商工会からのお知らせ

全てみる

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

熊高会長(加工済) 新年明けましておめでとうございます。平成29年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 わが国経済は、全体の景気回復が持続しているとは言え、地方においては一部業種を除き人口減少による市場の縮小が続く中で、原材料費の高騰、需要不足、人手不足、後継者不足等に見舞われており、未だ先行き不透明な状況におかれています。

 こうした中、平成28年9月26日の安倍総理の所信表明演説では、「経済の好循環は全国の中小・小規模事業者の元気にかかっている。」と明言されており、我々商工会の責務は益々重く、改めて重責を痛感している次第です。

 平成26年6月の「小規模企業振興基本法」の成立を踏まえ、国の支援も大きく拡充されてきておりますが、これに基づく施策は緒についたばかりで、成果はこれからです。

 長年地元でたゆまぬ努力をされてきた小規模企業の皆さんに、本当に良かったと心から喜んでもらえるよう、今後も継続して小規模企業政策を充実・実行させていかなければなりません。

 商工会の事業の大きな柱は改正支援法に基づいた伴走型支援の徹底です。具体的には、「経営発達支援計画」が一日も早く全商工会で認定を受けると共に、全会員の持続的発展を図るため、商工会の指導のもとに会員自らが経営計画を策定し、それを実行・検証することにより、外部環境の変化に即応した継続的な経営改善を実践していくことに力点を置くこととしております。

 そのためにも、職員の更なる資質向上と、組織の能力拡大を目指して、「頼りになる商工会」そして「役に立つ商工会」として、伴走型支援サービスの一層の強化を推し進めて参ります。

 新しい年を迎え、我々商工会の使命として、小規模企業の持続的発展を応援し、経済を躍動させ、元気な地域を取り戻すことを意識しながら「頑張る人が報われる」事業を展開し、地域経済の真の活力再生、さらには地方創生を図るため、県内商工会の全力を挙げて会員サービスの一層の向上に取り組んで参りますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

平成29年 元旦

このサイトを広める