商工会からのお知らせ

全てみる

新生商工会“元年”の取り組みスタート

「商工会地域はがんばっているね」を目指そう!

告知・イベント情報

なし

 「まめ」を商工会法施行45周年記念事業(SHOKO45)の合言葉とシンボルマークにしました。
 平成の大合併がほぼ完了し、各ブロックにおける商工会合併の動きがいよいよ活発化してきました。

 国内の景気は上向き傾向といわれるものの、地域中小企業をとりまく経営環境は依然厳しく、これから合併を経て生まれ変わろうとする商工会は「地域になくてはならない総合経済団体」として体制の強化・拡充を図っていかなければなりません。折しも本年度は商工会法施行45周年。広島県商工会連合会では、この節目の年を新生商工会“元年”と位置づけ、意識改革・事業改革・組織改革・財政改革の4つの改革を柱とした下記記念事業を展開してまいります。合言葉は「まめ」。きめ細かな対応と会員サービスの向上に努め地域商工業の振興を図るとともに、地域社会の発展に貢献することを目指し、新生商工会はさらに「まめ」にやります!

■改革を推進するSHOKO45概要
スローガン:「商工会地域はがんばってるね」を目指そう!

『意識改革』
合併を機に商工会の使命について見直しを行い、商工会の運営・合併市町との新たな連携・後継者の育成・地域の活性化など新しい役割を認識。会員ニーズに対応したより専門的な指導支援や行政に対する積極的な提言を行い、地域商工業の振興を図る。

(実施事業)
○商工会法施行45周年記念大会 [10月22日(土) ]
○記念表彰
○広島県コミュニティ再生中小企業活力強化地方集会
○経営革新「Eタウン」ミーティング
※RCCのTV番組「Eタウン」とのタイアップ企画として、経営革新に取り組む商工会メンバーによる経営革新ミーティング(パネルディスカッション風トークショー)を番組内で実施。
○ 会員獲得・加入増強運動~啓発パンフレットの作成・配布
○青年部・女性部部員増強運動
○全商工会員さん巡回運動
○「わが街、ふるさとは元気です!」企画
※地元広島の球団「広島東洋カープ」の試合観戦ツアーを企画。併せて球場内で地域のPRや特産品サンプル配布を行い、商工会の知名度アップを図る。
○夢と感動共有プロジェクト「ふるさと夢スタジアム」企画
※地元JIプロサッカークラブ「サンフレッチェ広島」の試合において、お祭り広場(特産品の実演販売)やサブグランドでの少年サッカー大会を実施。
○商工会職員パワーアップセミナー~啓発講演会・懸賞論文・主張発表
○青年部・女性部広域提案公募募集

『事業改革』
地域コミュニティのリーダーとして、地域産業振興について積極的に提言。地域の特性に応じた効果的で魅力ある事業の展開を行うとともに、地域中小企業のための事業を開発し確保する。

(実施事業)
○経営革新ビジネスフェア&物産展
○地域商業活性化事業~ポイント事業広島県大会、商工会広域カード事業統一イベント
○会員事業所のIT化推進事業~「ネットde記帳」による会計処理の電子化
○通信費削減支援事業~「ひまわりコール」

『組織改革』
人事異動による職員の適正配置、指揮命令系統の統一、優秀な人材の確保、公正公平な人事評価、職員の資質向上など組織や人事の改革を実施。商工会の活動を効果的・効率的に行うことができる事務局体制の整備を図る。

(実施事業)
○若手地域リーダーの育成
○商工会職員身分の県連一元化
○人事システムの構築~職務職階制、人事評価制度
○職員の服務環境の整備

『財政改革』
無駄な支出の削減、会費水準の見直しや受益者負担の徹底、収益事業への取り組みなどを行い、自己財源比率を高める。

(実施事業)
○財政運営健全化計画の作成
○会費基準の見直し
○収益事業の強化~提案公募型加入促進事業

(その他の記念事業)
○青年部親善ゴルフ県大会
○女性部親善ビーチバレーボール大会
○アンテナショップ連携イベントの開催

このサイトを広める