商工会からのお知らせ

全てみる

広域センターの設立総会開催(呉地域8商工会)

[4月から広域連携体制を本格スタートさせ、より質の高い会員サービスを提供]

告知・イベント情報

なし

センター設立で呉地域の商工業の総合的な振興を図る

 商工会の事務事業の効率化、広域的な事業展開などをめざすの動きが各地で本格化するなか、呉市川尻町の市川尻支所で5日、呉地域商工会広域センターの設立総会が開かれました。広域センターの設立は、呉地域8商工会が広域連携を推進し、地域全体の活性化を図ろうと計画していたもので、会員数は約1,800。4月から広域連携体制を本格スタートさせ、専門知識をもった職員を共有しながら会員サービスの充実化を図ります。

 同センターの事務局は、同支所に設置。各商工会長で構成する8名の広域役員をおき、8商工会から広域経営支援員、広域支援職員など7名の職員が出向。多様化する中小企業者の経営ニーズに的確に対応し、商工会の事業業務の効率化、合理化を促進するための広域的、専門的事業を町の枠を超えて推進していきます。事業は従来、商工会が実施してきた特産品の開発や販路拡大、観光振興などを引き続き行い、8町全体の活性化を図ります。各商工会の組織は残し、税務相談などの日常の細かい会員サービス事業を継続。平成22年3月を目標にする合併後は、各商工会を支所にする予定です。

 会長には、室澤喜洋音戸町商工会長が就任。宮澤会長は、「商工会を取り巻く環境が大きく変化するなか、地域に必要とされる組織になるためにも積極的に自己改革に取り組もう」と述べ、商工会の機能をより強化するため、将来の合併を視野に入れた組織づくりを早期に進めていく意向を示しました。

 同センターの所長に就任する音戸町商工会の大古興一事務局長は、地域を超えた広域的な事業展開を図れること、各職員がもつ知識、経験を共有できることなどが従来の商工会と広域の商工会との違いと説明。「これまでの個別対応から、地域社会に貢献する総合的施策への対応が求められる」と述べ、より幅広い視野と意欲、職員各自の自己改革が重要になると自らも気を引き締めているようでした。

●お問い合わせ/下蒲刈町商工会 TEL(0823)65-2522
●お問い合わせ/川尻町商工会 TEL(0823)87-2139
●お問い合わせ/音戸町商工会 TEL(0823)52-2281
●お問い合わせ/倉橋町商工会 TEL(0823)53-0030
●お問い合わせ/蒲刈町商工会 TEL(0823)66-1055
●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800
●お問い合わせ/豊町商工会 TEL(08466)6-2020
●お問い合わせ/豊浜町商工会 TEL(08466)8-3366

このサイトを広める