商工会からのお知らせ

全てみる

広島市民球場で商工会をPR(県連)

[観戦に訪れた人々に花の種子などを配布し、アストラビジョンで商工会活動をPR]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

アストラビジョンを通じて商工会の日をPR

 本県連では今月11日、広島市中区本通のひろしま夢ぷらざ前で行われた「商工会の日」の記念事業に引き続き、同区基町の広島市民球場において商工会をPRする花の種子、ポケットティッシュの無料配布を行いました。商工会の日には、全国各地で商工会を身近に感じてもらえるようにとさまざまな事業が行われており、本県連でも商工会の活動内容や組織をより多くの人に広く知ってもらうため、年に1度のこれらの活動を重要な商工会事業のひとつとして位置づけています。

 

 当日、11名の県連職員が午後4時30分に同球場正面入口に集合。同4時50分の入場開始とともに、それぞれ1,000個を用意した花の種子、当ホームページのロゴとアドレスを記したポケットティッシュを来場者らに無料配布しました。当日はあいにくの曇り空にも関わらず、開門前から多くの野球ファンが球場につめかけ、職員らは「商工会をよろしくお願いします」と声をからしながら、観戦に訪れた家族連れなど一人ひとりに花の種子とポケットティッシュを手渡しました。また、同球場内において試合前と6回攻守交替の際の計2回、商工会活動の様子がさらに多くの人に伝わるよう、アストラビジョンを通じて商工会の日およびひろしま夢ぷらざ、本県連が管理・運営するショッピングサイト“ええもん広島”を映像でPR。アナウンスが場内に響き渡り、試合の余韻を楽しむ観客たちの目を引きつけました。その後、職員一同は広島対横浜戦を観戦。選手らの活躍に熱いエールを送りました。残念ながらカープは敗れましたが、一同は商工会を存分にPRできたことを満足として会場を後にしました。

このサイトを広める