商工会からのお知らせ

全てみる

身近な環境について考えよう(深安郡神辺町)

[未来の子どもたちに美しいふるさとを残そうと、環境問題をテーマにした講演会を開催]

告知・イベント情報

神辺町 商工会

 深安郡神辺町の神辺町商工会青年部と福山市の加茂町商工会青年部、駅家町商工会青年部が合同で今月7日(日)、神辺町文化会館小ホールで「まちづくり講演会Ⅵ」を開催します。この講演会は、神辺町商工会青年部が町づくり事業の一環として、ふるさとを愛し、ふるさとに夢や誇りを持てる子どもたちが育つ町をつくり上げようと平成10年から始めたもので、毎年“まちづくりは人づくり”をテーマにした講演を行い、今年で6回目を迎えます。一昨年から3商工会青年部の合同事業となり、規模を広げて行われるようになりました。これまでに、映画作家の大林宣彦氏、脚本家のジェームス三木氏、元広島東洋カープの衣笠幸雄氏らが同講演会に講師として招かれ、それぞれのふるさとや町づくりに関わる講演などを行ってきました。

 3商工会青年部では今回、環境問題をテーマにした講演会を企画。福山市出身で、環境問題やエコライフについて情報発信するインターネット放送局、otomi.tv(オトミ・ドット・ティービー)代表の富永秀一(とみながしゅういち)氏を招き、環境破壊の現状を把握し、身近な環境を守るために、芦田川や高屋川の水質汚染など地域の情報を織り交ぜた講演会を開きます。講演では、“美しいふるさとを未来の子どもたちのために! 今、できることから始めよう”をテーマに、地球温暖化をはじめとする環境問題に強い関心を持つ富永氏が、名古屋テレビ放送アナウンサー時代に積んだ経験を生かし、現在の切迫した現状や環境問題を改善する方法などを分かりやすく語ります。講演会終了後、専門家らによるパネルディスカッションも予定されています。

 講演会の開催に先立ち、3商工会の青年部員ら30名は、勉強会として福山市御幸町にある建設省の“芦田川見る視る館”を視察。芦田川水系の高屋川の河川浄化施設で、ふるさとの河川の水質浄化にさまざまな対策が取られていることなどを見学しました。部員らは環境に対する意識を変えることで身の回りの環境にも変化を起こせると確信した様子で、視察に参加した神辺町商工会青年部地域開発委員長の真壁雅宏さんは、「一人ひとりの変化の積み重ねが地域全体での環境に対する取り組みに変わることを期待する」と語り、ふるさとを人にやさしい町にして、次代を担う子どもたちに受け継いでいくためにも、より多くの人に参加してほしいと講演会への来場を呼びかけていました。入場無料。無料託児所有り(要予約)。午後1時30分開場、午後2時開会。詳しくは、各商工会までお問い合わせください。

●お問い合わせ/神辺町商工会 TEL(0849)63-2001
●お問い合わせ/加茂町商工会 TEL(0849)73-3008
●お問い合わせ/駅家町商工会 TEL(0849)76-3111

このサイトを広める