商工会からのお知らせ

全てみる

先進企業の活動事例を学ぶ(世羅町3商工会、久井町商工会)

[新たなビジネスチャンスのヒントを得ようと、4商工会の会員らが府中の企業を視察]

研修会・総会

なし

航空ラジコンの仕組みなどを見学する参加者たち

 会員相互の懇親や情報交換を目的に、世羅町3商工会と久井町商工会の工業部会が主催して今月9日、「企業視察会・研修会」を行いました。各商工会工業部の会員が身近な企業と交流を深めるとともに、情報や技術、経営ノウハウなどの交換による事業の活性化、人脈づくりなどに役立ててもらおうと行われたもので、今年3月に行われたのに続いて2回目。モノづくりの先進事例を学ぼうと、22名の参加者が府中市内の企業2社と府中木工資料館などを視察、見学しました。

 参加者らは、ラジコン、特にヘリコプターの分野で世界トップシェアのヒロボー(株)と、産業機械や住宅建設、立体駐車場など幅広い分野に展開する製造メーカー(株)北川鉄工所の2社を訪問。ともに商品開発などにおける高度な技術力が強みの先進企業で、担当者の案内で会社設立の経緯や事業内容、生産システムなどの説明を受けながら、工場で製品開発の工程などを熱心に視察して回りました。航空ラジコンのすぐれた技術を目の当たりにして驚きの声を上げるなど、参加者らは地域産業をリードする企業の姿に大きな刺激を受けたようでした。

 参加者らは企業視察の後、家具、桐箱製造業をはじめとする府中の企業の新商品、アイディア商品などを紹介する府中ものづくり直販工房、府中木工資料館を訪問。多彩な地場産品を見学しながら府中の産業の歴史や現況などを学んだ後、府中商工会議所で開かれた研修会に参加。研修会では、(有)中里スプリング製作所代表取締役の中里良一氏が“中小企業の生き残り発想法”をテーマに講演を行い、中小企業や地域が抱える問題点などの説明とともに、既存事業の見直し、競争力を高める技術などが生き残りには欠かせないといったアドバイスを受けました。

 研修会終了後に開かれた異業種交流会では、参加者同士の新たなビジネスチャンスの獲得に向けた活発な情報交換などが行われ、「前回の視察会を通じて、訪問先企業との新たなビジネス交流が生まれた参加者もいた。そうした人が一人でも多く増えるとともに、参加メンバーが異業種交流会グループを立ち上げ、自発的に情報を発信し合いながら地域産業を活性化させてくれることにもなればいい」と、視察会に参加した甲山町商工会経営指導員の進藤大輔さん。4商工会では、参加対象地域を拡大しながら、年1回程度の定期的な企業視察会を今後も行っていきたい考えのようです。

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(0847)22-0529

このサイトを広める