商工会からのお知らせ

全てみる

たる募金キャンペーンに協力(世羅郡世羅町)

[地元の酒造元から2個のたるを譲り受け、1つを役場に常設し、1つをイベント時に設置]

告知・イベント情報

なし

miyajima 世羅郡世羅町の甲山町商工会が3日、広島新球場建設をめざす“たる募金共同キャンペーン”に賛同し、世羅町役場、世羅郡軟式野球連盟と共同で募金活動をスタートさせました。地元の酒造会社、喜久牡丹酒造から四斗だるを譲り受け、役場ロビーに設置。訪れる地域住民から多くの善意が寄せられているのを目にし、「多くの町民がたる募金に関心をもっているのを知った」と、同キャンペーン推進委員会に募金協力を申請した同商工会経営指導員の進藤大輔さん。同商工会では募金への協力を広く呼びかけています。

 広島市民球場の建て替えをめざして行われている“たる募金”は、昨年11月20日にスタート。以来、広島に新たなシンボルをと人々が募金に夢を託す運動が県内外で関心を呼んでいるのを受け、同商工会では先月中旬、たるの設置を役場に提案。行政側でもたる募金への機運が高まっていたことから、設置はスムーズに決定。譲り受けた2つのたるのうち1つを幟とともに役場ロビーに常設し、もう1つはイベント用のたるとして使用することになりました。

 イベントたるを担当する同商工会では来月10日、青年部が主催して開く「大田庄春らんまん祭」でたるを設置。また、来月上旬から順次開園を迎える町内の花観光農園の農園イベントなどにもたるを置き、観光客に募金への協力を呼びかけていく予定です。「広島のシンボル再生のため、この地域でできることを精一杯実践したい」と進藤さん。みなさんもぜひ、たる募金への協力をよろしくお願いします。

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(0847)22-0529

このサイトを広める