商工会からのお知らせ

全てみる

映画のロケ風景が絵はがきに(比婆郡西城町)

[西城の魅力を伝えようと、商工会が『ヒナゴン』の収録シーンなどを収めた絵はがき製作]

告知・イベント情報

なし

 映画『ヒナゴン』の舞台となった比婆郡西城町の西城町商工会が、同作品のロケ風景などを収めた絵はがきを製作。同町で今月5日から始まった同作品の特別先行上映に合わせ、発売を開始しました。「ヒナゴン あなたの想い出に」と題した10枚1組の絵はがきで、映画の撮影シーンや出演者のスナップ写真などで構成。先週末の2日間で200枚近くを売り上げ、「今日も問い合わせが相次いでいる」と、同商工会経営指導員の藤井達司さんも反響の大きさに驚いているようです。

 絵はがきは、同商工会や行政を中心に組織する“映画『ヒナゴン』観光振興プロジェクト実行委員会”(会長:石川芳秀同商工会長)が企画したもの。映画のロケ地となった追い風を観光客の増加に生かそうと製作に名乗りを上げた同商工会に、地元挙げての協力態勢へのお返しにと、配給会社がスチール写真を無償で提供。同商工会では約500枚におよぶ画像のなかから10枚を厳選し、計1,000組を製作しました。すばらしい写真ぞろいの自信作、とお手製の絵はがきをアピールしながら、「個人的には浴衣姿の井川遥さん、川辺にたたずむ夏八木勲さんの写真が好み」と藤井さん。

 『ヒナゴン』は、市町村合併に揺れる県北のある過疎の町を舞台に、30年ぶりに現れた伝説の未確認生物をめぐる騒動と、それを取り巻く人間模様を描いた心温まる作品。広島では全国に先がけ、5月下旬から先行ロードショーがスタートします。「西城を舞台にした私たちが誇れる映画ができた。このご縁をきっかけに多くの人に西城の町を愛してもらいたい」と、藤井さんは絵はがきのPRとともに映画の鑑賞を呼びかけます。みなさんも作品を通して、西城の町の豊かさや美しさを感じ取ってみてはいかがですか。

 なお、絵はがきは同商工会、町観光協会窓口で販売するほか、今月12日(土)、13日(日)の両日、同町大佐のウイル西城で開かれる上映会場でも販売。価格は1組500円。入手方法についての詳しくは、商工会までお問い合わせください。

●お問い合わせ/西城町商工会 TEL(0824)82-2904

このサイトを広める