商工会からのお知らせ

全てみる

平成15年度臨時総会・第4回研修会開催(県青連)

[本年度事業を力強く推進するとともに、グループウェアの効果的な活用法などを学ぶ]

研修会・総会

広島県商工会連合会

総会に先立ちあいさつを述べる後藤会長

 福山市沖野上町のゲストハウスウェディング・アルシェで今月16日、広島県商工会青年部連合会(後藤茂行会長)の「平成15年度臨時総会・第4回研修会」が開催されました。総会には、県内各地から119名の若手経営者らが出席。来賓の妹尾隆本県連副会長、杉本勝同専務理事臨席のもと、平成16年度の事業計画書ならびに収支予算書などについて審議されました。

 総会では、駅家町商工会青年部の森川哲典部長を議長に選出し、上程された議案を審議。各議案について後藤会長はじめ各副会長より説明があり、提出議案はいずれも全会一致で原案どおり承認されました。
 提出議案は次のとおりです。

第1号議案 平成15年度収支更正予算書(案)承認の件
第2号議案 平成16年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件
第3号議案 平成16年度会費賦課基準(案)及び徴収方法(案)承認の件

 総会終了後の研修会では、“イントラネッツによるグループウェアの活用について”をテーマにした講演会を開催し、県青連ホームページの管理やグループウェアの活用についてなどを研究する、HITSインターネット特別委員会の正木文治委員長が講演。講演の中では正木委員長は、グループウェアをいかに活用し、効率的な青年部間のネットワークづくりなどを実現していくかを分かりやすく説明。自己スケジュール管理ツールとしても活用できることなどを呼びかけ、最新機能による利便性、機動性などを青年部員らに紹介しました。

このサイトを広める