商工会からのお知らせ

全てみる

ポジティブ・アクションで元気な企業を創ろう(広島労働局)

[女性の能力を発揮させ、企業の人材活用に大きく貢献する取り組みを始めてみませんか]

告知・イベント情報

なし

 “女性にいつまでも働いてもらいたいのに、辞められてしまう”“能力的には優秀な女性が多いのに、うまく育たない”。みなさんの会社でそういった問題はありませんか。雇用している人材の能力がフルに発揮されないのは、企業にとって大きな損失です。21世紀を迎え、経済社会のグローバル化、長期雇用システムの変化、就業意識の多様化などさまざまな状況変化に的確に対応していくことが、すべての企業の経営にとって大きな課題となっています。とりわけ少子高齢化が進んでいるわが国においては、労働力不足が見込まれており、女性の活躍が大いに期待されます。女性の能力を十分に引き出し、活躍の場を提供することはこれからの重要な企業戦略のひとつであるといえるでしょう。そこでみなさんの会社も、能力と意欲のある女性の積極的な活躍を図り、男女ともにイキイキと活躍できる元気な企業とするための取り組みを進めてみませんか。

 女性が持てる能力を十分に発揮できるよう、女性が背負っているハンデを一つひとつ取り除く努力を企業全体で行い、女性を確実に戦力にするために求められているのが、「ポジティブ・アクション」です。ポジティブ・アクションとは、単に女性だからというだけで女性を優遇するためのものではなく、男性に比べて女性が能力を発揮しにくい職場環境に置かれている場合に、そのような状況を改善するための取り組みのこと。意欲と能力のある女性が活躍できる職場づくりは、企業が多様な社会のニーズに応え迅速かつ柔軟に対応し、市場で競争力を発揮するうえでも重要な戦略です。また、女性の能力発揮のためには女性を積極的に登用するだけでなく、そのステージづくりの第一歩として、女性が長く働き続けられるために仕事と家庭の両立を支援することも忘れてはいけません。ポジティブ・アクションを進めることは重要な経営方針のひとつであり、多くの経営効果をもたらすものといえるのです。ポジティブ・アクションを積極的に実施する企業は、働きやすい企業、男女に関わりなく公正に評価される企業として認知され、幅広い高質の労働力を確保することも大いに期待できます。このポジティブ・アクションは、企業全体で取り組むことに意味があります。そのためにも経営トップの理解と全社的な合意を形成することが重要なポイントになります。「会社の方針を決定するのは経営者であり、トップ自身がポジティブ・アクションに関わることは重要。経営者は企業理念を実現するため、ポジティブ・アクションを会社経営の変革の好機と捉え、具体的な目標を定め、企業姿勢を明確に示してもらいたい」と、より多くの企業がポジティブ・アクションに取り組むことへの期待を込め、本県連の加島英俊会長も県内企業の経営者らにエールを送ります。

 県内企業におけるポジティブ・アクションの推進のための経営者団体・厚生労働省広島労働局・広島県・広島市および有識者などで構成する“広島女性の活躍推進協議会”は、これらのポジティブ・アクションを通じて元気な企業が増えることをめざし、展開している活動「女性の活躍推進inひろしま」に賛同し、その取り組みに加わってもらえる企業を募集しています。応募した企業には、同活動に関する情報提供(資料やセミナーの案内など)が行われるほか、会社名を「女性の活躍推進inひろしま」リーフレットに掲載することなどで広く広報を行い、賛同の輪を広げていく予定です。常時応募を受け付けておりますので、ぜひご応募ください。

●お問い合わせ/広島女性の活躍推進協議会事務局(厚生労働省広島労働局雇用均等室)
〒730-8538 広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎2号館5階
TEL(082)221-9247(直通) FAX(082)221-2356

あなたの会社でもポジティブ・アクションを始めてみませんか?
~ポジティブ・アクションの取り組みの流れ~

STEP1-現状の分析と問題点の発見
・労働省で示している、現状の分析と問題点の発見のためのワークシートを活用したり、アンケートや個別ヒアリングなどさまざまな方法を組み合わせて、広く問題点の発見に努めることが望ましいでしょう。ワークシートは(財)21世紀職業財団ホームページから入手できます。http://www.jiwe.or.jp/gyomu/work/positive_03idx.html

STEP2-具体的取り組み計画の作成
①目標の設定および具体的取り組み策の策定
・分析に基づき、現実に即した具体的な目標を設定し、それに沿って発見された問題の解決に効果的な取り組み策を検討して策定します。
②期間の設定
・目標を達成するための具体的取り組みを実施する目安となる期間を設定することが効果的です。また、中間評価時点や定期的点検時点を設定し、目標達成のための効果的なフォローアップを行うことが望ましいでしょう。
③労働者、とりわけ女性労働者の意見・要望の聴取
具体的取り組みの検討に当たっては、労働者、とりわけ女性労働者の意見や要望を聴取して実質的かつ効果的な計画の立案を行うことが望ましいでしょう。

STEP3-具体的取り組みの実施

STEP4-具体的取り組みの成果の点検と見直し
①取り組みの成果の点検および評価
・取り組みの成果については一定期間ごとに点検し、評価を行っていくことが望ましいでしょう。その際、実施成果について社内に公表していくことが効果的です。
②取り組み計画の見直し
・十分な成果が得られていない取り組みについては、その原因を究明のうえ、必要があれば体制の見直しを含め、計画の見直しを行っていくことが重要です。

STEP5-積極的取り組みを行うための体制の整備とコンセンサス作り
・ポジティブ・アクションには、企業全体で取り組むことに意味があります。そのためにも次の3点は非常に重要です。
①経営トップの理解と関与
②実行機関の確立と必要な権限の委譲
③取締役会等の経営陣の意思決定と社内でのコンセンサスづくり

※ポジティブ・アクションおよび「女性の活躍推進inひろしま」に関することや資料について、お気軽にご相談ください。厚生労働省広島労働局ホームページでもさまざまな情報を掲載しています。
広島労働局のホームページはこちら

このサイトを広める