商工会からのお知らせ

全てみる

本通りで商工会をPR(県連)

[商工会の日にちなみ、発見ひろしまレディーとともに夢ぷらざ前で花の種子を配布]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

発見レディーと花の種子を配る加島会長

 全国の商工会では『商工会の組織等に関する法律』(現商工会法)が昭和36年6月10日施行されたことにより、毎年6月10日を「商工会の日」としています。この日は、地域商工業者の総合指導団体として、全国に組織されている商工会が地域経済振興などを展開し、アピールする日として位置づけられています。商工会をもっと身近に感じてもらえるようにと全国各地でさまざまな事業が行われており、本県連でも先日10日、商工会の活動内容や組織などを広く知ってもらうための記念事業として、広島市中区本通のひろしま夢ぷらざ前で恒例となった花の種子の無料配布を行いました。

 

 当日、午前11時30分からの記念事業に合わせ、先月末の総会で新たに会長に就任した加島英俊新会長ならびに副会長など県連役員が職員とともに続々と会場入り。春色のコスチュームに身を飾った、西孝恵さん、岩崎祥子さん2名の発見ひろしまレディーも応援に駆けつけました。一同は記念撮影の後、それぞれ600個ずつ用意したポピー、コスモス、矢車草、かすみ草、美女撫子など5種類の花の種子と、当ホームページのロゴとアドレスを記したポケットティッシュなどを道ゆく人々に配布。花の種子はご年配の方などに好評で、なかには自ら職員に声をかけて好みの花の種子を選ぶ人の姿も。用意されていた花の種子は30分足らずで希望者などの手に行き渡り、商工会を十分にPRできたと職員らの顔に満足の笑みがこぼれました。なお、本県連では本日11日(火)、中区基町の広島市民球場正面入口に場所を移し、広島対横浜戦の入場開始に合わせ、午後4時50分から約1,000個分の花の種子とポケットティッシュの配布を行います。みなさんもぜひ、足を運んでみてください。

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL(082)247-0221

このサイトを広める