商工会からのお知らせ

全てみる

環境活動を積極推進(賀茂郡豊栄町)

[エコバッグ運動の推進、空き缶の回収などを通じて商工会が地域社会に貢献]

告知・イベント情報

なし

 賀茂郡豊栄町では、ごみの減量と再資源化を中心とした地域の環境問題に町と住民が一体となって取り組んでいます。その一環として同町では、“エコバッグ持参推進運動”を積極的に展開しています。買い物の際にレジ袋の使用をやめてごみの減量化を図り、環境保全に貢献しようという取り組みで、全世帯にエコバッグを無料配布。町民にごみ減量化に関する意識を高めてもらうとともに、限りある資源節約への理解を呼びかけています。

 こうしたエコバッグ運動は多くの自治体などで行われていますが、豊栄町商工会では町の取り組みを環境意識の高い人たちだけの運動で終わらせないため、特典を楽しみながらレジ袋を使わない買い物を実践してもらおうとエコ台紙を用意。地域住民に配布し、会員の小売店にも働きかけて、エコバッグの利用頻度に応じてお得な買い物ができるサービスを消費者に提供しています。消費者が買い物の際に「レジ袋はいらない」と申し出ると、各協力店では1回の買い物につき1個のエコ印をエコ台紙に捺印。エコ印500個で500分の買い物ができるというサービスで、商店街の76店舗がこれに協力。当初、エコ印100個で100円の買い物ができる仕組みでしたが、「特典を100円から500円にしたことで、サービス提供台紙としての実感をもたらすことができたのでは」と、同商工会経営指導員の河本俊春さん。エコ台紙を活用しながらエコバッグを利用する消費者も増えたといい、貯める楽しみを与えるエコ台紙は地域社会に貢献し、商店街の活性化にもつながる活動として喜ばれているようです。

 また、同商工会ではエコバッグ運動の推進活動とともに、空き缶の回収運動も積極的に実施。豊栄町清武地区公民館前に空き缶回収機を1台設置し、空き缶を回収機に投入するとそれを商工会に設けた回収機連動のカード端末で読み取り、空き缶1個あたり1エコポイントを発行。500ポイントたまると500分の商品券と交換することができ、「地元住民にも捨てられた空き缶を拾うといった習慣が身についたようだ」と河本さん。こちらもごみの再資源化を促進する活動として地域社会に大きく貢献しているようです。

●お問い合わせ/豊栄町商工会 TEL(082)432-2110

このサイトを広める