商工会からのお知らせ

全てみる

市民農園の利用者募集(双三郡君田村)

[土とふれあい、温泉に入って癒しの時を過ごせるふれあい農園が来春オープン]

告知・イベント情報

なし

収穫の喜びを味わえる市民農園      (写真はイメージ)

 双三郡君田村では現在、来年4月に同村にオープンする市民農園“沖の原ふれあい農園”の利用者を募集しています。ふれあい農園は、森と水辺に囲まれた神野瀬川地区で自然とのふれあいや農業の楽しさ、大切さを体験してもらうための貸し出し用小区画農園で、野菜などを育てて農業への理解を深めるとともに、農村との交流や憩いの場として役立ててもらおうと整備がすすめられているもの。農村の地域資源や土と親しむ農業体験などに心の癒しを求め、都市と農村の交流への需要は年々高まっています。市民農園は農業者以外の人々が近場で本格的な農業を体験できる場として注目されており、同村ではふれあい農園を相互理解を深める交流の場として大いに役立てたい考えです。農園にはトイレやシャワーを備えた交流棟を設け、管理人が駐在する予定で、地元農家の技術指導を受けながら収穫の喜び、植物を育てる達成感を得られるとともに、家族や利用者同士のコミュニケーション、地域住民のふれあいが広がるものと期待されています。

 「春から晩秋にかけてさまざまな野菜の収穫が期待できる場所。周辺は初夏のホタルの名所としられ、君田温泉まで車で5分。この恵まれた土地で地域との交流を深めてほしい」と役場関係者。スーパーなどで見ている野菜や花を自分で作ってみたいという人も多いのではないでしょうか。庭やベランダを利用したガーデニングも人気で、大きな土地で野菜などの収穫を楽しみたいという方もいるでしょう。都市部で農地を持たない人が休日や余暇を利用し、野菜や花づくりを楽しめるのが市民農園の魅力。野菜や花づくりをとおして、家族や利用者同士のコミュニケーションを深め、収穫の喜びを味わってみませんか。募集区画は全24区画(区画面積1区画50㎡)。ふれあい農園で作業可能な方を対象に、平成15年4月1日~平成16年3月31日までの間、貸し出します。利用料金は2万円。応募方法はハガキに住所・氏名・電話番号をご記入の上、君田村役場企画振興課までご郵送ください。応募要項請求書を送付します。応募要項請求締切は平成15年1月31日消印有効。

●お問い合わせ/君田村企画振興課 TEL(0824)53-2113
●お問い合わせ/君田村商工会 TEL(0824)53-2039

あて先
〒728-0401 広島県双三郡君田村東入君644-1 君田村企画振興課

このサイトを広める