商工会からのお知らせ

全てみる

宮浜温泉周辺の散策マップ完成(佐伯郡大野町)

[宿泊施設や周辺の史跡などを手書きした、散策に便利なコンパクトな地図]

告知・イベント情報

なし

 佐伯郡大野町の大野町商工会商業部会がこのほど、“宮浜温泉~お湯巡り・史跡巡り”と題した「大野町散策マップ」を発行しました。同マップは、宮浜温泉の温泉宿泊施設および周辺の史跡、飲食店、駐車場、バス停などのデータを1枚の地図で紹介するもので、B4変形版5つ折のマップに、宮浜温泉を中心に大野瀬戸から経小屋山までの範囲が収められています。宮島の対岸にあり、海と山を眺めながら史跡を散策し、温泉でのんびりと汗を流すことのできる同エリアの魅力を広く紹介しようと、従来のマップを手書きでリニューアルしたものです。

 

 マップ内には、宮浜温泉の紹介とともに5つの宿泊施設と入浴料金のデータ、温泉街の周辺に点在する史跡の由来や特徴などが丁寧に記されています。桜並木、梅林、竹林といった四季折々の見どころや、温泉街から大野瀬戸を望む、経小屋山中間展望地点までの所要時間なども細かなコメントとともに紹介されるなど、温泉街を散策する際に役立つ情報が満載です。同商工会はこれをシリーズ第1弾と位置付け、今年度中に第2弾の散策マップとして“宮島口~御砂焼きのふるさと”を発行し、同町の観光振興に役立てたい考えです。この散策マップは中区本通のひろしま夢ぷらざなどに置かれていますが、同商工会では現在、設置協力場所を募集しています。お気軽にお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/大野町商工会 TEL(0829)55-3111

山県郡のホームページ開設(山県郡6商工会)

[各商工会が力を合わせ、観光情報を中心に郡内の魅力をたっぷり紹介]

告知・イベント情報

なし

 広島県山県郡の7町村6商工会(芸北町、加計町、戸河内町・筒賀村、大朝町、千代田町、豊平町)で組織する山県郡商工会連絡協議会(幹事商工会:芸北町)がこのほど、ホームページを開設しました。インターネットを活用した広域的な情報発信を目指し、同協議会ではその具体案として約2年前、ホームページ立ち上げを企画。昨秋から各商工会はそれぞれの具体案を持ち寄り、コンテンツ構築などについて細かに協議を重ねてきました。

 

 同ホームページは、郡内の観光情報を提供するため各町村の最新データをとりまとめたもので、“食う・見る・遊ぶ”“湯ったり泊まる”“イベント紹介”“おいしい特産品”など6つのコンテンツを用意。キャンプ場やスキー場、温泉、食事処、宿泊施設など、四季折々に楽しめる観光資源を数多く持つ同郡のさまざまな情報が便覧風にまとめられ、各町村別に知りたい情報が一目で分かる、便利なホームページに仕上がっています。また、“やまがたマップ”のコーナーでは7町村をそれぞれ、風景や祭り、観光施設など5つのビジュアルで紹介するとともに、企業一覧表を盛り込むなどして商工業者の事業機会の拡大も目指しています。同郡ならではの神楽をイメージキャラクターに用い、オープニングムービーにも凝った山県郡商工会のホームページ、みなさんもぜひご覧ください。

 

●お問い合わせ/芸北町商工会 TEL(08263)5-0633
●お問い合わせ/加計町商工会 TEL(08262)2-1221
●お問い合わせ/戸河内町・筒賀村商工会 TEL(08262)8-2504
●お問い合わせ/大朝町商工会 TEL(0826)82-2576
●お問い合わせ/千代田町商工会 TEL(0826)72-2380
●お問い合わせ/豊平町商工会 TEL(0826)83-0036
山県郡商工会のホームページはこちら

女性部連合会臨時総会開催(県女性連)

[組織の連携強化を図り、総力を結集して本年度事業の推進などを誓う]

研修会・総会

広島県商工会連合会

 先月25日、広島市中区田中町の広島ワシントンホテルプラザで「広島県商工会女性部連合会臨時総会」が開催されました。総会には県内の各商工会から代表者ら128名が出席。会に先立ち井上文江県女性連会長は、市町村合併などで商工会を取り巻く環境が変化しつつあることにふれ、「この厳しい時代を乗り越えるためにも、女性部一丸となってさらなる組織の連携強化を図るべきである」とあいさつ。それに続き「地域商工業の発展や地域の活性化に向け、部員の増強運動、女性の創業等支援助成事業の実施、商工会女性部カード導入など各種事業に積極的に協力するとともに、成果の上がる事業展開を図る必要がある」と本年度の基本方針などを述べました。

 

 総会の議事進行においては円滑に進められ、引き続き行われた研修会では、広島県立大学経営学部教授の野原建一氏を講師に迎えて講演会を実施。野原氏は女性部員の啓発を目的に『市町村合併とこれからの商工会のあり方』と題して講演を行い、これを受けて県女性連一同は、地域社会発展のけん引役となるべく総力を結集して事業を遂行していくことなどを誓い合いました。

青年部連合会臨時総会開催(県青連)

[全国大会の成功を大きな糧に、本年度事業を力強く推進することなどを目指す]

研修会・総会

広島県商工会連合会

 先月26日、福山市西町の福山グランドホテルで「広島県商工会青年部連合会臨時総会」が開催されました。開会のあいさつで木村直樹県青連会長は、「“広島らしさ”と“おもてなしの心”を合言葉に、大会を盛会裡に終了できた。一同の協力に深く感謝している」と先の全国大会を振り返り、出席者らに謝意を表明。それに続いて、特産品の開発・観光資源の発掘・青年部の財源確保につながる地域活性化事業・高齢化社会に向けての事業の立ち上げなど、平成14年度の事業計画を報告するとともに、「昨年の“結志”から“尽志”-情熱の継続・広域的連携・そして時への順応-とテーマを発展させ、各種事業を積極的に推進していく」などとして、本年度の基本方針を述べました。

 

 一連の議事進行が滞りなく進められた後、東洋大学経済学部の松原聡教授を講師に迎えて、記念講演会を開催。各青年部員らは『日本経済の展望-検証21世紀の日本』と題して行われた講演に熱心に耳を傾け、地域商工業の発展や地域の活性化に向けて、青年部一丸となって事業を遂行していくことなどへの思いを新たにしました。

女性部のこと知ってください(県女性連)

[ホームページを立ち上げて、日頃の活動や役員などを詳しく一般に紹介]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 広島県商工会女性部連合会のホームページがこのほど完成しました。“連合会とは?”“役員紹介”“各地域商工会紹介”“リンク集”など6つのコンテンツからなる、シンプルな構成のホームページとなっています。同ホームページでは主に、研修会や地域活動、懇親活動をはじめとする女性部の活動内容と、組織に関わる役員らをインフォメーションと写真を多用して、一般に分かりやすく紹介。商工会紹介では、広島県地図の各市郡名をクリックすると、地域ごと全90の女性部紹介ページを見ることができ、各部長の顔写真とともにそれぞれの商工会地区におけるイベント、観光名所などが併せて紹介されています。

 

 BBS(掲示板)についても現在は書き込みのみとなっていますが、情報や提案を投稿するだけでなく、投稿記事の一覧や返事を書くことができるような運用を目指すなど、この掲示板を核として今後、インタラクティブなホームページの運営を目指していく予定です。まずはシンプルな構成の立ち上げとなりましたが、今後内容をいっそう充実させるためにも、掲示板へのみなさまの書き込み、情報提供などををお待ちしております。

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL(082)247-0221
県女性連のホームページはこちら

商工会等の人事異動について(県連)

平成14年3月31日および平成14年4月1日付けの商工会等の人事異動内容

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 【新規採用】および【退職】以外の異動については、同一商工会等での職制変更は【新任】として、商工会等の移動を伴うものは【人事交流】として整理しております。

 

【新規採用】
〈平成14年4月1日付〉
安佐町商工会事務局長      鈴 木 信 義
可部町商工会事務局長      日 戸 義 昭
下蒲刈町商工会事務局長     原 田 敏 信
久井町商工会事務局長      西 谷 繁 騎
向島町商工会事務局長      岡 本 信 樹
東城町商工会経営指導員     松 永   茂
八千代町商工会記帳専任職員   脇   富代美
甲田町商工会記帳専任職員    沖 田 公 恵
安浦町商工会記帳専任職員    小 川 とし子
東城町商工会記帳専任職員    福 場 ユ ミ
大野町商工会一般職員      石 川 倫 孝

 

【人事交流】
〈平成14年4月1日付〉
上下町商工会経営指導員     境 谷 寿 昭(前新市経営指導員)
県連専門経営指導員       栗 林   徹(前江田島町経営指導員)
江田島町商工会経営指導員    三 上   孝(前県連経営指導員研修生)

 

【新 任】
〈平成14年4月1日付〉
上下町商工会事務局長      西 奥 忠 則(前経営指導員)
白木町商工会補助員       中 野 政 恵 (前記帳専任職員)
音戸町商工会補助員       重 川 恵美子 (前一般職員)
八千代町商工会補助員      槙 原 明 美(前記帳専任職員)
大野町商工会記帳専任職員    加 川 美穂子(前一般職員)

 

【退 職】
久井町商工会事務局長      奥 西 定 夫(平成14年2月15日付)
安佐町商工会事務局長      大 下 和 彦(平成14年3月31日付)
可部町商工会事務局長      森 川   勝(    〃    )
下蒲刈町商工会事務局長     福 田 朝 臣(    〃    )
向島町商工会事務局長      村 田 吉 三(    〃    )
上下町商工会事務局長      原 田 寿 介(    〃    )
県連事務局長          足 和 正 規(    〃    )
県連業務課長          高 山 浩 二(    〃    )
戸河内町筒賀村商工会経営指導員 石 井 早 苗(    〃    )
豊浜町商工会経営指導員     高 野 幸 長(    〃    )
東城町商工会経営指導員     矢 吹 謙 次(    〃    )
白木町商工会補助員       河 野 幸 子(    〃    )
音戸町商工会補助員       水主川 百合子(    〃    )
八千代町商工会補助員      近 末 登志子(    〃    )
県連補助員           村 井 淑 子(    〃    )
大野町商工会記帳専任職員    大 崎 純 子(    〃    )
甲田町商工会記帳専任職員    押 川 愛 子(    〃    )
安浦町商工会記帳専任職員    檜 山 明 美(    〃    )
東城町商工会記帳専任職員    恩 地 美 幸(    〃    )

独自の主張発表大会を開催(豊田郡安浦町)

[部員同士が互いの研鑚に励み、さらなる資質の向上などを目指す]

告知・イベント情報

なし

 豊田郡安浦町の安浦町商工会青年部が24日、同町内海の商工会館に青年部4委員会の代表者などを集め「安浦町商工会青年部主張発表大会」を開催しました。この大会は、県連および県青連が共催で8年前、県内の各商工会青年部を対象に主張発表広島県大会を始めたのに伴い、各部員の意識の高揚や資質向上を目指そうと毎年独自に行われているものです。第1回目の広島県大会で、独自の取り組みのもとに互いの研鑚に励んだ同青年部の代表者が広島県代表の座を射止め、中・四国大会へ出場したことも大きなきっかけとなりました。先日の大会では、昨年開催された広島県大会にならって、『青年部活動に参加して』『青年部と地域振興と町づくり』の2通りのテーマが設けられ、総務・組織・環境・企画4つの委員会を代表する4人の青年部員が各々の主張を繰り広げました。

 

 大会で優勝したのは、同町中畑で椎茸の栽培、卸業を営む三苫崇博さん(24歳)。総務委員会を代表して壇上に立ち、青年部活動に参加してをテーマに、“青年部は人生の学び舎”であるとして、先月行われた青年部全国大会をはじめとする自身の活動経験などを大いに論じました。同青年部ではこれら一連の取り組みを今後も継続し、地域振興のけん引役となる部員たちの育成に力を注ぎたい考えです。

 

●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800

平成13年度臨時総会を開催(県連)

商工会職員身分の県連一元化については承認されず

研修会・総会

広島県商工会連合会

 本県連では去る3月22日、広島市内のホテルで臨時総会を開催しました。3月18日付で梶川典之会長から一身上の都合により辞任届が提出されたのに伴い、代わって妹尾副会長が開会あいさつを述べました。あいさつの冒頭、妹尾副会長は梶川会長の辞任について報告するとともに、副会長全員の辞任について議場に諮りましたが、現状の難局を乗り切るためにも、副会長が一致団結して県連を運営していくことが必要であるとの意見が大多数を占め、引き続き5名の副会長に県連運営を委ねることが決議されました。

 続いて、向東町商工会の村上会長が議長に選出され、第1号議案から第6号議案までは満場一致で承認されました。なお、第7号議案の「商工会職員身分の県連一元化について(案)」は、諸条件の整備、実施時期について、再度検討を要するとの意見が上がり、その意見を受けて、妹尾副会長が今後の展開案については、新執行部体制にて再度協議していくことを提案。その旨を議場に諮った結果、4月1日の実施は見合わせることとなりました。
 提出議案は次のとおりです。

 

 第1号議案 平成13年度一般会計更正予算書(案)承認の件
 第2号議案 平成14年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件
 第3号議案 平成14年度県連合会会費賦課基準(案)及び徴収方法(案)
       承認の件
 第4号議案 平成14年度電子計算機処理手数料賦課基準(案)及び徴収方法
       (案)承認の件
 第5号議案 平成14年度借入金最高限度額(案)及び借入先承認の件
 第6号議案 広島県商工会連合会商工貯蓄共済業務規約の一部改正(案)及び
       商工貯蓄共済積立金預入基準(案)承認の件
 第7号議案 商工会職員身分の県連一元化の実施について

県内の観光・イベント情報が満載(県観光連盟)

[知りたい情報がいっぱいつまった便利な観光パンフレットの最新版が完成]

告知・イベント情報

なし

 社団法人広島県観光連盟が毎年発行する、発見ひろしま観光パンフレット「アイひろしま」本年度版春夏号がこのほど創刊されました。A4版オールカラー、全31ページの小冊子で、広島県の観光情報、イベント情報が満載。春、夏それぞれの広島を楽しむための目的別観光モデルコース、カテゴリー別の観光スポットなど、これからのレジャーシーズンに欠かせない便利で役立つ情報が、多彩な写真やデータ、インフォメーションとともに詳しく紹介されています。

 

 観光モデルコースの紹介では、“花の高原&瀬戸の温泉めぐり”や“しまなみ爽快サイクリング”、“瀬戸のリゾートアイランド”や“高原リゾートと歴史ロマン満喫”など、季節感を味わえる広島ならではの1泊2日旅のプランを紹介。県内の花名所や花火大会のスケジュールも添えられるなど、実用性の高い誌面構成への工夫もうかがえます。キャンプ場や海水浴場の情報、グルメや体験メニューはもちろん、県内を安芸、芸北、備後、備北4つのエリアに分け、各エリアを代表する観光スポットや温泉情報などについても詳しく紹介。さらに、巻末には県内各市町村で行われる3月から8月までの月別イベントカレンダーもあり、これ1冊で広島をまるごと知ることができる充実した内容に。また、ひろしまMAP、交通情報ほか、沖縄または北海道旅行(2泊3日)をはじめ、温泉入浴券や県内各地の特産品が当るプレゼントなども用意されています。広島の知りたい情報が満載のアイひろしま、最寄りの観光協会などで無料配布されていますので、みなさんもぜひお役立てください。

 

●お問い合わせ/社団法人広島県観光連盟 TEL(082)221-6516
発見!ひろしま観光ホット情報

写真コンテストの作品展示開催(比婆郡比和町)

[中国山地の風景などを情緒豊かに表現した作品を県内各地で巡回展示]

告知・イベント情報

なし

 中国地方の自然と風物をテーマに、比婆郡比和町が昨年末に開催した「中国山地・豊かな自然写真コンテスト」の写真展が、同町の郷土文化保存伝承施設を皮切りに来月1日から始まります。同コンテストは、時代とともに変わりゆく中国山地の風景、人々の暮らしや風俗などを記録として残すとともに、地域の芸術文化の発展に寄与することなどを目的に毎年行われているもので、今年で13回目を迎えました。今回のコンテストには県内外から123名計324点の応募が寄せられ、同町の教育委員会が委属の審査員らとともに応募作品を審査。推薦1点、特選3点をはじめとする計47点の入選作品が選ばれ、来月1日からの写真展で発表されます。

 

 特賞の推薦作品に選ばれたのは、川でカブを洗う老女の後姿を紅葉とともに叙情豊かに表現した『冬じたく』。原田満亀子さん(74歳)の作品で、このほか古い木造校舎での卒業式の風景、干し柿の写真など、中国地方の風景を描写したノスタルジックな作品の数々が写真展に登場します。同写真展は同町の郷土文化保存伝承施設ほか、西城町の県民の森公園センター、庄原市の備北丘陵公園、広島市の県立生涯学習センターなど、中国各県で1年間巡回展示されます。また、同町教育委員会では現在、県内の商工会地区で作品の展示スペースを提供してくれる場所を募集しています。詳しくはお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/比和町教育委員会 TEL(082485)3005
●お問い合わせ/比和町商工会 TEL(082485)2330