沼隈内海商工会)

事業所紹介-社会保険労務士事務所あかつき(沼隈内海商工会)

事業所・店舗紹介

沼隈内海 商工会

01 平成27年7月に開業した「社会保険労務士事務所あかつき」をご紹介します。沼隈町出身の社会保険労務士の三谷さんは、常石グループの管理部門を中心に9年間在籍し、経理や財務部門を担当していました。

 

 三谷さんの強みはITを活用したサービスの提供。開業後、給与部門の経営支援に繋がる「クラウド会計ソフトfree」の認定アドバイザー資格を広島県東部で初めて取得し、ソフトの導入支援を行っています。また、それを機に就業規則や評価制度導入などの、より専門知識が必要な分野にも力を注いでいます。

 

ITを活用することのメリットは、効率的かつ費用負担の少ないサービスを提供できること。三谷さんと企業が24時間ITで繋がり、双方が入力したデータをリアルタイムで確認することができます。これにより、社会保険労務士任せだった給与計算なども企業側で行うことが可能になり、企業側は大きな費用軽減に繋がるとともに、社会保険労務士はより専門性を発揮できる分野に注力できます。また、電子申請もスムーズで好評です。

 

 三谷さんは、商工会の専門家派遣制度(ミラサポ)に専門家として登録。補助金や助成金などの活用法や魅力的な求人票の書き方など、町内外の事業所への支援やセミナーなども行っています。完全予約制で「経営者のための助成金活用無料相談」も事務所にて随時受付中。ご希望者は下記の申込書に必要事項を記入の上、「社会保険労務士事務所あかつき」にFAX(084-959-2710)にてお送りください。

 

経営者のための助成金活用無料相談申込用紙

 

02 企業から求められたことだけでなく、助成金や補助金の活用方法や求人票の作り方などの付加価値を付けて、進むべき道を示してくれる心強い存在。助成金活用ガイドブックなども作成し、分かりやすく解説してもらえます。気になった方は、お気軽にご相談ください。

 

○社会保険労務士事務所 あかつき

TEL/084-959-2709

住所/福山市西桜町1-1-6

営業時間/9:00~17:00

定休日/土日曜・祝日

 

社会保険労務士事務所 あかつきのHPはこちら

事業所紹介-株式会社もみの木畳店(世羅町商工会)

[補助金を活用して新たな機械を2台導入。時代の流れと顧客のニーズに応える畳店へ]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

補助金で新たに購入した機械。飛躍的に作業効率が上がりました。

補助金で新たに購入した機械。飛躍的に作業効率が上がりました。

 ここ世羅町で創業して43年。「もみの木畳店」は、地域に根付いた畳屋です。畳床はそのままに、畳表と縁を新品に付け替える「表替え」や今使用している畳表の裏側を表面にして新品の縁を縫い合わせて仕上げる「裏返し」など、お客様の求めていることに耳を傾け、ニーズに合った最適な方法を提案しています。「家具を動かすことができないので畳を替えることを躊躇しているお客様もいるのですが、家具を動かす道具などもあるので気軽に相談してほしい」と社長の藤井浩則さんは話します。

 

 最近では、バリアフリーに対応した厚さの薄いものや琉球畳と呼ばれる正方形の縁のない畳など、その需要も多様化。既存の機械では手間と時間がかかったり、対応できないものも出てきました。そこで世羅町商工会に相談したところ、職員に提案されたのが「ものづくり・商業・サービス革新補助金」。サポートを受けながら申請書などを作成し、採択されました。

 

 補助金で様々な畳を製造できる2台の機械を購入。「これまで人の手でしかてきない作業や段取り換えの工程が、新しい機械を導入したことにより、作業効率が5~6倍に上がりました。これまで以上にお客様のニーズに応えていきたい」と藤井さん。地域の畳店では珍しく、広島県内や岡山県などを回る3名の営業社員が在籍する「もみの木畳店」。これまで同様、お客様の声に耳を傾ける姿勢を大切にしながら、攻める畳店として躍進します。

 

地域で愛され続ける畳店をめざします。

地域で愛され続ける畳店をめざします。

○株式会社 もみの木畳店

TEL/0847-22-1426

住所/世羅郡世羅町小世良380

お店紹介–田丸屋(沼隈内海商工会)

[創業100年以上の酒屋の直営の酒場がオープン。お酒の奥深い魅力に酔いしれる]

事業所・店舗紹介

沼隈内海 商工会

できるだけ手を加えず改装した店内は、古民家の趣きを残します。夜は庭園をライトアップ。時間や季節ごとに変わる風景も満喫できます。

できるだけ手を加えず改装した店内は、古民家の趣きを残します。夜は庭園をライトアップ。時間や季節ごとに変わる風景も満喫できます。

 平成28年12月8日にオープンしたばかりの「田丸屋」は、国内産のワインと県内産の日本酒を中心に、多彩なお酒と見事に手入れされた日本庭園を楽しめるBARです。築70年の古民家の雰囲気を残しつつ改装した店内は、趣たっぷり。座敷に座ると目の前に広がる日本庭園に息を呑みます。

 

 田丸屋の店主を務める田中靖啓さんは、今年が創業100年の老舗酒屋4代目。「お酒を売るだけの店ではなく、1本のお酒にあるストーリーを伝える場所を作りたい。そんな思いでこの店を作りました」と話します。お酒は日本ワインや中国地方の地酒を中心にセレクト。全国のワイナリーや酒蔵に足を運び、田中さん自らが厳選したものです。また、沼隈町が広島最大のブドウの産地であることから、地元のブドウを使ったオリジナルワインをプロデュース。田中さんがブドウの栽培から手がけた「沼南ワイン」は、イチゴのように甘酸いフルーティな味わいが特徴で、グラス600円で楽しめます。

 

「たくさんの人に1本のお酒が持つストーリーを伝えていきたい」と店主の田中靖啓さん。

「たくさんの人に1本のお酒が持つストーリーを伝えていきたい」と店主の田中靖啓さん。

 料理のコンセプトは、ずばり「お酒に合う」。おでんやホルモン、お惣菜の他、酒屋のおいしい酒粕で作った粕汁セット(1000円)もオススメです。

 

今回のオープンに向けて、沼隈内海商工会は経営革新計画作成支援・労務支援・売上管理方法・資金調達等やスタッフを集める就労支援なども行いました。

 

 今後は不定期で杜氏を招いた「お酒の会」やライブなども開催していく予定。詳しい情報は田丸屋のFBページをご覧ください。日本庭園を愛でながら、酒屋が本気でセレクトしたおいしいお酒に酔いしれる、至福のひと時をご堪能ください。

 

田丸屋のFBページはこちら 

 

 

◯田丸屋

TEL/084–988–0639

住所/福山市沼隈町中山南713–1

営業時間/12:00〜15:00、17:00〜22:00

定休日/火曜、第2、4水曜

カリスマシリーズ第6弾 参加者募集(沼隈内海商工会)

[通信販売のカリスマデモンストレーターが、商品の魅力を短時間で伝える裏技を公開]

セミナー・プロジェクト

沼隈内海 商工会

2017 2月18日(土)、沼隈内海商工会が講演会を開催します。『カリスマシリーズ』として企画された講演会は、毎回様々な分野で輝かしい販売実績を残した女性が登場し、ビジネスに活かせるノウハウを紹介してきました。今年は関西テレビ毎週金曜日深夜放送の通販バラエティ番組「真夜中市場~ハイヒールは眠らない夜~」で2002年から商品アドバイザーを務めている福村多美子氏が『商品価値を高める!究極の販売トーク術』と題して講演を行います。

 

 講師の福村氏は、様々なテレビショッピング番組に多数出演。生放送イベントデーには、1日1億3千万円以上の売上を上げたヒット商品も数点担当しています。テレビショッピングでは、持ち時間の5分間で商品の魅力を最大限伝え、いかに視聴者に「買いたい!」と思わせるかが勝負。今回の講演では、販売トークのコツやノウハウなど、すぐに実践できる裏技を公開します。

 

 

 現在、沼隈内海商工会では参加者を募集中。参加は無料です。参加希望の方は、下記の申込書に必要事項を記入の上、FAX(084)987-0984(沼隈内海商工会)までお送りください。

 

 毎年、100名を超える申し込みがある人気の講演会です。参加ご希望の方は、お早めにお申し込みください。

 

カリスマ講演会申込用紙

 

○新春講演会 商品価値を高める! 究極の販売トーク術

開催日時/平成29年2月18日(土) 14:00~

場所/福山市沼隈サンパル 2階(福山市沼隈町草深1890-4)

参加費/無料

定員/100名(事前申込が必要)

 

  • お問い合わせ/沼隈内海商工会 TEL(084)987-0328

お店紹介-みかど別館(沼隈内海商工会)

[老舗旅館が50年間大切に守り続けた秘伝の味を商品化。家庭でもプロの味が楽しめる!]

事業所・店舗紹介

沼隈内海 商工会

「みかど別館のちり酢」500ml 972円。

「みかど別館のちり酢」500ml 972円。

 みかど別館は昭和27年創業の老舗旅館。大手旅行サイトの口コミでも「料理が美味しい宿」として満点の評価を受けるなど、料理に定評があります。ここで2016年4月に商品化された「ちり酢」は、50年前から旅館で提供しているもの。タイやアンコウなどを使った鍋のつけダレとして出されていた甘めのポン酢です。

 

 福山市松永町にあるマルビシ醤油の醤油、尾道市栗原町の杉田与次兵衛商店の米酢、福山市鞆町の岡本亀太郎本店のみりんなど、地元の調味料を独自にブレンドした「ちり酢」は、素材の味を引き立てるまろやかな酸味とダイダイの爽やかな香りが特徴。鍋だけでなく、もずく酢のベースとして使えたり、砂糖とゴマ油を合わせて和風ドレッシングにしたりと、様々な料理に使える優れモノです。ステーキやハンバーグなどの肉料理にも良く合います。

 

 「これまで知人やお客様から譲ってほしいという声をたくさんいただき、その声に応えるために商品化しました。50年間変わらない味を守ってきた自慢のちり酢をぜひご家庭でも味わっていただきたいです」と料理長の市川雅隆さん。商品化には沼隈内海商工会のサポートを受けて採択された小規模事業者持続化補助金を活用。ラベルとパッケージデザイン、パンフレットの作成を行いました。

 

「様々な料理に使える万能酢です」と料理長の市川雅隆さん。

「様々な料理に使える万能酢です」と料理長の市川雅隆さん。

 ちり酢はみかど別館のほか、「ひろしま夢ぷらざ」(広島市中区本通8-28)でも購入できます。今後は地元の道の駅などにも販路を拡大していく予定です。

 

 鍋が美味しくなるこの季節。いつもとは一味違う老舗の味をご賞味ください。

 

  • お問合わせ/みかど別館 TEL 084-987-1525

 

お店紹介-手しごと料理 さんとら (世羅町商工会)

[世羅町産の黒米ともち麦を使った「世羅黒うどん」。テイクアウト用も登場し話題沸騰]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

もっちりとした食感がやみつきになる「世羅黒うどん」。香り高いつゆも手作りです。

もっちりとした食感がやみつきになる「世羅黒うどん」。香り高いつゆも手作りです。

 平成10年に居酒屋としてオープンし、平成26年よりランチタイムに手打ちうどんを提供するうどん店としてリニューアルした「さんとら」。世羅町産の黒米ともち麦を練り込んだオリジナルの「世羅黒うどん」が人気を集めています。

 

 見た目はそばのような黒いうどんは、もちもちとした食感とつるりとしたのど越しが特徴。作業中はうどんがちぎれやすいため、時間をかけてじっくりと素材を馴染ませ、手間暇かけて作られます。また黒うどんと相性抜群のつゆには、カツオやアジ、サバ、イリコ、昆布など、厳選した食材を使用。ダシの風味と豊かな香りがしっかりと感じられ、最後まで飲み干したくなる一杯です。店では基本的にランチのみの提供ですが、予約をすれば夜も味わえるそうです。

 

 10月には、テイクアウト用の世羅黒うどんが誕生。世羅町商工会のサポートを受け、世羅町の持続化支援助成金を、パッケージデザインの作成などに使用しました。11月5日(土)、6日(日)に福山SAで開催された「地域物産展」にも出店し、2日間で240個を販売。これを機に、福山SA上りでの常設販売も決まりました。また、11月24日に開催された県連主催の商談会のほか、「おりづるタワー」や「ひろしま夢ぷらざ」などにも職員同伴で商談を実施し、販路開拓に向けて伴走型の支援が行われています。

 

10月に発売を開始したテイクアウト用。ギフト用もあります。

10月に発売を開始したテイクアウト用。ギフト用もあります。

 居酒屋だけの営業では厳しい状態が続く中、地元の特徴を活かしたオリジナルうどんで新しい活路を見出した「さんとら」。店主の流田さんは「商工会への訪問をきっかけに、目標ができ、やる気が出た。これからもサポートを受けながら、一生懸命取り組みたい」と目を輝かせます。

 

 テイクアウト用の世羅黒うどんは、「道の駅世羅」(世羅郡世羅町川尻2402-1)や「四季園にしおおた」(世羅郡世羅町重永934)などでも購入できます。世羅の恵みがいっぱい詰まった、店主渾身の味をぜひご賞味ください。

 

 

○手しごと さんとら

TEL/0847-22-2803

住所/世羅郡世羅町西上原119-8

営業時間/11:30~14:00、17:30~23:00(LO22:20)

定休日/月曜、日曜夜、ほか不定

カープ女子コラボ動画第2弾公開スタート(江田島市商工会)

[今回はマスコットキャラクター「えたぼう」がカープ女子をこき使うユニーク仕上げ]

セミナー・プロジェクト

江田島市 商工会

 江田島市商工会が事務局を務め、江田島市や江田島市観光協会などで構成される「江田島市地域資源活用委員会」が江田島市の魅力を全国に向けて発信するために制作したプロモーション動画「えたぼう&カープ女子 えたじままるごとえただきます(夏)」の公開から3ヶ月。ついに第2弾「えたぼう&カープ女子 江田島のオリーブとサツマイモの収穫祭」が完成し、11月28日(月)より公開されています。

 

 今回は、江田島市の新しい特産品として栽培されている「オリーブ」を、江田島市地域おこし協力隊の峰尾亮平氏と西村京子氏がカープ女子に指導しながら収穫体験する内容。また、江田島の耕作放棄地を使ってサツマイモを栽培し、マスコミにも数多く出演している峰商事合同会社の井上峰志氏がカープ女子に収穫のやり方を指導しました。

 

 出演は前回と同じく、全国に支部があるカープ女子会の創設者でリーダーのフリーアナウンサー・住本明日香氏と、メンバーでタレントの舛井奈美香氏。前回とは雰囲気を変え、江田島市地域資源活用委員会のマスコットキャラクター「えたぼう」がカープ女子をこき使うコミカルな仕上がりです。

 

 次回は冬バージョンも制作予定。プロモーション動画は江田島市商工会のホームページから視聴できます。ぜひ一度ご覧ください!

 

江田島市商工会のホームページはこちら 

 

  • お問合わせ/江田島市商工会 TEL 0823-42-0168

新たなビジネスパートナーをつくるチャンス!(呉広域商工会)

[3部構成の「基調講演・補助金活用実例発表大会・交流会」を開催。参加者募集]

セミナー・プロジェクト

呉広域 商工会

 呉広域商工会が1月25日(水)、呉市総合体育館オークアリーナにて、「平成28年度 基調講演・補助金活用事例発表大会・交流会」を開催します。

 

 3部で構成される大会の第1部は、基調講演。講師の堀米英明氏が「観光・創業・空き家・民泊などを考える〜尾道事例を参考に〜」をテーマに講演を行います。第2部は「補助金活用事例発表」と題して、補助金採択事業者約10名が事例を発表。リアルな体験談の中から、ビジネスのヒントを探ります。また、異業種が交流する第3部の「商品展示会・交流会・個別相談会」では、新たなネットワークの形成やマッチングなどをサポート。参加者事業者が新たに開発した商品などもお披露目されます。

 

 異業種が参加する今回の大会は、新たなビジネスパートナーをつくる絶好のチャンス。同商工会では、現在参加者を募集中です。新たな顧客を集客し、販路拡大をお考えの方、広報を活用した販売促進・事例発表を聞きたい方、ぜひご参加ください。参加希望の方は、下記の申し込み用紙に必要事項を記入の上、同商工会までFAX(0823–87–3318)にてお送りください。

 

基調講演・補助金活用事例発表大会・交流会申込用紙

 

◯平成28年度 基調講演・補助金活用事例発表大会・交流会

日時/平成29年1月25日(水) 13:30〜

会場/呉市総合体育館オークアリーナ ミーティングルーム(呉市広大新開1–7–1)

定員/50名

申込締切/1月20日(金)

参加費/無料

お問い合わせ/呉広域商工会 TEL 0823–70–5660

「働き方・休み方改革」講演会(広島労働大学)のご案内

商工会からのお知らせ

広島県商工会連合会

 この度、広島県より標記の講演会の開催案内がありましたのでお知らせします。

 テーマの「働き方・休み方改革」は,日本の成長戦略の一つに掲げられていますが,何より社員の健康を維持し,生産性高く働いてもらうために重要な取組みです。

 今回は,その実現に必要な考え方や取組みについてお話していただけるとのことです。

 広島,福山の2会場で開催されますので,ぜひご参加いただき改革の一歩をお進めください。

 

講演会

【テーマ】「働き方・休み方改革」を進めるために

【講師】学習院大学経済学部 特別客員教授 松原 光代 氏

【会場,日時】

 ・広島会場 平成29年2月6日(月)14:00~16:00

 ・福山会場 平成29年2月7日(火)14:00~16:00

【受講料】

 ・広島県労働協会会員 無料

 ・会員以外の方 1,000円

【主催】広島県,広島県労働協会

【後援】広島市,福山市,広島商工会議所,福山商工会議所,広島県経営者協会

 詳しくは下記のチラシをご覧ください。

 a1bda6449b700e44d1e5e078badb8faf.pdf

 

 広島県商工会連合会

 総務課 平野