商工会からのお知らせ

全てみる

「広島県商工会女性部組織化50周年記念事業                平成28年度親善ビーチボールバレー県大会」開催(県女性連)

[白熱したプレーが続々。本大会は熊野町、シニア大会は大崎上島町が頂点に]

広島県商工会連合会

一進一退の激しい戦いが各コートで繰り広げられました。

一進一退の激しい戦いが各コートで繰り広げられました。

 10月13日時(木)、広島県立総合体育館小アリーナ(広島市中区基町)にて、「親善ビーチボールバレー広島県大会」が開催されました。ビーチボールバレーを通して県内の女性部員の健康促進と交流・親睦を図ることを目的に、毎年この季節に開催されています。女性たちの熱き闘志に包まれた会場には、本大会に9チーム、シニア大会に10チームが集結しました。

 

 試合は日本ビーチボールバレー協会のルールに準じて行われ、リーグ戦及びリンク戦、9ポイント3セットマッチ(2セット先取)で実施。エールや笑いが飛び交う中、賑やかに予選大会が進行しました。

 

 本大会の決勝リーグに進んだのは、熊野町商工会女性部と大崎上島町商工会女性部、安芸高田市商工会女性部の3チーム。結果はすべての試合がフルセットにもつれ込むという混戦を制した、熊野町商工会女性部が優勝。準優勝は安芸高田市商工会女性部、3位は大崎上島町商工会女性部が輝きました。

 

本大会を制した熊野町商工会女性部チームのみなさん。

本大会を制した熊野町商工会女性部チームのみなさん。

 一昨年が3位、昨年が2位だった熊野町商工会女性部の面迫千恵子キャプンは、昨年の試合終了後に「来年は優勝しかありません!」と語り、今年見事に雪辱を果たしました。「試合前はみんなが揃って練習できる機会があまり作れず、不安もありましたが、試合を重ねるごとにみんなの波長が合ってきました。チームワークで勝ち取った勝利です」と面迫キャプテンは声を弾ませました。

 

 

 

シニア大会を制した大崎上島町商工会女性部Aチームのみなさん。

シニア大会を制した大崎上島町商工会女性部Aチームのみなさん。

 シニア大会の決勝トーナメントには呉広域商工会女性部、高陽町商工会女性部、大崎上島町商工会女性部A、大崎上島町商工会女性部Bの4チームが進出。熾烈なトーナメント戦を勝ち抜いた大崎上島町商工会女性部Aが見事優勝に輝きました。大崎上島町商工会女性部はエントリーした2チームが決勝リーグに進出。選手層の厚さがうかがえます。

 

 閉会式では成績発表が行われ、井上文江会長から本大会、シニア大会の上位3チームに表彰状と記念品などが贈られました。審判員が選出するMVP賞は、熊野町商工会女性部の浜中鈴美さんと高陽町商工会女性部の大瀬戸紫苑子さんが受賞。また、50周年記念特別賞はくじ引きで高陽町商工会女性部に贈られました。

 

 これまでの戦いを見守ってきた井上会長は、「女性部連合会が設立されて50年を迎える、記念の年にふさわしい戦い。何よりも会場の雰囲気が明るく、活気にあふれていました。このマンパワーがきっと事業にも活かされていると確信しています」と感想を述べられました。

このサイトを広める