告知・イベント情報

全てみる

広島県商工会等職員(補助員)採用一次試験の結果について広島県商工会等職員採用一次試験の結果について

 平成30年10月14日実施の標記採用一次試験合格者の受験番号を以下に掲載します。

 

 【経営指導員】 7名

  A0001  A0002  A0003
  A0005  A0006  A0007
  A0008

 

 【補助員】 8名

  B0003  B0016  B0017
  B0023  B0026  B0029
  B0040  B0041

 【経営指導員研修生】 4名

  C0002   C0008    C0017
      C0018

※合否通知書及び合格者に対する【二次試験案内文書】を送付いたします。

 総務部総務課
 平野 進藤

知的資産経営セミナー等開催のご案内(ひろしま産振興)

ひろしま産業振興機構よりセミナー開催の周知依頼がありましたのでご案内いたします。

 

「競争力向上セミナー」開催のご案内 ≪11月14日(水)呉≫

本セミナーでは,自社の強み(知的資産=競争力の源泉)を有効に組み合わせて活用し,
収益に結び付ける「知的資産経営」を実践的に解説!!
加えて,補助金の活用に関する情報も得られる充実した内容となっております!!!

■日 時 平成30年11月14日(水) 13:00~17:00
■会 場 呉信用金庫 広中央支店(人づくりセンター)5階
      (呉市広古新開2丁目3-13)
■定 員 50名程度
■参加費 無料
■講 師 第一部  ㈱ヒトサクラボ 代表取締役 吉田 英憲 氏 (中小企業診断士)
     第二部  ㈱エフアンドエム
■対 象 広島県内の中小企業経営者,経営幹部,従業員の方など
     ※ 士業・専門家の方の受講はご遠慮ください
■申 込 FAXまたはメールで下記あてにお申し込みください。
呉信用金庫 営業統括本部 地域貢献部 
      FAX:0823-25-6440,E-mail: ks30230@kureshin.co.jp
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/16211/

 

「知的資産経営セミナー」開催のご案内 ≪11月15日(木)広島・11月16日(金)福山≫

~「自社流の経営」で、夢を実現させよう!!~
   ~その悩み、知的資産経営で解決しましょう!!~

事業に成功する会社は、自社の強みを十分に活用しています。
本セミナーでは、自社の強みを有効に組み合わせ活用していくことを通じて、
収益につなげる「知的資産経営」を学んでいただきます。

■日 時  広島会場 平成30年11月15日(木) 13:00~16:30 
福山会場 平成30年11月16日(金) 13:00~16:30

■場 所  広島会場 ㈱日本政策金融公庫 広島支店 6階会議室
(広島市中区紙屋町1-2-22))
福山会場 広島県福山庁舎 第1庁舎 4階 141会議室
(福山市三吉町1-1-1)
■内 容  (広島会場、福山会場とも同一)
・知的資産経営とは?
・強みを探求するには!?
・強みの活用!(事例紹介)
・目標達成のためのツール紹介!
■参加対象 県内の中小企業経営者、管理者、従業員の方など
        ※士業、専門家の方の受講はご遠慮下さい。
■定 員  広島会場50名  福山会場30名 
■講 師  ㈱ヒトサクラボ 代表取締役 吉田 英憲 氏 (中小企業診断士)   
■参加料  無料
■申込先  (公財)ひろしま産業振興機構 広島県中小企業知財支援センター(担当:前田、武馬、河崎)
        FAX:082-249-3232 mailto:c-hyouka@hiwave.or.jp
■詳細情報 http://www.hiwave.or.jp/event/16003/

生産性向上支援訓練のご案内(福山職業能力開発短期大学校)

 

福山職業能力開発短期大学校で開催される講座のご案内です。

詳細については、左記チラシをクリックしてご覧ください。

 

主催:

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

ポリテクセンター広島 生産性向上人財育成支援センター

電話:082-248-1532 FAX082-241-4734

 

働き方改革「企業経営者勉強会」開催のご案内(広島県)

 広島県商工労働局働き方改革推進・働く女性応援課より周知依頼がありました。

 

  『前回の7月開催では,多くの御応募をいただきました,働き方改革「企業経営者勉強会」(最終回)を11月8日(水)に広島市内で開催します。【参加費無料】
 中小企業の経営者等の方々を対象に、働き方改革を進める意義や重要性、経営上のメリット等についての理解を深めていただき,働き方改革への取組を進めるきっかけとしていただく勉強会です。
 専門家の講演や,県内企業の事例発表,参加者同士が意見交換できるグループディスカッションなど,今後の取組の参考にしていただける内容を企画しております。
 現在,お申込みを受付中です。ぜひ,奮って御参加ください!』

 

 

●開催日時
平成30年11月12日(月)13:30~16:30(受付13:00~) 

●開催場所
TKP広島平和大通りカンファレンスセンター ホール3D
(広島市中区小町3-19 リファレンス広島小町ビル3F)

●プログラム
【第1部】基調講演「主体的な働き方と生産性向上を考える」
     講師:沢渡 あまね 氏(あまねキャリア工房 代表)

【第2部】・アイデアや工夫で働き方改革を進める企業による取組事例発表
     ・グループディスカッション(参加者同士での取組に対する意見交換を予定)

●参 加 費:無料

●対  象:中小企業の経営者,人事・労務責任者 など

●定  員:35名(事前申し込み制・応募者多数の場合は選考)

●申込締切:平成30年10月26日(金)

●詳  細:https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/hatarakikata/h-seminar.html

●応募フォーム:https://www.hatarakikata-s.com/oubo

●問い合わせ先:広島県商工労働局働き方改革推進・働く女性応援課
         TEL:082‐513‐3340

10/28(日)瀬戸内しまなみ海道通行止のお知らせ

  サイクリングしまなみ2018実行委員会(愛媛県)より周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

 

 『瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」の開催に伴い、10月28日(日)午前6時から正午までの6時間、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道本線)が、因島北ICから今治ICまで上下線とも通行止めとなります。
 また当日は、参加者7,000名が瀬戸内しまなみ海道を駆け抜けます。このためしまなみ海道沿線で混雑が予想されます。車等でお出かけの際は、安全運転を心掛けていただくなど、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。』

 

 〇交通規制の詳細な時間や区間については,下記をご参照ください。

 

 交通規制情報

 サイクリングしまなみ2018実行委員会ホームページ

 
 大会に関するお問合せ:サイクリングしまなみ2018実行委員会 0898-23-2870
 

今年も『原爆の子の像』に想いが詰まった千羽鶴を奉納(県女性連)

[中四国地方の9県から寄せられた折り鶴4万羽を平和への祈りとともに原爆の子の像へ]

県女性連を代表して、原爆の子の像を訪れた役員のみなさん。

 残暑厳しい8月28日(火)、県女性連は平成7年の開始以降20年以上続く『原爆の子の像に千羽鶴を捧げる事業』を実施しました。今年、中国地方・四国地方の9県から届けられた折り鶴は約4万羽。参加した役員たちは、想いのこもった千羽鶴を大切に抱えながら、丁寧に折り鶴ブースに吊るしていきました。

 

 これまで9年間、副会長として事業に参加し、会長になって初めての奉納を終えた作田直美会長は、「今年も無事に各県から寄せられた千羽鶴を原爆の子の像にお届けすることができました。各県から送ってくださる折り鶴の中には、もちろん商工会の関係者が折ったものもありますし、活動に共感していただいた地域の方が折ったものもあります。たくさんの方の祈りをしっかりと届けなければいけないという責任を感じています。戦争の記憶が遠ざかってしまわないように、これからも継続していく必要のある事業だと考えています」と話しました。

 

折った方の想いを大切にしながら、一束ずつ丁寧に吊るしていきました。

 

 

 各地域では、来年の事業に向けて早くも千羽鶴の作成が始まっているそうです。県女性連では、今後も本事業を継続して実施する予定です。

平成30年7月豪雨災害 支援情報

「平成30年7月豪雨に係る被災中小企業者等支援策ガイドブック」(第6版)(中小企業庁)

2018.8.31

 

中小企業庁が作成した上記ガイドブックが更新されました。

被災中小企業者等支援策ガイドブック 広島県(第6版)

※本ガイドブックについては予告なく修正されることがありますので、利活用の際は、下記中小企業庁ホームページをご確認ください。

 

■平成30年7月豪雨関連情報(中小企業庁HP)

http://www.chusho.meti.go.jp/201807gouu/index.html

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「平成30年7月豪雨災害に関する中小企業等の復興支援制度説明会の開催について」         (広島県)

2018.8.15

 

 この度の平成30年7月豪雨によって被災された中小企業等の事業者の方々の早期再建に向けた取り組みを支援するため国・県・市町等の連携により、支援制度説明会が開催されます。

 

開催場所や日程等については、下記URLをご参照ください。

(特設ページ)

■広島県

 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/67/tyuusyoukigyouhukkou.html

■広島市
 http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1533963780665/index.html

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「平成30年7月豪雨に係る被災中小企業者等支援策ガイドブック」(第4版)(中小企業庁)

2018.8.10

 

中小企業庁が作成した上記ガイドブックが更新されました。今後の事業再開等に向けてご活用ください。 

■被災中小企業者等支援策ガイドブック 広島県(第4版)

http://www.chusho.meti.go.jp/201807gouu/2018/180810guidebook_hiroshima.pdf

※本ガイドブックについては予告なく修正されることがありますので、利活用の際は、下記中小企業庁ホームページをご確認ください。

■平成30年7月豪雨関連情報(中小企業庁HP)

http://www.chusho.meti.go.jp/201807gouu/index.html

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「平成30年7月豪雨災害により休業している事業所における従業員への雇用保険の基本手当及び助成金に係る特例措置について」(厚生労働省)

2018.7.31

 

 厚生労働省では、厚生労働省では今般の災害により直接の被害及び経済上の理由から休業または事業活動の縮小を余儀なくされた事業所が雇用の維持を図るための支援措置を行っております。

詳細については、下記URLを参照していただくほか、お近くのハローワークにお問い合わせください。

■厚労省特設ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00001.html

※その他の支援策及び特例措置についても各種記載がありますので、適宜、ご参考ください。

■雇用調整助成金ページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「平成30年7月豪雨に係る被災中小企業者等支援策ガイドブック」の作成について     (中小企業庁)

2018.7.27

 

 中小企業庁では、今般の豪雨災害にて被害を受けた中小企業・小規模事業者に対する支援策を取りまとめた「被災中小企業者等支援策ガイドブック(第2版)」を作成されました。今後の事業再開等に向けてご活用ください。

 

■被災中小企業者等支援策ガイドブック 広島県(第2版)

http://www.chusho.meti.go.jp/201807gouu/2018/180725guidebook_hiroshima.pdf

※本ガイドブックについては予告なく修正されることがありますので、利活用の際は、下記中小企業庁ホームページをご確認ください。

■平成30年7月豪雨関連情報(中小企業庁HP)

http://www.chusho.meti.go.jp/201807gouu/index.html

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨による災害に関する特別相談窓口の設置について

2018.7.12

 

 広島県商工会連合会では、今回の西日本を中心とした豪雨災害による商工業者の被災に対応するため  「豪雨災害特別相談室」を立ち上げるとともに、特別相談窓口を設置しました。

 今後は、県内34商工会及び関係機関と連携し、被災企業の支援を積極的に実施します。

 具体的な支援内容等については、お近くの商工会もしくは県連合会へお問い合わせください。

 

【支援内容】

 (1)資金繰り等貸付相談

 (2)経営相談(支援制度の紹介等)

 (3)上記に係る専門家の派遣等

 

■連絡先

県内34商工会(←クリックで商工会一覧へ移動します)

 

②広島県商工会連合会

 TEL:082-247-0221

 住所:広島市中区大手町3-3-27

 

(東部支所)

 TEL:084-960-3107

 住所:福山市神辺町川北892-7

第82回リテールマーケティング(販売士)検定試験(3級)の結果について

平成30年7月14日に実施しました、標記試験合格者の受験番号を以下に掲載します。

 

合格者 7名

3400-0001

3400-0003

3400-0004

3400-0008

3400-0009

3400-0010

3400-0011

 

 

※合格証書および認定証は、実施団体に送付いたします。

 

東部支所 

三谷・島田

ひろしまブランドショップTAU 販路開拓支援セミナー&個別相談会 ご案内

広島県商工労働局ひろしまブランド推進課より、セミナーの周知依頼がありましたのでご案内します。

 

 「ひろしまブランドショップTAUでは、首都圏への販路開拓を目指している、自社商品を持つ県内の事業者様を対象に、県内での販路開拓支援セミナー&個別相談会を開催します。

 セミナー第1部では、地域産品の販路開拓専門家であるリッキービジネスソリューション株式会社(東京都千代田区)の田崎 卓 氏を講師として、商品力と営業力をテーマに、加工食品等の首都圏への販路開拓のポイントをお話しいただきます。

 セミナー第2部では、ひろしまブランドショップTAUの店長 村上 祥平 氏より、TAUを活用した首都圏への販路開拓支援内容や商品の取扱いについてお話しいただきます。

 セミナー終了後は、各事業者様が講師との個別相談を行えます。(予約制)次のとおり開催しますので,是非ともご参加いただきますようお願い申し上げます。」

 

≪開催概要≫

〇開催日時・場所  ※相談会は希望者のみ。要予約。

   ①平成30年8月23日(木) 【広島】

       広島会場:もみじ銀行本店 新館10階ホール(広島市中区胡町1-24)

       [セミナー] 13:00~14:30

       [ 相談会 ] 14:50~17:20

   ②平成30年8月24日(金) 【三次】

       三次会場:広島県三次庁舎第3庁舎601会議室(三次市十日市東4丁目6-1)

      [ 相談会 ] 9:00~9:50   

        [セミナー] 10:00~11:30 

   ③平成30年8月24日(金) 【福山】

       福山会場:広島県福山庁舎第3庁舎381・382会議室(福山市三吉町1-1-1)

       [セミナー] 14:00~15:30

       [ 相談会 ] 15:50~17:20

〇内容

【第1部】販路開拓セミナー『商品力と営業力で販路開拓の成果を出す!』

     講師:リッキービジネスソリューション株式会社

             地域振興事業部 兼 フードビジネス部 部長 田崎 卓 氏

【第2部】ひろしまブランドショップTAUへの出品について

        講師:ひろしまブランドショップTAU

              店長 村上 祥平 氏

【第3部】個別相談会(要予約)

       ① 首都圏への販路開拓について

       ② ひろしまブランドショップTAUへの出品について

     ※講師と事業者様との個別面談形式での課題解決に向けた相談会です

〇参加方法

   下記ホームページ掲載の申込書より,メール又はFAXでお申し込みください。(参加費:無料)

 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/233/30tau-seminar.html

〇申込期限

   平成30年8月17日(金)

〇問合せ先・申込先

     広島県商工労働局ひろしまブランド推進課 

       TEL:082-513-3441 FAX:082-223-2135 

      E-mail:syobrand@pref.hiroshima.lg.jp

商工連会報VOL.380(2018.06.30)を発行しました(県連)

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 商工連会報VOL.380(2018.06.30)

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 本号は、5月の通常総会を主に掲載。表紙では、新たに選任された県連役員18名の顔ぶれを紹介いたしました。また県青連活動では、11月の全国商工会青年部全国大会(広島大会)に向けた各担当委員会からの進捗報告を掲載しています。

 今号でも「広島県働き方改革実践企業」として認定された「㈲アリストぬまくま」(沼隈内海商工会)の取組みを掲載いたしました。是非、ご一読ください。

                                                                                                                                                                                                 

■ 本号の目次■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■『平成30年度第57回通常総会』開催(県連)
■平成30年度『広島県商工会青年部連合会第1回商工会青年部研修会』
 並びに『広島県商工会青年部連合会通常総会』開催(県青連)
■『平成30年度第52回通常総会』開催(県女性連)
■『第19回商工会女性部主張発表広島県大会』開催(県女性連)
■『第20回商工会青年部全国大会開催に当たって』(県青連)
■ 広島県働き方改革実践企業認定制度-取組事例-
  ・ Vol.4 有限会社アリストぬまくま(沼隈内海商工会) 
■『パワーアップセミナー』開催(県連)
■マツダスタジアムで『商工会の日記念事業』を実施(県連)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

広島県商工会連合会 東部支所

「非正規労働者の雇用管理」セミナー開催のお知らせ(広島県)

 広島県商工労働局 商工労働総務課 東部産業支援担当よりセミナー開催の周知依頼がありましたのでお知らせします。

 

日時:7月10日(火)14:00~17:00

会場:県民文化センターふくやま地下1階文化交流室(福山市東桜町1-21)

対象:人事労務担当者

定員:40名(先着順)

主催:広島県・今治市雇用労働相談センター

 

詳しくは、下記URLよりご確認ください。

http://hi-elcc.jp/%e3%80%90%e7%84%a1%e6%96%99%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%917-10%e7%81%ab%e9%96%8b%e5%82%ac%e3%80%80%e9%9d%9e%e6%ad%a3%e8%a6%8f%e5%8a%b4%e5%83%8d%e8%80%85%e3%81%ae%e9%9b%87%e7%94%a8/                           

 

広島県商工会連合会 東部支所

 

マツダスタジアムで『商工会の日記念事業』を実施(県連)

マツダスタジアムでカープ応援うちわの配布やプレゼント抽選会を行い、商工会とひろしま夢ぷらざをPR。

雨にもかかわらずオリジナルうちわは大人気

 6月5日(火)、広島県商工会連合会はMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島にて『商工会の日記念事業』を実施しました。

 商工会の日は、1960年(昭和35年)6月10日に『商工会の組織等に関する法律(現商工会法)』が施行されたことを記念して、全国商工会連合会が1985年(昭和60年)に制定したもの。商工会の活動目的や活動内容を広報、PRする日として位置付けられていて、本県連は毎年この日の前後に広く一般の人々に商工会を知ってもらい、親しんでもらうための働きかけとして記念事業を行っています。

 

 今年もスタジアムのメインゲートに職員が立ち、野球観戦に訪れた来場者に商工会とひろしま夢ぷらざをPRするオリジナルうちわを配布しました。

 残念ながら当日の試合は雨天により中止となりましたが、予備日である18日(月)の振り替え試合にて、大型ビジョンに商工会とひろしま夢ぷらざのPR画像が放映されました。PR画像は、試合前と試合中の2度映し出され、マツダスタジアムに集まった多くの観客の注目を集めました。また、抽選会では、広島限定販売の海人の藻塩、島ごころ、三矢えびす茶など広島県の特産品6種類を詰め込んだセットを用意し、来場者10名様に抽選でプレゼントしました。

 18日のイベントには、広島県商工会連合会の職員が参加。試合は日本ハムファイターズに敗れましたが、30,744人の来場者に対し、商工会とひろしま夢ぷらざをPRする絶好の機会となりました。

大型ビジョンに映された、商工会と夢ぷらざのPR画像

(公財)ひろしま産業振興機構からのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国ブロック合同広域商談会への参加受注企業の募集【〆切~7/4】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ひろしま産業振興機構では、発注企業の外注担当者と中国5県の中小企業が個別

に面談し、受注企業の持っている優秀な技術・製品を発注企業にPRすることに

より、新規取引の促進を図ため、本商談会を開催します。発注企業の資材調達担

当者と個別に面談できる絶好の機会ですので、是非参加ください。

■日 時  平成30年9月13日(木)10:30~16:00

■場 所  ホテルグランヴィア広島 4階 悠久の間(広島市南区松原町1-5)

■内 容

(1)実施方法  個別面談方式(当方にて面談時間を事前指定)

(2)発注企業  84社

■参加料  無 料(交通等は自己負担)

■申込締切 平成30年7月4日(水)

■申込・  (公財)ひろしま産業振興機構 経営基盤強化支援センター

 問合先  (担当:渡辺・多川) TEL:082-240-7704 FAX:082-242-8627

■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/15262/

『平成30年度 第52回通常総会』開催(県女性連)

[現役員の任期満了に伴い、新役員を選出。21名の新たな顔ぶれが揃う]

2つの議案について審議が行われた通常総会の様子。

 5月7日(月)、広島県商工会女性部連合会は『第19回商工会女性部主張発表広島県大会』に続き、『平成30年度 第52回通常総会』を開催しました。本人出席32人、委任状1人、計33人の出席のもと、平成29年度事業報告、収支決算などについて審議を行いました。

 

 総会の冒頭、欠席された井上会長に代わって橋口副会長が会長挨拶を代読。「51年目となった昨年度は次の半世紀への第一歩を踏み出す年になった。残念ながら新しい事業には取り組むことができなかったが、例年通り様々な事業を実施することができた。これも活動に協力いただいた女性部員みなさんのおかげです」と感謝の気持ちを示しました。また、通常総会の議題に上がっている任期満了に伴う役員の改選について、活動に尽力した役員に労いの言葉を贈ると共に、新たな役員に向けて「新たな半世紀の魅力ある女性部を目指して力を尽くして欲しい」と期待を寄せました。続いて広島県商工労働局経営革新課長の松岡弘道氏(湯﨑英彦県知事代理)、石井正朗専務理事(熊高一雄会長代理)、広島県中小企業共済共同組合 前川重樹常務理事、広島県商工会青年部連合会の植田悠司会長の4名が来賓として出席され、代表して松岡氏と石井氏のお二人が祝辞を述べられました。

 

 通常総会では安芸太田町商工会女性部の佐々木幸代部長を議長に選出し、2つの議案について審議。全て全会一致で可決・承認されました。

 

提出議案は次の通り

・第1号議案–平成29年度事業報告・収支決算書・貸借対照表及び財産目録承認の件(監査報告)

・第2号議案–任期満了に伴う役員改選の件

 

作田新会長と新役員のみなさん。

 第2号議案は現在の役員が今年5月で任期満了となるため、今総会で新役員を選出するために上程された議案。各ブロックから推薦された8名の役員選考委員が役員候補者の選考を行い、議場にて承認をいただいたことにより、新しい役員21名が決定しました。新会長には三原臨空商工会女性部の作田直美部長が就任。作田新会長は新役員を代表し「みなさんと一緒に女性部を輝かせていきたいと思っています。よろしくお願いします」とあいさつしました。

サイバー犯罪相談電話「サイバー110番」の開設について(広島県警)

広島県警察サイバー犯罪対策課より周知依頼がありました。

「広島県警では、インターネットを利用した詐欺などのサイバー犯罪が増加している現状から、4月10日に専用相談ダイヤル「サイバー110番」を開設いたしました。

サイバー犯罪の手口が多様化する中、被害の未然防止や迅速な捜査につなげるために、サイバー犯罪対策課員が電話での相談を受け付けておりますので、お悩みの際は遠慮なくご相談ください。」

サイバー110番(受付時間:平日8:30~17:00)                        082-212-3110

 

(詳細)広島県警察サイバー犯罪対策課 HP
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/police3/cyber-jyoho-soudan.html

(公財)ひろしま産業振興機構からのお知らせ

 (公財)ひろしま産業振興機構より、中小企業・ベンチャー総合支援センター関連事業に関するセミナー等の周知依頼がありましたので、お知らせいたします。詳しくは、各案内の詳細情報よりご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①事例発表&5Sの定着と生産性向上の進め方セミナーの案内
                    【開催5/17(広島),6/8(福山)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひろしま産業振興機構では、モノ作りの基本である5Sの取組み、高度化され
る品質への要求、そして、コスト削減に対応するための生産性向上の取組みを、
どのように進めていけば良いのかの考え方と進め方を理解していただくための
講演と、実際にそれらの改善支援を受けた企業様の事例発表を開催します。
■日時・ 【広島会場】平成30年5月17日(木)13:30~16:30
 場 所       広島県情報プラザ 2F 研修室(広島市中区千田町3-7-47)
     【福山会場】平成30年6月8日(金)13:30~16:30
           福山市ものづくり交流館 7F セミナールームA(福山市西町1-1-1)
■内 容
(1)講演「5Sの定着と生産性向上の進め方」
    アイ・イー経営 代表  大西 農夫明
(2)支援事例発表
<5/17:広島会場>
 ①「生産管理の仕組み作りと組織力強化」
    日本バレル工業(株)[広島市]
 ②「新工場移転に伴うレイアウト決めと組織体制の再構築」
    (株)エムテック[広島市]
<6/8:福山会場>
 ①「№1を目指す5S改善と稼働率向上及び品質向上」
    (株)内海機械[府中市]
 ②「生産・工程管理の改善による生産性向上及び5Sの取組み」
    (株)アイエスツール[福山市]
■参加料  無 料
◆特 典【製造現場の無料診断】
  本セミナー参加者のうち希望される方は、講師 大西氏による製造現場等
  の診断により、改善の方向性についての具体的な助言を受けられます。
  (詳細については、セミナー当日ご案内)
■申込締切 ◇広島会場:5月16日(水) ◇福山会場:6月7日(木)
■申込・  (公財)ひろしま産業振興機構 中小企業・ベンチャー総合支援センター
 問合先  TEL:082-240-7701 FAX:082-249-3232
      mailto:sien-center@hiwave.or.jp
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/14718/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
②販売戦略塾の参加者募集【〆切~5/24】 
 ~売れる商品づくり・仕組みづくりを習得!
   首都圏販売会で消費者ニーズをつかんで、販路拡大へチャレンジ!!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひろしま産業振興機構では、自社のマーケティング力を強化していただくととも
に、販路拡大をお手伝いするため、販路開拓の専門家による、マーケティングセ
ミナーや個別商品のブラッシュアップ(開発・改良)・販路開拓支援等の実施によ
り、「売れる商品づくり・仕組みづくり」を習得する販売戦略塾を開催します。
■日時・ 【広島会場】平成30年5月25日(金)・6月14日(木)[全2回]
 場 所        いずれも13:00~17:00
           サテライトキャンパスひろしま 5F
           (広島市中区大手町1-5-3)
     【福山会場】平成30年5月26日(土)・6月15日(金)[全2回]
            いずれも13:00~17:00
           福山市ものづくり交流館 7F
           (福山市西町1-1-1 エフピコRIM)
■内 容
(1)マーケティング力強化セミナー
    マーケットイン発想の必要性、顧客ニーズの把握方法、開発商品の差別化
    方法、効果的なプロモーションなど、マーケティング戦略の構築について、
    2回シリーズで具体例を交えて学ぶ。
        (株)CDG 代表取締役社長 大平 孝
(2)支援企業の事例発表「地元食材にこだわった新商品開発及び販路開拓」
      (有)カスターニャ 代表取締役 竹村 茂
■申込締切 平成30年5月24日(木)
■参加料  無 料
■申込・   (公財)ひろしま産業振興機構 中小企業・ベンチャー総合支援センター
 問合先  (担当:下桶・蔵田) TEL:082-240-7701 FAX:082-249-3232
      mailto:sien-center@hiwave.or.jp
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/14839/
※上記のほか、商品ブラシュアップ、商談会、販売会などの入口から出口
までの一貫した支援プログラムを予定。
【企業ごとの商品ブラッシュアップ(一部有料)】
  セミナーを受講し、食品及び生活用品等の自社商品を有する企業の中から
  希望者を募集。[平成30年8月~11月(予定)]
【商談会・首都圏販売会(原則、無料)】
  ブラッシュアップ後の商品のターゲットとなりうる首都圏等の小売バイヤー
  を招聘した「県内商談会催」、「首都圏販売会(テストマーケティグ)」、
  「同行営業」を実施。(平成30年11月~平成31年3月(予定))
【専門展示会への出展支援(一部有料)】
  首都圏等で開催される専門展示会への出展支援を別途予定。
  [平成31年2月~3月(予定)]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
③中小・ベンチャー企業チャレンジ応援事業(助成金)の公募【〆切~5/31】
                             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひろしま産業振興機構では、新事業展開や新たなビジネスモデルの構築など、
成長に向けたチャレンジを資金面から支援し、また、専門的アドバイス等によ
る支援や国・県・産振構等の事業活用や連携と一体的に運用することにより、
中小・ベンチャー企業の成長を加速していただく目的とした本事業を公募します。
■対象者  県内に本店又は主たる事務所を有する中小企業者
■対象事業
  付加価値や利益率向上、新たな需要や雇用を創出等に向けた次に掲げる新た
  な取り組み
  (1) 革新的な研究・技術開発や試作品開発及び生産プロセスの改善等
  (2) 革新的なサービスの創出やサービス提供プロセスの改善等
  (3) 新たなビジネスモデルの構築等
  (4) 地域の特性や自らの基盤技術・サービスの優位性を活かした、ブランド
   の構築や新たな価値の創造等
  (5) 第四次産業革命に向けて,IT・IOT・AI等を活用した生産性向上
   や開発等
■助成限度額・助成率】
 ◆助成限度額:上記対象事業のうち、
        (1)~(4):300万円以内、(5):500万円以内
 ◆助 成 率:助成対象経費の2/3以内
■公募期間  平成30年4月20日(金)~5月31日(木)
■提出・  公益財団法人ひろしま産業振興機構 中小企業・ベンチャー総合支援センター
 問合先  (担当:蔵田・橋本) TEL:082-240-7701 FAX:082-249-3232
      mailto:h_challenge@hiwave.or.jp
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/news/14819/

商工連会報VOL.379(2018.03.31)を発行しました(県連)

広島県商工会連合会会報vol.379

Vol.379
2018 3-31

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 商工連会報VOL.379(2018.3)

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 本号では、2018年11月に行われる全国商工会青年部全国大会(広島大会)開催に向けた県青連の取組みを特集記事として掲載。開催の趣旨や大会スローガンである「〇(わ)~和我技笑話環~」に込めた思いなど、大会に向けて日々協議を重ねる県青連にクローズアップしました。

 また昨年度「広島県働き方改革実践企業」に認定された3社の取組みを、トップの思いや現場の声なども含めて紹介しています。是非、ご一読ください。                                                                                                                                                                                                         

           

 

■ 本号の目次■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「平成29年度臨時総会」開催(県連)
■「平成29年度第4回研修会及び臨時総会」開催(県青連)
■「平成29年度臨時総会及び第3回研修会」開催(県女性連)
■「平成29年度商工会役員セミナー」開催(県連)
■【特集】「広島県働き方改革実践企業認定制度」認定企業の取組紹介  
 ・Vol.1 株式会社東洋シート(広島安芸商工会)   
 ・Vol.2 株式会社山豊(沼田町商工会)  
 ・Vol.3 株式会社千代田工務店(北広島町商工会)   
 ・平成30年度募集スケジュール
■【特集】「第20回商工会青年部全国大会 広島大会開催に向けて」(県青連)
■「ひろしま夢ぷらざ 出店事業所・団体等講習会」開催(県連)
■「事業承継セミナー」開催(県連)
■「協会けんぽ」からのお知らせ ~インセンティブ制度の導入について~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

広島県商工会連合会 東部支所

製造事業者の皆様へ~工業統計調査が実施されます~(H30.6.1)

経済産業省および広島県からのお知らせです。

 

経済産業省および広島県では、平成30年工業統計調査を平成30年6月1日現在で実施します。

本調査は、製造業を営む事業所を対象に、1年間の生産活動に伴う製造品の出荷額、原材料使用額などを調査し、製造業の実態を明らかにすることを目的としています。
本調査は、国の重要な統計調査であり、調査結果は国や地方公共団体の行政施策の重要な基礎資料として使われるほか、大学や民間の研究機関等においても広く利用されています。
調査をお願いする製造事業所には、本年5月から6月にかけて統計調査員が調査票を持ってお伺いするか、または国から直接郵送でお届けいたしますので、お忙しい時期とは存じますが、調査にご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
なお、皆様からご提出いただく調査票については、統計法に基づき調査内容の秘密は厳守されますので、正確なご記入をお願いします。

 

(リンク)経済産業省HP

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/H30kougyo/H30kougyo.html

 

第81回リテールマーケティング(販売士)検定試験3級の結果について

平成30年2月21日に実施しました、標記試験合格者の受験番号を以下に掲載します。

 

合格者 3名

3400-0002

3400-0005

3400-0008

 

※合格証書および認定証は、実施団体に送付いたします。

 

広島県商工会連合会 東部支所                                                   三谷・脇安

 

職場における消費者啓発講座活用のご案内(広島県)

 広島県環境県民局消費生活課から周知依頼がありました。

 広島県における消費者被害に関する相談は,毎年約3万件弱で推移しており,アダルト情報サイトやインターネット通信サービス,不動産貸借等をはじめとして,様々な相談が寄せられています。                                        こうした消費者被害を防止するため,県では,様々な消費者啓発・教育活動を行うとともに,各職場において消費者啓発講座を取り入れていただくよう呼びかけています。詳細は下記URLをご覧いただき、職場でご活用ください。

(参考)「消費者教育・啓発のための出前講座・寸劇等のご案内」(広島県ホームページ)
  URL:http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kouzaibennto/syouhi-demaekouza.html

 

(問合先)

 広島県環境県民局消費生活課 消費政策グループ

 電話:082-513-2730 FAX:082-223-6121

『事業承継セミナー』を県内3会場で開催(県連)

[福山・三次・広島の3会場で開催。事業承継の基礎知識から計画書作成までをサポート]

 

事例を交えて事業承継を分かりやすく解説した講師の石井氏

 1月16日(火)の福山会場を皮切りに、23日(火)の三次会場、24日(水)の広島会場の3会場で、県連主催の『事業承継セミナー ~承継の先にある未来を描こう~』が開催されました。参加者は3会場合わせて34事業所38名。カリキュラムは講義、ワークショップ、個別相談の3部構成で行われました。

 午前中は、中小企業診断士で事業承継士の石井照之氏が『3年スパンで考える事業承継! “ポイント”大解説』と題して講演。石井氏は講演の中で事業承継の現状や基礎知識を解説した後、様々な事例も紹介しました。

「事業承継にはハード面とソフト面の承継があります。ハード面は株価対策や資金繰り対策など、ソフト面は後継者の育成、事業の見える化や感情的な部分。その両方からアプローチすることが大切です」と訴えました。

 また、事業承継計画には「家族との話し合いもとても重要」と話し、計画書を作成する際には3年スパンで考え、その期間内にやるべきことなどを伝授しました。

 最後にBCP(事業継続計画)にも触れ、「事業承継はBCPとの共通点も多い。災害などのリスクが発生したときなどに重要な業務が中断しないように、まだまだ先のことと思わず対策を講じるよう」アドバイスをいただきました。

 

参加者たちは真剣な面持ちで事業承継計画の作成に取り組んでいました

 午後から行われたワークショップでは、参加者が自社の事業承継計画を実際に作成。石井氏の他、同行した経営指導員がサポートする中、熱心に取り組んでいました。また、ワークショップ内で『経営理念』も作成。参加者たちは、経営者として後継者や社員に伝えたい願いを改めて書き起こすことで、引き継ぐべき大切な想いを再確認していました。ワークショップ後は、希望者に個別相談会も実施されました。

 

 セミナー後のアンケートには「自社を見直す良い機会となりました」「タイミングを考えるきっかけとなった」などの声が寄せられ、受講者の満足度が高いセミナーとなりました。

B,C型肝炎職域啓発セミナーのご案内

全国健康保険協会 広島支部よりセミナー開催の周知依頼がありましたので、ご案内いたします。

 

【日 時】

 平成30年2月7日(水) 14:00~16:00
【場 所】

 一般社団法人 広島県医師会館 2F ホールエリア
 (広島市東区二葉の里三丁目2番3号 TEL 082-568-1511)

【参加対象者】

 広島県の企業の人事、総務、広報等、社員福利厚生に携わる方
 広島県庁職員(保健師等)、広島大学病院(肝疾患CO等)、全国健康保険協会職員等

【内 容】
【 Opening Remarks】 14:00~14:10  
全国健康保険協会 広島支部 支部長 神田 和幸
【 SessionⅠ 】 14:10~14:50
座長:広島大学病院 総合医療研究推進 センター(消化器•代謝内科)診療教授 川上  由育先生

『 ウイルス性肝炎の疫学、広島県の現状とC型肝炎ウイルス検査・受診の勧め 』

演者:広島大学大学院医歯薬保健学研究科 疫学・疾病制御学 教授 田中 純子先生
     
【 SessionⅡ 】14:50~15:30
座長:広島大学大学院医歯薬保健学研究科 疫学・疾病制御学 教授  田中 純子 先生
 
『 B, C型肝炎ウイルス治療と正しい知識について 』
演者:広島大学病院 総合医療研究推進センター(消化器•代謝内科)診療教授 川上 由育先生

【 SessionⅢ 】15:30~16:00
座長:広島大学大学院医歯薬保健学研究科 疫学・疾病制御学 教授  田中 純子先生 
  
『 職場でも出来る肝炎対策  』

演者:全国健康保険協会 広島支部 企画総務部保健グループ長 大和 昌代

 

【申 込】

 参加申込書に必要事項を記入のうえ、1月31日(水)までに下記申込先へFAXにて申込

 ※参加申込書                   

【申込先】

 全国健康保険協会広島支部 企画総務グループ宛
 FAX:082-568-1130

広島県内企業・事業所の経営者・人事責任者向けセミナーのお知らせ

広島県よりセミナー開催の周知依頼がありましたので、ご案内いたします。

現在、少子高齢化、生産年齢人口の減少などを背景に人材の確保が困難な状況にあり、その傾向は、中小企業で顕著となっています。
本セミナーでは、多数の成功事例から導き出した、本日からすぐに実践できるノウハウや業績向上事例が紹介されます。

 

【日時会場】

 ■広島会場
 日 時 平成30年2月15日(木)13:30~17:00
 場 所 サテライトキャンパスひろしま 501・502大講義室
 内 容 別添チラシ参照
 参加費 無料

 ■福山会場
 日 時 平成30年2月16日(金)13:30~17:00
 場 所 広島県福山合同庁舎 第3庁舎 381・382会議室
 内 容 別添チラシ参照
 参加費 無料

【主  催】
 広島県

【申込方法】
 参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX等にてお申込みください。
 ※インターネットによる申込も可能です。詳細は下記チラシを参照ください
 チラシ(参加申込書)

【申 込 先】
 HRソリューションズ㈱(事業受託者)
  FAX 03-3548-8864

男性の家事参画に関する講演会開催(広島県)

「楽しく考える 家庭のこと,仕事のこと,未来のこと ~男性の家事・育児が社会を変える~」

 広島県より講演会開催の周知依頼がありましたので、ご案内いたします。

 広島県では,男女が社会の対等な構成員として個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現に向け,県が取り組むべき施策を明らかにした「広島県男女共同参画基本計画(第4次)」を平成28年3月に策定しました。この計画の内容について理解を深めていただくとともに,広く周知するため,研修会を開催します。

 講師は,男性の家事・育児参画,夫婦関係やジェンダーをテーマにした講演などを各地で行われている 東京大学大学院教授の瀬地山 角(せちやま かく)さん。自身の育児や家事の経験談を交えながら,男女共同参画の必要性と重要性を楽しく語っていただきます。

 

(開催概要)

日時 平成30年2月4日(日曜日)13時00分~15時00分(受付は12時30分~)
会場 福山市ものづくり交流館 セミナールームA (福山市西町1-1-1 エフピコRiM 7階)
演題 「楽しく考える 家庭のこと,仕事のこと,未来のこと ~男性の家事・育児が社会を変える~」
講師 瀬地山 角さん(東京大学大学院教授)
 赤ちゃん・子連れ大歓迎!
※ 手話通訳あり。託児(無料・要予約)もあります。

 

詳細は広島県ホームページをご覧ください。

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/42/h300204.html

 

(問合せ先)

広島県環境県民局人権男女共同参画課男女共同参画推進グループ
Tel 082-513-2746
Fax 082-227-2549
電子メール kanjindanjo@pref.hiroshima.lg.jp

 

広島県商工会連合会 東部支所

[地域企業の人手不足を解決する多様な働き方シンポジウムを開催します]

人手不足を発展的に解決するための「多様な働き方」。

その本質を捉えた実践的な事例を紹介するシンポジウムを開催します。

 

日 時:平成30年2月13日(火)13:30~17:00

場 所:ホテルJALシティ広島 2階「シリウス」

内 容:チラシ参照

参加費:無料 ※先着150名限定

 

【申込方法】

 参加申込書(チラシ裏面)に必要事項をご記入のうえ、FAX等にてお申込みください。※参加申込書

 

【申込先】

 中国地域中小企業・人材コーディネート事業 運営事務局

 FAX 03-5775-3167

商工連会報VOL.378(2018.1)を発行しました(県連)

広島県商工会連合会会報vol.378

Vol.378
2018 1

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 商工連会報VOL.378(2018.1)

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 本号では、カラー版にて「年頭挨拶」を主に掲載しています。2018年は11月に全国商工会青年部全国大会(広島大会)が開催されます。本号から大会ロゴを表紙に配し、今後も広島大会に向けた県青連活動を紙面でも紹介・応援していく予定です。                                                                                                                                                                              

是非、ご一読ください。

 

■ 本号の目次■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・年頭挨拶(6名)
 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄
 中国経済産業局 局長 波留静哉
 広島県知事 湯﨑英彦
 全国商工会連合会 会長 石澤義文
 広島県商工会青年部連合会 会長 植田悠司
 広島県商工会女性部連合会 会長 井上文江

 

・『第57回商工会全国大会』開催
 ~「なくてはならない商工会」であり続けるために邁進~

・滝口義明県連副会長が秋の叙勲 旭日双光章を受章

・「ぽっぽカード20周年記念大会」開催 県連

・「東京広島県人会役員との交流会開催 県連

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

広島県商工会連合会 東部支所

『事業承継セミナー』を開催します(県連)

[事業承継に向けた準備としてお役立ていただくためのセミナーを開催します]

円滑な事業承継には計画策定が必要不可欠です。
広島県商工会連合会では、県内の経営者並びに後継者を対象に、事業承継の現状や基本知識、事例を学んでいただき、実際に計画書の作成をしていただくセミナーを開催します。

★詳細はチラシをご参照ください。チラシ

 

【申込方法】

参加申込書を出力の上、必要事項を記入して、各会場開催1週間前までにFAXにてお申込みください。参加申込書

 

【申込先】

FAX082-249-0565

広島県商工会連合会 地域振興課(林、川相行)

 

 

○事業承継セミナー ~承継の先にある未来を描こう~

 ●福山会場
日時/平成30年1月16日(火)10:00~16:00
会場/総合結婚式場・貸会場 みやび(福山市南蔵王町4-5-18)

●三次会場
日時/平成30年1月23日(火)10:00~16:00
会場/三次グランドホテル(三次市十日市南1-10-1)

●広島会場
日時/平成30年1月24日(水)10:00~16:00
会場/メルパルク広島(広島市中区基町6-36)

 

 

申込先&お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:林、川相

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

 新年明けましておめでとうございます。平成30年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

 我が国の経済は、今まで政府が推し進めてきた各種政策により、緩やかな回復基調が続いていると言われており、今後の「人づくり革命」や「生産性革命」によって着実に発展することが期待されております。

 しかしながら、その恩恵は大企業や都市部の中堅・中小企業しか享受できておらず、地方の中小・小規模事業者においては、過疎化や人口の減少による地域内の消費の縮小、働き手や後継者の不足など、引き続き厳しい経営環境におかれております。

 こうした中、中小・小規模事業者に光を当てた支援施策が次々と打ち出され、国の中小・小規模事業者支援は飛躍的に拡充され、将来に一すじの明るい光を見たと実感しております。

 好評を頂いております持続化補助金もこうした施策の一環として生まれたものであり、今までの商工会が行ってきたことが評価された象徴的な事業ではないかと考えております。 安倍総理は、「我が国の経済・社会を支えているのは地方だ、地方が元気にならないと日本全体が活性化して元気にならない」と就任以来、力強く明言されており、我々商工会の責務は益々重く、改めて重責を痛感している次第です。

 地方経済を活性化させるために、商工会といたしましても、自らの経営発達支援計画を着実に実行するとともに、人材育成に取り組むなど、不断に支援能力を高めていく必要があります。
地域に明るい展望が見えてこない今こそ、各方面からの大きな期待に応え、今後とも商工会組織をあげて更なる努力を傾けていかなければなりません。

 経済を躍動させ、小規模事業者が持続する活力ある地域を醸成するために、県内商工会の全力を挙げて会員サービスの一層の向上に取り組んで参りますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

平成30年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 植田悠司 

 新年あけましておめでとうございます。旧年中は商工会青年部に対し、格別なるご支援、ご指導を賜りましたことに対し、心より感謝申し上げます。

 昨年の日本経済は緩やかな景気回復基調と言われておりましたが、地域に根付いた中小企業、個人事業主には、人材不足、後継者不足、事業承継問題など様々な課題があり、まだまだ景気回復とは言い難い1年でした。

 そのような環境で、商工会青年部員はわずかではありますが増加しており、対外的な繋がりや持続化補助金など経営に直結する情報、地域の活性化などの必要性を感じる若手経営者、後継者が徐々に増えてきたと自負しております。

 我々と致しましても先輩から繋ぎ教えて頂いたネットワークと情報力を活かし、多様な目的を持って入部されておられる全ての部員の皆さんに対し、必要で有益な情報を発信し続けることも大きな使命の一つであると考えています。

 さて、平成30年は戊戌(つちのえいぬ)の年です。過去の戊戌年では、皇太子とはじめて民間から選ばれた美智子様の婚約や1万円札の発行、日本最初の政党内閣である大隈内閣発足など、新しい変化が始まり形になっていく年と言われています。

 広島県商工会青年部連合会では平成30年11月21・22日に全国大会広島大会を開催させて頂きます。

 この全国大会を次代へ繋ぐ節目の大会とすべく、○(Wa)~和我技笑話環~というテーマのもとで、郷土、家業、家族を改めて見つめ直し、業種、地域を超えた交流の輪が広がるよう、今までとは変わった様々なチャレンジをおこなう予定です。

 その他の事業においても○(Wa)をテーマとし、歴代から次代へ繋いでいく地域、事業そして家業が永続的に共生していく一助となるべく邁進してまいりますので変わらずご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 結びに本年が皆さまにとって良い変化を巻き起こし、更なる飛躍、発展の年となることを祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて頂きます。

 

平成30年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会女性部連合会 会長 井上文江

 新年明けましておめでとうございます。

 皆様には、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。平素は、広島県商工会女性部連合会の事業活動に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、日本国内の実質GDP成長率は個人消費が持ち直しに転じ、設備投資、輸出の増加基調が維持されたことを受け7四半期連続でプラスが続いておりますが、私たち小規模事業者にとってはあまり実感の伴わない成長率であり、現在も進行中の少子高齢化や過疎化による人手不足の深刻化や消費の減少によって厳しい経営環境に未だ置かれている状況でございます。

 このような中、私たち商工会女性部に出来ることは、「魅力ある女性部」として、地域振興発展の推進者、また、豊かなまちづくりの担い手となり、地域商工業の振興・発展活動を展開していくことですが、その為にも私たち自身の更なる資質向上を目指していく所存でございます。

 昨年には、部員の資質向上を図るための研修会、主張発表県大会や部員の健康増進と親睦を図るビーチボールバレー県大会の開催等の各種事業に県内より多数の方々にご参加いただき、大変有意義に事業を実施することができました。

 中でも主張発表大会では世羅町商工会女性部の松田純子さんが7年ぶりに全国大会出場を果たすという快挙を達成しました。これもひとえに各商工会女性部の部長様をはじめ、部員の皆様が女性部活動を通じてご自身の資質を向上されている証左だと存じます。

 本年も更に女性部活動を充実していくことで、これまで以上に地域の信頼と期待に応え、社会福祉増進の担い手として広域的な事業活動を積極的に展開し、商工会女性部のさらなる飛躍の一年とすることを誓いたいと存じます。

 終わりに、皆様にとりまして、本年が大きな飛躍の年でありますようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

平成30年 元旦

-「働き方改革実践企業」認定制度について(第3回募集準備中)-

 広島県商工会連合会では、平成29年度より「広島県」のご協力並びに「働き方改革推進・働く女性応援会議ひろしま」のご後援のもと、広島県商工会議所連合会とともに県内の働き方改革に取り組む企業を認定する制度を開始しております。

 これは、働き方改革への取り組みを優良事例として見える化・情報発信することで県内企業の働き方改革への取り組みを推進するものであり、認定企業は、県のご協力により広くご紹介されます。

平成29年度は、                                                                    上半期/第1回認定で 20社(うち商工会地域 3社)                                                  下半期/第2回認定で 26社(うち商工会地域 3社) 計 46社が優良企業として認定されました。  

現在は、第3回の募集準備中です。第3回の募集開始まで今しばらくお待ちください。

 

第1回認定企業の取組み事例は、こちらのバナーからご覧いただけます  

 

 

 下記は、募集期間が終了した第2回申請書類等です。第3回の募集開始まで参考としてご覧ください。

【リーフレット】

 ・働き方改革取組実践企業認定制度について(リーフレット)

【申請方法・申請書類等/商工会会員用】

 ・実施要綱

 ・募集要項(第2回)

 ・申請手引書(参考/Q&A/随時更新)

 ・申請フロー図(全体の流れ)

 ・様式第1号~第8号(第2号を除く)

  様式第1号「認定申請書」

  様式第3号「労働組合等(又は従業員)の意見書」

  様式第4号「認定証書」

  様式第5号「取組状況報告書」

  様式第6号「認定変更届出書」

  様式第7号「認定辞退届出書」

  様式第8号「認定取消書」

 ・様式第2号

  様式第2号「認定基準該当状況申告書」excel版

  様式第2号「認定基準該当状況申告書」pdf版

 ・添付書類リスト

  申請時_添付書類リスト(別紙)

 

【問合せ先】

 広島県商工会連合会

 事務局:広島県商工会連合会東部支所

 所在地:〒720-2123 福山市神辺町川北892-7

 電 話:(084)960-3107

 メール:shisho@hint.or.jp

非正規雇用労働者待遇改善支援セミナー開催【福山会場 2/27(火)】

広島県非正規雇用労働者待遇改善支援センターより周知の依頼がありました。

同センター主催のセミナーが下記要領にて開催されます。

 

〇非正規雇用労働者待遇改善支援セミナー〇

日 時:平成30年2月27日(火)

     14:00~16:00 セミナー

     16:00~16:30 個別相談会(要予約)

場 所:広島県民文化センターふくやま 地下1階 文化交流室1

     (福山市東桜町1-21)

テーマ:「改正法」「ガイドライン案」の解説

    ~ 先進的取組事例紹介「働きやすさ」と「働きがい」の実現で従業員満足度を上げる ~

講 師:支援センターコンサルタント

    株式会社フレスタホールディングス 総務人事部長 渡辺裕治氏

対 象:経営者・人事労務担当者

定 員:50名(先着)

参加費:無料

締 切:平成30年2月22日(木)

 

詳しくは、下記パンフレットをご参照の上、参加申込書に必要事項を記入して、

FAX (082-511-7006)にてお申込ください。

パンフレット 

 

(問合せ・申込先)広島県非正規雇用労働者待遇改善支援センター

TEL:082-512-4335 E-mail:hiroshima-koyou01@lec-jp.com

※同センターは、厚生労働省広島労働局委託事業実施機関として開設。「同一労働同一賃金」に関する情報提供、助成金の案内、取組事例の紹介や現地診断に基づく助言や提案等(無料)を行い、非正規社員の待遇改善に取組む企業の支援を目的としたセンターです。

(参考)広島労働局HP

 

広島県商工会連合会 東部支所

「容器包装のリサイクル」申込みはお済ですか?

~平成30年度の再商品化委託申込受付中~ 申込締切:平成30年2月9日(金)

 広島県内の各商工会では、(公財)日本容器包装リサイクル協会からの委託を受け、容器・包装に係る事業者の皆さんからの義務手続きを受け付けています。

 対象となる「特定事業者」には「再商品化委託申込書類」が送られていますので30年度の再商品化委託契約申込は平成30年2月9日(金)までに、手続きをお願いいたします。

 

※「特定事業者」に該当するか否かは、協会コールセンター(03-5251-4870)にご相談ください。

 

 特定事業者でありながら、再商品化義務を履行していない場合は、平成12年4月の「法」の完全施行時まで遡っての履行が必要です。必ずご確認の上、手続きしてください。

 

 詳細は(公財)日本容器包装リサイクル協会のHPをご確認ください。

http://www.jcpra.or.jp/news/tabid/101/index.php?Itemid=1762

 

〇法律の内容、特定事業者に該当するかの判断について〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 コールセンター 03-5251-4870

 

〇申込書類の請求、手続き手順などについて〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 オペレーションセンター 03-5610-6261

 

 

~広島県でも「容器包装リサイクル制度説明会」が下記の日程で開催されます~

 

主 催:(公財)日本容器包装リサイクル協会、広島商工会議所、日本商工会議所

(共催)

協 力:全国商工会連合会

日 時:平成30年1月17日(水)14:00~16:00

会 場:広島商工会議所1階 101号室(広島市中区基町5-44)

対 象:容器や包装を利用または製造等(含む輸入事業者)している事業者

参加費:無料

内 容:

(1)容器包装リサイクル制度について
(2)リサイクル(再商品化)の委託申込手続き等について
(3)個別相談会

申 込:下記の参加申込用紙を出力・記入の上、広島商工会議所へ直接FAXで申込(FAX082-222-6411)

   参加申込用紙

 

広島県商工会連合会 東部支所

『ひろしま地域逸品発掘交流会』開催(県連)

[農林水産業者と商工業者が交流。新たな特産品開発や販路開拓のきっかけに]

参加者と積極的にコミュニケーションを取りながら講演を行う高原氏。

 11月28日(火)、かんぽの郷 庄原(庄原市新庄町)にて、『ひろしま地域逸品発掘交流会』が開催されました。この交流会は、“農林水産業者”と“商工業者”が出会い・交流を行う場を提供することで、ひろしまの新たな逸品の誕生を支援しようと、県連と備北商工会が企画。当日は約70名が参加しました。

 備北商工会の石川会長の挨拶の後、地域産品・小売支援コーディネーターの高原英幸氏が『売れる地域産品のカン・コツ・ツボ』をテーマに講演を行いました。

 

 高原氏は冒頭、参加者を壇上に招いて、名刺交換の実演を披露。遠慮がちに名刺交換をする参加者にダメ出しをしながら、「名刺交換は先手必勝。お願いをする方が先に名刺を渡すべき」と力を込め、名刺の渡し方、もらい方、もらった後に至るまで、名刺交換の極意を伝授しました。

 

 また、優秀地域産品開発事例として北海道士別市にある美田実郎商店の卓上用ふりかけタイプの片栗粉『とろみちゃん』を紹介。商品の背景にあるストーリーに商品開発・販路開拓のヒントがたくさん隠されていました。高原氏は「オンリーワンの商品を作れば大手にも十分対抗できる」ときっぱりと言い切り、参加者にエールを贈りました。参加者が座っているスペースにどんどん入って行き、目が合う人と次々と対話をしながら進む講演に、参加者はドキドキしながらも惹きつけられていました。

 

出展事業者は自社の商品の魅力を懸命にPR。

 会場を移して行われた展示交流会・名刺交換会には、15の事業所・団体が出展。各ブースに自慢の商品を持参し、試食などを行いながら商品や自社の魅力をPRしました。講演会の講師を務めた高原氏は、出展企業のPRタイムにコーディネーターとして登場。緊張気味の出展者をフォローしながら、会場を盛り上げていました。PRタイム後は、出展者と参加者が自由に商談や名刺交換できるフリータイム。参加者たちは積極的にブースに足を運び、交流を深めていました。今回の交流会で新しい地域の逸品が誕生するかもしれません。

 

 この交流会は、県連と呉広域商工会主催で12月6日(水)にも開催され、会場となった呉森沢ホテル(呉市本町)には、多くの参加者が来場し交流を深めました。

第57回商工会全国大会における『経営改善普及事業に関する表彰』

広島県では1団体・33名の方々が受賞

全国商工会連合会長表彰の様子

 平成29年11月16日(木)に、東京都渋谷区のNHKホールにて開催された、第57回商工会全国大会において、経営改善普及事業に関する功労者等の表彰がおこなわれました。本表彰は、商工会等の組織運営及び実施する経営改善普及事業が特に優良であり、他の商工会の模範とするに足る商工会や商工会役職員、青年部・女性部及び部員に贈られるもので、広島県からは、以下の1団体・33名の方々が受賞されました。

 

 

■全国商工会連合会会長表彰

(事業推進優良商工会等表彰)

  国直轄事業等の推進部門 呉広域商工会

(役員功労者)

  8商工会/26名

(青年部功労者)

  大崎上島町商工会青年部 藤原 浩一 氏

  上下町商工会青年部 伊達 幸太郎 氏

(女性部功労者)

  世羅町商工会女性部 吉口 太賀子 氏

(優良常勤役職員)

   広島県央商工会   近藤 靖之 課長

   広島県商工会連合会 大林 勝則 部長

   安芸高田市商工会  今屋えい子 課長

   三原臨空商工会   藤井 忠昭 課長    ※順不同・敬称略

第57回商工会全国大会が開催される

「なくてはならない商工会」であり続けるために邁進

第57回商工会全国大会の模様

 平成29年11月16日、東京都渋谷のNHKホールで「第57回商工会全国大会」が開催され、当県からは総勢70名の商工会役職員が参加しました。同大会には、多数の国会議員ほか、全国の商工会代表者ら約3,000名が出席。席上、石澤義文全国連会長は、アベノミクス効果により個人消費が持ち直し、緩やかな景気回復が続いているものの、地方の中小企業・小規模事業者においては、人口減に伴う働き手の不足や販路の縮小、取引先からのローコスト要請、さらには、経営者自身の高齢化に伴う廃業の増加など、引き続き厳しい経営環境にある。

 

 このような中、商工会も自らが、経営発達支援計画を着実に実行することで、地域経済を支える地方の中小企業・小規模事業者の持続的な成長・発展による地方経済の活性化、ひいては、我が国経済の成長に貢献していく所存であるとともに、職員の人材育成による支援力の強化や会員サービスの充実に努め、「なくてはならない商工会」でありつづけるために邁進していかなければならないと力強い口調で会場に訴えかけました。

 このあと、「地方経済に活力を与える大型の経済対策の実施」、「地方の小規模事業者の持続的成長・発展のための支援の拡充」、「事業承継施策の抜本的強化をはじめ企業力を下支えする経営環境の整備」、「働き方改革の実現のための支援の強化」、「共済等を活用したリスクマネジメント支援など会員サービスの充実」の5項目について大会決議(案)が宣言され、満場一致で決議されました。 

 

祝辞を述べる安倍内閣総理大臣

 その後、安倍晋三内閣総理大臣、西銘恒三郎経済産業副大臣の他に、竹下亘自由民主党総務会長、山口那津男公明党代表、枝野幸男立憲民主党代表、玉木雄一郎希望の党代表からの祝辞及び友好団体挨拶に次いで、外山全国連副会長による閉会宣言が行なわれ、大会は盛会裡に終了しました。

『ひろしま地域逸品発掘交流会』参加者募集中!(県連)

[農林水産業と商工業の交流による新たな“逸品”が誕生するチャンス!]

 広島県商工会連合会は、庄原市と呉市の2会場で『ひろしま地域逸品発掘交流会』を開催します。農林水産業と商工業が連携し、相互の経営資源を活かした新たな商品を生み出す取り組みが注目されているなか、県内の事業者にも出会いと交流の場を提供し、新たな逸品の誕生を支援するために、企画したものです。

 

 交流会では、地域産品・小売り支援コーディネーターの高原英幸氏が『売れる地域産品づくりのカン・コツ・ツボ』と題した講演会を行うほか、出展者による展示品の紹介や、商談・名刺交換などを行う『展示交流会』などを実施。個別の相談会も予定しています。

 

 参加費は無料。『新たに地域の農水産物を販売したい方』、『地域の農水産物を活用した新商品の開発を考えている方』、『地域の農産物の食材を使って新メニューの提供を考えている方』、『農商工連携事業に関心のある方』などにぴったりの交流会です。

参加希望の方は下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入してFAX(082-249-0565)にてお送りください。たくさんのご参加、お待ちしております!

 

お申込み用紙はこちら

 

○ひろしま地域逸品発掘交流会

  • 庄原会場

日時/平成29年11月28日(火)13:00~16:30

会場/かんぽの郷 庄原 庄原市新庄町281-1 

http://www.kanponoyado.japanpost.jp/shoubara/index.html

  • 呉会場

日時/平成29年12月6日(水)13:00~16:30

会場/呉森沢ホテル 呉市本町15-22

 http://www.kuremorisawa.com/

 

お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:川相、林

平成29年度販路開拓支援事業『商談会』開催(県連)

[事業者がバイヤーに商品の魅力を直接PR。販路開拓と現場の生の声を聞く貴重な機会に]

 11月7日(火)、ホテルセンチュリー21(広島市南区的場町)にて、広島県商工会連合会主催の「平成29年度販路開拓支援事業 商談会」を開催。この事業は、販路開拓支援事業の一環として、小規模事業者等の商品開発・販路開拓を支援するために行われているもので、今年で9回目。首都圏や広島地区等の流通業のバイヤーを商談会に誘致し、取引や商品開発等へのアドバイスを直接受けることができる貴重な機会です。例年10件を超える商談が成立し、成果を上げており、今年も、販路開拓・拡大へ意欲を見せる34の事業所が参加しました。

商談ブースでは、事業者が自社商品の魅力を熱心にアピール

 商談会に先立って行われた開会式で、県連の石井正朗専務理事は「本日は首都圏や関西圏の7社、県内から4社のバイヤーの方にご参加いただきました。自社の商品への評価やマーケットの情報など、現場の生の声を聞けるだけでなく、実際に商談に結びつける絶好の機会です。この商談会を販路開拓や今後の商品開発など、新たなビジネスチャンスのきっかけにしてください」と挨拶しました。

 商談は各ブースで待機するバイヤーに、参加事業者が商品を直接売り込むスタイルで進行。県連が参加事業者の希望に応じた商談スケジュールを事前に組み、一コマ20分で実施しました。また、昨年から採用したバイヤーから事業者を指名いただくシステムも引き続き実施。また、15時から30分間設けられたフリー商談会(名刺交換会)では、今回商談できなかったバイヤーに事業者が直接アプローチ。事業者同士も交流を深めていました。そのほか、インターネット通販を手掛ける47CLUB(中国新聞社)と事前セミナーでアドバイスをいただいた株式会社バイヤーズガイドによる個別相談なども随時開催され、参加事業者たちは限られた時間を有効に使って懸命に自社の商品のPRを行いました。

 今回、沼隈内海商工会より参加した、海苔の生産から商品化までを手掛けるマルコ水産(有)代表取締役の兼田敏信さんは、全国的にもブランド海苔として知られる“田島のり”の佃煮と味付け海苔、焼海苔を持参。初めてこの商談会に臨みました。「最初は催事で販売する商品を探しておられたようですが、商品にあるストーリーを聞いて、カタログでの販売も勧めていただきました。商品の背景が見える売り方が良いとアドバイスをいただきました」と兼田さん。商談は確かな手ごたえを感じられた様子です。

 広島県央商工会より参加した(有)広島・入野きのこセンターの東敏明さんは、生のマイタケとマイタケせんべいのPRができた。「せんべいのパッケージに、堅いから頑張って食べてほしいとの思いを込めて“ド根性”入れたんですが、意味が分かりづらいと言われました。マイタケがたっぷり入っていること、苦労して作っていることがパッケージから伝わるといいとアドバイスされ、さっそくデザイン変更に取り掛かろうと思っています」と東さん。販路開拓に向けて前を向いて歩き始めています。

 また、北広島町商工会より参加した(株)勝原白貫堂の勝原毅さんは、一度閉店した老舗の和菓子屋を5年前に復活させた4代目、「歴史とこだわりと伝えるのに20分では伝えきれない」と今後の展開に期待を寄せていました。

 世羅町商工会より参加の料理旅館玉乃家の若女将、稲田祐子さんは、今年4月末に完成したばかりの『トマトコンポート』を持参した。自社の商品について「世羅町内の試験販売のみで、パッケージなどデザイン的にはまだまだ改良の余地があります」としながらも、「関東の方では移動が公共の交通機関のため瓶詰めの重たいものは避けられてしまうことや原価計算の面でも良いアドバイスがたくさんいただけました」と満足そうに話します。今後は今回のアドバイスを参考にしながら、本格的な販路開拓に向けて動き始めます。

参加事業者の商品を並べた展示ブースも設けられました

 

 様々な思いを胸に、今回の商談会に挑んだ事業者たち。多くの事業者が新規販路開拓、新商品開発への大きな第一歩を踏み出しました。

商工連会報VOL.377(2017.11)を発行しました(県連)

広島県商工会連合会会報vol.377

Vol.377
2017 11-1

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 商工連会報VOL.377(2017.11)

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+

 本号では、県内の商工会が近年取組んだ経営支援事例から、3事例を特集。また「働き方改革実践企業」としてこの度認定され、働き方改革に実際に取組み、成果を上げている会員企業3社を紹介いたしました。人手不足問題の打開に向け、働き方改革や職場環境整備を進める各社の取組みは、広島県のHP(下記バナーをクリック)でも優良事例として紹介されています。経営課題に対する着眼点やユニークな取組、現場の想いなどを掲載中です。                                                                                                                                                                                                  

是非、ご一読ください。

 

■ 本号の目次■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特集「人手不足 対応支援」~県連の新たな取組~

 ・「働き方改革実践企業第1回認定証授与式」開催 

 ・「平成29年度広域講習会」開催 ~若手人材の採用・育成術を学ぶ~

 ・「健康経営の普及促進に関する協定」締結式を挙行

 ・「人手不足対応ガイドラインについて」~人材不足対策の羅針盤~

■「ストーリーから考える商品開発セミナー」(県連)

特集「商工会の経営支援事例」~各地で経営指導員が奮闘中!~

 ・「小規模事業者持続化補助金活用事例」(広島安佐/熊野町)

 ・「平成29年度経営支援事例発表大会 最優秀事例」(世羅町)

■県青連 活動報告

 ・主張発表大会(広島県大会) ・スポーツ交流会 ・越智全青連会長就任祝賀会

■県女性連 活動報告

 ・千羽鶴を捧げる事業 ・ビーチボールバレー大会 ・主張発表大会(中四国ブロック)

■夢ぷらざ「お客様感謝イベント」実施

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

広島県商工会連合会 東部支所

『ひろしま地域逸品発掘交流会』参加者募集中!(県連)

[農林水産業と商工業の交流による新たな“逸品”が誕生するチャンス!]

 広島県商工会連合会は、庄原市と呉市の2会場で『ひろしま地域逸品発掘交流会』を開催します。農林水産業と商工業が連携し、相互の経営資源を活かした新たな商品を生み出す取り組みが注目されているなか、県内の事業者にも出会いと交流の場を提供し、新たな逸品の誕生を支援するために、企画したものです。

 

 交流会では、地域産品・小売り支援コーディネーターの高原英幸氏が『売れる地域産品づくりのカン・コツ・ツボ』と題した講演会を行うほか、出展者による展示品の紹介や、商談・名刺交換などを行う『展示交流会』などを実施。個別の相談会も予定しています。

 

 参加費は無料。『新たに地域の農水産物を販売したい方』、『地域の農水産物を活用した新商品の開発を考えている方』、『地域の農産物の食材を使って新メニューの提供を考えている方』、『農商工連携事業に関心のある方』などにぴったりの交流会です。

参加希望の方は下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入してFAX(082-249-0565)にてお送りください。たくさんのご参加、お待ちしております!

 

お申込み用紙はこちら

 

○ひろしま地域逸品発掘交流会

  • 庄原会場

日時/平成29年11月28日(火)13:00~16:30

会場/かんぽの郷 庄原 庄原市新庄町281-1 

http://www.kanponoyado.japanpost.jp/shoubara/index.html

  • 呉会場

日時/平成29年12月6日(水)13:00~16:30

会場/呉森沢ホテル 呉市本町15-22

 http://www.kuremorisawa.com/

 

お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:川相、林

「湯来フェス!!」に行こう!(五日市商工会)

[多彩なステージイベントとグルメを自然豊かな湯来町で楽しむ秋の一日を!]

 11月5日(日)、今年で5回目を迎える「湯来フェス!!」が広島市湯来交流体験センターにて開催されます。楽しいステージイベントやおいしい特産品が満喫できる湯来町の一大イベントです。

 ステージでは和太鼓が登場するオープニングを皮切りに、大森神楽団による「滝夜叉姫」と五日市芸能保存会による「旗舞」「鯛釣」の神楽、総勢40人の五日市吹奏楽団の楽しい演奏ほか、ダンス、地元の踊りなど、多彩なパフォーマンスが繰り広げられます。

 テント村には、湯来町のうまいものが集結。ヤマメの塩焼き、こんにゃく、乳製品、野菜、ジビエ料理など、湯来町ならではの特産品を満喫できます。また、安芸太田町からも神楽まんじゅう、コロッケや牛串、ハンバーガーが登場。フェスに欠かせないグルメも充実です。

 湯来ロッジ宿泊券等の豪華賞品が当たる抽選会も開催。11月5日(日)は、楽しい催しがいっぱいの湯来町へお出かけください!

 

○湯来フェス!!

日時/平成29年11月5日(日) 10:00~15:30

会場/広島市湯来交流体験センター(広島市佐伯区湯来町多田/湯来ロッジ隣)

お問合わせ/五日市商工会(湯来地区振興委員会) TEL 082-923-4138

 

湯来フェス!!チラシ(五日市商工会HP)

『ひろしま地域逸品発掘交流会』に参加しませんか?(県連)

[農林水産業と商工業の交流による新たな“逸品”が誕生するチャンス!]

 広島県商工会連合会は、庄原市と呉市の2会場で『ひろしま地域逸品発掘交流会』を開催します。農林水産業と商工業が連携し、相互の経営資源を活かした新たな商品を生み出す取り組みが注目されているなか、県内の事業者にも出会いと交流の場を提供し、新たな逸品の誕生を支援するために、企画したものです。

 

 交流会では、地域産品・小売り支援コーディネーターの高原英幸氏が『売れる地域産品づくりのカン・コツ・ツボ』と題した講演会を行うほか、出展者による展示品の紹介や、商談・名刺交換などを行う『展示交流会』などを実施。個別の相談会も予定しています。

 

 参加費は無料。『新たに地域の農水産物を販売したい方』、『地域の農水産物を活用した新商品の開発を考えている方』、『地域の農産物の食材を使って新メニューの提供を考えている方』、『農商工連携事業に関心のある方』などにぴったりの交流会です。

参加希望の方は下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入してFAX(082-249-0565)にてお送りください。たくさんのご参加、お待ちしております!

 

お申込み用紙はこちら

 

○ひろしま地域逸品発掘交流会

  • 庄原会場

日時/平成29年11月28日(火)13:00~16:30

会場/かんぽの郷 庄原 庄原市新庄町281-1 

http://www.kanponoyado.japanpost.jp/shoubara/index.html

  • 呉会場

日時/平成29年12月6日(水)13:00~16:30

会場/呉森沢ホテル 呉市本町15-22

 http://www.kuremorisawa.com/

 

お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:川相、林

「税を考える週間」が始まります(11/11~17)

 国税庁および広島東税務署からのお知らせです。

 

 国税庁では、日頃から国民の皆様に租税の意義、役割や税務行政の現状について、より深く理解してもらい、自発的かつ適正に納税義務を履行していただくために納税意識の向上に向けた施策を行っています。

 特に、毎年11月11日から11月17日までの一週間を「税を考える週間」とし、この期間を中心に様々な広報広聴施策を実施するとともに、税務行政に対するご意見やご要望をお寄せいただく機会としています。

  今年の「税を考える週間」では、「くらしを支える税」をテーマといたしまして、国民の皆様に国民生活と税の関わりを理解してもらうことにより、国民各層の納税意識の向上を図ることとしています。

 

詳しくは国税庁ホームページをご覧いただき、くらしを支える税について、理解を深める機会としてください。

(国税庁HP)

https://www.nta.go.jp/kohyo/katsudou/week/aboutweek.htm

公正取引委員会 講演会のご案内(10/25 広島合同庁舎)

講演会テーマ:「公正な経済社会の実現と新たな競争政策上の課題への対応 ~独占禁止法施行70周年を迎えて~」

公正取引委員会より、講演会周知の依頼がありましたのでお知らせいたします。 

 

 公正取引委員会は,公正かつ自由な競争を促進することを目的とした独占禁止法とその補完法である下請法等を運用する国の行政機関です。
 平成28年度において,公正取引委員会は,独占禁止法に基づき,価格カルテルや入札談合,優越的地位の濫用等,多様な事件に厳正かつ積極的に対処しました。この結果,平成28年度においては,延べ33名の事業者に対して,総額約97億円の課徴金納付命令を行いました。企業結合に関しても,平成28年度においては,319件の届出があり,審査を行いました。
 また,下請法違反行為に対しては,平成28年度には,同法に基づき11件の勧告・公表を行うとともに,過去最多の6,302件の指導を行っています。
さらに,消費税転嫁対策特別措置法違反行為に対しては,平成28年度には,同法に基づき6件の勧告・公表を行っています。
 このような公正取引委員会の活動内容を広く知っていただくとともに,公正取引委員会に対する御意見・御要望等をお伺いするため,広島市において,「公正な経済社会の実現と新たな競争政策上の課題への対応 ~独占禁止法施行70周年を迎えて~」と題して,公正取引委員会の青木委員による講演会を下記のとおり開催いたします。是非とも,この講演会に御出席くださるよう御案内いたします。
 なお,当日は,皆様からの独占禁止法等に関する御相談・御質問を無料でお受けするコーナーを下記のとおり設けますので,どうぞ御利用ください。

 

                    記

 1 日 時:平成29年10月25日(水)13:30~15:00
 2 場 所:広島市中区上八丁堀6番30号
       広島合同庁舎 第1号館附属棟2階 大会議室
 3 テーマ:「公正な経済社会の実現と新たな競争政策上の課題への対応 ~独占禁止法施行70周年を迎えて~」
 4 講 師:公正取引委員会 委員 青木 玲子
   (経歴)昭和56年 3月 東京大学理学部卒業
       昭和62年10月 オハイオ州立大学経済学部助教授
       平成26年12月 九州大学理事・副学長(常勤)
       平成28年11月 公正取引委員会 委員
 5 定 員:100名(参加料無料,先着申込み順)
 6 講演会の出席申込み先 申込書(Word)に必要事項を記載し、下記連絡先までFAX
       公正取引委員会事務総局中国支所総務課 担当 岩本,松原
       電 話 082-228-1501 FAX 082-223-3123
 7 独占禁止法相談コーナー
       広島合同庁舎 第1号館附属棟2階 大会議室 15:00~16:00

 

 

「軽減税率制度説明会」のお知らせ(広島東税務署) 

~9月中旬~11月下旬に県内各地で開催~

 ■開催日程一覧(広島県)■

  国税庁HPより

  https://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/290707_34.pdf

 

軽減税率制度関係のホームページ特設サイトのお知らせ(広島東税務署)

広島東税務署より軽減税率制度に関するお知らせです。

制度内容及び中小企業・小規模事業者等の皆様に対する支援措置に関して、下記の特別サイトで情報提供を行っていますので、是非ご覧ください。

 

 ■特集-消費税の軽減税率制度(政府広報オンライン)
  http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/index.html

 

 ■消費税の軽減税率制度について(国税庁)
  https://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

 

 ■軽減税率対策補助金(軽減税率対策補助金事務局)
  http://kzt-hojo.jp/

第80回リテールマーケティング(販売士)検定試験3級の結果について

平成29年7月8日に実施しました、標記試験合格者の受験番号を以下に掲載します。

 

合格者 4名

3400-0001

3400-0003

3400-0007

3400-0010

 

※合格証書および認定証は、実施団体に送付いたします。

 

広島県商工会連合会 東部支所                                                     三谷・脇安

 

福山地区広域取引商談会(工業系)の開催案内(県連)

受注企業との個別面談による新たなパートナー探し!

 

 発注参加企業を招聘し、福山会場にて個別面談による情報交換や商談を通じて、新たな取引機会を得ることを目的に、『平成29年度 福山地区広域取引商談会』を開催いたします。つきましては、受注参加企業を募集いたしますので、この機会に是非ご参加ください。

 発注企業並びに発注内容は下記の発注企業リストをご参照の上、参加申込書に必要事項を記入して、期日までにFAXまたはE-mailにてお申込みください。

 

 ・発注企業リスト(30社)

 ・参加申込書

 

【日  時】 平成29年 26日(火)13:00~17:00

【会  場】 福山ニューキャッスルホテル 3階「光耀の間」

       福山市三之丸町8-16

【実施方法】 時間指定個別面談(一部自由面談あり)

      ※当日の面談枠に限りがあるため、ご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

【発注企業】 30社(発注企業リスト参照)

【参加要件】 ①広島県内に本社または工場等生産設備を持つ企業

       ②金属・樹脂・電気機器部品等の加工・製造を行っている企業

【参 加 費】 無料(但し、交通費等は自己負担)

【締   切】 平成29年日(火)参加申込書必着

【申込み・問合せ先】

             (公財)ひろしま産業振興機構 販路開拓支援担当 多川

      ℡ 082-240-7704 fax 082-242-8627 E-mail:hanro@hiwave.or.jp

 

 

『ひろしまジョブサイト』のご案内

広島県が運営する求人・求職支援サービスについて

広島県からのお知らせです。

広島県では県内で「人材を求める企業」と「働く」意欲のある人の出会いの場として「ひろしまジョブサイト」を開設しています。サイトに企業登録すると、人材採用に役立つ様々なコンテンツを無料で利用することができます。人材採用ツールのひとつとして、是非ご活用ください。

 

ひろしまジョブサイト(チラシpdf)

ひろしまジョブサイト(HPリンク)

 

【お問合せ先】

広島県商工労働局 雇用労働政策課 

TEL:082-513-3424

E-mail:syokoyou@pref.hiroshima.lg.jp

 

『ストーリーから考える商品開発セミナー』開講!(県連)

[商品開発のプロから学ぶ3日間。アイデアの検討から販売まで、商品開発のノウハウを学習]

商品開発に係るストーリーづくりの重要性について学びました

 628日(水)、メルパルク広島(広島市中区基町)にて、広島県商工会連合会主催の『ストーリーから考える商品開発セミナー』が開講しました。このセミナーは、自社商品を有している、もしくはこれから自社商品開発に取り組む事業者で、商品開発の中核を担う方を対象にしたもので、県連が昨年から企画・実施しています。

 全3回のカリキュラムの初日となったこの日は、22団体・企業から27人が参加。『売れる商品開発の考え方』をテーマに、講義やワークショップを行いながら商品開発の基本を学びました。

 講師を務めた株式会社ユーミックプロデュース代表取締役の渡貫氏は冒頭で、商品開発を行う前のストーリー(事業計画)づくりの重要性を力説。ストーリーづくりに必要な“エンディング”、“ライバル”、“ピンチと解決法”、“登場人物”などのキーワードを挙げ、事例を交えながら分かりやすくストーリーづくりのノウハウを伝授しました。

講義を行なった渡貫 久氏

また、商品開発のプロセスも紹介。アイデアの検討から商品化に至るまでに行なっておくべきプロセスを一つひとつ丁寧に解説しました。中でもテストマーケディングの重要性にふれ、「作り手と消費者のギャップを縮めるための作業だと思ってほしい」と話しました。 

 後半はグループに分かれてコンセプトとシートを作成するワークショップを実施。受講者たちは、他の参加者と意見を交わしながら、事例企業の商品のコンセプトシートを真剣な面持ちで作成していました。 

 次回は75日(木)、第3回目は719日(水)を予定し、89日(水)には、希望事業者にアドバイスなどを行う個別相談会も実施されます。参加者たちは全3日間のカリキュラムを通して、商品開発から販売に至るまで一連のノウハウをマスターする予定です。

 

今年も熱気あふれるマツダスタジアムで『商工会の日記念事業』を実施  (県連)

[スタジアムに集まった約3万人に商工会とひろしま夢ぷらざをPR]

暑い1日だったこともあり、オリジナルうちわは大人気。

 6月14日(水)、広島県商工会連合会はMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(南区南蟹屋)にて『商工会の日記念事業』を実施しました。この事業は6月10日の『商工会の日』にちなみ、その前後に毎年行われているもので、今年もスタジアムの各ゲートに職員が立ち、野球観戦に訪れた来場者に商工会とひろしま夢ぷらざの情報が印刷されたオリジナルうちわを配布しました。

 

 スタジアム内では、大型ビジョンに商工会とひろしま夢ぷらざのPR画像を放映。熱戦で盛り上がるスタジアムでひと際存在感を示しました。また、抽選会では、尾道冷めんやカープふりかけ、洋酒ケーキなど5種がセットになった特産品の詰め合わせを用意し、10名様にプレゼントしました。

 

 この日のイベントには、広島県商工会連合会の職員が参加。試合はオリックスバッファローズを相手に延長12回、サヨナラ勝ちという劇的な勝利で盛り上がりました。31,352人の来場者に対し、商工会とひろしま夢ぷらざをPRする絶好の機会となりました。

ひろしま「ひと・夢」未来塾の塾生募集について

~広島県庁中山間地域振興課からのお知らせ~

広島県では現在、地域づくりに想いを持つ方のための塾、ひろしま「ひと・夢」未来塾を開催しています。

塾では、熟練度別に下記2つのコースを御用意しています。

 

・自主的な活動を企画に落とし込むマイプランコース

 (成果例:休耕田を使った綿花栽培)

・地域課題に採算性のある事業として取り組むマネタイズコース

 (成果例:鹿肉の廃棄部分を使ったペットフード加工)

 

塾を通じて,「学び」,同じ志を持つ「仲間」を増やしてみてはいかかでしょうか。

興味がある方は是非WEB申込フォームまたはFAXにて7月3日(月)までにお申込みください。

WEB申込フォーム

概要及びFAX申込書(PDF)

 

(参考)

ひろしま「ひと・夢」未来塾 HP

ひろしま「ひと・夢」未来塾 facebook

 

【全般のお問い合わせ】

 広島県庁 地域政策局 中山間地域振興課 (担当:栗原・横田・槇)

 電話 082-513-2632     

 

【申込手続きに関するお問い合わせ】

 株式会社エブリプラン(担当:又吉・馬越)

 電話 082-942-1320      FAX  082-942-1310 

―事業主の皆さまへ―「障害者雇用をサポートします!」

 このことについて、広島障害者職業能力開発校より周知の依頼がありました。

 下記に同校からの周知依頼内容を記載しますのでご覧ください。

———————————————————————– 

―事業主の皆さまへ―「障害者雇用をサポートします!」

 国及び広島県では,障害のある人が,その能力と適正に応じた雇用の場に就き,地域で自立した生活を送ることができるような社会の実現を目指し,総合的な雇用対策を推進しています。

 こうした中,「障害者差別解消法」が平成28年4月1日から施行されるとともに,平成30年4月からは法定雇用率も引き上げられるなど,障害者の雇用促進の流れは今後ますます加速し,企業においても重要な課題となっています。

 しかし,障害者といっても,その態様は様々であり,障害のある方を新規に雇いたいといった場合は,どのような職種,部署で,どのような仕事に就かせればよいのだろうか。また、設備は,どうすれば良いかなど,いろいろな不安を感じておられるのではないでしょうか。

 今回,ご紹介する広島障害者職業能力開発校は,障害のある方々に,その能力に適応する職種についての知識や専門的な技術,技能を習得していただくために,職業能力開発促進法に基づき,国が設置し,県が委託を受けて運営する職業能力開発施設です。

 雇用に当たっては,ハローワークと連携した就労支援により,雇用の決定に至るまで,企業と訓練生の双方に対し,提案や助言を行うことで,ミスマッチの解消と円滑な雇用管理をサポートしています。

 また,雇用後においても,本校担当者(就労支援員)が就職先の企業・修了生を訪問するとともに,障害者支援サービスを行う公的機関のサポートを受けることができます。

 障害者雇用をお考えの事業主の皆様には,是非,お気軽にご相談ください。

 

 

広島障害者職業能力開発校 (担当 就労支援員 朝比奈)

〒734-0003 広島県広島市南区宇品東四丁目1-23

TEL::082-254-1766 Fax:082-254-1716


広島県商工会連合会

総務課 平野

『ストーリーから考える 商品開発セミナー』受講生募集!(県連)

[実力派講師陣2名から新商品開発のノウハウを学ぶ3日間のカリキュラム]

 6月28日(水)、7月5日(水)、19日(水)の3日間、「ストーリーから考える 商品開発セミナー」を開催します。このセミナーは、現在または今後、新商品開発の中核を担う方を対象に広島県商工会連合会が実施するもので、経験豊かな2名の講師陣が新商品の開発から販売に至るまで、一連のノウハウを提供します。

 

 講師は、小売店や飲食店の経営改善や食品メーカーの商品開発など、食や流通に関するコンサルティングを中心に活躍する渡貫 久氏と、流通業やメーカー向けの販売促進・売場改善などを中心としたコンサルティングなどを行っている小倉 綾氏。多くのセミナーや講演実績のある実力派の二人です。

 

 全3日間のカリキュラムで、講義とワークショップを交えながら、商品開発について分かりやすく解説します。また、セミナー終了後、希望者には個別の相談会を実施する予定です。

 

 対象は自社商品を有している、もしくはこれから自社商品開発に取り組む食品製造業者で、商品開発を担当されている方など。新商品を創出する人材の育成にご活用ください。

 

 参加ご希望の方は、下記の申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、FAX(082-249-0565)またはEメール(chiiki@hint.or.jp)にてお送りください。

 

申込用紙はこちら

 

○ストーリーから考える 商品開発セミナー

日時/平成29年6月28日(水)、7月5日(水)、19日(水) 13:30~17:00

場所/メルパルク広島(広島市中区基町6-36)

受講料/無料

定員/15社(1社2名以内) ※定員になり次第募集は締切ります

お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:川相、遠山

いま改めて考えよう地層処分 シンポジウム開催(6/17)

~「科学的特性マップ」の提示を契機に、地層処分について一緒に考えましょう~

 原子力発電環境整備機構(NUMO)からシンポジウム開催のお知らせです。

 政府は、高レベル放射性廃棄物の地層処分に特性のある地域を日本地図に反映させる「科学的特性マップ」の提示を契機に、核廃棄物処分に関して、国民の関心と理解を深めていく方針です。この一環として、広島県内でもシンポジウムが開催されますので、ご案内いたします。

 

日 時: 2017年6月17日(土)13時半~16時(受付13時)

場 所: JAビル10F 講堂(広島市中区大手町4-7-3)

定 員: 先着200名(参加無料)

申 込: チラシ裏面(PDF)に必要事項を記入して出力の上、FAX申込

〆 切: 6/14(水)

 

申込先(問合せ先):

広島シンポジウム受付事務局 TEL03-5408-1014 FAX03-5408-1015

 

(参考)

全国シンポジウムの概要

 

主 催:経済産業省、資源エネルギー庁、原子力発電環境整備機構(NUMO)

製造事業者の皆様へ~工業統計調査が実施されます~(H29.6.1)

経済産業省からのお知らせです。

経済産業省では、工業統計調査を平成29年6月1日現在で実施します。

本調査は、製造業を営む事業所を対象に、1年間の生産活動に伴う製造品の出荷額、原材料使用額などを調査し、製造業の実態を明らかにすることを目的としています。
本調査は、国の重要な統計調査であり、調査結果は国や地方公共団体の行政施策の重要な基礎資料として使われるほか、大学や民間の研究機関等においても広く利用されています。
調査をお願いする製造事業所には、本年5月中旬から6月にかけて統計調査員が調査票を持ってお伺いするか、または国から直接郵送でお届けいたしますので、お忙しい時期とは存じますが、調査にご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
なお、皆様からご提出いただく調査票については、統計法に基づき調査内容の秘密は厳守されますので、正確なご記入をお願いします。

 

(リンク)経済産業省HP

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/H29kougyo/H29kougyo.html

 

平成28年度2次補正(平成29年実施)小規模事業者持続化補助金 追加公募について

平成28年度2次補正(平成29年実施)小規模事業者持続化補助金の追加公募を開始しました。
本補助金公募要領等、詳細は下記をご参照ください。

http://www.hint.or.jp/kenren/jizokuka/jizokuka.html

第79回リテールマーケティング(販売士)検定試験3級の結果について

平成29年2月15日に実施しました、標記試験合格者の受験番号を以下に掲載します。

 

合格者 2名

3400-0002

3400-0003

 

※合格証書および認定証は、実施団体に送付いたします。

 

広島県商工会連合会 東部支所                                                     三谷・島田

 

小規模企業景気動向調査(平成29年1月期)の結果を公表します

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~ 全項目で悪化に転じ、3ヶ月連続して好転していた

勢いが止まった小規模企業景況 ~

 1月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)は小幅に悪化した。項目別では、売上額DI、採算DIが大幅悪化、資金繰りDIは小幅に悪化し、全項目で悪化を示した。 ここ3ヶ月は連続して好転していたが、その勢いが止まった格好となった。特に売上の大幅悪化が目立った。製造業と建設業を中心に人手不足感があったが、小売業・サービス業にまで拡がってきたことや、原材料価格の高騰が要因となって売上や採算に影響を及ぼしていると指摘する報告が多く挙げられた。

 

各業種については、下記レポート(PDF)をご参照ください。                               調査結果レポート(H29.1)

 

(問合せ先)
  全国商工会連合会 企業支援部企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所

自衛隊員の再就職等規制について(防衛省)

防衛省人事教育局人材育成課より周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

 

防衛省では自衛隊員の再就職について、平成27年10月より一定の規制を設けています。

自衛隊員の再就職について、ご検討の事業者様におかれましては、
以下の添付ファイルおよび関連リンクをご参照ください。

 

【関連リンク】 防衛省・自衛隊HP
http://www.mod.go.jp/j/proceed/saishushoku/kigyo.html

 

【添付ファイル】(PDF)
http://www.mod.go.jp/j/proceed/saishushoku/pdf/pamphlet_06.pdf

 

【お問合せ先】
防衛省人事教育局人材育成課援護企画室
TEL:03-3268-3111(内線23645)

 

一般財団法人自衛隊援護協会
TEL:03-5227-5400

多くの来場者が集まるイベントで献血事業を実施(県青連)

[血液が不足する冬場に取り組みを強化。イベント来場者に献血を呼びかけ]

多くの来場者で賑わう会場で、懸命に献血参加を呼びかけました。

 広島県商工会青年部連合会(県青連)は2月12日(日)、「大野かきまつり」の会場にて今年度2回目となる「献血事業」を実施しました。同イベントで毎年開催している恒例事業で、今回は備南地域協議会から約10名がスタッフとして参加し、来場者に献血を呼びかけました。

 

 献血に参加していただいた人数は99人(うち献血者83人)。例年に比べ若干減少しましたが、今年も多くの人にご協力いただきました。参加していただいた方には、「宮島口アンテナショップ三女神(さんひめ)」の商品詰め合わせ(もみじ饅頭・レモンもみじ・サブレ・三女神で使えるクーポン券)をプレゼントして感謝の気持ちを伝えるとともに、引き続いての献血参加をお願いしました。

 

 県青連の献血事業は随時実施していますが、血液が不足する冬場の2月を「献血強化月間」に指定して、取り組みを強化しています。次回は3月5日開催の「梅林春こい祭」で事業を実施するほか、「献血ルーム もみじ」(広島市中区本通6-11)や「献血ルーム ばら」(福山市三之丸町9-16)でも参加が可能です。ぜひ、献血にご協力ください。

 

 県青連では、引き続き献血への参加を呼びかけるとともに、年々減少する参加者を増やすための手段や方法を検討していく予定です。

 

せとうちDMO観光セミナーin広島 参加者募集のお知らせ           (平成29年2月20日 広島国際会議場)

 この度、せとうちDMO・中国運輸局では瀬戸内に国内外多くの誘客を目指す事業者を対象にセミナーを開催します。事業主の皆さまには、ぜひ本セミナーにご参加いただき、瀬戸内の誘客に役立てていただければと思います。

 つきましては、下記にリンクしたセミナー申込チラシを参照のうえ、参加を希望される場合は、2月15日(水)までに、直接、下記FAXより申込みください。なお、入場は無料ですが定員は240名(先着順)となっております。

 

 ※せとうちDMOはマーケティングプロモーションを策定実行する一般社団法人せとうち観光推進機構と『せとうち観光活性化ファンド』を活用してプロダクト開発支援を行う株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成され、瀬戸内が有する幅広い観光資源を最大限活用しながら、多様な関係者とともに情報発信・プロモーション、効果的なマーケティング、戦略策定等を行い、地域の皆さまが主体となって行う観光地域づくりを推進しています。

 

セミナー申込チラシ

 

■日時 平成29年2月20日(月) 14時~17時

■会場 広島国際会議場 地下2F 大会議室

■申込期限  平成29年2月15日(水)
■提出先  FAX:082-542-2738
■申し込み・お問い合わせ先
一般社団法人 ジャパンショッピングツーリズム協会 中国四国支部事務局
(JTB中国四国内)担当:下田・繁田
TEL:082-236-3733  FAX:082-542-2738

 

(担当:総務課 浅田)

平成28年度「いい店ひろしま顕彰事業」受賞店舗が決定!

(公財)広島市産業振興センター中小企業支援センターでは、広島商工会議所、広島市及び

広島市内8商工会で実行委員会を構成し、 「いい店ひろしま顕彰事業」を実施しています。

 

「いい店ひろしま顕彰事業」とは店舗演出、接客、ユニバーサルデザイン対応等の基本的な商業機能が

優秀と認められ、地域に根づき親しまれている小売店舗を顕彰する事業で、

平成28年度「いい店ひろしま」として7店舗が選ばれました。

 

是非、お店を訪れてみてください。
 
  平成28年度いい店ひろしま受賞店舗紹介
 
(総務課 浅田)

「第2回欲張りライフ懇談会」開催のご案内(平成29年2月4日福山市)

広島県経営革新課からのお知らせです。

広島県では、「仕事」も「暮らし」も充実させる≪欲張りなライフスタイル≫の実現をテーマに、湯﨑県知事と本音で語り合う「欲張りライフ懇談会」を開催します。

第2回目のゲストは、元広島東洋カープの鉄人、衣笠祥雄氏。 詳細は下記のとおりです。関心のある方は足を運んでみてください。

 

会 場: 広島県民文化センターふくやま

    (福山市東桜町1-21)

日 時: 2017年2月4日(土)

     開場/13時 開演/13時半~15時半

参加費: 入場無料(事前申込 不要)

定 員: 500名

内 容: ●湯﨑知事が語る

     広島県が目指す「欲張りなライフスタイル」

     ●衣笠祥雄さんの

     「欲張りライフとは?」

     ●あなたの周りの

     「欲張りさん」の「欲張り自慢」

問合せ: 欲張りライフ懇談会 事務局

     電話:082-228-0131

     広島市中区八丁堀11-28(広島朝日広告社内)

チラシPDF https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/228014.pdf

 

年頭挨拶 広島県商工会女性部連合会 会長 井上文江

井上会長 新年、明けましておめでとうございます。

 皆様には、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。平素は、広島県商工会女性部連合会の事業活動に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、日本国内のGDPはアジア向けを中心に輸出が伸び、国内でも住宅投資が堅調だったことを受け3四半期連続でプラスが続いておりますが、アメリカのトランプ次期大統領が掲げる「アメリカ第一主義」の影響により、今までの環太平洋経済協定(TPP)や安全保障政策をはじめとした対日政策は激変する可能性もあり予断を許さない状態が続いております。

 このように政治経済の先行きの不透明感が漂う中、商工会女性部は事業の発展を裏で支える女性パートナーとして自社の経営のサポートのみならず、地域振興のパートナーとして地域の特産品の開発、地域資源活用事業の実施、地域コミュニティビジネスの創出、運営など多岐にわたる活動を続けており、地域の皆様からも高く評価されているところでございます。

 とりわけ昨年は、広島県商工会女性部組織化50周年の記念すべき年に、31回目を迎えた親善ビーチボールバレー広島県大会や、原爆の子の像に千羽鶴を捧げる事業などを県女性連50周年の重みを感じながら記念事業として実施いたしました。

 この半世紀にわたる歴史を振り返り、女性部活動の発展に尽力された功労者の功績を讃えるとともに、これからの未来へ向けて商工会女性部の役割を再認識し、女性ならではの発想による新たな取り組みを掲げ、55周年、60周年と次代へつなぐ「魅力ある女性部」としてより高度で社会的意義のある事業を展開し、女性部事業の一層の拡大・強化に邁進し地域の活性化に寄与するため、来る2月7日「~次代へつなぐ、心はひとつ~」を統一テーマに「広島県商工会女性部組織化50周年記念大会」を挙行する予定でございます。

 皆様方にはこの大会のために様々なご支援・ご協力を賜っておりますことに心よりお礼申し上げますとともに、女性部活動の一端に触れ「魅力ある女性部」を感じていただくため、大会当日には多くの方々にお集まりいただきますようお願い申し上げます。

 本年はこの記念大会により得られた成果を次代へつなぐため、既存事業の見直しや新たな取り組みについて協議を重ねながら、これまで以上にネットワークづくりや情報交換を進め、地域の信頼と期待に応えられる「魅力ある女性部」として輝く一年とすることを誓いたいと思います。

 終わりに、皆様にとりまして本年が大きな飛躍の年であるようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

平成29年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 越智俊之

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては清々しい新年をお迎えになられたことと、心よりお慶び申しあげます。また、旧年中においては広島県商工会青年部の活動に対し格別なるご支援ご鞭撻を賜りましたこと、心より感謝申し上げますとともに本年も引き続き何卒よろしくお願い申しあげます。

 昨年は、オバマ大統領来広、広島東洋カープセリーグ優勝、流行語大賞に「神ってる」が選ばれるなど、まさに広島イヤーだったのではないかと思います。

 また、10月には広島県商工会青年部連合会創立50周年記念大会を開催し、半世紀を支えてくれた先輩方に最大級の敬意を表すと共に、次の50年への第一歩を歩むべく、我々青年部も昨年にも増して精力的に活動を実施して行きたいと思います。

 さて、平成29年は丁酉(ひのととり)の年となります。60年前の丁酉は神武景気と岩戸景気のちょうど間の時期でした。当時のトピックスとしては、ソ連が世界初の人工衛星打ち上げに成功、自動車のアメリカ輸出、大阪そごうの東京進出などがありました。そして、東京都の人口が851万人となり、ロンドンを抜いて世界一の大都市になったそうです。丁酉の「丁」は、伸び盛りの状態。「酉」はもう完熟した状態だそうです。干と支に矛盾が感じられる年。自分の内に目標を立て、ただ単に突っ走るのではなく、それが本当に将来のためになるか慎重に外の情勢も踏まえ検討していく必要があります。広島県商工会青年部も平成30年に向け、時代の情勢を見極め、目先のことに囚われずに将来をきっちりと見通した上で、何が今求められているのかを臨機応変に正しい判断と責任ある行動をするべく、日々精進して参ります。

 広島県商工会青年部は、イノベーション5ヵ年計画の一環として、例年の事業に加え4つの柱を立て、活動を行ってきました。“他青年団体との交流”、“災害に対する支援フローの確立”、“必然的な部員増強の為の施策立案”、そして“全国大会の招致”。特に本年の2月には、平成30年度の全国大会の開催地が決定いたします。なんとしても招致を実現させ、広島をもっと元気に、より盛り上げていきたいと思います。

 小規模企業振興基本法制定に伴い、小規模事業者持続化補助金などさまざまな形で追い風ムードとなってきています。この風を消すこと無く、そしてこの風に乗り続け、青年部は「かけがえのない人たち」と「かけがえのない地域」のために「資質の向上」と「地域貢献活動」を継続して行い、商工会地域の振興に寄与し、ひいては真の地方創生の「先駆者」であり「推進力」であり「原動力」となるためにイノベーションを続けて行きたいと思います。

 結びに、本年が皆様にとって充実し、更なる幸せな一年になることを祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

平成29年 元旦

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

熊高会長(加工済) 新年明けましておめでとうございます。平成29年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 わが国経済は、全体の景気回復が持続しているとは言え、地方においては一部業種を除き人口減少による市場の縮小が続く中で、原材料費の高騰、需要不足、人手不足、後継者不足等に見舞われており、未だ先行き不透明な状況におかれています。

 こうした中、平成28年9月26日の安倍総理の所信表明演説では、「経済の好循環は全国の中小・小規模事業者の元気にかかっている。」と明言されており、我々商工会の責務は益々重く、改めて重責を痛感している次第です。

 平成26年6月の「小規模企業振興基本法」の成立を踏まえ、国の支援も大きく拡充されてきておりますが、これに基づく施策は緒についたばかりで、成果はこれからです。

 長年地元でたゆまぬ努力をされてきた小規模企業の皆さんに、本当に良かったと心から喜んでもらえるよう、今後も継続して小規模企業政策を充実・実行させていかなければなりません。

 商工会の事業の大きな柱は改正支援法に基づいた伴走型支援の徹底です。具体的には、「経営発達支援計画」が一日も早く全商工会で認定を受けると共に、全会員の持続的発展を図るため、商工会の指導のもとに会員自らが経営計画を策定し、それを実行・検証することにより、外部環境の変化に即応した継続的な経営改善を実践していくことに力点を置くこととしております。

 そのためにも、職員の更なる資質向上と、組織の能力拡大を目指して、「頼りになる商工会」そして「役に立つ商工会」として、伴走型支援サービスの一層の強化を推し進めて参ります。

 新しい年を迎え、我々商工会の使命として、小規模企業の持続的発展を応援し、経済を躍動させ、元気な地域を取り戻すことを意識しながら「頑張る人が報われる」事業を展開し、地域経済の真の活力再生、さらには地方創生を図るため、県内商工会の全力を挙げて会員サービスの一層の向上に取り組んで参りますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

平成29年 元旦

「容器包装のリサイクル」お申込みはお済ですか?

~平成29年度の再商品化委託申込受付中~ 申込締切:平成29年2月8日(水)

 広島県内の各商工会では、(公財)日本容器包装リサイクル協会からの委託を受け、容器・包装に係る事業者の皆さんからの義務手続きを受け付けています。

 対象となる「特定事業者」には「再商品化委託申込書類」が送られていますので、29年度の再商品化委託契約申込は平成29年2月8日(水)までに、手続きをお願いいたします。

 

※「特定事業者」に該当するか否かは、協会コールセンター(03-5251-4870)にご相談ください。

 

 特定事業者でありながら、再商品化義務を履行していない場合は、平成12年4月の「法」の完全施行時まで遡っての履行が必要です。必ずご確認の上、手続きしてください。

 

 詳細は(公財)日本容器包装リサイクル協会のHPをご確認ください。

http://www.jcpra.or.jp/news/tabid/101/index.php?Itemid=1649

 

〇法律の内容、特定事業者に該当するかの判断について〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 コールセンター 03-5251-4870

 

〇申込書類の請求、手続き手順などについて〇

(公財)日本容器包装リサイクル協会

 オペレーションセンター 03-5610-6261

 

 

~広島県でも下記日程で「容器包装リサイクル制度説明会・個別説明会」が開催されます~

 

主 催:(公財)日本容器包装リサイクル協会、広島商工会議所、日本商工会議所

(共催)

協 力:全国商工会連合会

日 時:平成29年1月17日(火)14:00~16:00

会 場:広島商工会議所1階 101号室(広島市中区基町5-44)

対 象:容器や包装を利用または製造等(含む輸入事業者)している事業者

参加費:無料

内 容:

(1)容器包装リサイクル法の基礎
   ○容器包装リサイクルの仕組み
   ○再商品化の対象となる「容器」「包装」とは
   ○リサイクル協会の業務と役割 など

(2)再商品化委託申込手続きについて
   ○再商品化(リサイクル)の義務を負う特定事業者とは
   ○再商品化の委託申込手続き
   ○申込書類の記入上の注意点 など
(3)個別相談会

申 込:下記の参加申込用紙を出力・記入の上、広島商工会議所へ直接FAXで申込(FAX082-222-6411)

   参加申込用紙

 

広島県商工会連合会 東部支所

IoT推進ラボ × 経済産業省                      「企業連携・案件組成イベント(第4回)」開催のお知らせ 

経済産業省からIoTに関するセミナーイベント開催のお知らせです。新たなビジネスモデルの創出を目指す事業者間のマッチングイベントです。

 

1.セミナー名
 「第4回 IoT Lab Connection」

2.内容
 ①フィンテック ②教育 ③農業(食品)等に関連する事業モデルや技術・サービスを有する事業者向けのマッチングイベント

3.主催
 IoT推進ラボ(※) 経済産業省
 ※「『日本再興戦略』改訂2015-未来への投資・生産性革命-」(2015年6月30日閣議決定)に基づき民間企業、学識経験者等が総務省、経済産業省の協力により設立した団体「IoT推進コンソーシアム」傘下のワーキンググループ。

4.日時・会場
 平成29年3月13日 10:00~17:00(受付9:00)
 一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術センター内)

5.イベント詳細や申込手順などは下記応募要項(PDF)をご参照ください。
 https://iotlab.jp/common/pdf/4th_connection_guideline.pdf?time=201612091400 

6.お問合せ・応募先
 IoT推進ラボ事務局
 https://iotlab.jp/jp/connection.html

広島県特定(産業別)最低賃金額改定のお知らせ

 広島県最低賃金額の改定(時間額793円 平成28年10月1日から発効)に引き続き、広島県特定(産業別)最低賃金額が改定されました。改定されたのは製鉄業等8種類の特定最低賃金で平成28年12月31日から発効します。

 

特定(産業別)最低賃金が

適用される業種

最低賃金額 (時間額)
 製鉄業等  901円
 金属製品製造業  863円
 はん用機械器具等製造業  870円
 電子部品等製造業  831円
 自動車・同附属品製造業  850円
 船舶等製造業  893円
 各種商品小売業  821円
 自動車小売業  848円

 

なお、適用される業種の詳細等につきましては広島労働局賃金室(082-221-9244)

または各労働基準監督署にお問い合わせください。

  広島県商工会連合会 総務部総務課

米トレーサビリティ法の普及啓発について

 農林水産省中国四国農政局及び広島県農林水産局より、標記の件について周知の依頼がありましたので、御案内申し上げます。

 米トレーサビリティ法とは、米穀等の生産から流通、販売・提供までの各取引記録の作成・保存と産地情報の伝達を義務づけることにより、米や米加工品の受け渡しの流れを明らかにすることを目的としています。

 これにより、問題が発生した際には、該当の米穀等について、流通ルートを速やかに特定して除外することができるため、事業者はコストをかけずに混乱や消費者の買い控えを避けることが可能になります。

しかしながら、米トレーサビリティ法は施行から今年で5年が経過しましたが、知名度が低く、義務事項が遵守されていない状況が散見されます。

ついては、この法律の一層の啓発と遵守に御理解と御協力をお願いします。

お米の流通のための制度 米トレーサビリティ法.pdf

 

(参考)

米トレーサビリティ法について(農林水産省HP)

米トレーサビリティ法による産地伝達などについて(広島県HP)

 

【お問い合わせ】

 農林水産省 中国四国農政局 広島支局

 〒730-0012 広島市中区上八丁堀6-30広島合同庁舎2号館6階

 TEL 082-228-9552 FAX 082-228-5827 (担当:森側・南場)

 

 広島県農林水産局農業技術課

 〒730-8511 広島市中区基町10-52

 TEL 082-513-3586 FAX 082-223-3566   (担当:岡田・豊田)

平成28年度2次補正(平成29年実施)小規模事業者持続化補助金の公募について

平成28年度2次補正(平成29年実施)小規模事業者持続化補助金の公募を開始しまし
た。
本補助金公募要領等、くわしくはこちら◆まで。

 

http://www.hint.or.jp/kenren/jizokuka/jizokuka.html

「税を考える週間」が始まります(11/11~17)

2016

国税庁および広島東税務署からのお知らせです。

 

 国税庁では、日頃から国民の皆様に租税の意義、役割や税務行政の現状について、より深く理解してもらい、自発的かつ適正に納税義務を履行していただくために納税意識の向上に向けた施策を行っています。

 特に、毎年11月11日から11月17日までの一週間を「税を考える週間」とし、この期間を中心に様々な広報広聴施策を実施するとともに、税務行政に対するご意見やご要望をお寄せいただく機会としています。

 今年の「税を考える週間」では、「くらしを支える税」をテーマといたしまして、国民の皆様に国民生活と税の関わりを理解してもらうことにより、国民各層の納税意識の向上を図ることとしています。

 

詳しくは国税庁ホームページをご覧いただき、くらしを支える税について、理解を深める機会としてください。

(国税庁HP)

https://www.nta.go.jp/kohyo/katsudou/week/

「中小企業向け個人情報保護法」に関する説明会(11/17)開催のお知らせ

 この度、広島県では中小企業や小規模事業者向けに、個人情報の取扱いに関する説明会を開催します。
平成27年9月に改正個人情報保護法が公布され、来年春頃に全面施行されます。今回の改正により個人情報を取り扱うすべての事業者が個人情報保護法の対象となります。
事業主の皆さまには、ぜひ本説明会にご参加いただき、個人情報の取扱いについて理解を深めていただければと思います。

 つきましては、添付のリーフレットをご参照のうえ、応募を希望される場合は、11月11日(金)までに、直接、下記提出先(E-mailまたはFAX)より申込みください。なお、入場は無料ですが定員は200名(先着順)となっております。

 

【日時・場所】(参加無料)
〇日時 平成28年11月17日(木)13:30~15:00 (開場13:00)

〇場所 メルパルク広島 6F平成 (広島市中区基町6-36)

○申し込み・お問い合わせ先

〒730-8511広島市中区基町10-52 広島県総務局総務課情報公開グループ

TEL : 082-513-2380

E-mail:sousoumu@pref.hiroshima.lg.jp 

FAX:082-224-4747  

 

 *詳細については,下記のリーフレットおよび参加申込票をご覧ください。

中小企業向け個人情報保護法説明会案内(リーフレット)および参加申込票

 

広島県商工会連合会
総務課 

ひろしま出会いサポートセンター主催「独身者向け企業間交流会」開催のご案内

ひろしま出会いサポートセンターでは、7月のセミナーに続く第2弾として、独身男女を対象としたセミナーを開催。男女それぞれの「自分磨き」をサポートし、「企業間交流会」に繋げていきます。積極的な交流の場としてご活用ください。

 

■日 時:

【ひろサポ 自分磨き】

(女子編)

第1回 11月4日(金)18:00~21:30

第2回 11月5日(土)13:00~17:00

(男子編)

第1回 11月18日(金)18:00~21:30

第2回 11月19日(土)13:00~17:00

 

【企業間交流会】

11/25(金) 19:00~21:00

 

■場 所:Coworking Space Shake Hands.(シェイクハンズ) (広島市中区紙屋町1-4-5)

■主 催:ひろしま出会いサポートセンター

 

※申し込み方法等の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.hirosapo.jp/

 

■申込・お問い合わせ先

事務局 公益財団法人ひろしまこども夢財団 

(広島県健康福祉局 子育て・少子化対策課内)

TEL/FAX:082-511-1216

【広島県の最低賃金改定のお知らせ】

広島県最低賃金が変わります。

 

平成28年10月1日から

 時間額 793円 になります。

 

広島県最低賃金は、県内の事業場で働くすべての労働者に適用されます。

年齢・性別・雇用形態(常用・臨時・パート・アルバイト等)・支払形態

(月給・日給・時給等)の別を問いません。

 

また、特定の産業で働く労働者については、広島県最低賃金よりも金額の高い

特定(産業別)最低賃金が適用される場合があります。

 

最低賃金についてご不明な点は、広島労働局労働基準部賃金室または

最寄りの労働基準監督署にお気軽にお問合わせください。

 

【問合わせ先】

 

広島労働局労働基準部賃金室 TEL 082-221-9244 内線605

 

「えたじま収穫体験ツアー(法人・団体向け)参加者募集!(広島県/江田島市)

[社会貢献しながら、しっかり保養。会社行事として、秋の江田島で収穫・海遊び体験をしませんか?]

 農家の方が高齢化し、耕作放棄地が目立つようになってきた江田島市。これを「何とかしたい!」と集まった若者たちが、島の荒れた畑を借りて耕し、サツマイモを栽培しています。収穫したサツマイモは焼酎やお菓子など、島の特産品づくりに活用されています。

 

 江田島市では、こうした若者を応援するとともに「島の耕作放棄地の解消」「企業社員の来訪などによる島の活性化」を実現するため、江田島に“企業ファーム”の仕組みを導入できないかと考えています。

 

 “企業ファーム”とは、農地を企業の農場(ファーム)として年間契約し、そこを耕作する農業者が日々の管理や農業・観光体験の提供などを行う仕組みのこと。その第一歩として、まずは単発のツアー『えたじま収穫体験ツアー』を企画しました。

 

 ツアーでは、芋堀り体験や収穫した芋を使ったカレー・BBQ、シーカヤック体験などを予定。江田島ならではの楽しさがいっぱいです。社員のみなさんのリフレッシュや親睦を図りながら、少しだけ社会的課題の解決のお手伝いをしてみませんか? 現在、ツアーに参加する企業や団体を募集しています。ぜひ、お気軽にお問合わせください。

 

○えたじま収穫体験ツアー(法人・団体向け)

開催日時/2016年10月16日(日)9:00~

集合場所/江田島・中町港

受入上限人数/30名程度

料金/1団体25万円(税込)

 

お問い合わせ

・江田島市役所 企画振興課 担当 畑河内 

 TEL:0823-43-1630 E-mail:kikaku@city.etajima.hiroshima.jp

・株式会社みらいのおと TEL 082-909-2601

 

-10月は『年次有給休暇取得推進期間』です-

  厚生労働省では、「働き方改革」の一環として、毎年10月を「年次有給休暇取得推進期間」として位置付け年休取得の推進及び機運醸成を図られております。
 特に10月の土日祝日に『+1(プラスワン)休暇』を取得し、連続した休暇の取得を奨励されているとのことです。
 これを機会に労使ともに、休暇の取得等、充実した職場環境の形成について取組んでみてください。

 

 【参考】

 年休取得推進リーフレット

 

 広島県商工会連合会

 平野

 

各県から届いた折り鶴に平和への願いを込めて(県女性連)

[50周年記念事業の一環として役員が揃い、千羽鶴奉納や献花を通して平和を願う]

今年は役員が揃って、原爆の子の像に千羽鶴を捧げました。

今年は役員が揃って、原爆の子の像に千羽鶴を捧げました。

 暑い日差しが降り注ぐ8月23日(火)、広島県商工会女性部連合会の井上文江会長はじめとする役員が揃い、平和公園の原爆の子の像に千羽鶴を捧げました。

 

 『原爆の子の像に千羽鶴を捧げる事業』は、平成7年から県女性連が22年間、毎年欠かさずに行っている事業です。今年は広島県商工会女性部組織化50周年記念事業の一環として実施され、千羽鶴奉納のほか、井上会長による「平和への誓い」や花束の献花なども行われました。

 

 まず、井上会長が原爆の子の像の前で「平和への誓い」を宣言。「本日、中四国ブロックの商工会女性部員の平和への思いを込めた千羽鶴を原爆の子の像に奉納いたしました。原爆犠牲者の御霊に心から哀悼の誠を捧げると共に、核兵器廃絶と世界平和を訴え続けていくことをここに誓います」と力強く宣言すると、現場は厳かな雰囲気に包まれました。

 

 その後、原爆の子の像に花束を献花し、広島県内及び中四国8県から寄せられた千羽鶴を一つひとつ丁寧にブースへ吊るしていきました。今年も各地から想いのこもった折り鶴、約4万7000羽が届きました。

 

 井上会長は、「今年は広島県商工会女性部組織化50周年に加え、現役のアメリカ大統領が終戦後初めて広島を訪れた節目の年。今年は役員が揃って奉納することができました。これからも様々な事業を通して、県女性連から平和の大切さや尊さを発信し続けたい」と想いを語られました。

 

井上会長が「平和への誓い」を宣言した後、献花も行われました。

井上会長が「平和への誓い」を宣言した後、献花も行われました。

役員全員で平和への願いを込めて千羽鶴を吊るしました。

役員全員で平和への願いを込めて千羽鶴を吊るしました。

中小企業大学校(広島校)2016年度研修コースのご案内

中小企業大学校(広島校)にて2016年度開催中の研修コースについて、ご案内いたします。

講義、演習、グループ討議、ケーススタディー等を織り交ぜた、受講生参加型の実践的な

カリキュラムが各種用意されています。

詳細は下記のURLをご覧いただき、企業の人材育成の場としてご活用ください。

 

中小企業大学校(広島校)HP 研修一覧

(各コースの日程や受講料、応募状況など確認ができます)

http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/list/index.html

 

 

 

8月以降における熱中症予防対策の徹底について

広島労働局より、標記の件に関する周知の依頼がありました。

 

今般、厚生労働省労働基準局安全衛生部において、7月末までに報告のあった全国の熱中症の件数をとりまとめたところ、昨年の同時期の状況より報告件数が多くなっていることが確認されました。

熱中症の発症のピークは一般的に7月から8月であることを踏まえると、8月以降においても、職場における熱中症予防対策の更なる徹底が必要です。

 

 特に、労働者の熱順化(熱に慣れ当該環境に適応すること)については、熱へのばく露が中断すると4日後には順化の顕著な喪失が始まるとされていますので、夏季休暇後など一定期間署熱環境から離れ、その後再び当該作業を行う場合等においては、労働者は熱に順化していない状態に再び戻っていることが想定されますので特段の留意が必要です。

 

 つきましては、8月以降の職場における熱中症予防対策の徹底に向け、労働者の熱順化の状況を踏まえた対策の実施に留意する等なお一層職場での熱中症予防対策にお取組み下さい。

 

 

キャリアアップ助成金の活用について

広島労働局より、標記助成金の活用に関する周知の依頼がありました。

 

本年10月から、短時間労働者に対する厚生年金保険・健康保険の適用が拡大され

また、10月以降の最低賃金の引き上げも今度審議される予定となっています。

そのため、労働局では、短時間労働者等の非正規雇用労働者の処遇改善に取り組む

事業主に対する支援を一層強化するため、キャリアアップ助成金の支給要件を緩和し、

更なる活用を促進することとしています。

 

本助成金の活用をご検討される場合は、下記へ問い合わせるかホームページをご参照ください。

 

【お問合せ先】

 広島労働局 職業安定部職業対策課

  TEL 082-502-7832

 

厚生労働省HP

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

「商品開発マネジャー育成塾」を開講します!(広島県商工会連合会)

[経験豊かな3名の講師陣が、商品開発から販売にいたるまで一連のノウハウを伝授]

 9月21日(水)、29日(木)、10月4日(火)、20日(木)の4日間、広島県商工会連合会では「商品開発マネジャー育成塾」を開催します。

 このセミナーは、新商品の開発から販売にいたるまで、一連のノウハウを身につけたい方を対象に実施されるもので、経験豊かな3名の講師を迎え、講義とワークショップを組み合わせたカリキュラムで実施します。

 講師は、小売店や飲食店の経営改善や食品メーカーの商品開発など、食や流通に関するコンサルティングを中心に活躍する渡貫久氏や流通業やメーカー向けの販売促進・売場改善などを中心としたコンサルティングなどを行っている小倉綾氏、販売促進・研修・調査等の事業支援のほか、自ら地域と連携して製造業やコミュニティカフェの経営も行う矢頭真弓氏の個性豊かな面々が揃っています。

 初回の9月21日は、商品開発の考え方やコンセプトとストーリー作りなどを学習。1回から3回のセミナーで新商品の開発から販売に至るまでの一連のノウハウを習得できます。また、最終日となる10月20日は、希望者を対象としたフォローアップ相談会を開催。実戦形式での模擬商談会の実施や個別相談会などを行う予定です。

 

 対象は自社商品を有している、もしくはこれから自社商品開発に取り組む食品製造業者で、商品開発を担当されている方など、新商品を創出する人材の育成にご活用ください。

 参加ご希望の方は、下記の申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、FAX(082-249-0565)またはEメール(chiiki@hint.or.jp)にてお送りください。

 

受講申込書(PDF)

 

○商品開発マネジャー育成講座

日時/平成28年9月21日(水)、29日(木)、10月4日(火) 13:30~16:30

10月20日(木) 10:00~16:00

場所/メルパルク広島(広島市中区基町6-36)

受講料/無料

定員/15名(1社2名以内) ※定員になり次第募集は締切ります

お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:川相、遠山

『創業塾』受講者募集中!(広島県商工会連合会)

夢を実現するために第1歩を踏み出しましょう!!

 広島県商工会連合会では、「新規事業に挑戦したい」「独立したい」「創業したばかりで分からないことが多い」など、創業・起業に興味がある方を対象にした「創業塾」を開催します。

創業塾チラシ

 創業する前の心構えや成功するための事業アイデアなどの基本的な知識からビジネスプラン(事業計画)の策定支援、資金調達のノウハウ、成功事例に学ぶ創業のポイントまで、幅広い情報を提供できるカリキュラムの全4日間コース。塾終了後には、フォローアップ講習会を開催。

 

 講師は、実践的かつ熱心で説得力のある指導で定評の中小企業診断士 江川 雅典氏。

創業・起業に興味があるみなさんの夢を実現する第一歩を踏み出しましょう。

受講希望の方は、下記の申込書を出力の上、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールでお申込み下さい。

 

創業塾申込書

 

 

 日 時:【創業塾 4日間】

1回目 平成28年8月28日(日) 10時から16時まで

2回目 平成28年9月 4日(日) 10時から16時まで

3回目 平成28年9月18日(日) 10時から16時まで

4回目 平成28年9月25日(日) 10時から16時まで

【フォローアップ講習会】

平成28年10月開催予定

 

会 場:広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)小会議室

受講料:5,000円(お一人)

定 員:20名(定員になり次第締切)

対 象:創業に関心のある方、創業を準備の方、創業間もない方

 

お申込み・お問合せ: 

広島県商工会連合会 地域振興課(担当:藤本・遠山)

〒730-0051 広島市中区大手町3-3-27 

TEL 082‐247‐0221 FAX 082-249-0565 ✉shien-center@hint.or.jp

 

主 催:広島県商工会連合会

後 援:広島県・(公財)ひろしま産業振興機構・日本政策金融公庫

 

もみじ銀行主催「もみじ女性活躍推進応援セミナー」開催のご案内

もみじ銀行では、女性活躍推進にご関心がおありの方を対象に「もみじ女性活躍推進応援セミナー」
を開催します。
 
女性がいきいきと輝き働くことができる企業風土や地域についての情報交換を行い、
課題を共有し解決する場としていただきますよう多数の皆様のご来場をお待ちしております。
 
■日 時:平成28年8月3日(水)13:30~17:00
 
■場 所:もみじ銀行本店10階ホール・9階食堂(広島市中区胡町1-24)
 
■主 催:もみじ銀行
 
 
 
■申込・お問い合わせ先
もみじ銀行 地域振興部 土井
TEL(082)241-3022
 

「創業塾」受講者募集(広島県商工会連合会)

あなたの創業を応援します!!

 広島県商工会連合会が、「新規事業に挑戦したい」「独立したい」「創業したばかりで分からないことが多い」など、創業・起業に興味がある方を対象にした「創業塾」を開催します。

創業塾チラシ

 全4日間コースで、創業する前の心構えや成功するための事業アイデアなどの基本的な知識からビジネスプラン(事業計画)の策定支援、資金調達のノウハウ、成功事例に学ぶ創業のポイントまで、幅広い情報を提供できるカリキュラムです。

 講師には、自身の経験を活かした実践的かつ熱心で説得力のある指導で定評の中小企業診断士 江川 雅典 先生に学びます。塾終了後は、フォローアップ講習会も開催します。

創業・起業に興味があるみなさんの夢を実現する第一歩を応援します。

「すぐに起業したい!」という方から「いずれは独立してみたい」という方まで、気軽に受講できる内容ですので、是非、このチャンスにご参加ください。

受講希望の方は、下記の申込書を出力の上、必要事項を記入して、FAXまたはメールでお申込み下さい。

創業塾申込書

 

 日 時:【創業塾 4日間】

1回目 平成28年8月28日(日) 10時から16時まで

2回目 平成28年9月 4日(日) 10時から16時まで

3回目 平成28年9月18日(日) 10時から16時まで

4回目 平成28年9月25日(日) 10時から16時まで

【フォローアップ講習会】

平成28年10月開催予定

 

会 場:広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)小会議室

受講料:5,000円(お一人)

定 員:20名(定員になり次第締切)

対 象:創業に関心のある方、創業を準備の方、創業間もない方

 

お申込み・お問合せ: 

広島県商工会連合会 地域振興課(担当:藤本・遠山)

〒730-0051 広島市中区大手町3-3-27 

TEL 082‐247‐0221 FAX 082-249-0565 ✉shien-center@hint.or.jp

 

主 催:広島県商工会連合会

後 援:広島県・(公財)ひろしま産業振興機構・日本政策金融公庫

 

「商工会の日記念事業」を実施(県連)

[熱気あふれるマツダスタジアムで商工会とひろしま夢ぷらざをPR。オリジナルうちわの配布やプレゼント抽選会も]

職員一丸となってオリジナルうちわ1000枚を配布。

職員一丸となってオリジナルうちわ1000枚を配布。

 6月15日(水)、広島県商工会連合会は「商工会の日記念事業」を実施しました。この事業は6月10日の「商工会の日」にちなみ、その前後に毎年行われているものです。今年もMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(南区南蟹屋)の各ゲートに職員が立ち、野球観戦に訪れた来場者に向けて、商工会とひろしま夢ぷらざの情報が印刷されたオリジナルうちわを配布しました。

 

 スタジアム内では、大型ビジョンに商工会とひろしま夢ぷらざのPR画像を放映。カープファンで真っ赤に染まったスタジアムで存在感を示しました。また、抽選会では、檸檬せんべいや辛辛つけ麺広島流、洋酒ケーキなど5種のバラエティ豊かな特産品の詰め合わせが10名様にプレゼントされました。

 

 この日のイベントには、広島県商工会連合会の職員のほか各商工会の事務局長も参加。試合は西武ライオンズを相手に6-2で快勝! 31,435人の来場者に対し、商工会とひろしま夢ぷらざをPRする絶好の機会となりました。

 

ひろしま出会いサポートセンター主催「企業間交流ワークショップ2016」開催のご案内

ひろしま出会いサポートセンターでは、今年度第1回目のセミナーを下記の要領で開催いたします。

人事ご担当の皆様、独身社員の皆様、積極的な交流の場としてご活用ください。

 

■日 時:平成28年7月15日(金)16:00~20:00

■場 所:TKPガーデンシティ広島 (広島クリスタルプラザ2F)

■主 催:ひろしま出会いサポートセンター

 

※申し込み方法等の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.hirosapo.jp/Informations/view/11

 

■申込・お問い合わせ先

事務局 公益財団法人ひろしまこども夢財団 

(広島県健康福祉局 子育て・少子化対策課内)

TEL/FAX:082-511-1216

『平成28年度第50回通常総会』及び『第1回研修会』開催(県女性連)

[一つの議案について審議され、全会一致で可決承認。今年度開催の50周年記念大会への協力も要請]

一つの議案について審議が行われました。

一つの議案について審議が行われました。

 広島県商工会女性部連合会は5月27日(金)、グランドプリンスホテル広島にて「平成28年度第50回通常総会」を開催しました。本人出席32人、委任状出席2人の計34人の出席のもと、平成27年度事業報告、収支決算などについて審議が行われました。

 

 冒頭の挨拶で井上文江会長は、4月に発生した熊本地震にふれ、県女性連の初動支援として見舞金を送ることを決定したと報告しました。また全女性連の働きかけにより実施している募金活動で、120万円を超える募金が集まったことに対しても感謝の意を述べました。

 

 今年度は広島県商工会女性部組織化50周年を迎えることから、井上会長は「来年2月7日に記念大会を行うとともに、例年行っている事業も一工夫しながら実施していきたい」と力を込め、大会の成功に向けて活動への理解と協力を求めました。

 

 通常総会には、広島県商工労働局産業労働部長の海田智浩氏(湯﨑英彦県知事代理)、石井正朗専務理事(熊高一雄県連会長代理)、堀岡芳郎常務理事(林恵介県共済理事長代理)、県青連の越智会長の4名が来賓として出席。代表して海田氏と石井氏のお二人が祝辞を述べられました。

 

 通常総会では沼田町商工会女性部の瀬戸迪子部長を議長に、一つの議案が審議され、全会一致で可決・承認されました。

 

提出議案は次の通り

・第1号議案-平成27年度事業報告書・収支決算書・貸借対照表及び財産目録承認の件

 

 平成27年度の事業報告では、部員増強運動を広島県統一事業と全国統一事業の2本立てで行ったことを報告。92名の新規加入があったことを報告し、引き続き組織力をアップするため、部員増強運動への協力を求めました。

 

 総会終了後には「第19回商工会女性部主張発表広島県大会」「商工会女性部第1回研修会」も同時に開催されました。研修会では、一般社団法人邑南町観光協会の常務理事 寺本英仁氏が『あなたの地域の宝は何? 自社も含めた地域資源を再発見』をテーマに講演を行いました。

 

研修会で講演を行った寺本英仁氏。

研修会で講演を行った寺本英仁氏。

 寺本氏は東京農業大学卒業後、島根県石見町役場(現・邑南町役場)に入庁。邑南町が目指す「A級グルメのまち」仕掛け人として、道の駅、町営イタリアンレストラン、食の学校、耕すシェフの研修制度などを手掛けてきました。現在、総務省地域力創造アドバイザーなどを兼務する、産業振興のスペシャリストです。

 

 冒頭で寺本氏は、食をキーワードに様々な取り組みに果敢に挑む自身の経験談を語った上で、「思ったら行動することが大切」と力説。邑南町の商品を東京で売り込もうとした際の様々な失敗談もユーモアを交えながら赤裸々に告白し、会場を楽しませました。

 

 寺本さんが取り組んでいる「A級グルメ」とは、邑南町の生産者が真心・愛情込めて手間暇かけて作った食材のみを使い、料理人が食材へのこだわりと愛情を持って調理・提供することによって、お客様に感動を与え、町民に地域に根差した農業や食に対して抱く、愛着・誇り・自尊心を生み出す取り組みの総称です。

 

 役場職員であるも寺本さんがすべてプロデュースしたレストランテ「AJIKURA」もその一つ。一流のシェフやパティシエを揃え、食材主役にしたA級グルメを提供しています。「本当においしいレストランは、新鮮でおいしい食材ある田舎にある!」と断言。「みなさんの町でも、A級グルメが必ずできます」とエールを贈りました。

『海と山の香西広島初夏の特産品フェア』開催!(4商工会合同)

[西広島地区を代表する自慢の初夏の味覚が一同に。日替わりで多彩な商品を提供]

昨年のフェアの様子。多くの来店者で賑わいました。

昨年のフェアの様子。多くの来店者で賑わいました。

 6月16日(木)~28日(火)の期間、夢ぷらざ(広島市中区本通)にて五日市商工会、大野町商工会、佐伯商工会、宮島町商工会が4商工会合同で、『海と山の香り西広島初夏の特産品フェア』を開催します。

 

 西広島地区は、高原と瀬戸内海に面し、海と山の香が漂う風光明媚な地域。特に初夏の季節は高原野菜やお茶、大野あさりなど、旬を迎える特産品がいっぱいです。期間中は、日替わりで各事業者が自慢の商品を販売します。

 

 ハチミツ、アサリ、タケノコなどの旬の食材はもちろん、あなご寿司や手作りこんにゃく、パウンドケーキなどの加工品も豊富にラインナップ。西広島地区ならではの初夏の味覚をお楽しみください!

 

○『海と山の香り西広島初夏の特産品フェア』

日時/平成28年6月16日(木)~28日(火) 10:00~19:00

※水曜は「ひろしま夢ぷらざ」定休日

会場/ひろしま夢ぷらざ(広島市中区本通8-28)

お問合わせ/五日市商工会 TEL 082-923-4138

平成28年度広島県人権啓発指導者養成研修会の開催について

 広島県では、年々増加する職場のハラスメント問題や外国人と人権問題をテーマに、企業等で人権啓発研修を担当する方を対象とした研修会を下記のとおり開催します。

実際の職場研修等に活かせる内容を、講義・グループワークを通じて学ぶ内容です。

 

広島会場

■開催日

 第1回 平成28年8月3日(水)

 第2回 平成28年8月23日(火)

■会場

 エソール広島 多目的ホール

■申込期限

 平成28年6月30日(木)

■定員

 各50名

 

福山会場

■開催日

 平成28年8月2日(火)

■会場

 まなびの館ローズコム「福山市生涯学習プラザ」中会議室

■申込期限

 平成28年6月30日(木)

■定員

 40名

 

詳細ならびにお申込みは広島県HPをご覧ください

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/42/28natsusemina.html

 

(お問い合わせ先)

広島県 人権男女共同参画課

電話(082)513-2734

 

「地方創生・中小企業のためのクラウド活用セミナー」開催について

 クラウド導入によるメリットを「クラウド投資編」と「活用効果編」の2つのテーマで紹介するセミナーが(一社)クラウド活用・地域ICT投資促進協議会の主催で開催されます。

ユーザーの成功事例から学べるプログラム内容となっていますので、興味のある方はご参加ください。

 

(内容)

クラウド等ICTを活用した成功事例の紹介 等

 

(日時・会場等)

広島会場

■開催日

 平成28年6月2日(木)13時~17時

■会場

 TKPガーデンシティ広島 ダイヤモンドホール

■申込期限

 平成28年5月30日(月)

■定員

 150名

 

福山会場

■開催日

 平成28年6月22日(水)13時~17時

■会場

 福山大学 宮地茂記念館9Fホール

■申込期限

 平成28年6月17日(金)

■定員

 100名

 

申込・問い合わせ先

(一社)クラウド活用・地域ICT投資促進協議会事務局

http://www.cloudil.jp/ 

電話03-3560-8440

『改正障害者雇用促進法』の施行を踏まえた公正な採用選考の実施等について

 標記、改正法については、本年4月1日より施行されておりますが、この度、広島労働局より、これに基づく公正な採用選考実施の徹底依頼と、「Q&A」の第二版の周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

 これを機会に再度、採用基準の確認を行うなど、改正法に沿った公正な採用選考の実施をお願いいたします。

 

 厚生労働省「障害者雇用促進法に基づく障害者差別禁止・合理的配慮に関するQ&A」

 ダウンロードURL

 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000123072.pdf

 

広島県商工会連合会

   総務課 平野

「江田島市観光グルメガイド」が完成!(江田島市商工会)

[江田島市初の観光グルメガイドブックが完成。最新情報から飲食店まで情報がぎっしり]

表紙は江田島市の老舗旅館「坪希」の外観写真で高級感あふれる作りに。

表紙は江田島市の老舗旅館「坪希」の外観写真で高級感あふれる作りに。

 江田島市商工会が事務局を務める江田島市地域資源活用委員会が、観光ガイド「江田島観光グルメガイド」を4月28日に発行しました。江田島市の観光とグルメ情報を盛り込んだガイドブックが作成されるのは今回が初めて。地元のライターやカメラマンによる2ヶ月もの取材、大野町商工会青年部部長の大島久典さんによるデザインと構成で、観光地から飲食店まで、江田島市の魅力がぎゅっと凝縮されています。最新(平成28年4月現在)の観光情報のほか、江田島市内の飲食店83店舗を網羅。料理の店主の写真とともにお店の魅力が紹介されています。

 

 ガイドブックでは、市内を「江田島町エリア」「能美・沖美町エリア」「大柿エリア」の3つに分けて飲食店をマップとともに掲載。各お店のオススメやこだわりなどの特徴が分かりやすく記載されています。また、季節のイベントや市内に開設または開設予定の産直市、宿泊施設、新しくオープン予定の観光施設まで網羅。この一冊で江田島市観光をより充実したものにしてくれる優れモノです。

 

市内の飲食店を網羅。夜楽しめるバーやスナック、カラオケ喫茶も取り上げています。

市内の飲食店を網羅。夜楽しめるバーやスナック、カラオケ喫茶も取り上げています。

 表紙は江田島市の老舗旅館「坪希」の写真を採用し、高級感を出しました。広島港、呉港、江田島市内の主要観光施設、江田島市内各港、広島港を結ぶ定期船などに設置して配布したところ、初期印刷部数1500部は品切れとなり、商工会で保管していた予備の300部も直接、商工会や観光協会を訪れた市民や観光客に配布され、即日配布終了となりました。増刷分は5月24日から順次、広島港、広島駅観光案内所、呉港などで配布されます。

 

 また、ガイドは下記URLからもダウンロードできます。江田島市を訪れる際は、ぜひご活用ください。

 

ダウンロードはこちら

http://etajima.jp/asset/00093/201605/etajima-kanko-gourmet2016021.pdf

 

  • お問い合わせ先/江田島市商工会 TEL0823-42-0168

 

「働き方改革」の実態調査を実施します(広島県)

~「県内企業働き方改革取組実態調査」へのご回答お願いします~

【回答期限:5/27(金)】

 

広島県では,企業における働き方改革を促進していく上で,県内企業の皆様の

取組の状況を把握させていただくため,次のとおり調査を実施します。

本調査は,今後の効果的な県の支援策を検討させていただく上で,とても重要

な調査となります。

つきましては,本調査の趣旨をご理解いただくとともに,該当企業の皆様に

おかれては,ご多用中誠に恐縮ですが,ご回答へのご協力をお願い申し上げます。

 

【県内企業働き方改革取組実態調査】

  ○調査対象

    従業員数31人以上の県内企業(約3千社)

  ○調査内容

   ・働き方改革に関する制度・仕組みの導入・取組状況

    (休暇の取得促進,長時間労働の削減,フレックスタイム等の多様な働き方など)

   ・取組を進めていくにあたっての課題 など 

  ○調査票発送時期

    5月上旬

     ※県から直接送付します 

  ○調査票提出期限

    5月27(金)

     ※同封の返信用封筒を郵送ください

  ○参考(「働き方改革」について)

          チラシ(PDF)をご覧ください

  ○その他

    詳細は,こちら(県ホームページ)をご覧ください

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/68/hatarakikatacyousa.html

 

 【お問い合わせ先】

   広島県 商工労働局 雇用労働政策課 働き方改革推進担当

   (TEL 082-513-3340)

 

「高年齢者雇用安定助成金の制度改正」のご案内

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構より、標記助成金の改正の案内がありました。

 

①高年齢者活用促進コース【内容の拡充】
 高年齢者の活用促進のための雇用環境整備の措置を実施した事業主に対して、助成金を支給します。
②高年齢者無期雇用転換コース【新設】
 50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換させた事業主に対して助成金を支給します。

 

対象と思われる案件がある場合や詳細については、下記へ問い合わせるかホームページをご参照ください。

 

問い合わせ先 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
        広島支部 高齢・障害者業務課 電話082-545-7150

高齢・障害・求職者雇用支援機構HP  http://www.jeed.or.jp/elderly/subsidy/

「職場意識改善助成金」のご案内

 広島労働局より、標記助成金の案内がありました。

 これは、中小企業事業主を対象として、労働時間等の改善に向けた研修開催に係る費用や、労務管理用機器などの導入に係る費用に対して助成が行われるものです。

 毎年度,“人気のある”助成金であり,今回も制度の拡充が行われおります。

 対象と思われる案件がある場合や,詳細の内容を知りたい方は、下記へお問い合わせください。

 助成金内容や申請書の作成方法まで詳しく説明されるそうです。

 

 

 ■問い合わせ先  広島労働局労働基準部監督課  電話082-221-9242 

 

■リーフレット:職場意識改善助成金のご案内(職場環境改善コース)

■関係厚労省HP: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/index.html

 

広島県商工会連合会

平野

『Teamがん対策ひろしま』登録企業募集!

 街で見かける「デーモン小暮閣下」のポスターを思い出していただければと思います。

 広島県では,“閣下”をイメージキャラクターとして,平成26年度より「がん対策日本一の実現」を目指し,がんの予防やがんになった社員の就労支援等に取り組む企業を“登録企業”として支援されております。

 今回,県担当課より,平成28年度の登録企業募集開始の案内がありました。

 登録企業となると,『Teamがん対策ひろしま』の一員として,取り組みに協力する企業として紹介されるほか,がん対策グッズの提供や出前講座の実施,就労支援ハンドブックの提供などの支援が受けられます。

 詳細は,下記のリンクからご覧いただけますので,これを機会に御社社員等のがん予防と,がんとなった際の対策についてお考えいただき,登録についてご検討いただければと思います。

 県担当課では,ご興味のある企業・団体からのご連絡をいつでもお待ちしていますとのことです。

 

【募集期間】平成28年4月20日から6月30日

 

 (「Teamがん対策ひろしま」 募集要項ページ)

 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/gan-net/team-gantaisaku-04.html

 

【問合せ先】広島県健康福祉局 がん対策課

      電話082-513-3063

 

三原の特産品を全国に発信!(三原臨空商工会)

[独自のインターネットショッピングサイトを開設し、会員事業所の商品をPR]

ひろしまど真ん中市場(三原臨空商工会) 三原臨空商工会が開設しているショッピングサイト『ひろしまど真ん中市場』をご存じですか? サイトでは会員事業者が生産・製造した商品の魅力を紹介し販売を行っています。

 

 この取り組みは、企業単独では難しい新たな販売先、顧客の開拓を目指して平成25年にスタートしました。現在、17事業所の181アイテムを販売しています。自然薯や漬け物、ニンニク、お米など、三原の豊かな自然に育まれた特産品から、竹炭商品、車の肘掛など、それぞれの事業所が工夫を凝らしたオリジナル商品まで、幅広いアイテムがラインナップ。三原の魅力あふれる商品が満載です。

 

 平成26年には「Yahooショッピング」にも出店。クレジット決済も可能になり、利便性も向上させています。また、同商工会ではサイトを作成するための取材を職員が担当。事業者に商品の魅力を聞き出し、サイトで分かりやすく紹介しています。今後も加盟店数とアイテム数を充実させていく予定です。

 

 情報はフェイスブック・ツイッターでも配信中。「ひろしまど真ん中」で検索すると最新情報がご覧いただけます。三原の魅力あふれる特産品を紹介するショッピングサイト「ひろしまど真ん中市場」で、お買い物を楽しんでみませんか?

 

ひろしまど真ん中市場

http://hiro-domannaka.com/

 

  • お問い合わせ TEL0848-86-2238(三原臨空商工会)

「資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関するシンポジウム in 広島」開催のご案内

~化石、再エネ、原子力エネルギーのベストミックスの実現に向けて~

0001 経済産業省では、「長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)」や我が国におけるエネルギーの現状等について、エネルギー消費地であるひ広島県地域等の住民の方々を対象に、化石エネルギー、再生可能エネルギー、原子力等のエネルギーミックスに対する理解を深めることを目的にシンポジウムを開催いたします。

■日 時:平成28年3月22日(火)13:30~16:00(開場12:45)
■場 所:広島国際会議場
(広島県広島市中島町1番5号)
■対  象:一般市民等
■定 員:180名※定員になり次第締切
■参加費:無料
■主 催:経済産業省・資源エネルギー庁
■後 援:一般社団法人日本経済団体連合会、日本商工会議所、公益社団法人経済同友会、全国商工会連合会、中国経済連合会、広島県商工会議所連合会、広島経済同友会、広島県商工会連合会
■シンポジウム内容
(1)開会、主催者説明:「3E+Sの実現に向けたエネルギーミックス」
吉野恭司 経済産業省資源エネルギー政策統括調整官

(2)基調講演:「エネルギーの安全保障とは」
森本 敏氏 拓殖大学総長(3.1から現職)、元防衛大臣

(3)パネルディスカッション:「化石、再エネ、原子力エネルギーのベストミックスの
実現に向けて」
  〔パ ネ リ ス ト〕(順不同)
森本 敏氏 拓殖大学総長、元防衛大臣
徳田洋子氏 公益社団法人広島消費者協会会長
吉野恭司 経済産業省資源エネルギー政策統括調整官
〔コーディネーター〕
大東めぐみ氏 タレント

※申し込み方法等詳細はこちらをご覧ください。
http://www.jaero.or.jp/sympo/

■お問い合わせ先
「エネルギーミックスシンポジウム」事務局
TEL:03-6891-1577(平日9:30~17:30)

1 / 512345
このサイトを広める