商工会からのお知らせ

全てみる

ひろしま発グローバル産業づくり」シンポジウム開催(県商工労働部)

[パネル討論などを行い、県内産業の元気づくりや県内製品に対する愛用意識の醸成を図る]

告知・イベント情報

なし

基調講演をする広島大学長の牟田泰三氏

本格的な大競争時代を迎え、広島県内の企業も急速に海外へ進出しつつあります。これは、企業の生き残りをかけた選択ともいえますが、地域においては産業の空洞化に拍車がかかるなどの深刻な問題が生じています。こうしたなか、企業・県民に対し、県内産業の潜在能力、実力の高さを再認識してもらうとともに、県内産業の元気づくりや県内製品に対する愛用意識を高めてもらおうと、広島市南区松原町のホテルグランヴィア広島で来月2日(月)、「ひろしま発グローバル産業づくり」と題したシンポジウムが開催されます。

 このシンポジウムは、本県のさまざまな優位性を幅広く情報発信し、県外における本県の新たなブランドイメージをの形成に向けた運動“ひろしまはすごいぞキャンペーン”の協賛事業として行われるもの。県内産業の振興の鍵を握る知的財産の活用、産学官連携などに関して、大学の方向性を提示してもらうための基調講演をはじめ、3名のパネリストが広島県に本拠を置くグループ企業の事業活動、考え方などを紹介するとともに、元気がないと言われる県内産業の活力を取り戻すための方策などについてのパネル討論を行います。当日は午後2時から、“大学改革の下での産学官連携”をテーマに、広島大学長の牟田泰三氏による基調講演ほか、マツダ(株)常務執行役員の井上等氏、ホーコス(株)代表取締役社長の菅田秦介氏、パーキテック(株)取締役社長の吉田哲夫氏3名をパネリストに迎えてパネルディスカッション、広島大学学長および会場からパネリストに対する質疑応答などの意見交換会が約2時間にわたって行われる予定です。県内産業の元気づくり、県内製品の愛用に興味のあるみなさま、ぜひご参加ください。

■日時:12月2日(月)午後2時~4時
■会場:ホテルグランヴィア広島3階天平(広島市南区松原町1番5号)
■定員:200人(先着順、無料)
■申込方法・申込先:11月22日(金)までに広島県商工労働部総務室へFAX、電話またはメールで。連絡先の電話番  号・(企業名、役職)氏名・市町村を明記。

●お問い合わせ先/広島県商工労働部総務室(担当:福永、上本)
 TEL(082)513-3313(ダイヤルイン)
 FAX(082)223-6314
 E-mail h-fukunaga84794@pref.hiroshima.jp

このサイトを広める