商工会からのお知らせ

全てみる

地域防犯活動を支援するベスト寄贈(安芸区矢野町)

[地域の宝である子ども達をみんなで守ろう!と全町統一カラーのベストを配布]

告知・イベント情報

なし

今月からこのベストを着用して見守り活動を展開中!

 近年、子どもを狙った犯罪が相次ぐなか、各地で子どもやまちの安全を地域ぐるみで守っていこうという取り組みが広がっています。広島市の安芸区矢野では昨年11月に町内で起きた女児殺害事件以来、小学校児童の登下校時には教員や保護者だけでなく防犯組合や各町内会など地域の住民ボランティアがローテーションを組み見守り活動を続けていますが、こうした活動に役立ててもらいたいと、このたび同地区の商店などでつくる矢野町カード会が防犯ベスト1,100着を寄贈。朝夕の活動時にお揃いで着用してもらうだけでなく、子どもがいつでも助けを求められるように商店主らが店頭に立つ時や配達時にも活用していく予定です。

 ベストには“矢野っ子を守る”とロゴを入れ、カラーは地域防犯組合のジャンパーと同色の黄緑に。これまでは誰が見守り活動をしているのかわかりにくい、という声がありましたが、これなら一目瞭然。子どもたちはたくさんの人が見守ってくれていると安心感を覚えるでしょうし、不審者・犯罪者を近づけない地域のアピールにも効果的です。

 カード会は平成9年に同商工会が立ち上げ、現在77店舗が加盟。商工会とカード会では日常的な取り組みとして、登下校以外の時間帯も通りの様子や子どもたちの様子に目を配り、挨拶や声かけを行っていくよう申し合わせているとか。“地域の宝である子ども達を守っていくのは住民みんなの義務”として、まちぐるみで地域の防犯ネットワークづくりに取り組んでいます。

●お問い合わせ/矢野町商工会 TEL(082)888-3535

<2006-02-6-B>

このサイトを広める