商工会からのお知らせ

全てみる

備青連創立20周年記念大会開催(備青連)

[来賓、被表彰者、青年部員など220名が集まり、節目を祝う]

告知・イベント情報

なし

41名の歴代功労者に感謝状などが贈られた

 福山市三之丸町の福山ニューキャッスルホテルで5日、広島県商工会青年部連合会備南地域協議会(市川雅隆会長)の「創立20周年記念大会」が開かれ、来賓、青年部員など220人が集まって節目を祝いました。午後2時30分から始まった記念式典第1部では、開会の辞、青年部誓いの言葉を読み上げられたのに続き、大会実行委員長でもある市川雅隆会長(沼隈町)が「創立20周年を機に、県青連、備青連をビジネスチャンスととらえたい」と力強くあいさつ。その後、歴代功労者への表彰へと移り、関係者ら41名が表彰され、感謝状および記念品などが手渡されました。表彰式後には本県連の加島英俊会長、県青連の木村直樹会長らが次々と祝辞に立ち、表彰者の功績を称えるとともに、一同に感謝の言葉を述べました。

 引き続き行われた第2部では、広島県福山地域事務所の高橋利暢所長を講師に招いて、“市町村合併と地域づくりにおける若者の役割”と題する講演会を実施。青年部員らと市町村合併を迎える地域社会の新たなかかわりをテーマにした約40分の講演で、高橋氏はそれぞれの地域社会における青年部員の役割発揮の重要性などを一人ひとりに訴えかけました。その後、午後5時からは祝賀会が開かれ、和やかなムードのうちに大会全日程を盛会裡に終了しました。

このサイトを広める