商工会からのお知らせ

全てみる

高校の教員が地元企業を見学(府中市上下町)

[地元高校の進路指導活動を支援しようと、商工会が教員らとともに町内企業を訪問]

告知・イベント情報

上下町 商工会

 近年の不況にともない、高卒者に対する求人数は減少しています。高校生の就職状況が依然厳しいなか、地元企業との交流、情報交換の場を設けて、学校における進路指導活動などに役立ててもらおうと先月26日、府中市上下町の上下町商工会が上下高等学校の進路指導担当者ら4名の教員とともに企業見学会を行いました。

 この見学会は、同校の進路指導担当者に地元企業の実情や雇用状況などを把握してもらい、就職を希望する生徒に対してより具体的な就職支援策を行ってもらおうと開かれたもので、一時中断されていましたが、昨年から再開。「中小企業が元気になれば、地域も活性化されていく。企業が元気になるためには、若い力も必要だ。そのためにも地元の企業と高校が連携を深めていくことはとても大切なこと」と、同商工会経営指導員の藤村寿昭さんは取り組みの狙いを話します。

 4名の教員はこの日、同商工会工業部労務対策委員会の委員らとともに町内企業2社を見学。担当者の説明に熱心に耳を傾け、採用選考などについて活発に質問するなど、貴重な情報に興味をもった様子でした。見学会後に開かれた研修会で、教員らは府中職業安定所統括職業指導官の弘田友彦氏から、新規学卒求人・中途募集求人の書き方、留意点などについて説明を受け、引き続き行われた懇談会では同委員9名出席のもと、高校の進路状況などについての意見交換を行いました。教員らからは、就職希望者の傾向として最近は地元志向が強いこと、インターンシップの取り組みの成果などが述べられ、学校が地域と連携を広げていくことは重要であるなどの意見がありました。

 「公立高校の先生には人事異動もあり、地元の状況に詳しくない人もいる。企業と学校が情報交換を積み重ねていくことは地域の活性化にとっても必ず役立つ」と、藤村さんも今回の取り組みに少なからず手ごたえを感じた様子でした。

●お問い合わせ/上下町商工会 TEL(0847)62-3504

このサイトを広める