商工会からのお知らせ

全てみる

高齢者向け慈善事業が好評(安芸郡江田島町)

[新たに始めた配食サービスのさらなる充実をめざす]

告知・イベント情報

なし

昼食、夕食を週計10回、宅配している

 安芸郡江田島町の江田島町商工会が食事づくりに困る高齢者などの家庭向けに始めた慈善事業が、一人暮らしのお年寄りたちに喜ばれているようです。同商工会では先月2日から、地域の高齢者などの健康を守る配食サービスをスタートさせました。このサービスは、町が高齢者の生活の自立と安否の確認を兼ねて企画したもので、同商工会では会員の仕出屋など3事業所の協力を得、月曜日から金曜日までの間、65歳以上の独居老人や老人世帯、身体に障害があり食事の調理が困難な人を対象に昼食(午前10時から正午)と夕食(午後3時から同5時)を宅配しています。新たな事業をスタートさせて1か月。当初、昼食のみのサービスとして始められましたが、希望者が増えたことから夕食の宅配までサービスを拡充。現在、高齢者家庭を中心に利用者は55名を数え、同商工会による配食サービスは地域の福祉向上に大きな役割を果たしているようです。

 宅配用の食事は、業者3社が週交代で担当。新たに採用された3名の女性パート職員が2台の配食用冷凍コンテナ車を利用して、食事を配達しています。1食当たりの代金は400円。運搬にかかる費用は町が負担しています。食事は野菜の煮物など高齢者向けに献立が工夫されており、「栄養のバランスも良く、とても美味しい」などと喜ばれているようですが、「食事が硬い」「配達時間が遅い」といった声も一部の利用者から聞かれている様子。同商工会ではそうした声を受け、月に1度、業者3社を交えた話し合いの場を持つこととし、会議の席でお弁当の味見を行うなどして品質の向上をめざすとともに、利用者のニーズの把握に努めていきたい考えのようです。同商工会経営指導員の三上孝さんも「お年寄りに喜んでもらえるサービスとするためにも、よりいっそう柔軟な対応を心がけていきたい」と、これまで以上に意欲的に事業に取り組む姿勢を示してくれました。

●お問い合わせ/江田島町商工会 TEL(0823)42-0168

このサイトを広める