商工会からのお知らせ

全てみる

大林宣彦監督を講師に講演会(深安郡神辺町)

[町・人づくりをテーマに、子どもたちが誇りに思えるふるさとづくりをめざす]

告知・イベント情報

なし

監督にふるさと尾道への想いを語ってもらう

 深安郡神辺町の神辺町商工会青年部および福山市の加茂町商工会青年部、駅家町商工会青年部が合同で来月2日(日)、神辺町文化会館大ホールに映画作家の大林宣彦監督を招いて、「まちづくり講演会Ⅴ」を開催します。この講演会はもともと、“まちづくりは人づくり”をテーマにした講演を行うことで、ふるさとを愛し、ふるさと誇りに思う子どもたちを育てるとともに、そうした町をつくり上げようと神辺町商工会青年部が単独で始めたもの。補助金の対象先が単会からシフトし、広域事業のみとなったことを受け、4回目を迎えた昨年から3商工会の合同事業として規模を広げて行われるようになりました。これまで、脚本家のジェームス三木氏、元広島東洋カープの衣笠幸雄氏らが同講演会に講師として訪れ、それぞれのふるさとや町づくりにかかわる講演などを行ってきました。

 「大林監督のふるさとに対する愛着はとても深いようで、この神辺が好きで、すばらしい町になってほしいと願っている私たちの思いと共通する部分が多いのでは」と、神辺町商工会経営指導員の白石遂彦さん。地方発信映画の第一人者とされ、“尾道三部作”“新尾道三部作”など、ふるさとの尾道を舞台にした多くの作品を世に送り出してきた大林監督。今回は、“スクリーンに映しだされる、ふるさとへの想い”をテーマに、監督の心の中に変わることなく存在するふるさとへの愛情、エピソードなどについて語ってもらいます。優しさに包まれた、ノスタルジーある作品を撮り続ける名監督のふるさとに寄せる想いなどに、みなさんも耳を傾けてみませんか。講演後には、監督とともに楽しむ映画クイズコーナーなども予定されています。前売券500円、当日券800円。午後1時30分開場、午後2時開会。詳しくは、各商工会までお問い合わせください。

●お問い合わせ/神辺町商工会 TEL(0849)63-2001
●お問い合わせ/加茂町商工会 TEL(0849)73-3008
●お問い合わせ/駅家町商工会 TEL(0849)76-3111

このサイトを広める