商工会からのお知らせ

全てみる

郡内の魅力を再発見-Ⅱ(高田郡6商工会)

[それぞれの町の地域資源を知ろうと、各町の女性部員らがレジャー・文化施設などを視察]

告知・イベント情報

なし

全日程を終え、高宮町の広島ニュージーランド村で記念撮影

 今月7日、来るべき市町村合併を見込んで、郡内の地域資源を共有のものとする認識をいち早く持とうと高田郡6商工会女性部が合同で実施している広域商工会女性部活性化事業の第3弾、“美土里・高宮の巻”が行われ、これまでで最多となる47名が参加。各町から集まった女性部員たちが1日かけて、神楽の里として知られる美土里、高宮両町のレジャー・文化施設や史跡などをめぐりました。“郡内の魅力発見の旅”をテーマに同郡内の地域資源の実地調査を行うこの事業は、2年後にせまった同郡の広域合併を視野に、各町の新旧地域資源を知るとともに相互のネットワークを構築することで、合併後の新市の魅力を増すような取り組みができることをめざして行われているもの。第1弾として9月中旬に八千代・吉田の巻が行われたのを皮切りに、先月、第2弾として向原・甲田の巻が行われ、今回がその最終回。回を重ねるごとに参加者も増えるなど、各部員の意識の高さをうかがい知ることができます。

 今回の実地調査は、美土里町、高宮町それぞれの女性部が提案したスケジュールに沿って進行。午前9時に吉田町役場に集まった一行は、まず美土里町を訪問し、同町の文化財保護審議会メンバーの案内のもと横田八幡神社、西尾山八幡神社を見学。その後、神楽門前湯治村を訪れ、昔懐かしい町並みの散策を楽しむとともに名物の幕の内に舌鼓を打ちました。午後からは高宮町へと移動。TSタカタサーキット・テクニックステージタカタ、リージャスクレストゴルフクラブロイヤルなどのスポーツ施設を相次いで訪れ、最後に広島ニュージーランド村を視察して全日程を終了しました。女性部員らは各訪問先で担当者から案内を受けるなど、詳しい情報を聞き取ることができた様子。全3回の実地調査を終え、各商工会事務局では女性部の正副部長らとともに事業のとりまとめを行い、地域を新しい切り口で捉えた情報を整備して、合併後の新市に対して成果を提言していきたい考えです。

●お問い合わせ/吉田町商工会 TEL(0826)42-0507

このサイトを広める