商工会からのお知らせ

全てみる

「少子化対策プラスワン」を推進しましょう(県連)

お父さんだって、育児休業がとれます

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 急速に進む少子化については、今後一層の進展が予測され、社会保障をはじめとして、我が国社会全体に構造的変化をもたらすと考えられています。さらに昨年1月に発表された「日本の将来推計人口」においては、従来少子化の主な要因であった晩婚化に加え、夫婦の出生力そのものの低下という新しい現象も見られています。
 このため、内閣総理大臣から少子化の流れを変えるための実効性ある施策の検討についての指示を受け、厚生労働省において昨年9月に従来の取組に加え、もう一段の少子化対策を講ずるものとして「少子化対策プラスワン」が策定されました。
 この「少子化対策プラスワン」においては、より全体として均衡のとれた取組みを着実に進めるため、保育等に関する施策に加え、主な取組みとして「男性を含めた働き方の見直しと多様な働き方の実現」や「仕事と子育ての両立の推進」等を盛り込んだ考え方となっています。
 具体的には、「男性を含めた働き方の見直しと多様な働き方の実現」においては「子育て期間中の残業時間の縮減」、「子どもが産まれた時の父親の最低5日間の休暇取得の促進」等が盛り込まれており、また、「仕事と子育ての両立の推進」においては、子どもを安心して産み育てられる職場づくりに向けて、男女の育児休業取得率についての目標値が設定されています。
 この「少子化対策プラスワン」についてのお問い合わせは、
広島労働局雇用均等室(電話:082-221-9247)までお気軽にどうぞ。

このサイトを広める