商工会からのお知らせ

全てみる

ADSLの誘致に成功(双三郡吉舎町)

[情報の過疎地にならないための青年部員らのボランティア活動がNTTを動かす]

告知・イベント情報

なし

 双三郡吉舎町の吉舎町商工会青年部が地域活性化策のひとつとして行っていた活動に、ようやく具体的な回答が出たようです。同青年部が行っていたのは、インターネット向け高速回線サービスのフレッツADSLを同町に誘致しようというもの。フレッツADSLのサービスエリアに含まれない同町が情報の過疎地とならぬよう、今年1月から誘致活動を始め、その活動の結果、9月末に同町のNTT局社にADSL回線の設備が増設されることになりました。

 「甲奴郡や比婆郡でも同様の動きが見られるが、行政と連携したものが多く、商工会の青年部が単独で誘致活動を行ったのは吉舎町のみでは」と語るのは、同商工会経営指導員の片山公雄さん。同青年部では通信技術が高度化するなか、地域間の情報化格差を是正し、より快適なIT環境を地域に実現するためのADSL推進委員会を部内に設置。本県連を通じてNTTとサービス開始の条件などについて話し合い、加入申込者150名という具体的な需要を確認できれば、ADSL回線設備の導入が十分に可能であるとの回答を得ていました。同町でのADSLの需要を調査し、NTTにサービス提供を正式に要請するため、1月以降の約2か月の間、推進委員会を中心に勉強会などを重ねた部員らは、新聞折込などを通じて情報のインフラ整備を推し進めるための活動を本格化。4月にはNTTの担当者を招いてフレッツ・ADSL説明会を開き、ADSLやその接続方法について、また、現状の回線とADSL回線を比較するなどして、その利便性を地域住民らに分かりやすく解説し、その後も「個人だけの申し込みはもちろん、待っていてもそのうち何とかなるものでもない」と、地域のIT化のためにもADSLの誘致は不可欠であることをアピールしてきました。結果、部員らが目標とした数を大きく上回る170件以上の加入申込を得、今年9月から同町でもいよいよ高速回線サービスがスタート。これからはもっと快適にインターネットが楽しめるようになると、地域住民らの期待感も日増しに高まっているようです。

●お問い合わせ/吉舎町商工会 TEL(0824)43-3171

このサイトを広める