商工会からのお知らせ

全てみる

第1回アクティブ出張相談会を開催(世羅郡甲山・世羅・世羅西町、御調郡久井町)

[インターネットを活用して新たな事業の展開をめざす事業者らが熱心に受講]

告知・イベント情報

セミナーの風景

 世羅郡甲山町西上原の甲山町商工会館で17日、ITを活用して経営革新をめざす事業者らを支援するための「第1回アクティブ出張相談会」が行われました。この相談会は、本県連が本年度の重点事業に置く“小規模事業者競争力強化支援事業”の一環として行われたもので、世羅郡甲山町、世羅町、世羅西町および御調郡久井町の4商工会と本県連、広島ローカル地域中小企業支援センターなどが共同で開催しました。本相談会第1部では、株式会社パルウェーブ代表取締役の原田美穂氏を講師に迎え“ビジネスチャンスを広げる、IT・インターネットの可能性”というテーマで講習会を開催。「企業の情報化は、経営者自身が率先して取り組むことが大切」などと熱く語る原田社長の言葉に耳を傾け、熱心にメモを取るなど、受講者らは真剣な面持ちで聴講。続く第2部では、本県連および広島ローカル地域中小企業支援センターから派遣された専門家による出張相談会が行われ、相談者と専門家の間で、ITを生かした経営革新についてなど熱のこもった意見が交換されました。

 世羅西町商工会員で食品販売業を営む岩田健さんは「インターネットを活用して新たな販路拡大を考えているが、ノウハウがなくて悩んでいた。さっそく“ITビジネス道場”に入門し、専門家による支援を受けながら新事業を展開したい」と意欲をにじませ、久井[町商工会員で運送会社の専務を務める道原神二さんは「業務効率の改善について悩んでいたが、問題点が明確になり、解決の糸口が見えて気分がスッキリした。今後も実践段階での専門指導を受けて事業の発展に取り組みたい」と力強く語ってくれました。ITビジネス道場を統括する志多木義浩コーディネーターは、「相談に来られた方の経営改革に向けた取り組みと姿勢に対し、熱い思いを感じた。一人ひとりの期待に応えられるよう精一杯支援していきた」と、今後の支援活動への抱負を語ってくれました。本相談会は募集開始から1ヵ月足らずで予定数を上回る開催希望が寄せられている盛況ぶりで、状況を見ながら追加開催も検討されています。

 

●小規模事業者競争力強化支援事業
平成14年度に広島県商工会連合会が重点事業として実施する事業で、県内の商工業者を対象に、ITを有効活用した経営革新をめざす事業者に対し、専門家を派遣し支援する事業。IT活用の必要性を啓発するための「出張相談会」と、ITの活用について明確な目標を持つ事業者に、個別に専門家を派遣し目標達成に向けて支援する「ITビジネス道場」がある。

このサイトを広める