商工会からのお知らせ

全てみる

第44回商工会全国大会開催(県連)

[商工会の魅力をより一層高め、これまで以上の組織力強化を]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 さる11月25日、東京都渋谷区のNHKホールにて「第44回商工会全国大会」が開催されました。

杉浦正健内閣官房副長官、保坂三蔵経済産業副大臣、山口信夫日本商工会議所会頭、望月晴文中小企業庁長官をはじめ多数の来賓を迎えた同大会には、全国2,800余りの商工会から代表者ら約4,000名(広島県からは53商工会62名が参加)が出席。
開会に先だち、大会会長あいさつとして全国商工会連合会の清家孝会長は、輸出・生産の増加による企業収益の改善や堅調に推移する個人消費等により、景気回復の途上にあるが、地方経済における中小企業、とりわけ小規模企業は、未だ景気回復を実感できる状態にはないことについてふれ、併せて、国の税財政改革による地方税財政の見直しをはじめ、市町村合併の進展による行政区の再編、中心市街地や商店街の衰退による「まち」機能の著しい低下など、一層厳しさが増していると強調。

さらに、「地域に根ざした総合経済団体として、商工会が地域社会からの期待に応えていくためには、中小企業にとって真に必要とされる経営支援事業を積極的に展開するとともに、これまで培ったきた支援機能を遺憾なく発揮し、山積みする諸課題を着実に解決していくことが必要である」と地域の総合経済団体である商工会が果たすべき役割、決意について力強い意気込みを示しました。
来賓祝辞の後、「小規模事業対策に対する継続的な国の関与」「着実な景気回復の実現」「まちづくりの推進」「企業力向上のための中小企業政策の拡充」「商工会の組織力・財政力の強化と中小企業支援機能の向上」の5項目について意見表明が行われ、西本和馬大会副会長(岡山県連会長)が大会決議(案)を宣言し、満場一致で決議されました。

続いて、表彰(経営改善普及事業・先駆的事業優良商工会等表彰・事業推進優良商工会等表彰)、青年部・女性部の主張発表、先駆的事業優良商工会等紹介ビデオが上映された後、各政党代表(自由民主党:武部勤幹事長、公明党:太田昭宏幹事長代行、民主党:藤井裕久代表代行)のあいさつ、並びに来賓の紹介が行なわれ、大会は盛会裡に終了しました。

このサイトを広める