商工会からのお知らせ

全てみる

地域の魅力が満載の情報誌発行(豊田郡豊町)

[御手洗地区の歴史などを紹介しながら、読者の声を地域の活性化に役立てる]

告知・イベント情報

なし

御手洗地区の情報を満載した地域情報誌

 豊田郡豊町の豊町商工会が企画、制作する地域情報誌「みたらい通志」の2003年春号が先日、発行されました。みたらい通志は平成8年創刊のミニコミ誌で、春と秋の年2回発行。広島県の南端、芸予諸島・大崎下島を中心とした同町は、渡り作と大長みかんで有名な町。町内の御手洗地区は江戸時代に港町として栄え、繁栄の跡が今も残る古い町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。同商工会ではこうしたふるさとの魅力を広く知ってもらおうと、御手洗地区にスポットを当てた地域情報誌の出版を企画。平成8年の創刊以来、年4回発行の季刊誌「みたらい通信」として版を重ねてきました。3年前にみたらい通志と誌名を変更し、サイズも大きく、広く町内の魅力を紹介できるよう内容を一新。同町での出来事や自慢の味、島の歴史や観光情報などが、イラストと写真をたくさん使った誌面につまったユニークな情報誌として、島を訪れる観光客などに人気を集めています。

 春号の特集記事では、御手洗最後の船大工の思い出語りを通して御手洗の歴史を紹介。船宿跡で木造船の模型を造る島の匠が、古くから遊女の港として知られた御手洗の昔話などをいきいきと語っています。特集シリーズの御手洗ものがたりでは、御手洗の金融制度をピックアップ。江戸時代、物流の拠点として栄えた御手洗の商人たちはどのようにして正銀を集めたのか、往時の御手洗びとの知恵と工夫などが詳しく紹介されています。このほか、御手洗名物の巻き寿司、島の新たな特産品である大長レモン酒の紹介など、全10ページの誌面の中に“みたらい”の情報が満載です。同商工会経営指導員の田阪行久さんは、「1人でも多くの人に感想を聞かせてほしい。どんな意見も真摯に受け止め、前向きな検討を心がけたい」と、みたらい通志を地域の活性化に大いに役立てたい考えのようです。発行部数は3,000部。同町の観光案内所、潮待ち館・観光交流センターほか、ひろしま夢ぷらざでも手に取ることが可能です。ご覧になった方はぜひ、そのご感想を同商工会までお寄せください。

●お問い合わせ/豊町商工会 TEL(08466)6-2020

このサイトを広める