商工会からのお知らせ

全てみる

町長を囲んで町づくり座談会(安芸郡江田島町)

[青年部員らが将来の江田島に思い描く夢などを、町長とひざを交えて語り合う]

告知・イベント情報

なし

 安芸郡江田島町の江田島町商工会青年部の部員らが今月16日、同町の平木重己町長とともに将来の町づくりなどについて語り合う、新春恒例の「町長を囲む会」を開きました。もともと、自分たちが暮らす地域の行政に対して提言を行いたい考えを青年部が町側に申し入れて実現したもので、町側も町民の声を地域づくりに生かし、開かれた活力ある連帯の町政をより推進したいとの意向から、双方が協力し合い会は長い歴史を重ねてきました。町長を囲む会は毎年この時期に行われており、今回、竹本智一部長ほか6名の青年部員らとともに、同商工会の牛尾芳貞会長、山本恒夫事務局および職員らが会に出席。町側からは平木町長と経済課長の2名が参加して、それぞれが将来の江田島に描く夢などを、平木町長とひざを交えて熱っぽく語りました。

 会の冒頭、平木町長はあいさつの中で、地域経済の今後のさらなる発展のためには青年部員の協力が欠かせないことを強調。この機会に自由な意見を聞かせてほしいと述べました。それを受けて青年部員らは、市町村合併や地域の商工業者への支援策などについてどのように考えているのかを平木町長に直接問うなど、活発な意見交換が行われました。また、平木町長が将来に向けて思い描く町の新たな交流拠点づくりのプランなどを語ると、それに積極参加したいと部員らも名乗りを上げ、青年部から見た町づくりについてなどの話題も大いに盛り上がりました。会に出席した同商工会経営指導員の三上孝さんは、「行政と直接話し合いの場が持てることは数少ないことだけに、ここで話し合われたことが具体的な青年部事業に結びついてくれればいい」と、感想を聞かせてくれました。双方とも今後もこの懇談会を継続していくとともに、青年部においても今回話し合われたことを検討し、具体的な行動に移そうといった気運を盛り上げて、会は盛況裡のうちに終了しました。

●お問い合わせ/江田島町商工会 TEL(0823)42-0168

このサイトを広める