商工会からのお知らせ

全てみる

日帰りバスツアーの参加者募集(県連)

[馬に乗って風をきり、秋空のりんご園でバーベキューを楽しむプランを用意]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 本県連では現在、今月24日(木)に予定されている“平成15年度ふるさと発見日帰りバスツアー”の第3弾、「広島県のどまんなか豊栄で『乗馬・りんご狩り体験ツアー』」の参加者を募集しています。ツアーの舞台となるのは、広島県の中央部に位置する賀茂郡豊栄町。“広島県のど真ん中”がキャッチフレーズの同町は、お米や野菜、リンゴの産地であり、四季を通じて満面に水をたたえる豊栄池をなど、景観美を誇る数多くの名所で知られています。

 今回のツアーの主なポイントは、同町の乗馬施設での乗馬体験と旬を迎えたりんご狩りの体験。「都会の人が馬とふれあう機会はめったにないのでは」と今回のツアースケジュールを企画した、豊栄町商工会経営指導員の河本俊春さん。ツアーでは、豊栄池に隣接する乗馬施設の馬場を湖面を渡る風を受けながらゆったりと2周。さらに馬との記念撮影もできるなど、都会では味わうことのできない貴重な体験が楽しめそうです。毎回参加者に好評を博すお楽しみの昼食は、秋空のりんご園でのバーベキュー。紅月、千秋、ジョナゴールドなどがたわわに実る園内ではりんごが食べ放題。1kg当たり450円前後の価格で持ち帰ることも可能です。また、昼食時には同商工会が昨年開発した地元産のフキを甘く煮込んだ和菓子、ふきがしやりんごジャム、りんごチップスなど同町の特産品の試食も楽しめる予定です。豊栄の味覚を満喫した後は、隣接する福富町の物産施設、福富物産しゃくなげ館へ。農産物の加工室や青果物の直売所、同館で加工された豆腐、エゴマ油などを使った料理や惣菜が食べられる軽食処などがある体験交流施設で、エゴマの加工品など他ではお目にかかれない特産品をこの機会にどうぞ。なお、参加者全員にりんごジャムなど特産品のお土産プレゼントがあります。参加費1人6,000円。子どもの場合も同額です(4歳以下の幼児で座席を必要としない場合は除く)。募集期間は実施日の1週間前まで。定員40名になり次第締め切ります。申込方法は、ひろしま夢ぷらざレジカウンターにて受け付けますので、参加申込書に参加費を添えてお申し込みください。電話やファックスでのお申し込みはできませんので、ご了承ください。詳しくは、

●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)541-3131

このサイトを広める